FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    令和2年 おまとめ

    今年は何と言ってもコロナ騒動で明け暮れた1年でした。
    前回の記事にも書きましたが、これはもう「仮面ライダー」の世界ならショッカーのビールスによる人類全滅作戦です。

    とまあ、全体的にあまりよろしくない1年だった一方で、念願だった資格が取得できたり、放送大学に入学して単位取得をしたりと新しいことにも挑戦できました。

    そのような1年を大晦日にあたりまとめてみたい思います。




    1.温泉行

    ここ数年、ポツポツと日帰り温泉に行くことを楽しみの一つとしていました。

    今年は県内の四万温泉、伊香保温泉、奥利根温泉の3ヶ所に行くことができました。

    特にコロナ騒動が本格化する前に行った四万温泉“湯元四萬館”は、その名物“おんせんにんぎょの湯”は印象的でした。

    あゝあのころが懐かしい…。

    (1) 四万温泉

    まず温泉に入る前に…

    2020001.jpg

    “四万温泉 柏屋カフェ”で“四万温泉エール摩耶姫”と“柏屋カレー”をいただきました。

    そして今回お邪魔したのが…

    2020002.jpg

    こちら“湯元 四萬舘

    こちらがアーティスト神田さおりサンプロデュースによる“おんせんにんぎょの湯”

    2020003.jpg

    2020004.jpg

    素敵な空間でした…。
    また他のお風呂、どれも個性的で楽しめました。

    (2) 伊香保温泉

    伊香保温泉では“ホテルニュー伊香保”に行ってきました。

    こちらのメインはやはり大きな温泉。
    さすがにそこの写真は撮れないので部屋の内湯を…。

    2020005.jpg

    この湯船の傾斜は何のためなのでしょう…???。

    2020006.jpg

    お夕飯もおいしうございました。

    (3) 奥利根温泉

    奥利根と言っても職場のチョイト先なのですが、三密を避けて行ってきました。

    貸切露天はこんな感じのお風呂が整然と並んでいます。

    2020007.jpg

    2020008.jpg

    お料理もボリュームたっぷり…でした。

    2.カメ飼育

    現在の住居に引っ越して今年で10年目。

    ボクが生まれ育った実家では断続的に犬を飼っていて、ボクが自宅を作る時も犬と暮らすことをイメージして庭造りをしてきましたが、年をとるにつれて犬との生活はボクにとってかなりハードなのでは?と思うようになりました。

    ですが、なんとなくペットは飼いたいなと思い、いろいろ考えた結果、“カメを飼おう”ということに落ち着きました。

    そこで、今年の春先、業者に依頼し、庭の一角にこのようなカメの飼育スペース“亀鳴苑”を作ることとなりました。

    2020009.jpg

    工事は4月11日(土)より始まり、5月19日(火)に完成しました。

    2020010.jpg

    そして…“世界カメの日”である5月23日(土)、地元・東照宮の神職の方に御祈祷をいただき開苑することができました。

    2020011.jpg

    現在、飼育しているのはカメの中でも“クサガメ”という種類のカメ。
    ボクが子供の頃は日本固有種のうちの一つ、と言われてきましたが、近年では大陸から人為的に持ち込まれたのではないかという説が有力になっているようです。

    そしてうちにはその“クサガメ”が3匹います。

    杏と…

    2020012.jpg

    柚子と…

    2020013.jpg

    桃です。

    2020014.jpg

    名前はおなじみアニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物で戦車道カメさんチームの3人からとりました。

    飼育開始と在宅勤務が重なり、仕事の合間に“亀鳴苑”の様子を見ることができたのは不幸中の幸いとも言えるかもしれません。

    2020015.jpg
    “亀鳴苑”5月の様子。

    また夏場、当地はかなりの高温になることから防暑対策にも気を遣いました。

    2020016.jpg
    “亀鳴苑”7月の様子

    そして秋の初めには、開園時に植えた“モクフヨウ”がかなり大きくなり、カメさん達はその根元にいることが多くなりました。

    2020017.jpg
    “亀鳴苑”9月の様子

    そして…11月末には冬眠に入ることとなりました。

    2020018.jpg
    “亀鳴苑”11月の様子

    さらに、この我が家の飼育スペース“亀鳴苑”の開苑を受けてブログ“亀鳴苑日乗”も開設しました。

    2020019.jpg

    当初は毎日ブログの更新ができるかなぁと心配したり、更新がちょっと大変に思うこともなかったわけではありませんが、こうしてカメシーズンが終わってみると、シーズン中に記録を取っておいて良かったなぁと思います。

    こちらの“亀鳴苑”、まだ少しはスペースに余裕があるようなので、来シーズンは新しい仲間を迎えられたらとも思っています。

    いずれにしてもカメさん達に本当に癒された1年でした。

    3.尾瀬かたしな & たくみの里 行

    コロナ禍によるイベントの中止や外出の自粛により仕事でのお出かけが新鮮に感じるようになってきました。
    特に昨年4月に職場が異動となり自宅から40kmも通勤距離があるので、担当地域もかなり遠方の地域となりました。
    そんな中、観光スポットも仕事で行ってきましたので、まとめてみたいと思います。

    (1) 尾瀬かたしな(片品村)

    こちら片品村の一押しは何と言っても“花豆”。

    こちら“道の駅 尾瀬かたしな”では、一緒に行ったSさんに、この花豆ラテをごちそうになりました。
    それとアップルパイも…。

    2020020.jpg

    次にまた“道の駅 尾瀬かたしな”行った12月は大雪に加え、定休日。
    なので同、道の駅の村民カフェで食事をすることはできませんでした。

    また雪もどんどん降ってくるので片品村で昼食を食べることをあきらめて沼田市“とんかつ街道”沿いにある“とんかつ金重”サンでとんかつての定食をいただきました。

    2020021.jpg

    平日の昼でしたが、お店は大変混んでいました。
    ただちょうど前の日に左奥歯のブリッジが外れてしまいSさんの前ながらお肉が噛み切れず、ちと恥ずかしい思いをしました。

    -おまけ-

    “道の駅 尾瀬かたしな”では、募金をすることを条件に流木をいただけます。

    ボクも自宅のカメ飼育スペース“亀鳴苑”用に1本いただいてきました。

    それがこちらです。

    2020022.jpg

    池に投入したところ、早速、杏が使ってくれました。

    2020023.jpg

    (2) たくみの里(みなかみ町)

