FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    特撮テレビドラマ「仮面ライダー」より 立花藤兵衛 【RAH新1号Ver2.5&新サイクロン 初回購入特典商品】

    今から50年前に放映が開始された「仮面ライダー」。

    その昭和シリーズを支えた陰の主役…、彼の名は“立花藤兵衛”。

    と、いうことで当ブログではもうおなじみの“RAH新1号Ver2.5&新サイクロン初回購入特典商品版 立花藤兵衛”を改めてご紹介したいと思います!

    立花藤兵衛0101

    立花藤兵衛0102

    立花藤兵衛0103

    立花藤兵衛0104

    立花藤兵衛0105

    「うん、いいバイクだ!」

    立花藤兵衛0106

    「やぁ。君も仮面ライダーのファン??? 50周年なンで、話をしに来てくれた?そりゃうれしい。コーヒーでも飲みながら、話すとしようか…」

    立花藤兵衛0107

    立花藤兵衛0108

    「本郷猛か、奴は何と言ってもやさしい男だったなぁ。一文字隼人はそれゃ楽しい男だったよ…」

    立花藤兵衛0109

    「風見史郎はカッコいい男でなぁ…」

    立花藤兵衛0110

    「あーモシモシ、立花はワシじゃが…、なに、博士の娘さんをさらった?お、おい! 誰だお前は?何ッ!?ショッカー?!」

    立花藤兵衛0111

    立花藤兵衛0112

    立花藤兵衛0113

    「確かこのあたりのはずなんだが」

    立花藤兵衛0114

    「ややっ」

    立花藤兵衛0115

    「あれはッ!」

    立花藤兵衛0116

    吸血怪人ザンブロンゾ
    「人質を早く連れて行け!」

    立花藤兵衛0117

    「おっと見つかるところだった…、それにしても見たことのない怪人だったなぁ。それにしても、猛のやつはいったい何をしているンだ」

    <つづかない>




    立花藤兵衛0118

    「みんなも仮面ライダー誕生50周年を祝ってくれているンだってな…このブログでも今後、特集記事は続くようだからまた見てやってくれよな」




    と、いうことで、今回ちらっと登場した“吸血怪人ザンブロンゾ”の正面はこちら。

    立花藤兵衛0119

    ちなみに…撮影時、飾り棚の一番取りやすいところにいた1/6タイムハウス製怪人だったのでご登場願いしました。
    また当ブログで書いた彼の特集記事がこちらです。




    ということで、今回登場した“吸血怪人ザンブロンゾ”はこちら。



    また今回登場しなかった“”おやっさんこと“立花藤兵衛”はこちら。


    スポンサーサイト



    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダー 立花藤兵衛 本郷猛 ザンブロンゾ ショッカー

    web拍手 by FC2

    テレビドラマ 「孤独のグルメ」 + 和食処 【リーメント:ぷちサンプルシリーズ】

    令和2年もあと20日ほどになってしまいました。

    この1年、なんと言っても武漢風邪…コロナコロナで明け暮れた感があります。

    コロナ禍中にあって、いみじくも感じたことは、今まで漫然と享受してきた“気軽に人と会うこと”、“気ままにどこかに出かけること”、“おいしいものを食べること”、“きれいな景色を見ること”等が、実は本当に尊いことだったということです。

    そのような中、ボクが秋口からほぼ毎日してきたこと。
    それはテレビドラマ「孤独のグルメ」を1日1話視聴することでした。

    すなわち、今年のボクの中のブームと言っても良いことでした。

    と、ここまできて察しのいい方ならもうお分かりかと思います、ボクのブームに無理やり付き合わせてしまう1/6フィギュアの世界版「孤独のグルメ」。

    はじまりはじまり…。




    孤独のグルメ0101

    孤独のグルメ0102

    「ふう…今年もそろそろ仕事納めか…」

    孤独のグルメ0103

    ♪プルルルルルル

    孤独のグルメ0104

    「はい、井之頭です。」

    孤独のグルメ0105

    「はい!?年内に納品?」

    孤独のグルメ0106

    「今からですとちょっと難しいかと…。え、そんなに大口で?!」

    孤独のグルメ0107
    ※さすがにタイトルちょっと変えましたが、意味ない???

