web拍手 by FC2

    仮面ライダーV3 (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)

    45年前の2月17日(土)、大きな一つの戦いが終わりを迎えたように思われた次の週の夜。
    一つのテレビ番組が放映開始となりました。

    その番組とは…

    V3_02.jpg

    「仮面ライダーV3」!!!




    ということで、約3年ほど前に発売されていましたが、本ブログではご紹介していなかった“仮面ライダーV3  (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)”をご紹介します。

    V3_01.jpg




    V3_03.jpg

    放映開始当時、ボクは6歳。
    小学校に入学する一か月少し前のことでした。

    「仮面ライダーV3」の前に放映されていたのは、もちろん「仮面ライダー」。
    ゲルショッカーの出現、ショッカーライダーとの闘い、そして首領の最期?…と目まぐるしく変わる作品世界が半ば現実の世界の出来事のようで、特に仮面ライダー1号、仮面ライダー2号のダブルライダーと首領との闘いの日は、世の中の終わりが来てしまうようで、朝からずっと不安な気持ちでいたことを今でも覚えています。

    そして「仮面ライダー」の世界をそのまま引き継いだ「仮面ライダーV3」に、ボクはまたまたはまっていくのでした。

    V3_04.jpg

    仮面ライダーの面影を残しつつ少しモダンになったその顔つきにまずしびれたものです。
    ちなみに頭の色は、風見史郎をV3へと改造した仮面ライダー1号、2号がデストロンのような悪い組織に勝つようにと、“戦いの色”である赤を選んだからなのだそうです。

    なお目と目の間にあるのは“Oシグナル”という怪人が2キロメートル以内に近づくと反応する装置です。

    V3_05.jpg

    胸のシルバーは“コンバーターラング”
    赤い部分が“レッドボーン”
    そしてベルトはご存知“ダブルタイフーン”

    ちなみに“レッドボーン”は胸にエネルギーを集中させて、技の破壊力を増す部分とのことです。

    V3_06.jpg

    “ダブルタイフーン”のアップ。

    右が仮面ライダー1号の技のタイフーン。
    左が仮面ライダー2号の力のタイフーン。
    またこのダブルタイフーンのおかげで4秒で変身できるようになったンだそうです。

    V3_07.jpg

    “変身ベルト”の横についている銀色の物体が“V3ホッパー”。

    腰から引き抜き、仮面ライダーV3の「V3ホッパー」の掛け声とともにロケット噴射で500メートル上空へと打ち上げます。

    すると…

    V3_08.jpg

    10キロメートル以内にいるデストロン怪人をキャッチし、その姿をこの画像のようにV3の目に映し出します。

    V3_09.jpg

    仮面ライダーV3の後姿。

    いまだに服の襟を立てている人を見ると、仮面ライダーV3みたい…と思ってしまいます。




    V3_10.jpg

    「本郷先輩、一文字先輩…」

    V3_11.jpg

    仮面ライダー1号
    「風見史郎…いや、仮面ライダーV3」

    仮面ライダー2号
    「日本の平和を任せたぞ」

    仮面ライダーV3
    「はいっ」




    V3_12.jpg

    仮面ライダー1号
    「仮面ライダーV3よ」

    仮面ライダー2号
    「俺たちは死なない。いつの日か必ず帰ってくる」

    仮面ライダー1号
    「3人の仮面ライダーが揃って戦う日まで、すべては君の力にかかっている」

    仮面ライダー2号
    「がんばれ、仮面ライダーV3」

    仮面ライダー1号
    「俺たちは君を見守っているぞ」

    ということでやってみたかった3人ライダーそろい踏み。




    そしてもう一つやってみたかったのが、煙突の上の仮面ライダーV3。

    V3_13.jpg

    V3_14.jpg

    V3_15.jpg

    「ついに仮面ライダーV3の登場。
     仮面ライダーV3の必殺技は何か、そして謎の軍団“デストロン”とは?!
     ますます面白くなってきた怪奇アクションドラマの決定版。
     仮面ライダーV3をお楽しみに!」




    ボクの撮影したこの写真では全く迫力が再現できませんでしたが、「仮面ライダーV3」第4話で、仮面ライダーV3は高さ50メートルを超える煙突の上に立っている場面があります。

