web拍手 by FC2

    陸上自衛隊広報センター-りっくんランド-

    年度末で仕事も一段落したことから、お休みをいただいて息子と義父母と“陸上自衛隊広報センター-りっくんランド-”へ行ってきました。

    りっくんランド01

    幸い良い天気に恵まれ、同センターへの来館者数もそれほど多くなかったので、ゆっくりと見ることができました。




    まず同センター2階の学習・研修フロアーから。

    りっくんランド02

    「陸上自衛隊のあゆみ・遺産」と名付けられた展示ゾーンでは1/6サイズ?の制服を着た人形に目を奪われてしまいました。哀しき人形者の性であります。

    こちらは“陸上自衛隊の前身”“警察予備隊”の冬制服。

    りっくんランド03

    このような形で陸上自衛隊の歴史や活動の様子がわかるようになっています。




    回廊を巡って1階へ。

    りっくんランド04

    1階展示ゾーンの中央に位置する“AH-1S 対戦車ヘリコプター”

    またこの展示ゾーン内には、同機による飛行・攻撃が体験できる“フライトシミュレーター”もあります。

    颯爽と乗り込んだ“AH-1S 対戦車ヘリコプター”が、敵戦車に向かい勇猛果敢なる空中突撃を敢行。

    「しめたぞ 敵の戦車群 待てと矢を射る 急降下 煙る火達磨 あとにして 悠々還る飛行基地」

    の歌のまま敵戦車を撃破し帰還するというまさに“平成版 空の勇士”体験。

    ボクは息子と、義父母は夫婦で皇土を侵す敵タンクをやっつけてまいりました。

    2階からの階段を降りたところに鎮座する“90式戦車(試作車)”

    りっくんランド06

    120ミリの主砲は大迫力。
    でも“ヤクートタイガー”の主砲は128ミリだから、これよりすごいのかな?とふっと思ってしまう元MM小僧のボク。
    ※MMとは“田宮模型”が発売している1/35サイズの戦車や兵隊さんのプラモデルシリーズであるミリタリーミニチュアシリーズを指します。




    1階の展示ゾーン。

    りっくんランド05

    各種装備の展示があります。

    装備体験コーナーでは鉄兜や防弾チョッキ、背嚢などを着用することができます。

    息子は12キログラムもある背嚢を背負ったり、防弾チョッキの着用に挑戦してましたが、ボクはぎっくり腰になってもイケナイのでやめときました。

    ボクももう“第二国民兵役”で引っ張られる年でもないからいいでしょう。

    同センター内では自衛隊の戦闘服?の貸し出しもしていて1時間に限り同センターの建物内で着用することが出ます。
    なので息子と義父(!)も着用してセンター内を見学。

    りっくんランド07

    そんなわけで戦闘服を着用して“コマンド適正テスト”を受ける息子。

    りっくんランド08

    こちらは各種ミニチュア。

    自衛隊のプラ模型が欲しくなりました。




    館外にある“地下戦闘指揮所”

    りっくんランド09

    何でも聯隊規模の指揮を執る場所とのことでした。

    息子は「『スパイ大作戦』にこんなの出てきたね」と言ってました。
    第2シーズンの「焼土作戦」のことだそうです。




    イベント広場

    ここに各種車両が展示されています。

    せっかくなので端から画像でご紹介。

    りっくんランド10

    まずは“我が軍”最新鋭の“10式戦車(試作1号車)”。

    怪獣バラエティ番組「ウルトラゾーン」の特撮ドラマの1作「最後の攻撃命令」では、突如飛来?した宇宙ロボット“キングジョー”迎撃作戦に参加していたのが印象的な最新鋭の戦車。

    鋭角で構成された砲塔が何とも新しい世紀の鉄獅子って感じですね。




    りっくんランド11

    続いて“74式戦車”。

    隣に並んだの弟分10式戦車に比べると小さい感じがしてしまいますがボクの少年時代では最新鋭の戦車でした。

    この74式戦車の前の61式戦車の無骨なシルエットに比べて、避弾性能の良さそうななめらかな砲塔に代表されるデザインは、北海道に押し寄せてくる赤いダンゴムシことソビエットの戦車を迎え撃ってくれるだろうという頼もしさを感じたものでした。