    みなかみ町にある観光施設“たくみの里”。
    こちらに仕事でご縁があって平日、伺うことになりました。

    この日は一人だったこともあり少しゆっくり回ってみました。

    2020024.jpg

    “道の駅 たくみの里”に着くと、このように大きなアマビエ様が出迎えてくれました。

    コロナがやや落ち着いた時期でもあったので、県外の中学校から修学旅行?、校外学習?に来ていました。
    修学旅行等、コロナで予定や行き先が変更になった児童・生徒もいることでしょう、気の毒に。

    2020025.jpg

    “たくみの里”は“道の駅 たくみの里”を中心とした観光地域になっており、食事、買い物、そして体験が楽しめます。

    2020026.jpg

    こちらはお面の体験工房。
    多くの中学生が体験しており、ボクはお面づくり体験はしませんでした。

    2020027.jpg

    街道筋に沿って用水が流れています。新緑の時期も素敵でしょうね。

    食事は…

    2020028.jpg

    こちらの“Otowaya カフェ”で…

    2020029.jpg

    “限定 otowaya御膳”をいただきました。

    2020030.jpg

    リンゴの産地だけあって、ドルチェもおいしかったです。

    食後にあたりを散策。

    2020031.jpg

    2020032.jpg

    きちんと仕事もして帰りました。

    4. レンズ - AI Nikkor 45mm F2.8P (シルバー)

    昨年、久しぶりに新カメラ“Nikon Df”を購入しました。

    このカメラはNikonの旧レンズが使用できることも特徴の一つで、いつかオールドレンズを購入し、撮影してみたいと思っていました。

    が、オールドレンズは世の中にあまた出回っており、交換マウントを装着することを考えると、その選択肢はかなり広がることになります。

    で、迷った挙句、実用性、操作性、デザイン性、価格、メンテナンスetcを考慮し落ち着いたのが、今回購入した“AI Nikkor 45mm F2.8P ”です。

    2020033.jpg

    新しいレンズも買ったことだし、さぁ出かけようと思った矢先、コロナの第3波?に見舞われてしまいました。

    そこで…初撮影は三密防止忘年会でのYちゃんをパチリ。

    2020034.jpg

    Yちゃんと一緒に食事はいつもハンバーグ。Yちゃんに言われて気がつきましたが

    2020035.jpg

    2020036.jpg

    実はYちゃん。Canon2台使いのカメラ女子でもあります。

    今度は、一緒に撮影に行く約束をしたけれど…コロナが~(涙)

    5.その他 - 断捨離 & 終活 (涙) -

    コロナ禍の一方で、この夏、降ってわいたような実家の引っ越し騒動。
    それ以来、コレクションの整理をしています。
    軍装品、書籍・コミックス、玩具、映画グッズetc…。
    古い書類も思い切ってシュレッダーにかけました。
    来春には整理をし終えたいと泣く泣く頑張っていますが、そもそもこのブログを始めたのもコレクションの写真を撮影して処分するため。
    コロナ禍にあって人や物との付き合い方も大きく変わろうとしています。
    それを思うとなんとなく良いきっかけだったようにも思います。

    慣れない断捨離に終活、まだジタバタし、お見苦しい点もあろうかと思いますが、あたたかく見守ってやってください。




    ということで、今年は世の中的にもさんざんな1年でしたが、来年こそ良い年になってほしいものです。

    では今年のラストの1枚は“たくみの里 豊楽館”に鎮座する幸福の牛こと“湯宿の牛”(岡田杏里先生作)

    2020037.jpg

    では皆様、1年間ありがとうございました。
    どうぞ良いお年を!




    今年はコロナ禍で“サンスポ・官能小説講座”も開催されず…。

    そんな中、心の師 睦月影郎先生の新刊をご紹介。



    新レーベルから初の睦月影郎先生作品です。



    惹句も良いですね。

    そして…Yちゃんがファンだという太宰治。



    この年末年始、ボクも再読します(影響されやすいボク)。

    そして…今年、一番でもないけれど知って驚いたのが、こちらが現行商品だということ。

    近所のお店で“MG5”や“EROICA”は売ってはいるのですが、こちらは見ませんでした。
    なので早速、購入し使用しています。



    「うーん! マンダム」
    スポンサーサイト



    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記

    tag : 睦月影郎 クサガメ 尾瀬かたしな たくみの里 パンケーキレンズ 日帰り温泉

    web拍手 by FC2

    令和元年(平成31年) おまとめ

    平成から令和へと元号が変わった今年。
    毎度毎度のことですが、あっという間に終わってしまいました…。

    大晦日にあたりそんな1年をまとめてみたい思います。




    1.新カメラ- Nikon Df -購入

    平成17年に購入し、今まで愛用していた“Nikon D80”でしたが、平成30年末くらいから調子が悪くなってしまいとうとう動かなくなってしまいました。

    そこで新年1月2日(水)、ヤマダ電機にて注文をし、1月9日(水)に入荷連絡、1月11日(金)の退勤後、購入してきました。

    購入したのは“Nikon 50mm f/1.8G Special Edition(シルバー)”と“Nikon AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR”、“Nikon スピードライト SB-300”ほかアクセサリー類です。

    2019002.jpg

    久々に購入した50mm標準レンズ。

    2019003.jpg

    中学生の頃に買ってもらったパンケーキレンズとも言われた50mm F1.8を思い出します。

    一緒に購入した標準ズームレンズはいろいろ悩んでこちらに。

    2019004.jpg

    毎日小学生新聞の小学生記者になった記念に祖母にもらった“リコーオートハーフSE2”。
    中学生になり写真部に入ったことで父に買ってもらった“Nikon EM”
    (中学2年生の時、母と共用で使用していたCanon AF35MLオートボーイスーパー)
    高校入学を期に父に買ってもらった“コンタックス139クォーツ”
    就職し頑張って購入したNikonのフラッグシップ機“Nikon F5”
    一眼レフだけでは物足りなくなって購入した“コンタックスG1”
    写真で入賞した時の賞品でいただいた“Canon IXY”
    家内から結納の返礼品としてもらった“Nikon F3T”
    初デジタルカメラとして購入した“ソニーサイバーショットDSC-S50”
    全くのお遊びで購入したロシア製カメラの“Lomo Smena 8M”
    息子との日常スナップを撮影しようと思って購入した“フジ KLASSE(クラッセ)”
    室内撮影に力を発揮しそうなデジタルカメラとして購入した“フジ FinePix Z3”
    息子の小学校入学を期に購入した“Nikon F80”
    生活に張りをと思い購入した“Nikon P7800”