    撮影はもちろん命綱なし…。

    この仮面ライダーV3のスーツの中に入っていたのは、中屋敷哲也サン。

    歴代仮面ライダーを演じておられる方で「ミスター仮面ライダー」とも呼ばれています。

    そんな中屋敷哲也サンと息子のツーショット写真がこちら

    V3_16.jpg

    “日光江戸村”でお見かけした時は足が震えました。

    恐る恐る「中屋敷哲也さんですよね」とお声を掛けさせていただくと…
    「そうだよ、よくわかったね」とのお答え。

    「父子してファンなんです!」
    と言って一緒に写真を撮らせていただきました。

    息子もお気に入りの写真です。
    嬉しそうでしょ。

    当時の息子にとっては“仮面ライダーの中の人”というより、中屋敷哲也サンが素面で演じた「10号誕生!仮面ライダー全員集合!!」の主人公のバダン時代の親友・三影英介の印象が強かったのかな?

    子供の頃の思い出の作品「仮面ライダーV3」にまた一つ、新しい思い出が増えました。
    (と言っても12,3年前の思い出ですが)




    ということで、仮面ライダーV3もとい中屋敷哲也サンが50メートル超の煙突の上に上って、ボクたち当時の子供に熱いメッセージを送ってくれている姿が見られるのがこちら。



    こちらはDVDですが、Blu-rayも45周年を記念して発売となるようです。

    また例の煙突シーンの出てくる「仮面ライダーV3」第4話の監督をしている奥中惇夫監督が書いた本がこちら。
    タイトルのそのまま「テレビ映画監督一代記 仮面ライダーがエントツの上に立った日



    スポンサーサイト

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダー 仮面ライダーV3 東映レトロソフビ デストロン

    web拍手 by FC2

    スプレーネズミ(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)

    (気持ちよい冬晴れのような中江真司サンの美声で)「世界を征服しようとする悪の組織 デストロンはスプレーネズミを野に放った」からではないでしょうが、うちの“エコキュート”が故障しまして…。

    その理由がナント、室外機内のコードをノネズミが食いちぎったから…。

    修理に当たった業者の人も「このあたりにノネズミが出るなんてね…」と不思議がっていました。

    それはともかくこの夏に届いたデストロンの改造人間“スプレーネズミ”のご紹介です。

    スプレーネズミ01

    では早速袋を開けちゃいます!




    スプレーネズミ02

    このスプレーネズミは「仮面ライダーV3」第17話「デビルスプレーは死神の武器」、第18話「悪魔の裏切り あやうしV3!」に登場したデストロンの改造人間です。

    スプレーネズミ03

    好きなデストロン怪人の一人なのですが、こんなに顔が怖かったかなー。
    特に目力がすごいですね。
    またスプレーネズミの大きな口は“マウスカッター”と呼ばれ「相手の頭をのみこんでしまう、V3だってあぶないぞ」と“仮面ライダーV3カード”No316に書かれています。

    スプレーネズミ04

    では各部を見て行きましょう。

    スプレーネズミ05

    初期デストロンの改造人間の魅力は何と言ってもメカと動物の組み合わせ。
    こちらの噴霧制御装置?もいい味出してます。

    スプレーネズミ06

    こちらも頭部のアンテナと組み合わされているので制御装置か何かでしょうか?

    スプレーネズミ07

    後姿はこんな感じ。
    割とシンプルです。

    スプレーネズミ08

    そして左手。
    ちなみに内緒ですが、弱点は腕の付け根だそうです。

    スプレーネズミ09

    その内側。

    スプレーネズミ10

    さらに右手。
    この右手は10メートルも延びるということです。

    スプレーネズミ11

    スプレーネズミの大きな魅力、右手のアップです。

    スプレーネズミ12

    「貴様を握りつぶしてやる! 死ね、V3」
    仮面ライダーV3挿入歌「デストロン讃歌」の冒頭に入っている台詞は、このスプレーネズミのものなのです。




    スプレーネズミ13

    「この毒薬デビルスプレーを吸入した人間は3日以内に死ぬ…」

    スプレーネズミ14

    「そうはさせないぞ、デストロンの新怪人」

    スプレーネズミ15

    「俺の名はスプレーネズミ、邪魔させんぞV3」

    Spraynezumi16.gif

    「くらえっ!」

    スプレーネズミ17

    「うわっ!」

    スプレーネズミ18

    「ここが貴様の死に場所だ!」

    スプレーネズミ19

    スプレーネズミの右手がV3の首を締め上げる…。
    果たして、スプレーネズミ勝つか!? 仮面ライダーV3勝つか?!