    りっくんランド12

    車体前面の日の丸も美しい“96式装輪装甲車(試作車)”

    道路を走るのことが可能で東日本大震災の際にも出動し救助、支援に活躍していた姿が印象的でした。




    りっくんランド13

    “89式装甲戦闘車”

    車体が大きいので20ミリ機関砲かなと思ったら、35ミリ機関砲なのですね。

    豆タンクのように使用するのかと思いきや、兵員輸送車として乗務員3名に加えて兵隊さん7名が搭乗可能とのこと。

    御嶽山の噴火の際にも出動した有用性の高い車両なのに国内に68両しかないとは、ちと残念。




    りっくんランド14

    櫻の木の下の“87式自走高射機関砲(試作車)”

    子どもの頃、田宮模型より1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ ゲパルトが発売されていたこともあり、この“87式自走高射機関砲”の写真を見たときは、「ゲパルト戦車みたい」と思ったことを憶えています。

    櫻が満開だったらきれいだったでしょうね。




    りっくんランド15

    大変珍しい“94式水際地雷敷設装置”。

    いわゆる水陸両用車で、我が国に侵攻してくる敵上陸部隊を水際で叩くための機械水雷を敷設するための車両です。

    昔も今も水陸両用車両は大きくて見栄えがいいですね。




    りっくんランド16

    今まで見てきた6両の車両と向かい合わせに展示されている車両群の最初は…。

    “高機動車に搭載された中距離多目的誘導弾発射器”

    長い名前だね、どうも。

    つまりは、対舟艇・対戦車ミサイルとその発車機器と言うことですかね。

    この手の兵器ですと“60式自走106mm無反動砲” がすぐに想起されますが、時代は変わっていくのですね。




    りっくんランド17

    ん?同じ車両が2両?と思ってしまいますが、手前の少し小ぶりなこちらが“74式自走105mmりゅう弾砲”。

    帝國陸軍の戦車を思わせる砲塔のデザインが秀逸。
    この車両のプラモデルに陸軍の三色迷彩を施したら似合いそうです。




    りっくんランド18

    先ほどの“74式自走105mmりゅう弾砲”より大きなこちらが“75式自走155mmりゅう弾砲”です。

    大東亜戦争におけるフィリピン攻略戦中でもコレヒドール要塞砲撃戦で大活躍した“十五榴”こと“九六式十五糎榴弾砲”の子孫がこちら。

    “九六式十五糎榴弾砲”は、靖国神社に奉納されているのでご覧になった方も多いのではないでしょうか?




    りっくんランド19

    車両に混じって展示されている“UH-1ヘリコプター”。

    映画「地獄の黙示録」でのキルゴア中佐の乗機や“ヒューイ ヘリコプター”として有名ですね。

    ちなみに我が群馬県でも榛東村にある“しんとうふるさと公園”に実機が展示されています。




    りっくんランド20

    ヘリコプターのミニチュア模型かな?と思ったら、“遠隔操縦観測システム(FFOS)の無人機”でした。

    戦闘における偵察、着弾観測のほか、災害、テロ、不審船対策と今後、ますます活躍の場面が広がっていく期待の機材のようです。




    ということで、春の1日、長らく行きたいと思っていた陸上自衛隊広報センター-りっくんランド”を楽しんで来ました。

    これからの櫻の時期はさらに花見も楽しめると思いますので、皆さんも出かけてみてはいかがでしょうか。

    りっくんランド21

    “軽装甲機動車(試作車・海外派遣仕様)”に見送られて同センターを後にしたボク達は黒江家のご先祖様ゆかりの小江戸・川越へ向かいました。




    りっくんランド22

    “小江戸・川越のシンボル 時の鐘”