    「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たす時、束の間、彼は自分勝手になり、自由になる。
    誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
    この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し…と言えるのである」

    孤独のグルメ0108

    ※ということで、今回はリーメントの“ぷちサンプル”シリーズの記念すべき第1弾“和食処”も紹介しちゃいます。

    孤独のグルメ0109

    「ありがとうございます。はい、その日程でしたら間に合うかと…。はい、失礼します」

    「ふぅ。終わり良ければすべて良し、だ…と」

    孤独のグルメ0110

    「と、話がまとまったら…腹が減った…」

    孤独のグルメ0111

    孤独のグルメ0112

    孤独のグルメ0113

    「このあたりはちょっと物騒だから、とりあえず街へ出てみよう」

    孤独のグルメ0114

    孤独のグルメ0115

    「『和食処』って見た目は喫茶店じゃないか…。だが俺の嗅覚がこの店だと言っている…」

    孤独のグルメ0116

    孤独のグルメ0117

    「いらっしゃいませ、こちらへどうぞ」

    孤独のグルメ0118

    「鰻に寿司。そば、とんかつ、天丼か…」 

    孤独のグルメ0119

    「オーソドックスすぎて店の全貌が掴めん」

    孤独のグルメ0120

    「す、寿司がでかい!」

    孤独のグルメ0121

    「と言って…そばは年越しにとっておきたいところだ」

    孤独のグルメ0122

    「鰻そのものより、汁の染みた飯が俺を誘う…が、それは間違った選択なんだ。ん!?よしっ」

    孤独のグルメ0123

    「あ、すいません。特上天丼ください。とれと…シークレット、じゃなくて限定の盛り茶そばってまだありますか?」

    孤独のグルメ0124

    「はい、まだありますよ」

    孤独のグルメ0125

    孤独のグルメ0126

    「はい、特上天丼」


    孤独のグルメ0127

    「いただきます」

    孤独のグルメ0128

    孤独のグルメ0129

    「白米の上に降り立った天の麩羅。一年の禍事すべてを吹き飛ばす“天上の日”だ」

    孤独のグルメ0130

    「それと…限定の盛り茶そばです」

    孤独のグルメ0131

    「いただきます」

    孤独のグルメ0132

    孤独のグルメ0133

    「緑色に輝く麺が、俺を一足早い春へと誘ってくれる」

    孤独のグルメ0134

    「すいません」

    孤独のグルメ0135

    「追加でとんかつ単品ですね」

    孤独のグルメ0136

    孤独のグルメ0137

    「はい、お待ちどおさま」

    孤独のグルメ0138

    「いただきます」

    孤独のグルメ0139

    孤独のグルメ0140

    「ゲン担ぎには何と言ってもこれだろう、コロナにも勝負にも打ち勝つ、とんかつ、トンと勝つだ!」

    孤独のグルメ0141

    孤独のグルメ0142

    「ふぅ、和食の有名どころを堪能した…」

    孤独のグルメ0143

    「ありがとうございました、良いお年を!」

    孤独のグルメ0144

    「ふぅ、今年ももう少し。明日は浅草か…」

    <つづく>?