    スプレーネズミ20

    ミサイルヤモリ
    「おい、ガマボイラー。俺たちの仲間が来たぜ」

    スプレーネズミ21

    スプレーネズミ
    「お、兄弟! よろしく!」

    スプレーネズミ22

    ガマボイラー
    「俺たちは君を歓迎するぞ!さぁ一緒に飾られよう」

    スプレーネズミ23

    ミサイルヤモリ
    「そうだな…さしあたり、あそこはどうだろう…」

    スプレーネズミ24

    スプレーネズミ
    「歓迎はありがたいのだが、あの人の隣ってのはちょっと…」

    スプレーネズミ25

    ネコヤモリ
    「ん?!」

    さすがにネコの怪人の隣は可哀想ですかね、ネズミだけに。

    相棒のクサリガマテントウの発売が待たれます…。




    ということで、スプレーネズミとクサリガマテントウの共闘が見られるのがこちら。
    お話も逆転もまた逆転で目が離せません…、と、その分スプレーネズミの活躍がちょっと薄めなんですが…ネ



    実は…ちょっとラットを飼おうかと思ったりしているのですが、やっぱりネズミはどうもなぁ、と迷っています。
    今、商品名でファンシーラットというみたいですね。
    ちょっとびっくり!


    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 東映レトロソフビ 仮面ライダーV3 デストロン 仮面ライダー レトロソフビ

    web拍手 by FC2

    イカファイア(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)

    (落ち葉が風に舞うような中江真司サンの美声で)「平和な大都会に忽然と出現した恐怖の暗黒組織デストロン。大都会の中心部を地底に引きずり込むその計画は仮面ライダー1号、2号の命を懸けた働きで妨害された。が、しかしそのダブルライダーは海の果てに消えた。仮面ライダーV3にすべてを託して…」(「仮面ライダーV3」第3話オープニングナレーションより)

    イカファイア01

    ということで、「仮面ライダーV3」第3話「死刑台のV3」と第4話「V3の26の秘密!?」に登場した“イカファイア”のご紹介です。

    こちらのソフビはかなり前に届いていたのですが、なかなか撮影のタイミングが合わず延び延びになってしまっていました…。
    (しかもデストロン怪人のご紹介は前回の“吸血マンモス”から1年4か月も間が空いてしまいました…)

    では早速袋を開けちゃいます!




    イカファイア02

    まずは全身像。

    イカファイア03

    顔のアップ。
    見方によっては頬のあたりが“ほうれい線”のように見えてしまいますが、本編登場の着ぐるみは精悍な感じがして好きな怪人の一人です。

    イカファイア04

    左手のバーナー。
    このあたりのメカメカしさが初期デストロン怪人の魅力の一つです。

    イカファイア05

    右手。
    本編では左手も火炎放射する時以外はバーナーではなく右手と同じような形状をしています。

    イカファイア06

    背中に装備された燃料タンク。
    パイプもいい味出していますよね。

    イカファイア07

    こちらは腹部。
    8つの穴は空気注入口?いろいろと想像を掻き立ててくれます。
    また胸の下あたりについている2本を青い足は可動します。




    「俺は仮面ライダーV3を抹殺する目的で作られたイカファイアだ!」

    イカファイア08

    「俺と戦え! V3!!」

    イカファイア09

    「いくぞ! イカファイア」

    が、得意のV3キックもイカファイアには効果がない…。

    イカファイア10

    「驚いたか、砂地に貴様のエネルギーは吸い取られるはず。信じられなければ、どこからでもかかってこい!」

    イカファイアの声をあてている八代駿サンの名調子は続きます。

    「さぁ、今度は貴様の弱点を体で教えてやる…」

    イカファイア11
    ※画像をクリックしてごらんなさい

    「まずダブルタイフーンの右!」

    イカファイア12

    あ、ダブルタイフーンの羽が止まってしまった…。
    ちなみにダブルタイフーンの右の風車には仮面ライダー1号の“技”が、左の風車には仮面ライダー2号の“力”が秘められていると言われています。

    イカファイア13

    「相手のエネルギーを奪うイカファイアの勝利だ!」

    イカファイア14

    「ううっ、身体が動かない…」

    イカファイア15

    「たっぷり痛めつけてやる…」

    イカファイア16
    ※危険なので良い子はまねをしてはいけません

    「じわじわ殺してやる…」

    イカファイア17

    絶体絶命の仮面ライダーV3。

    イカファイア18

    「デストロンの勝利だ!」

    果たして、イカファイア勝つか!? 仮面ライダーV3勝つか?!