    というボクのカメラ史の中では14代目となるこの“Nikon Df”。
    今までのカメラ同様、大切に使い続けたいと思います。

    2019005.jpg

    で、新カメラ購入を祝して…

    2019006.jpg

    前から気になっていた明治17年創業の老舗“結城屋 本店”サンへ。

    2019007.jpg

    さつま揚げを肴に日本酒をいただきました。
    もちろんお蕎麦も食べましたよ。




    2.マキエマキ作品集 出版記念写真展

    3月2日(土)、ボクの好きな写真家マキエマキさんの「マキエマキ作品集 出版記念写真展」へ行ってきました。

    2019008.jpg

    と、その前に…。

    北千住経由で仲御徒町到着。
    人と会って御徒町を少しぶらぶら。
    その人のおすすめで山家というとんかつ屋さんへ。
    いつも店の前を通ると人が並んでいるから食べたかったのだそう。

    2019009.jpg

    その人も「上野と言えばとんかつだよね」と言っていたが、確かに森繁映画「喜劇とんかつ一代」も上野にあるとんかつ屋さんだったなぁ。

    その人とは13時に別れ、一人で摩利支天徳大寺に参拝。

    続いて東銀座へ。
    ここでは、Art Gallery M84で開催している伝説のヌード写真「旧き良き時代のパリジェンヌたち」を見ました。

    そしていよいよ六本木へ。
    六本木スペース ビリオンで開催中の「マキエマキ作品集 出版記念写真展」を見ました。
    マキエマキさんにお目にかかりサインをいただいたり、お話もさせていただいたりして嬉しうございました。

    2019010.jpg

    何より大きくプリントされた作品で細かいところまでじっくり見られたのが良うござんした。

    作品集「マキエマキ」や他の作品集(↓)を購入しました。

    2019011.jpg

    さらにガチャを2回、回して人形になったマキエさんと海女さんのマキエさん缶バッチをゲットできました。

    続いて三ノ輪へ。
    ここではかねてから気になっていたカストリ書房さんに行ってみました。
    地下鉄三ノ輪の駅から歩いて約15分、吉原のソープ街のすぐとなりにお店はあります。

    2019013.jpg

    昭和のエロ本に関するtee氏の「tee氏の昭和エロ本伝説」を購入。
    やはりここでもお色気本キーホルダーと吉岡里奈サン作品キーチェーンのガチャに挑戦しました。
    で、気になっていた特殊なお店の鑑札ボタンカバーも購入。

    目的は達成できたので、北千住へ戻ります。
    北千住に降り立つのは30数年ぶり。
    閉店してしまった駅前の大衆キャバレーハリウッドの看板が哀しいですなぁ。

    駅前に行けば何か思い出すかなと思ったけど何も思い出さないので、そのままりょうもう号で帰宅しました。

    素敵な上京でした…。

    で、6月23日(日)もマキエマキさんの個展にお邪魔しました。

    2019012.jpg

    個展へお邪魔するたびツーショットをお願いしているミーハーな 熱心なファンの(?)ボクでした…。




    3.あゝ人事異動

    2019014.jpg

    平成25年の4月から高崎で勤務してきましたが、平成31年度末人事で沼田へ異動することとなりました(涙)

    前橋の自宅から高崎の職場へ向かう道、正面に高崎は高野山真言宗慈眼院の高崎白衣大観音像が見えます。
    そのお姿を拝見し、毎日、車内からではありますがお参りしていました。
    そのおかげか無事、高崎での勤めを終えることができました。

    そこで3月末、お参りをしてきました。

    2019015.jpg

    お灯明を上げ、御寄進もさせていただき、お寺の方に今日の参詣のいわれをお話しすると「次の赴任先でも観音様は見守っていてくださいますよ」と温かいお言葉をいただきました。

    その一言でボクは心置きなく赴任できます。
    6年間、本当にありがとうございました。

    で、4月、異動先の沼田では桜が満開でした。

    2019016.jpg

    沼田でも良いことがあるとよいなぁ。




    4.佐野厄よけ太師

     今上陛下、御即位の関係で今年のG.Wは10連休。

    その最終日、お友達と栃木県佐野市へ行ってきました。
    実は佐野はよく行っているのですが、今回、人事異動もあったので、友人を誘って関東の三太師 佐野厄よけ太師様へ、参拝へ行きました。

    2019017.jpg

    参拝をしてから、太師様のあるラーメン屋さん“太師庵”サンへ。

    友人が食べたがっていた佐野名物のイモフライ、

    2019018.jpg

    そしてラーメンを食べました。

    2019019.jpg

    お店のおすすめはボリューミィな“厄除けラーメン”らしいけれど、今回はあっさりと普通のラーメンににしてみました。

    その後、物産館に寄って日帰り温泉へ回りました。




    5.歌川国芳展

    2019020.jpg

    5月11日(土)、お友達と長野市にある水野美術館で開催されている「歌川国芳展」を鑑賞。

    こちらの水野博物館へは初めてお邪魔しましたが、このようなきれいな庭園もある美術館です。

    2019021.jpg

    ゆっくり歌川国芳の作品を鑑賞した後は、せっかく信州に来たのですから、お蕎麦をということで、“手打ちそば処小杉 須坂インター店”で十割そばを食べました。

    こちらは 憲仁親王妃久子殿下も立ち寄られたお店とのこと。

    続いてはボクが前から行きたかった中野市にある日本土人形資料館へ回りました。

    2019022.jpg

    展示資料も中の土人形だけでなく日本中の土人形があり見ごたえ十分。

    2019023.jpg
    ※たくさんの土人形の写真を撮影しましたが、ボクは日本招き猫倶楽部の会員でもあるのでここは招き猫の写真を掲載してみました。

    展示を見た後は、土人形の絵付け体験。
    いろいろな型がありますが、やはり招き猫に挑戦。

    2019024.jpg

    ついつい夢中になり、閉館間際まで体験していました。
    ただ細かいところが塗りづらいので、次回はハズキルーペアイ持参で行こうと思いました。




    6.性ノンフィクション・官能小説講座

    8月17日(土)は年に一度のお楽しみ、サンケイスポーツさん主催の性ノンフィクション・官能小説講座でした。

    2019025.jpg

    今回はなんと屋形船の中での講義。
    しかもボクは人生初屋形船。

    船に酔ってしまわないか心配でしたが、睦月影郎先生、蒼井凜花先生の楽しくためになる講義のおかげで大丈夫でした。

    2019026.jpg
    曰く「避妊はしない、生理はない、処女でもイク。官能小説はファンタジーですから」

    2019027.jpg

    講義終了後はそのまま人生初屋形船を楽しませていただきました。

    会終了後は品川駅前で行われた二次会に混ぜていただき、解散後は神田にある東横インに宿泊。

    始めて宿泊したホテルでしたが、きれいな建物で大声を出す外国人もおらず静か、駅からの道もわかりやすいし、特に浴室のレインシャワーがとても良く、次も使おうと思いました。