    ということで、いかがだったでしょうか。

    「Avanti!版 孤独のグルメ」。

    もともとの漫画そしてテレビドラマの原作は久住昌之先生。

    泉晴紀先生とのコンビ名“泉昌之”でもおなじみですよね。

    時は昭和56年。
    当時のボクは地方都市に住まい、生意気にも青林堂の「ガロ」を読む中学生でした。

    雰囲気だけで読んでいた「ガロ」に掲載された作品には難解だったり、暗かったりするものが多い中、“泉昌之”名義で発表された「かっこいいスキヤキ」には大爆笑しました。

    ちなみに…同じころ蛭子能収サンの漫画も掲載されていましたが、こちらは「よくわかんない」ものとしてとらえていました。

    で、発表から約2年後、“泉昌之”初単行本発売。

    ボクはこちらの単行本を渋谷の“まんが書店”で購入しました。

    孤独のグルメ0145

    おそらく人生初のサイン本???がこちら

    孤独のグルメ0146

    そして一緒に購入した“ソノシート”

    孤独のグルメ0147

    テープに録音して何度も聴きました。

    クスミ先生はボクの人生に影響を与えた人の一人です!

    で、もう一つの主役“リーメント”の“和食処”。

    こちらも当ブログでたくさん使わせてもらっている“ぷちサンプルシリーズ”の第1弾。
    発売はもう20年近く前になるのですね。

    年をとるわけです。

    ということでコロナ禍の師走。

    昔を懐かしんでみました(あ、いつもそうか)




    ということで、いくつか作品をご紹介。







    そしてドラマのBlu-ray。



    こちらがコミックス。



    そしてフィギュア。



    欲しいけど大きさが…

    そして最後に…“和食処”



    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 1/6フィギュア ジオラマ 孤独のグルメ 松重豊 井之頭五郎

    web拍手 by FC2

    特撮テレビドラマ「ウルトラQ」より 大ガメ ガメロン (STカラー版)【X-PLUS : ウルトラQ 大怪獣シリーズ】

    何でも本日、5月23日は“世界亀の日(World Turtle Day)”なのだそうです。

    ということで、今回ご紹介するのは“X-PLUS”から発売された“ウルトラQ 大怪獣シリーズ”の“大ガメ ガメロン (STカラー版)”です。

    大ガメ ガメロン01

    このシリーズ、ほかにも持っているのですが、ちょっとこの惹句が…

    大ガメ ガメロン02

    ま、わかりやすくてよいのですが。

    発売当時はおもちゃ系の雑誌が乱立しており、その中で“激レア”とか“限定カラー版”とか煽っていたからかなぁ。




    改めまして“大ガメ ガメロン”です。

    大ガメ ガメロン03

    この“大ガメ ガメロン”は特撮テレビドラマ「ウルトラQ」第6話「育てよ!カメ」に登場した怪獣です。

    大ガメ ガメロン04

    大ガメ ガメロン05

    大ガメ ガメロン06

    とまあ、本作の主人公“浦島太郎”少年が飼っていたカメが怪獣化したものですから、見た目はご覧のとおりカメそのものなんです。

    が、せっかくのなので細部を見てみましょう。

    まずは頭部から。

    大ガメ ガメロン07

    正面からみるとなかなか愛嬌のある顔立ちをしています。

    そのガメロン、上から見るとこんな感じです。

    大ガメ ガメロン08

    甲羅には3本のキールはクサガメの特徴の一つです。

    大ガメ ガメロン09

    前足はこんな感じ。

    カメって結構、爪が長いのですよ。

    何度かひっかかれまして…。
    あ、これはうちのクサガメの話なんですが。
    一度はかなり深く切られてしまいました。

    大ガメ ガメロン10

    後ろ脚はこんな感じ。

    大ガメ ガメロン14

    尻尾はこんな感じです。

    大ガメ ガメロン11

    横から見るとこんな感じ。
    身長(一般的にカメの大きさを計る甲長ではなく)は99cm説、128cm説があるようです。

    この“大ガメ ガメロン”は巨大化したカメではなく、怪獣化したカメなので、いくつか通常のカメとは異なる点があります。

    その一つがこちら…。

    大ガメ ガメロン12

    ウインカーです…。

    大ガメ ガメロン13

    そして、ちょっと妙な1枚の甲羅。

    大ガメ ガメロン15

    これがパカっと開いて…、スピードメーター等が登場します。

    そしてここがガメロンのすごいところ…マッハ3で空を飛びます。

    ま、“大怪獣 ガメラ”もそうなんですが…。

    大ガメ ガメロン16

    では出発!