    この実車もどこかで展示してくれないかな…。

    トミカリミテッドヴィンテージ 西部警察 レディバード 1/64スケールトミカリミテッドヴィンテージ 西部警察 レディバード 1/64スケール
    (2015/09/19)
    トミーテック

    商品詳細を見る


    タカラ製1/6サイズの大河内巌(演ずるは伊藤雄之助さん)【出撃時ver】フィギュア付きでこの値段なら買うんだけどなぁ。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    雪のいと高う降りたるを

    先週に引き続いてまた雪が降りました。

    まずは“東部軍管区情報”じゃなくて、当地の気象台よりの発表をお聞きください。

    「平成26年2月15日 02時21分 
     ××地方気象台発表 
     降り続く強い雪により積雪は、1896(明治29)年の観測開始以来の記録を更新し、15日2時には41センチとなる記録的な大雪となっています(結局73センチ!)。
     低気圧の接近と共に、平地での雪は、15日朝に次第にみぞれや雨に変わる(結局、変わりませんでした:黒江)見込みですが、一層、交通障害などに警戒してください 」

    ちなみに、当地のこれまでの最深積雪の観測記録は昭和20年2月26日に観測された37センチだそうです。

    あたかもその日も陸軍省、参謀本部首脳会議で「本土決戦完遂基本要綱」が決定されています。
    また雪関係では、帝都において隣組、警防団などが夜間、都電、私鉄、主要道路、特に空襲に備えて消火栓の除雪を行ったと資料には書いてあります。

    【参考資料:「昭和二万日の全記録~廃墟からの出発~」

    さて、その2月15日(土)の黒江家の様子…。

    家内から「大変なことになっているよ」と起こされて、外を見ると…。

    雪の日0201

    当たり前ですが、こんなの見たの初めて…。

    うちの車もこのとおり。

    雪の日0202
    ※妖怪・雪爺、雪入道ではありません。

    この雪には、寒さに弱い“ムウ帝国守護竜マンダ”もぐったり。

    雪の日0204

    このままでは、家から出られなくなってしまう…。

    さこで雪の中、雪かき開始。

    結果は…。

    雪の日0203

    門の向こうも雪だった…(アタリマエですが、こんな光景初めてだったもので)

    さらに掘り進めていくと…。

    雪の日0205

    「Godzilla!!!」
    ※キンゴジのソフビを使って映画「キングコング対ゴジラ」における“ゴジラ”登場シーン風にしてみました。

    それにしても、観測史上最高の積雪なんて、何か地球の異変と関連しているのでしょうかねぇ。

    なんでもリュウグウノツカイとかサケガシラなんていう深海魚も水揚げされているようですし、ダイオウイカもテレビで取り上げられたとたん水揚げされているようですし…。

    これらはきっと“大いか怪獣 ゲゾラ”の仕業じゃないでしょうか。

    こんな感じで。

    雪の日0206

    別名“凍結怪獣”というだけのことはあり、“大蟹怪獣 ガニメ”も“大亀怪獣 カメーバ”も寒さでやられちゃいました。

    そういえば、ボクが子どもの頃は、“氷河期が来る”っていう話もありましたからねぇ。

    ん? アレは???

    雪の日0207

    メフィラス星人
    「よそう。サトルくん、こんな大雪の降る星はいらないよ…」
    ※もちろん“加藤精三サン”の声で。

    ごもっとも。
    web拍手 by FC2

    雪のおもしろう降りたりし朝

    2月8日(土)は朝からシンシンと雪が降る1日でした。

    で、積もりに積もって夕方、17時半頃には、こんな感じになってしまいました。

    雪の日01

    当市では同日20時現在30センチの積雪という大雪になりました。

    雪の日02

    玄関前の花壇もすっぽり雪に覆われてしまいました。

    これには、さすがの氷魔人トドギラーもびっくり。

    雪は積もっていますが、9日(日)は上天気。

    雪の日03

    怪人雪男スノーマンが顔を出し「おーい、みんな出てこーい」と一言。

    その声に応えて、四次元怪獣トドラが出現。

    雪の日04

    ついでにウチの息子もポケモンの指人形を持って登場。

    雪の日07
    (ウチの息子が自分の3DSで撮影)