    イカファイア19

    「ん!?なンだ、この嫌な臭いは…」

    イカファイア20

    イカファイア21

    「新鮮なイカ! 産地直送もぎたてパック、北海道産のイカだフラーイ

    イカファイア22

    「おい、テレビバエ…、貴様もじわじわ殺してやろうか…」




    イカファイア23

    イカファイアとテレビバエ、この2体はともに、「仮面ライダーV3」第3話「死刑台のV3」と第4話「V3の26の秘密!?」で共闘した間柄なのです…

    イカファイア24

    だから本当は仲良しです…(ホント?)

    「仮面ライダーV3」、放映からしばらくの間は敵怪人が2体出てきてお話も2話連続だったのでワクワクしながら見ていました。

    なのでこうしてソフビでも2体揃うと嬉しいですね。

    ちなみに…。
    現在、ペアで遊ぶことができる“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3 シリーズ”のデストロン怪人は次の通りです。
    ・ハサミジャガーとカメバズーカ組
    ・テレビバエとイカファイア組
    ・レンズアリとカミソリヒトデ組
    となっています。

    ますます増えてほしいですね。




    ということで、テレビバエとイカファイア組の共闘が見られるのがこちら。

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダーV3 デストロン 仮面ライダー 東映レトロソフビ レトロソフビ

    web拍手 by FC2

    吸血マンモス(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)

    (中江真司サンの割と太目な声で)「キバ一族の名に懸けて繰り出したキバ一族最強の怪人“吸血マンモス”。不気味にとどろくキバ一族の呪いの太鼓!」

    吸血マンモス01

    ということで、「仮面ライダーV3」に登場した怪人たちの中でも、商品化の機会に恵まれなかったのが番組中盤に登場する怪人たち。
    そんな中から、今回、メディコムさんが“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション”シリーズで商品化してくれたのが“、こちらの吸血マンモス”。
    先日、届きましたので、さっそく遊んでみたいと思います。




    「仮面ライダーV3」のお話は、基本的には、仮面ライダー1号、2号の後を引き継いだ“仮面ライダーV3”が、悪の組織“デストロン”と戦うという流れになっていますが、大きく分けると次のようになります。

    1.機械と動物とを合成した2体の“デストロン”怪人が連携して作戦を実施する。
    2.大幹部“ドクトルG”の指揮のもと、機械と動物とを合成した怪人が作戦を実施する。
    3.“デストロン”と共闘関係にある“キバ一族”の長、“キバ男爵”の指揮のもと、キバ一族の怪人が作戦を実施する。
    4.キバ一族と同じく“デストロン”と共闘関係にある“ツバサ一族”が“ツバサ大僧正”の指揮のもと、作戦を実行する。
    5.“デストロン”の“ヨロイ軍団がヨロイ元帥の指揮のもと、作戦を実行する。

    このような流れの中で、登場した吸血マンモス。
    風格も堂々としており、キバ一族の主要怪人の一人と言えるでしょう。

    吸血マンモス02

    画像は、劇中、北町の倉庫街で、仮面ライダーV3と初めて戦った場面をイメージして撮影してみました。




    吸血マンモスの使命は、日本の政治、経済、文化を動かす“大物”の頭脳を改造してしまおうという“日本頭脳改造作戦”の実行。

    ところが「上手の手から水が漏る」の例えもある通り、デストロンのアジトから一人の男が脱走しました。

    北町の倉庫街まで逃げてきた男はこの計画を、あろうことか“少年ライダー隊”に密告してしまいます。

    吸血マンモス03

    劇中、北町の倉庫街と呼ばれるロケ地は横浜の“赤レンガ倉庫街”のようです。

    たまたま、今回の吸血マンモス撮影の直前に“チャンネルNECO”で視聴した「ミラーマン」の「パイロット版」も、こちらの“赤レンガ倉庫街”で撮影されていました。

    この横浜の倉庫街は、当時、特撮はじめ各種のドラマでもよく使われていましたよね。




    倉庫街に潜伏していた脱走者を追い詰めた吸血マンモス。

    「貴様の体の血を一滴残らず吸い取ってやる! ブローッ!」

    吸血マンモス04

    マンモスをモチーフにしているだけあって印象的な鼻。

    この鼻は、伸縮自在で、作品を未見の皆さんでも想像がつくと思いますが、血を吸うことができます。




    「V3、これでもくらえ『血の霧』!」

    吸血マンモス05

    この鼻は、血を吸うだけでなく吹き出すこともでき、“血の霧”と呼ばれる技を使う部位ともなるようです。
    おそらくため込んでいた血に、体内にある特殊な物質を混ぜて噴射する技と思われます。




    吸血マンモスの武器は、他に、穂先に牙を利用した槍があります。
    (今回は残念ながらモデリングはされませんでしたが)

    その槍を持つのがこちらの右手。

    吸血マンモス06

    以前の記事も書いたのですが、値段上がっても構わないので、その怪人の持つ専用の小物も付けてほしいです!

