web拍手 by FC2

    「テレビに夢中だった!」 (双葉新書)

    今回は待望の睦月影郎先生の新書「テレビに夢中だった!」(双葉新書)の刊行を記念しまして、“黒江龍雄版「テレビに夢中だった!」”をお送りしてみたいと思います。

    その前にまず睦月影郎先生による「テレビに夢中だった!」のご紹介から。

    この新書は昭和31年生まれの睦月先生が夢中になった古今のテレビ番組を、その番組にまつわる思い出とともにまとめた本です。先生はちょうどボクより一世代上に当たられるので、ボクも見ていた番組も出てきますが、未見の番組も出てきます。

    ただ、こちらの本は、こういう番組が放映されて、出演者は誰で、というようなデータの羅列ではなく、そこは睦月先生ですから、抜群の記憶力(日記や当時のノートなどによるものももちろんあると思います)と「フェチック」な視点で語り尽くしているところが最大の魅力です。

    実際、拝読していますと、可笑しくて噴き出してしまうこと1回や2回ではありませんでした。

    そのような睦月先生のご著作には、遥かにおよびませんが、“黒江龍雄版「テレビに夢中だった!」”スタートしてみたいと思います。

    そうそう「ウルトラマン」や「仮面ライダー」は、いつもこのブログに登場していますので、今回はそれ以外からピックアップしてみました。

    では、早速、テレビのスイッチを入れてチャンネルを回してみましょう。

    テレビに夢中だった01




    まずは…。

    テレビに夢中だった02

    子どもの頃、ボクが大好きだったのが、この「タイガーマスク」。

    睦月先生の子どもの頃のマント姿(写真が前述のテレビに夢中だった!)に載っています)が“月光仮面”なら、ボクのマント姿はこのタイガーマスクです。

    結局、ボクはタイガーマスクのように強くもスポーツマンにもならなかったけれど、ボクの人格に多大な影響をあたえていると思われる作品の一つです。




    続いて…。

    テレビに夢中だった03

    「のらくろ」

    幼稚園のお弁当箱が、このアニメ版「のらくろ」でした。

    小学校3年生の時に復刻版「のらくろ」の単行本を初めて買ってもらい、これは今でも大切にとってあります。

    このアニメ版「のらくろ」は、原作とはかなり設定が異なりますが、主題歌の「しっぽはぐぐんと」は、今でもよく口ずさみます。

    ちなみに画像に使用したのは、“マルサン”の“のらくろ”ソフビ。
    アニメ版では二等兵止まりだったので、二等兵のソフビを使用してみました。




    睦月先生は今回の「テレビに夢中だった!」の中で「たまにしか見なかった」と書かれている「COMBAT!」。

    ボクは小学生の頃、再放送で見ていました。確か土曜日の昼過ぎの放送。
    後に、夕方の時間帯に移動したような気がしています。

    そしてある日、「COMBAT!」が、突然、終わり、「ララミー牧場」の再放送が始まってしまいました。

    今日も「COMBAT!」と見られると思い、テレビの前に座ってスイッチを入れた時に聞こえてきたのが、あののんきな「ララミー ララミー 草はあおく~」という「ララミー牧場」の主題歌。

    「COMBAT!」には、モノクロ版、カラー版含めてはっきりとした最終回がなく、もしかしてモノクロ版の最終話を放送して「ララミー牧場」が始まったのかもしれません。

    ですが、当時のボクは突然、「COMBAT!」が終了したような気がして、その後、ずっと「ララミー牧場」を憎んでいました。

    ボクが会いたかったのは、この人なんだよ!

    テレビに夢中だった04

    そういえば、映画好きの伯母から「ビック・モローが来日した時、この格好で飛行機から降りてきたんだよ」と教えてもらったのもこの頃でした。

    また伯母は「ヘンリー少尉はねぇ、『危険を買う男』っていうドラマに保険調査員の役で出ていたんだよ」とも教えてくれました。

    その「COMBAT!」もう一人の主役がこちら。

    テレビに夢中だった05




    さて、睦月先生は「テレビに夢中だった!」の中で、最後の方に「テレビ映画館」、つまりテレビの映画放送についても触れられています。

    よってボクも今まで人気怪獣でありながら、当ブログに登場しなかったこの怪獣で、今回の記事を締めたいと思います。

    テレビに夢中だった06

    「ガメラ」

    ゴジラシリーズに比べて、テレビでの放映回数が多かったのがこのガメラ。

    物心ついた子どもの頃から、平成になってボクが就職した頃にかけて、よくテレビで放送していたものでした。




    ということで、睦月先生の新刊「テレビに夢中だった! (双葉新書)」の刊行に合わせて、綴ってまいりました今回の記事。

    最後に表紙のご紹介。

    テレビに夢中だった! (双葉新書)テレビに夢中だった! (双葉新書)
    (2014/05/21)
    睦月 影郎

    商品詳細を見る


    皆様の本棚にもぜひどうぞ。

    そしていつか一緒にテレビ番組のお話でもしましょう。

    1860.jpg

    そうそうテレビの話と言えば・・・。

    深夜、テレビをつけると、エッチな画面が映るという話がありました。

    テレビに夢中だった07

    ボクは見たことないけど、こんな感じなのかな。

    最近は、テレビの中からお化けが出るそうで…。
    そんなところも昭和は良かったなぁ。
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    「幻翼の零戦」