    7.追悼 水木しげる ゲゲゲの人生展

    9月27日(土)、長野市水野美術館で開催中の「追悼 水木しげる ゲゲゲの人生展」に行ってきました。

    2019028.jpg

    まずは記念撮影。

    2019029.jpg

    画像左の水木先生のお言葉はランダム表示。
    いいことをおっしゃる…。

    2019030.jpg

    そんな水木先生の黄金?像。ありがたやありがたや。

    そしてこちらが、水木先生のお部屋を再現した場所(※撮影可)

    2019031.jpg

    机上のバナナや画像右手の海軍艨艟の模型など、じっくり拝見しました。

    水木先生の作品をたっぷり拝見した後は、善光寺に参拝しました。

    2019032.jpg

    こちらもまた来たいなぁ。

    それと…お金も場所もないけれど、やっぱり「水木しげる漫画大全集」買えばよかったかなぁ(涙)




    8.まえばし猫町フェス2019プレイベント“お散歩写真・お散歩ことばワークショップ”

    10月6日(日)、地元前橋で開催された“まえばし猫町フェス2019プレイベント「お散歩写真・お散歩ことばワークショップ」”に参加してきました。

    当日、集まった方と前橋の街を散歩しながら写真を撮影し、後日、自分でことばをつけて作品にするという楽しいイベントでした。

    で、ボクは2点を出品しました。

    2019037.jpg

    右か 左か 登るか 進むか
     いっそ このまま戻ろうか
      10月の日曜、午後2時35分


    2019038.jpg

    気がつかなかった 風が吹いていたとは
     気にもしなかった 風が吹いていたことを
      なんだ 君はそこにいたのか こんなにも近くに 風と


    出品は一人2枚のきまり。

    で、最後まで迷った5作品の残り3作品がこちら。

    2019039.jpg

    2019040.jpg

    2019041.jpg

    最近と言っても今世紀に入ってこの方、SNSはあるし、肖像権の問題はあるしで、スナップ写真は撮らないでいましたが、このような感じの写真なら大丈夫かな…。

    いろいろ大変な時代です。仕方ないけど。




    9.益子焼窯元共販センター

    10月14日(月)、佐野に行くはずでしたが、水害の関係もあり、佐野はキャンセルして少し足を延ばして同じ栃木県の益子町へ行ってました。
    ※少しでも復興のお役に立てるよう佐野へはまた行く予定です!!!

    2019033.jpg

    こちらの大狸“ポンタ”がいる“益子焼窯元共販センター”の周りには陶芸店が多くあり見て回りました。

    で、昼食は“カレーキッチン yamani”さんでいただきました。

    2019034.jpg

    またこちらの“益子焼窯元共販センター”にはこのような池があったり、

    2019035.jpg

    周りのお店にはタヌキが売られていたりとなかなかディープで楽しめました。

    2019036.jpg

    なおタヌキの焼き物は信楽焼が有名ですが、益子焼にもあるそうです。




    10.ガルバンの聖地“大洗町へ”

    10月28日(月)、群馬県民の日。
    アニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地である茨城県大洗町へ行ってきました。

    2019059.jpg

    父子で。

    2019043.jpg

    まずは“大洗磯前神社”に参拝。

    その後、大洗町を堪能しましたこんな風に…。

    2019044.jpg

    “酒のさかげん”サンでノンナとカチューシャと3ショットを決めるプラウダ推しの息子(特高課刑事の曾孫なのに…)
    父はウォッカ“プラウダ”を購入、お正月に飲むつもり。

    続いてお豆腐の“日野屋商店”サンの一室でプラウダグッズに囲まれご満悦の息子(特高課刑事の曾孫なのに…)
    “日野屋商店”サン、豆乳をありがとうございました!

    2019045.jpg

    で、父も負けずに逸見エリカとツーショット!!!

    2019046.jpg

    お昼ご飯は“クックファン 水戸店・大洗出張所”で戦車カツをいただき、ガルパングッズをそこそこ買って、最後は“ガルパン喫茶 Panzer vor”でお茶して帰りました。

    帰る車で…
    父 「また来ようね」
    息子「考えとくわ」

    11..前橋文学関連イベント

    (1) 前橋ポエトリーフェスティバル2019-「旅」の詩と写真 街なか展覧会-

    こちらの展覧会でボクの写真が次のとおり展示されました。

    2019052.jpg

    ことばは“西生ゆかり”サン。

    もとの写真はこのような感じです。

    2019053.jpg

    (2) まえばし猫町フェス2019-猫の写真と詩 街なか展覧会-

    こちらの展覧会でボクの写真が次のとおり展示されました。

    2019054.jpg

    ことばは、いつもお世話になってる“新井隆人”サン。


    もとの写真はこのような感じです。

    2019055.jpg




    今年は人事異動があり通勤時間が1日3時間近くになってしまい、とほほな上京でした。

    しかも11月半ばから気管支喘息ということで体調を崩してしまいました。

    来年は良い年にしたいものです。

    では皆様、1年間ありがとうございました。
    どうぞ良いお年を!

    2019056.jpg




    参考・関連書籍等

    今回、ボクが購入したカメラ。
    クラシカルなところも魅力です!!!







    マキエマキさんの写真集



    睦月影郎先生の新刊



    蒼井凜花先生の新刊



    性ノンフィクション講座受講生の作品も載っている?!



    大洗聖地巡礼のお供はこちら



    水木しげる先生は滅びず!



    令和時代のスナップ写真はどうなってゆくのでしょう?