    続いて左手を見てみましょう。

    吸血マンモス07

    こちらは、いかにもマンモスの前足って感じの形状をしています。




    「怒れ!『悪の大地』!」

    吸血マンモス08

    「ズ、ズーン!」

    吸血マンモス09

    と、こんな感じで、地面に左手を叩き付け地震を起こすことができます。




    「キバ一族の誇りと栄光にかけて絶対にお前を殺す!」

    吸血マンモス10

    いまだに旧バンダイの仮面ライダーV3のソフビを使用して撮影しています。




    「くらえっ! V3!」

    吸血マンモス11

    キバの先端が折れ、中から、銃弾のようなものが発射されます。

    「仮面ライダーV3」の中盤以降の怪人は、「仮面ライダーV3カード」にも登場せず、各種怪人図鑑等にも、一体ずつ詳しく書かれていないことが多いので、今一つ、技や武器の名前や威力についてわからないことが多いのです。




    果たして、吸血マンモスの“ドゥーブー魔術”攻撃 勝つか!、仮面ライダーV3の三段回転キック 勝つか!?

    吸血マンモス12




    そんな戦いの中…。

    「ん?!」

    吸血マンモス13

    視線を感じて振り返る吸血マンモス!

    その視線の主とは…。

    吸血マンモス14

    「アフリカの奥地出身というプロフィール、響いてくる太鼓の音、そして何より、あの容姿。すてきだわ」

    吸血マンモスに熱い視線を送っていたのは、誰あろう“ジャングルの女王 シーナ”さんでした。

    「お嬢さん。吸血マンモスが気になるのかい?俺は、彼にちょっとかかわりのあるものでね…。なんなら紹介しようか?」と、“エースのジョー”こと宍戸錠の登場!

    吸血マンモス15

    ちなみに、ネタバレになりますが、吸血マンモスは、キバ一族の長にして、デストロン大幹部である“キバ男爵”が変身した姿なのです。
    その“キバ男爵”を演じていたのが、“郷鍈治”サン。
    その“郷鍈治”サンは、“エースのジョー”こと“宍戸錠”サンの実弟、とまぁ、こんな関係になるわけですね。




    と、そんなわけで、吸血マンモスの活躍が見られるのはこちら。



    いよいよ来月は、今回、登場した吸血マンモスが所属する“キバ一族”の魔女スミロドーンこと“原始タイガー”のソフビが発売されます。
    楽しみ楽しみ…。

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダーV3 東映レトロソフビ デストロン

    web拍手 by FC2

    レンズアリ(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーV3)

    (辻村真人さんのいつもの声で)「全世界にその名を轟かせたレンズアリとは俺様のことよ。シャカー!」

    レンズアリ01

    ということで8月も半ば過ぎに我が家に届いた“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション”の“レンズアリ”。




    さっそうとアジトに登場!

    レンズアリ02

    「仮面ライダーV3」第9話「デストロン地獄部隊とは何か!?」、第10話「ダブルタイフーンの秘密」の2話に登場。
    「仮面ライダーV3」の初期登場怪人の常として、当時の雑誌媒体を中心に登場する機会も多く印象深いデストロン怪人の一人です。

    中でも当時発売された“ジャンボマシンダー”シリーズにもラインナップされています。
    当時のおもちゃの常として、敵役商品としての発売故に発売数も少なかったのか、現在、この“ジャンボマシンダーシリーズのレンズアリ”はかなり高価で取引されているようです。

    現物があれば…の話ですが。

    ちなみに“ジャンボマシンダーシリーズのレンズアリ”を紹介しているブログがあるんですが、そのブログのコメント欄には「○○萬円で譲ってください」のようなコメントが寄せられています…。