    大ガメ ガメロン17

    大ガメ ガメロン18

    大ガメ ガメロン19

    大ガメ ガメロン20

    ガメロンの背中にまたがっているのが、件の亀キチガイ(作中の表現より)の浦島太郎少年です。

    大ガメ ガメロン21

    彼がなぜ、このように爆発後のような様子なのかは、ぜひ本編をご覧ください。

    大ガメ ガメロン22

    「行けーっ」

    大ガメ ガメロン23

    大ガメ ガメロン24

    うちのカメも99cmになったらボクを竜宮城へ連れて行ってくれるかなぁ。

    ちなみに…

    大ガメ ガメロン25

    彼が追いかけていたのは乙姫様だったはずなのだが、いつの間にか、この“怪竜”に追いかけられて…
    最近の書籍では“万蛇怪獣”という二つ名がついているようですが、映画「海底軍艦」に登場するムウ帝國の守護神“マンダ”とは何の関係もない他人の空似です(?!)




    さて、今回、この“大ガメ 怪獣 ガメロン”をご紹介するにあたり大カテゴリを12インチ(1/6)フィギュアとしてみました。

    大ガメ ガメロン26

    いかがでしょう?
    サイズ的にはいい感じだと思うのですが。

    大ガメ ガメロン27

    「私も竜宮城に行きたいなぁ」

    大ガメ ガメロン28

    「あら?」

    大ガメ ガメロン29

    「あなたは黒江さんの家のクサガメ、柚子ちゃんじゃない?」

    大ガメ ガメロン30

    「ってどこへ行くの!?」

    大ガメ ガメロン31

    クサガメ・柚子ちゃんが向かった先は…。
    黒江家の飼育スペースでした。

    大ガメ ガメロン32
    ※完成予想図

    ここで、ボクが立ちあげた新ブログ「亀鳴苑日録」をご紹介。

    こちらもどうぞご贔屓に。




    と、いうことで、今回ご紹介したX-PLUSの“大ガメ ガメロン”はこちら。



    モノクロ版もあります。



    また“大ガメ ガメロン”が登場する「ウルトラQ」のBlu-rayはこちら。



    カラー版もあります。


    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ガメロン ウルトラQ X-PLUS 怪獣 1/6フィギュア

    web拍手 by FC2

    マンガ・アニメ「タイガーマスク」 【メディコムトイ:リアルアクションヒーローズ】

    先日、待望の睦月影郎先生の新刊「ぼくのマンガ道 マンガに夢中だった」が刊行されました。

    タイガーマスク-メディコム0001

    それを記念して、黒江龍雄版“ぼくのマンガ道 マンガに夢中だった”をやってみたいと思います。

    と言っても、大好きな「のらくろ」や「ロボット三等兵」は以前に記事にまとめてしまったし…。

    ということで、今回はテレビアニメにもなった「タイガーマスク」を記事にまとめてみたいと思います。

    タイガーマスク-メディコム0002

    で、こちらがボクが大切にしている「タイガーマスク」(KCコミックス版)です。

    今はなき前橋市の坂本書店で購入しました。

    続いてこのマンガ「タイガーマスク」の主人公、タイガーマスクのご紹介です。




    「虎だ、虎だ、おまえは虎になるのだ!」
    白いマットの~

    タイガーマスク-メディコム0003

    こちらがタイガーマスク!
    身長181cm、体重87kg。

    タイガーマスク-メディコム0004ght="720" />

    孤児院を経て悪役レスラーの養成機関“虎の穴”に入ったタイガーマスク。

    タイガーマスク-メディコム0005

    ですが、孤児たちの窮状を知り、“虎の穴”を裏切り、正義のレスラーとして戦います!