    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記

    tag : 睦月影郎 性ノンフィクション講座 マキエマキ 土人形 水木しげる 猫町

    web拍手 by FC2

    (令和最初の) 黒江龍雄の酒場放浪記

    早いものでもう9月ですね。

    この夏休み。
    今年の3月に続いて職場の若い人とまたまた1日吞んできましたので、ブログ記事にまとめてみたいと思います。

    ということで、令和最初の

    酒場放浪記1901

    「黒江龍雄の酒場放浪記」

    ♪酒場という聖地へ、酒を求め、肴を求め、彷徨う…(ってあの番組そのまんまなんですけど)

    ではその第2回目、お楽しみください。




    どうも、黒江龍雄です。
    運転免許保有者数(20歳以上人口100人あたり)、全国1位を誇る我が群馬県。

    酒場放浪記190801

    ですが、車で酒場放浪はできないので高崎線で埼玉県を目指します。

    ボクの旅のお供は“陶陶酒”。
    参加のKくん、Sくんとも思い思いのお酒を手にしばし雨模様の車窓を眺めます。

    まず最初に行ったのは前回同様、おおみや市。
    ほぼ10時に到着して向かった先も前回同様“いずみや本店”さん。

    酒場放浪記190802

    Kくん、Sくんとも前回、“梅割”を飲まなかったのが心残りだったらしく、今回も行くこととなりました。

    そんなわけで…

    酒場放浪記190803

    3人揃って“梅割”でかんぱーい!

    “梅割”を堪能したボク達。

    いつも同じお店では面白くないので、早々に河岸を変えましょう。

    で、向かった先がこちら。

    酒場放浪記190804

    “いづみや”サンのすぐお隣、“いづみや第二支店”サン。

    酒場放浪記190805

    こちらのお店も本店同様、レトロないい雰囲気です。

    こちらではこの、“いづみや第二支店”サンにしか置いていない“黒糖焼酎”を注文。

    暑くてのどが渇いていたせいか、よく効きました…

    続いて向かったのが、こちらも前回お邪魔した赤羽のおでんの専門店“丸建水産”サン。

    酒場放浪記190806

    サッカー青年のSくんが、こちらで提供される“日本酒のおでんだし割+唐辛子”に嵌ってしまい、一時は、自宅でも再現したというくらいで、夏でも行きたい!というので再訪となったわけです。

    酒場放浪記190807

    夏でも、おいしいおでんはおいしかった!です。

    で、ですね。

    酒場放浪記190808

    なんで、この店に入ったのか全く覚えていないのですが、喫茶店でアイスコーヒーかなんかとケーキを注文していました。

    記憶が飛んで詳細不明です。

    いゃだなぁ。

    で、最後に寄ったのが、こちら。

    酒場放浪記190809

    やはり赤羽にある“立ち飲み いこい”サン。

    ナント…。
    昼過ぎから店内は一杯で、店先の一角しか空いていませんでした。

    酒場放浪記190810

    ハイボールで憩うボク達。
    でも、かなり酔っぱらっています。

    実はこの日、Kくんは奥様に「仕事に行って帰りにちょっと飲んでくる」と言ってあったため、それに付き合って早めに帰ることに。

    赤羽から快速かなんかで高崎に戻ります。

    グリーン車にお酒を片手に。

    結局、ボクは18時半には自宅に戻り、ちょっとクラクラしてきたので早めに休みました。




    おまけ

    8月の最後の土曜日には日帰り温泉に行った帰りに、こちらも前から行きたかった“ぽんしゅ館(越後湯沢驛店)”に行ってきました。

    酒場放浪記190811

    こちらは店名のとおりJR越後湯沢駅にあるのですが、駅の駐車場からのアクセスも良く(ボク達が止めたところから階段ですぐでした)車でもいけます。
    また駐車料金が2時間まで無料と言うのもうれしいですね。
    ※ハンドルキーパーさんには、同じ駅構内の“がんきどおり”に美味しい飲食店もありますから、ご飯をおごりましょう!!!

    前述したとおり駅構内は“がんきどおり”と名付けられた売店街となっていて新潟の名産品が、それこそ刃物から笹団子から日本酒、おにぎりとたくさん売っています。

    その一角にあるのが今回ご紹介する“ぽんしゅ館(越後湯沢驛店)”サンの“唎酒番所”。

    まず500円を支払って、専用コイン5枚とこちらのお猪口を受け取ります。
    ※お猪口は返却する仕組みですが、同じものが売店で販売されています。

    酒場放浪記190812

    酒場放浪記190813

    で、こちらの自動販売機みたような“唎き酒マシーン”に専用コインを投入し、ボタンを押すと、ちょうどお猪口一杯分の日本酒が注がれる仕組みです。

    酒場放浪記190814

    ボクは唎き酒ができるほど舌が肥えていませんので、もっぱらレコードのジャケ買いならぬ銘柄買い。

    なので縁起の良さそうなこちらのお酒をいただいてみました。

    飲み屋さんではなく、あくまで唎き酒コーナーなので、お猪口5杯をいただいて“唎酒番所”を後にしました。

    店内にはこちらのようなポスターも飾られていて、それはそれでよい雰囲気でした。

    酒場放浪記190815

    中でも一押しは“高級清酒 君の井”の“藤村志保”サンのポスター。

    帰宅後、思わずヤフオクで“君の井 藤村志保”で検索かけちゃいましたよ!!!

    どのお店もまた行きたいなぁ…。




    てことで、今回も本家本元に敬意を表して。





    あ、まだこれ買っていないや…



    どうしよう、飲み代にだいぶん使っちゃったからなぁ。

    テーマ : 居酒屋巡り
    ジャンル : グルメ

    tag : 酒場放浪記 飲み歩き 吉田類 ぽんしゅ館

    web拍手 by FC2

    (平成最後の!?) 黒江龍雄の酒場放浪記

    思いがけず、この年度末の異動で勤務先が変わりました。

    その異動とは全く関係ないところで、職場の若い人と面白い飲み屋さんを飲み歩こうという企画が持ち上がっていました。
    そこへ今回の異動が重なり、その飲み歩きは、期せずして“お別れ飲み歩き”となってしまいました。

    ということでスタートから、ちょっと涙目モードなんですが、新シリーズ、いってみたいと思います。

    題して…

    酒場放浪記1901

    「黒江龍雄の酒場放浪記」

    ♪酒場という聖地へ、酒を求め、肴を求め、彷徨う…(ってあの番組そのまんまなんですけど)