    閑話休題




    「ようこそ一流レーサーの諸君!」

    レンズアリ03

    レンズアリの使命は、有名オートレーサーを誘拐して“デストロン地獄部隊”を編成し『わるいことをさせ』(「仮面ライダーV3カード183」より)東京に混乱を引き起こすこと。

    「わるいこと」というのが抽象度が高いですね。

    レンズアリ「『わるいこと』と漠然と言われましても」

    首領「そこを考えるのがキミの仕事だよ」

    うーん、どこも大変だなぁ。想像だけど。




    「俺の力を見せてやる」

    レンズアリ04

    レンズアリの武器。

    『レンズになっている目から、協力な爆発熱戦をだす。
    左手は、なんでも破壊する怪力』
    (「仮面ライダーV3カード183」より)




    「シャカー!!!」

    レンズアリ05

    レンズアリの特徴である大きな目。

    その目が反転(?)し、発光、特殊な熱戦が出て爆発します。

    どんな仕組みなのか、よくわからないですが、こうしてレンズアリのソフビ人形を手に取ってみると、この触覚で太陽光を集光してあの熱線を放つのかな?目の上にあるつまみ(?)は手動調整用のネジかな?等とイロイロ考えるのは楽しいものです。

    レンズとアリ…

    まずはボクの子供時代を年表的に見てみましょう。

    幼稚園
     「仮面ライダー」放映スタート 大いに熱中
    幼稚園
     「仮面ライダーV3」放映スタート さらに熱中
    小学校入学
     最初の音楽の時間に先生に「好きな歌を歌って良いよ」と言われ、先生のアコーディオンの演奏に合わせて、クラスのみんなで「仮面ライダーV3」の主題歌を歌う。
     次の時間、なにを歌おうかと思っていたら、通常の音楽の授業になり、音楽の授業に関する興味を一気に失う。

    そして、ボクが小学校3年生の時(だったと思います。
    (小学校の3年生と4年生の時は同じY先生だったので記憶があいまいなんですが)

    小学校の校庭で虫メガネの焦点を合わせるという実験をしていました。

    一通り、土の上に太陽光を集光させ終わった子供達。
    その一人K山くんがなんと校庭を歩き回っているアリに虫メガネで集光した太陽光をあててしまいました。
    もちろんアリは…。

    それを見ていたY先生。
    怒るの怒らないの。
    あんなに怖かったY先生を見たのは初めてでした。

    そこでのY先生の一言。
    蟻ごだって生きているんだ!」

    蟻ご

    さすがにその時代でもアリのことを“蟻ご”という子はいなくて(“アリンコ”と言っている子はいましたが)失笑が起きてしまったのですね。

    そこでY先生はもっと怒ってしまって、ボク達、3年4組の子供達は延々、Y先生のお話を聴くこととなりました。

    そのお話を聴きながら、ボクは「虫メガネ、レンズアリ、レンズアリ…」と連想キーワード的に思いを巡らせていました。

    もちろん、Y先生のおっしゃっていた「命の尊さ」もしっかり胸に刻みました。




    「腕の力を見せてやろう」

    レンズアリ06

    レンズアリの左手は、仮面ライダーV3カード197にも「レンズアリの怪力左手」として1枚分使って紹介されるほどの武器であります。




    「おまえをねじきってやる!」

    レンズアリ07

    「うう…いたい…なんという、おそろしい力だ」(仮面ライダーV3カード197に書かれたV3の台詞より)




    「私にもう一度、戦わせてください」

    レンズアリ08

    テレビ「仮面ライダーV3」の劇中でもデストロン首領に熱く懇願していたレンズアリ。

    その願いが叶って(?)映画「仮面ライダーV3対デストロン怪人」で堂々の(?)復活を果たします。

    その映画の中では仮面ライダー2号相手に大立ち回りを演じています。




    「死ねッ ライダー2号」

    レンズアリ09

    テレビ登場時とは異なり、映画版では左手を仮面ライダー2号に向かって飛ばします!
    ※一説には手が飛んでしまうのはNGだったという話も(^^;)

    “ジャンボマシンダーシリーズ”のレンズアリも左手を飛ばせるギミックがついているから、これはこれでいいのではないでしょうか。
    (マジンガーZのロケットパンチと同じギミック?)




    件のレンズアリが左手を飛ばすシーンが収録されている映画「仮面ライダーV3対デストロン怪人」が収録されているのはこちら。



    そして今回も参考にさせていただいた資料がこちら。



    テレビ版とは微妙に異なるアナザーストーリー(?)も載っていてファンの方は必読です。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