    と、そこへ…。

    突然、地鳴りのような音が響くと、粉雪が舞ってきました…。

    「あっ」と、息子が指を指した彼方には…。

    雪の日05

    「魔神様!」

    雪の日06

    【息子に「写真撮るから魔神様、もっといで」と声をかけたら、自分の部屋へ行き、3種類ある魔神様の中から、さっとこちらの魔神様を持ってきました。舞台が雪山であって、映画の中で腰の宝剣を抜くのは魔神様三部作のうち、「大魔神逆襲」のみなので、こちらの魔神様で正解。わが子ながらあっぱれ!】

    大魔神逆襲 [Blu-ray]大魔神逆襲 [Blu-ray]
    (2009/06/26)
    二宮秀樹、北林谷栄 他

    商品詳細を見る
    web拍手 by FC2

    いよいよ7月

    6月は週のうちまるまる月曜日から金曜日まで単身赴任生活でした。

    こちらのブログも6月に関しては1回のみの更新となってしまいました。

    そこで、今回は、ここ最近、購入したものを挙げてみます。




    まずは注文は、今年の3月末とずいぶんと前になりますが、今日届いた、一番ホットなものがこれ。

    6gatu.jpg

    右、メディコム・トイの東映レトロ怪人シリーズのザンジオー。
    中、メディコム・トイから復刻されたタイガーマスクの悪役・赤き死の仮面。
    左、同じくタイガーマスクシリーズより、ザ・ライオンマン。

    と、なっています。

    今日は時間がなくて、商品パッケージのみの撮影となりました。

    また、メディコム・トイの東映レトロシリーズと言えば、ゲルショッカーの怪人のサソリトカゲスも注文しておきました。




    続いてのご紹介はこちら。

    立川談之助師匠の最新刊「立川流騒動記」。唐沢俊一先生が企画構成をされています。

    立川流騒動記立川流騒動記
    (2012/06/29)
    立川談之助

    商品詳細を見る


    ちなみに談之助師匠は同郷でボクの学校の先輩です。




    単身赴任研修生活は良いところもありますが、やっぱり不自由な部分もあります。
    そんな心を慰めてくれたものが、こちら。

    田中圭一マガジンComicサイテー (ぶんか社コミックス)田中圭一マガジンComicサイテー (ぶんか社コミックス)
    (2007/05/30)
    田中 圭一

    商品詳細を見る


    古いコミックなのですが、ボクはあまり漫画を読まないので作者についてもあまりよく知りませんでした。

    が、今回、少し「川柳」(「ガーコン」の川柳川柳師匠ではありません)について、調べることがあり、ついでにこちらを購入しました。

    セクシィ川柳 (メディアファクトリー新書)セクシィ川柳 (メディアファクトリー新書)
    (2011/04/28)
    東 正秀

    商品詳細を見る


    この本のイラストを描いていたのが、前述の「田中圭一マガジンComicサイテー」の作者・田中圭一サンだったということなのです。

    楽しい漫画で単身赴任生活の無聊を慰めてくれました。エッチですが、明るいところが良いですね。
    特に、コミックスの表紙絵にも大きく描かれている「ハンラ・ウーマン」が大好きです。







    web拍手 by FC2

    お友達のサイト

    古いお人形友達からしばらくぶりにイベントのお知らせが来ました。
    ボクはあいにくそのイベントには参加できないので、そのことを知らせるメールを書くと、お返事が来て、近況と開設したブログのことを教えてくださいました。

    そんなわけで、みさねえさんの「迷える子羊の国のアリス」というブログのご紹介です。
    link02.jpg

    ジャンルこそ違いますが、人形っていいなぁと感じさせてくれます。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