    ではその第1回目、お楽しみください。




    どうも、黒江龍雄です。

    飲み歩きに出かける前に地元・前橋で角打ちができるお店をご紹介したいと思います。

    酒場放浪記1902

    こちらJR新前橋駅前にある“高橋与商店”。

    角打ちと言ってもワンカップ片手のお父さんが「ってやんでぃ総理がなんだ」なんて、ブツブツ言っているという感じでは全くなくて、このようなおしゃれな日本酒の試飲ができるお店です。

    酒場放浪記1903

    こんな感じの素敵な店内で、これまた素敵な女将さんに注いでいただくおいしいお酒。
    この日は画像の“谷川岳 純米大吟醸 一意専心”はじめ3種類のお酒をいただきました。
    【平成31年3月15日】




    で、本番はここから。

    その日のお供は同じ職場の若い男性お二人、KくんとSくんです。

    Kくんは求人広告、 人材派遣、販売促進等を手掛ける大手企業を経て、事業を立ち上げ、さらにうちの職場に転職してきた若きビジネスマンて感じのタイプ。
    ちなみにボクの後任でもあります。

    Sくんはサッカー少年上がりの爽やかスポーツ青年で新婚さんでもあります。
    ちなみに12月末の温泉旅行も全日程ボクと一緒にいてくれました。

    そのような二人と一緒に埼玉、東京、神奈川を飲み歩いてきました。

    7:45、家を出たボクは前橋駅を目指します。
    と、いきなりバスとの接続のない時間帯であったことを失念していたことに気が付きました。

    数日前から腰を痛めていたこともあり、ここは贅沢だけどタキシーで駅まで。

    8:35のスワローあかぎに乗り込む。

    ところが、Sくんが電車に乗り遅れてしまったためボク一人で高崎へ向かう羽目に。

    で、列車は高崎駅に到着、Kくんは無事乗車してきました。

    Kくんはkiosk?で購入してきた角ハイボール缶、ボクは持参した陶々酒マカでまずは車内で乾杯。

    1時間強で列車は大宮へ到着。

    大宮駅では新幹線で追い抜いて行ったSくんとも無事合流。

    で、大宮駅を出たところがお目当ての…

    酒場放浪記1904

    “いずみや本店”さん。
    時刻はまだ、10時前。

    ここでは前から気になっていた“梅割”を注文。

    酒場放浪記1906

    おっぱいのようにアイストングで2つ盛られたポテトサラダを食べつつ店内をきょろきょろ。

    酒場放浪記1905

    レトロな雰囲気と9時半から営業というところが素晴らしくいつまでもいたいけれど、まだまだ1軒目なのでほどほどで切り上げ。

    酒場放浪記1907

    “日本招き猫倶楽部”の会員でもあるボクはやはりこのような写真も押さえておきたい。
    また招いてくださいねー。

    しばらく大宮の街を歩きつつ、鰻の“うな鐵”さんの暖簾をくぐる。
    こちらでは、今後のことを考えて“ウコンハイ”で乾杯。
    やはり精もつけとかないとってことで鰻きも焼や鰻串巻き、鰻ヒレ焼を食す。
    ホントはうな重も食べたかったけど次もあるので店を出る。
    (※こちらの写真はありません、ごめんなさい)

    駅に戻ったボク達は、また高崎線に乗って、今度は北区“赤羽”へと向かいました。
    赤羽では駅前の一番街に歩を進めます。

    酒場放浪記1908

    さっそく出向えてくれた“キンミヤ焼酎”の時代かがった看板がまたいいじゃないですか。

    ここでのお目当ては、おでんの専門店“丸建水産”サン。
    こちらは立ち飲みもできるおでん屋さんというイメージだったのだけれど。

    なんとまぁ、立ち飲みする人で列ができてる…。

    酒場放浪記1909

    そんなわけで皆さんと一緒に並んで、上のお品書きを見ながら待つこと暫し。

    酒場放浪記1910

    カウンターの店主さん?からの「コンビニにないのを食べていきなよ」とのアドバイスを受けて。
    がんもや玉ねぎ天、スタミナ串、そして最後の一つだった餅巾着を注文。
    もちろん地元赤羽のお酒“丸眞正宗”のワンカップも当然、注文。

    酒場放浪記1911

    アーケードを抜けてくる少し冷たい風を受けつつ食べては飲み、飲んでは食べる。
    “丸眞正宗”のワンカップを七割がた飲んだところでカウンターへと戻る。
    列の間をちょいと開けてもらって(そういうルールのようです)“丸眞正宗”のワンカップへおでんの出汁と唐辛子を入れてもらう。

    酒場放浪記1912

    これが名物の“だし割り”。
    これがまたおいしいので、もう一度列に並んで…とも思ったのですが、この調子でクイクイいくと倒れちゃうので次のお店へ行くことにしましょうか。

    アーケード街を見回せばこのようなお店もありました。

    酒場放浪記1913

    ゆっくり見たいところだけれど、酔っぱらってきちゃっているし…。

    ん?

    さらにその向こうに瓶ビールのケースをひっくり返して作ったイスとテーブルがあり、そこにはきれいなお姐さんがいるじゃないですか!ということで、立ち寄ったのが“博多三日月”さん。

    酒場放浪記1915

    ボクは内臓系は食べていけないので、もつ煮は同行の二人に任せ、焼き鳥を食べる。
    で、三人で飲むのはご当地ハイボールの“赤羽ハイボール”。

    口当たりがよくてへべれけになってもいけないので、そこそこに切り上げ高崎線で上野を目指します。

    ボクの好きな街、上野なのだけれども今回はスルーして地下鉄銀座線で浅草へ。

    浅草は日本最古ともいわれる地下街を通りを行くと…。

    酒場放浪記1916

    日本中のカップ酒が飲める“NINJABAR(忍者場)”を横目で見ながら、Kくんご指名の“神谷バー”へ。

    酒場放浪記1917

    浅草は大学生の頃からよく通っているのだけれど、ここ最近の混み方はすごい…。
    それはここ“神谷バー”も例外ではなく、やっと入れたけれど時間指定。

    酒場放浪記1918

    そんな中でも“電氣プラン”と“ハチブドー酒”は外せない。
    ボクの好きな“ジャーマンポテト”、Kくんリクエストの“マカロニグラタン”、そしてSくんリクエストの“ナポリタン”に舌鼓を打っていると、あっという間に時間が来てしまい、店内の酔っ払いの怒号を尻目に都営浅草線の浅草駅を目指しました。