    新春の黒江家。

    懐かしのメロディが聞こえて参ります。

    reisen01.jpg

    「♪ 見よ あの空に~ 遠く光るもの~ 」

    その歌声の主は…

    reisen02.jpg

    「はじめまして、鞘香といいます」

    「え、どうしてその歌を歌っていたのか? ですって?」

    reisen03.jpg

    「実は…、このお正月休みに、この本を読んでいたのです」

    幻翼の零戦 (コスミック文庫)幻翼の零戦 (コスミック文庫)
    (2013/12/06)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「現代にあの帝国海軍の名機、零戦(レイセン)が蘇るなんて素敵でしょう」

    「実はこの本も約7年ぶりに蘇ったの」

    「前の版はこちら…、読み比べるのも良いかも」

    奇蹟の幻翼―200X年、零戦出撃! (歴史群像新書)奇蹟の幻翼―200X年、零戦出撃! (歴史群像新書)
    (2006/09)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「で、さらに、この本の前の版がこちら」

    reisen12.jpg
    復讐―殺人ゲーム (ワニ・ノベルス)

    「プラモデルの箱絵でおなじみの高荷義之先生の表紙絵も素敵ですね」

    「えっ、もっと読みたい、ですって」

    「では続けてどうぞ…」

    reisen13.jpg
    超戦車イカヅチ前進せよ!! (ケイブンシャノベルスVシリーズ)

    「そして、上の『超戦車イカヅチ前進せよ!! 』の新装版がこちら」

    鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)
    (2005/06)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「そして、ええと…」

    reisen05.jpg

    鞘香ちゃん、なにやら、見慣れぬ機械を操作しております…。

    「ええと、歴史群像新書シリーズの2冊、「奇蹟の幻翼 200x年零戦出撃! (歴史群像新書)」、「鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)」はKindle版になっております」

    reisen06.jpg

    「と、いうことで、まだまだ寒い日、暖かいおうちで、奈良谷隆先生作品を楽しんでみてくださいね」




    〈おまけトリビア〉

    今回、1枚目の写真に使用した“ツバメ玩具製作所のツバメグライダー”風の“組み立て飛行機”。

    これは株式会社ユージンのカプセルトイ“あの日の駄菓子屋さんのおもちゃ”の一つ“組み立て飛行機”。

    よく見ると尾翼に「61-120」の機体番号が見えますね。

    reisen09.jpg

    実はこの機体、零戦だとすると、どうも米国の“Planes of Fame Air Museum”にある、世界で唯一、当時の栄二一型エンジンが搭載されていて飛行可能な機体をモデルにしているようなのです。

    たまたまこのおもちゃをデザインした人が参考にした画像がこの61-120を尾翼につけた機体の画像だったのか、
    はたまた飛行可能な尾翼番号61-120機と知っていてこの番号としたのか、
    もしかして全くの偶然なのか…。

    たぶん永遠の謎です…。

    ちなみに、黄色の帯の「く」の字を逆にしたような標識は指揮官機の標識を模したものと思われます。

    参考文献:「航空ファン別冊No.42 日本陸海軍機 カラー&マーキング
    web拍手 by FC2

    「欲情の文法」 (星海社新書)

    睦月影郎先生の新書「欲情の文法」が1月25日に星海社より発売されます。

    欲情の文法 (星海社新書)欲情の文法 (星海社新書)
    (2012/01/26)
    睦月 影郎

    商品詳細を見る


    サンケイスポーツでは、毎年夏に「官能小説・性ノンフィクションの書き方講座」というものを開講しています。睦月先生によると、そこでの講義の内容同様、官能小説の書き方について書かれているとのことで、ボクも早速予約しました。

    官能小説を書く人も書かない人も、官能小説を読む人も読まない人も、ぜひご一読ください。

    何しろ前述の「官能小説・性ノンフィクションの書き方講座」で睦月先生が担当される回は、とても楽しいのですから。

    詳しい内容はこちらに載っています。
    web拍手 by FC2

    「Mil-FIG(ミリフィグ)ミリタリーアクションフィギュアーズ 」

    ホビージャパンより平成23年12月16日に発売された「Mil-FIG(ミリフィグ)ミリタリーアクションフィギュアーズ 」。

    久しぶりの12インチ(1/6スケール)のムック本です。

    Mil-FIG(ミリフィグ)ミリタリーアクションフィギュアーズMil-FIG(ミリフィグ)ミリタリーアクションフィギュアーズ
    (2011/12/16)
    不明

    商品詳細を見る


    執筆陣は山田卓司さんをはじめ、ネットでもおなじみのKAZさん、PEIPERさんなどの方々。

    不器用で、改造やリペイント、自作はできないボクですが、なんだかできそうな気がしてくる1冊です。

    この1冊でまたまたこの世界がぐんと大きくなると良いですね。
    web拍手 by FC2

    講談社文庫版「Gのカンバス」

    Gのカンバス (講談社文庫)Gのカンバス (講談社文庫)
    (2011/09/15)
    睦月 影郎

    商品詳細を見る


    集英社より平成14年に発売された「Gのカンバス」↓
    GのカンバスGのカンバス
    (2002/06)
    睦月 影郎

    商品詳細を見る


    今回、講談社文庫より文庫版として発売されました。

    昭和の文系男子の青春群像が睦月影郎先生のならではの世界で鮮やかにそして妖しく甦ります。

    あの頃は早く大人になりたかったけれど、あの頃のままで良かったのかも知れない…。

    9月15日 発売です。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