    タイガーマスク-メディコム0006

    そのような中で勝ち取った“ふく面ワールドリーグ戦”のチャンピオンベルト。

    タイガーマスク-メディコム0007

    日本プロレスの祖、力道山の流れをくむ黒タイツ。

    タイガーマスク-メディコム0008

    アメリカでは“黄色い悪魔”の二つ名で悪役レスラーとして暴れ廻っていました。

    タイガーマスク-メディコム0009

    虎がモチーフの覆面は“虎の穴”の優等生の証。

    タイガーマスク-メディコム0010

    そんなタイガーマスクですが、日本ではジャイアント馬場選手たちと一緒に正統派レスラーとして活躍することになりますが…。

    タイガーマスク-メディコム0011

    “虎の穴”が送り込む刺客と戦うことになります。

    タイガーマスク-メディコム0012

    負けるな!タイガーマスク!!

    タイガーマスク-メディコム0013

    そして、その覆面の中は…。

    「マスクを取ると伊達直人に早変わり」(タイガーマスクのソフビ人形を作っていた中嶋製作所のテレビコマーシャルより)

    タイガーマスク-メディコム0014

    で、こちらが“メディコムトイ リアルアクションヒーローズ タイガーマスク”、初回限定特典の“虎の穴の像”のピンバッチです。

    タイガーマスク-メディコム0015

    さて、件の書籍、睦月影郎先生の新刊「ぼくのマンガ道 マンガに夢中だった」。

    睦月影郎先生からサイン入り本をいただきました。

    タイガーマスク-メディコム0016

    睦月影郎先生、ありがとうございました。




    ということで、今回ご紹介した睦月影郎先生の新刊「ぼくのマンガ道 マンガに夢中だった」はこちら。



    そして、今回ご紹介した“メディコムトイ リアルアクションヒーローズ タイガーマスク”はこちら。



    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 睦月影郎 タイガーマスク ふく面ワールドリーグ戦

    web拍手 by FC2

    TV時代劇「必殺仕置人」より 念仏の鉄【お彼岸ver】

    過日、通販サイトをうろうろしておりましたら、“figma 八つ墓村 多治見要蔵”という商品を見つけました。

    で、興奮して、今回の撮影となりました…。

    では、しばらくお付き合いください。




    Tetu-a01.jpg

    (芥川隆行サンの名調子で)
    「のさばる悪を何とする
     天の裁きは待ってはおれぬ
     この世の正義もあてにはならぬ
     闇に裁いて仕置する
     南無阿弥陀仏」

    Tetu-a02.jpg
    なるみさんによる写真ACからの写真

    Tetu-a03.jpg

    Tetu-a04.jpg

    Tetu-a05.jpg

    Tetu-a06.jpg

    Tetu-a07.jpg

    Tetu-a08.jpg

    Tetu-a09.jpg

    Tetu-a10.jpg

    Tetu-a11.jpg

    Tetu-a12.jpg

    Tetu-a13.jpg

    Tetu-a14.jpg

    (再び芥川隆行サンの名調子で)
    「仕置。
     法によって処刑することを江戸時代、こう呼んだ。
     しかし、ここに言う仕置人とは、法の網をくぐってはびこる悪を裁く闇の処刑人のことである。
     ただし、この存在を証明する記録・古文書の類は一切残っていない」

    「必殺仕置人」エンディングテーマ「やがて愛の日が」(三井由美子)




    念仏の鉄
    「ところで龍ッちゃん、例の、“figma 八つ墓村 多治見要蔵”が欲しいンだって?」

    ボク
    「鉄ッつぁん、実はそうなんだけど、1/12なところへもってきて値段も値段だし…」

    念仏の鉄
    「だろ…だからさ。こんなのはどうかな…」」

    Tetu-a15.jpg




    ということで改めて“figma 八つ墓村 多治見要蔵



    そして今回使用した商品がこちら。


    ※古い商品につき合成皮革の劣化があると思われます。

    そして「必殺仕置人」のDVDがこちら。


    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 1/6フィギュア 必殺仕置人 アルフレックス 山崎努 念仏の鉄

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