    浅草駅からは京浜急行直通の電車に乗り、車内で少しうとうと…。
    Sくんに起こされて慌てて京急川崎駅で下車しました。

    川崎といったらやはり…

    酒場放浪記1919

    怪獣酒場”ですよね。

    食べ物はそこそこに元気の源“もぐら怪獣モングラーのハニーゼリオン・ハイボール”で乾杯。

    酒場放浪記1921

    で、古代怪獣ゴモラについての蘊蓄を語りながら“古代怪獣ゴモラのジョンスン島アイスティ”を飲む。
    ここらでいい加減、くらくらしてきたので、“伝説怪獣ウーの雪ん子への想い”で一休み。
    あー幸せ。

    いつまでもいたいけれど、時間となってしまいました。

    酒場放浪記1920

    カネゴンに見送られて、次の酒場へ。

    続いては川崎のもう一つの名所“丸大ホール”。
    酒場放浪記1922

    と、その前に新婚のSくんは奥さんへのお土産を買わなくてはいけないので、“丸大ホール”に向かいつつ駅ビルへ。

    新婚じゃないけれどボクも家内にお土産を買い、Kくんは2歳になんなんとするお子さんへのお土産を買い、これで三人とも心置きなく“丸大ホール”へ行ける。

    酒場放浪記1923

    気になるメニューもあるけれど、ボクはこの“酒場放浪記”の1週間前に痛飲しちゃったこともあり、飲み物は“ウーロン茶”のみ。

    酒場放浪記1924

    みんなもそろそろ疲れてきて、名物の“カレーの具”を突きながら時計を見る。

    そろそろ帰る時間…。

    そんなわけで高崎線、新幹線を乗り継いで群馬へと戻る。

    そういえば車内でも二人は飲んでいたなぁ。

    帰りは順調に行き、23:45には自宅着。

    パンシロン飲んで、風呂入って就寝。

    返す返すもステキな1日だった。
    KくんもSくん、ありがとうございました。
    【平成31年3月27日】




    【おまけ】

    「お人形でも“酒場放浪記”」

    酒場放浪記1925

    酒場放浪記1926

    「この時期は出会いと別れの季節だよなぁ」

    酒場放浪記1927

    「でもこの年になるとなおさら別れの辛さが胸にどしんと来るなぁ」

    酒場放浪記1928

    「でも、いつまでも腐っていられない。これを飲んでまた頑張ろう」

    酒場放浪記1929

    「ごちそうさま…」

    皆さんはどんな出会いがありましたか?




    と、いうことで本家本元に敬意を表して

    「BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」の放送開始10周年を記念して、2003年に放送されたパイロット版といわれる幻の番組『「東京下町、居酒屋をゆく / なにわ大阪、居酒屋をゆく』」がついにDVD化!」だそうです。



    で、今回、ボク達も行った大宮の“いずみや”さんが登場するのがこちら。



    「吉田類の酒場放浪記」、エンディングの俳句がまたいいんですよね。



    ボクが車内でも飲んでいた元気の源“陶陶酒 マカマイルド ポケット瓶”



    さて、今回のフィギュア編に使用したのは“リーメント”の往年の名作“ 居酒屋ぷち呑み”

    今年の7月に同じ系統の新作が出るようです。



    以前、買い逃してしまった人はいいかも。

    ボクも買っちゃおうかなー。

    テーマ : 居酒屋巡り
    ジャンル : グルメ

    tag : 酒場放浪記 飲み歩き 吉田類 リーメント

    web拍手 by FC2

    平成30年 おまとめ

    3001prologue01.jpg

    ついこの間、“のらくろ”の画像で、皆様に賀詞を述べたと思ったら、あっという間に大晦日…。

    また今年の12月初旬に当ブログのカウンターが10萬を記録しました。
    ※確認したのは12月8日でした。

    3001prologue02.jpg

    皆様が見てくださったおかげです。
    ありがとうございました。

    ということでこの4月からのイベントをまとめてみたいと思います。




    1.源泉掛流しの湯めぐりテーマパーク 龍洞

    ここ好きなので今年も数回お邪魔しました。

    3002龍洞01

    こちらは以前にもご紹介した3月半ばの様子。

    3002龍洞02

    で、こちらが3月末の様子。
    残雪があるものの日差しに春を感じます。

    3002龍洞03

    で、こちらが4月末の同施設の一角。
    花は何でしょう…、櫻?

    3002龍洞04

    そしてちょっと間が空きますが、11月上旬がこちら。

    夏はどうしたのかって…。

    3002龍洞05

    8月上旬にもお邪魔したのですが、夏場は虫が多くて…ってことは「見ざる聞かざるしゃべらざる」で。




    2.黄金週間の1日  (ぱんつぁ15、「丘の上の秘宝の間」、「愛実 人形展」)

    その日、ボクは7時前に家を出、電車などを乗り継いで、11時過ぎには晴海へ着きました。

    目的はアニメ「ガールズ&パンツァー同人誌即売会ぱんつぁ15」に一般参加するため。

    3003GW01.jpg

    会場ではお世話になっている方のところにあいさつに行ったり、好きな作家さんの本を買ったり…。
    結局、いつもどおり、鞄いっぱいガルパンの同人誌を買い、そのままゆうパックで発送。

