web拍手 by FC2

    ファイヤードラゴン(パイロット・エース)

    前回に引き続いての、<レイ・ハリーハウゼン追悼企画>第2弾。

    今回は、前回のサイクロプス共々映画「シンドバッド7回目の冒険」に登場する怪物〝ファイヤードラゴン〟です。

    Firedragon01.jpg

    オーソドックスな、いかにもドラゴンといった感じのこの〝ファイヤードラゴン〟。

    映画に登場する魔法使い・ソクラの飼っているドラゴンです。

    なので、首輪をしています。

    このソクラ、日本語吹き替え版だと、大塚周夫先生が演じているところからして、どんなキャラだかおわかりになると思います。

    Firedragon06.jpg

    こちらが逆から見たところ。

    高速移動をしている…ところには見えないですね…(>_<)

    アップにすると、こんな感じ…。

    Firedragon03.jpg

    撮影する角度や照明の当たり具合によって表情が変わっている感じがしませんか?

    そして、これなどは…。

    Firedragon04.jpg

    〝何かを見つけて動き出した〟なんて感じに見えませんか?

    〝何か〟と言っても、こんな感じなんですが…。

    Firedragon05.jpg

    〝ファイヤードラゴンVSサイクロプス〟の戦いを再現してみました。

    レイ・ハリーハウゼン先生、見てくださってますか…。

    「わーい、ガーンガーン」と子どもの頃のボクなら、しちゃうところですが、
    今のボクは、塗装のハゲが怖いのでこうして画像の中で遊んでます…。

    でも、こんなことしていると興奮して止まらなくなっちゃうのは相変わらずなのですが…。

    レイ・ハリーハウゼン大全レイ・ハリーハウゼン大全
    (2009/02/26)
    レイ・ハリーハウゼン、トニー・ダルトン 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    サイクロプス(パイロット・エース ビーグル版)

    <レイ・ハリーハウゼン追悼企画>

    平成25年5月7日、多くの特撮映画を手がけたレイ・ハリーハウゼンさんが亡くなりました。

    今回は、氏を偲んで、氏の映画に登場する有名な怪物の一つ〝サイクロプス〟を取り上げたいと思います。

    Cyclops01.jpg

    レイ・ハリーハウゼンの映画で最初に見たのは、「土曜映画劇場」で放映された「恐竜100万年」ではなかったかな…と思います。

    そこに登場する人形アニメの恐竜たちが、日本の怪獣映画の怪獣の動きとは違った、そう、「かくかくした動き」で、とても新鮮だったのを覚えています。

    以後、テレビの映画劇場で、「シンドバッド七回目の冒険」、「アルゴ探検隊の大冒険」、「恐竜グワンジ」、「シンドバッド黄金の航海」、「シンドバッド虎の目大冒険」などを見、その中で「かくかく動く」大小様々の怪物、怪獣に見とれていました。。

    昭和52年冬。
    「月刊OUT増刊 ランデヴー 第1号(創刊号)」が刊行されました。

    科学忍者隊ガッチャマンが表紙の創刊号の特集は、「夢と冒険の航海 シンドバッドワールド」でした。

    当時、小学生のボクはこの雑誌を、お出かけ先の前橋市、片原饅頭のお隣の「アルプス書館」発見。
    一緒に出かけていた、今は亡き伯母に買ってもらいました。

    この特集を読んで、外国の「かくかく」怪獣映画は、ハリイハウゼン(当時の記述による)という人が作っていたのだと知りました。

    さて、この〝サイクロプス〟。

    映画では、「シンドバッド7回目の冒険」に登場します。

    Cyclops02.jpg

    日本の怪獣ほど大きくなくて、シンドバッド達の投げる槍を画像のように掴んだり、船乗りを串刺し(?)にして食べようとしたり、魔方のランプを持っていたり、その外見からは想像できないくらい知的な怪物として描かれているのが、子ども時代のボクにはとても新鮮でした。

    さらに…。

    この映画がきっかけではないと思うのですが…。

    ボクは、子どもの頃、大きな怪獣や怪物が、住んでいた実家の道路に面した寝室をのぞき込んで、ボクを掴んで窓から引き出す…という悪夢(妄想)に苛まれていました。

    こんな具合に…

    Cyclops03.jpg

    真っ赤な夜。
    なぜか怪物達が来る時は、夜が真っ赤なのです…。

    こんな風に〝サイクロプス〟の単眼がじっとにらんで、寝室のボクを探す。

    ボクは必死になって、怪物からの死角にあたる窓の下の壁に張り付くように身を隠す。

    でも、この大きな眼からは逃れられず…。

    次の瞬間、一つ目が引っ込んだと思ったら、今度は大きな手が出てきて、
    とうとうボクは、怪物の手に掴まれて真っ赤な夜へ吸い込まれていく…。

    さて。

    レイ・ハリーハウゼンの作り出した魅力的な怪物達。

    子どもの頃は、ひたすらテレビで放映するのを待つしかありませんでした。

    最近では、平成21年のお正月にはCATVで3日連続で、シンドバッドシリーズ3作を放送して、息子と一緒に試聴することができました。

    今では、こうしてBlu-rayやDVDが発売されています。

    シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]
    (2011/10/05)
    カーウィン・マシューズ、キャスリン・グラント 他

    商品詳細を見る


    シンドバッド 黄金の航海 [DVD]シンドバッド 黄金の航海 [DVD]
    (2009/12/23)
    ジョン・フィリップ・ロー、キャロライン・マンロー 他

    商品詳細を見る


    シンドバッド 虎の目大冒険 [DVD]シンドバッド 虎の目大冒険 [DVD]
    (2009/12/23)
    タリン・パワー、パトリック・ウェイン 他

    商品詳細を見る


    つくづくいい時代になったと思います。

    なんて、ブログの記事を書いていると…。

    窓からの視線を感じます…。

    あっ

    Cyclops04.jpg

    一つ目小僧「おいらも単眼。お忘れなく」
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    下のリンクにある「Avanti!」というサイトのブログ版です。
    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