    そして…。
    身一つで横濱、元町・中華街駅へ。

    続いては横濱山手洋館通りにあるMERRY ART GALLERY本館にて開催中の「丘の上の秘宝の間」を見に行きました。

    3003GW02.jpg

    会場は5枚までなら写真撮影可とのことで撮影させていただいたのがこちら。

    3003GW03.jpg

    特に念願かなってTETSUさんの作品をはじめ素晴らしい作品を直接見ることができ感激。

    3003GW04.jpg

    3003GW05.jpg

    3003GW06.jpg

    さらにTETSUさんとはお話もでき、解説までしていただきました。
    TETSUさん、ありがとうございました。

    また空山基サン、ツバキアンナさんの作品も圧巻。

    3003GW07.jpg
    ※2氏の作品は平面作品なので正面からの撮影は致しませんでした。

    横濱を後にしたボクは、有楽町は奥野ビルへ。

    3003GW08.jpg

    こちらの奥野ビル306号室(スダ美容室)で開催中の「愛実 人形展」を見てきました。

    3003GW09.jpg

    3003GW10.jpg

    3003GW11.jpg

    3003GW12.jpg

    このような素晴らしい人形作品とってわけには到底いかないけれど、独り洋館で人形と暮らすのはボクの昔からの夢なのです…。

    またこちらでも作家の愛実さんとお話もできました。

    3003GW13.jpg

    行くたびに道に迷う街、銀座。
    ですが今回は一発で会場にたどり着け、また東京駅まで初めての道も歩いて行くことができました。

    これも今日であったたくさんのお人形のお導きに違いないと信じております。




    3.大洗旅行

    ガルパンの聖地-大洗-

    今まで幾度となくかの地へ旅行が計画され、そして頓挫しました。

    が、このたび、ようやく出かけることができました。

    本当はこの旅行で一記事を書こうと思ったのですが、興奮しているうちに気を逸してしまいました。

    なので今回はかの地でのお食事メモ的に。

    まず宿泊したのはKV-II型戦車の砲弾後も生々しい!?“大洗シーサイドホテル ”さん。

    3004大洗01

    そちらのその名も“ガールズ&パンツァー応援プラン”(夕食なし)をお願いしました。

    大洗町は以前にも行ったことがありますが、それはガルパン放映前。

    なので町中をゆっくり散策し、“大洗マリンタワー”内にある“ガルパン喫茶 Panzer Vor (パンツァー・フォー)”さんにて“大洗学食のサバ(味噌)煮定食”をいただきました。

    3004大洗02

    たいへんに暑い日だったので、ホテルにチェックインし、汗を流しました。

    で、再出動。散策はまだまだ続きます。

    そして夕飯は“大洗 老舗寿司店 栗崎屋”さんへ。こちらの戦車寿司をいただきました。

    3004大洗03

    さすがに海のそばのお寿司はおいしい!!!
    ※ボクは海なし県である群馬で生まれ育ちました!

    お寿司を堪能した後は軽く一杯ってことで、「ガールズ&パンツァー 最終章」に登場する“BAR どん底”のモデルになった“歌族ステージ ドルフィン”さんへ。

    3004大洗04

    酔った勢いでホテルまで歩いたら楽しかったけれど雨が降ってきました…。

    で、翌朝。

    お土産をたくさん買ってから大洗町から少し離れた水戸市にある“クック・ファン”さんでこちらの“リアルガルパンかつ”をいただいてきました。

    3004大洗05

    また行きたいなぁ、大洗。

    3004大洗06

    お泊りでも日帰りでも一緒に行ってくださる方を随時、募集しています!!!




    4.性ノンフィクション・官能小説講座

    年に一度のお楽しみ、サンケイスポーツさん主催の性ノンフィクション・官能小説講座に行ってきました。

    3005官能教室01

    今回はかなり久しぶりに東武鉄道で上京してみました。
    乗換えの北千住駅で軽く昼食を食べて、日比谷線で東銀座へ。
    東銀座では“Art Gallery M84”さんで開催中の「ベッティナ・ランス写真展『密室』」を鑑賞しました。

    3005官能教室02

    作品はすべて購入すること可能なのですが前の展覧会に比べてお高くなったような…(涙)
    ま、いずれにしても買えないんですけどね…。

    徒歩で丸ノ内線の駅に向かい、そのまま丸ノ内線で大手町へ。
    するとそのままサンケイビルに直行できます。

    いよいよ「性ノンフィクション・官能小説講座」開始。

    まずは蒼井凜花先生、そして我らが睦月影郎先生。

    3005官能教室03

    写真は講義中の睦月影郎先生。
    今年はテレビ「月曜から夜更かし」に出演されたことも話題になりました。

    講座終了後、いつものように懇親会に参加。
    睦月影郎先生、蒼井凜花先生はじめ昔からのお友達゛ある木下ひるねさん、今回はじめましてのごとう深恵先生とお話しすることができました。

    そんな中、名残惜しいけれど2次会終了をもって帰郷しました。

    3005官能教室04

    こんな光景も見られて楽しい1日でした。




    5.軽井沢・磯部ぷち旅行

    いつも仲良くしてくれている職場のU子ちゃん。

    28冬30誕生日03
    もちろん写真左

    彼女が今年一杯で退職するあたり二人きりで職場のみんなとお別れ会&お出かけしてきました。

    宿泊先は群馬県安中市にある舌切り雀のお宿・ホテル磯部ガーデンさん。

    3009磯部01

    と、その前にU子さんとSくんとで軽井沢まで足を延ばしました。

    行った先はU子さんオススメの“ハルニレテラス”。

    お昼はこちらの“そば・美酒・料理 川上庵”サンでいただきました。

    3009磯部02

    3009磯部03

    U子さんおススメの日本酒“佐久乃花”も堪能!

    で、その夜はホテルで宴会。

    舌切り雀のお宿というだけあって…

    お出迎えも

    3009磯部04

    宴会のお鍋の蓋も

    3009磯部05

    お布団も

    3009磯部06

    みんな雀でした。

    ということで一緒に行ったものの出番のなかったメフィラス星人さん

    3009磯部07

    「ウルトラ怪獣散歩」も終わってしまうし…(涙)




    6.前橋文学関連イベント

    群馬県内でも高崎市に押されっぱなしの感もある我が前橋市。

    でもこんな文化的なイベントもたくさんあるンですよ。

    (1) 前橋ポエトリーフェスティバル2018-「心」の詩と写真 街なか展覧会-

    こちらの展覧会でボクの写真が次のとおり展示されました。

    3006前橋詩01

    3006前橋詩02

    こちらの石の写真は“前橋市芸術文化れんが蔵”にて撮影したものですが、割と気に入っています。

    3006前橋詩03

    (2) まえばし猫町フェス2018-猫の写真と詩 街なか展覧会-

    3007猫町フェス01

    こちらにも写真を展示していただきました。

    その様子はこちら。

    3007猫町フェス02

    3007猫町フェス03

    3007猫町フェス04

    3007猫町フェス05

    3007猫町フェス06

    3007猫町フェス07

    元の写真はこちら。

    3007猫町フェス08

    3007猫町フェス09

    3007猫町フェス10

    今回も前橋市在住の詩人・新井隆人サンからお声掛けいただいたンですが、猫の写真のストックもないし、身近に猫もいないので出品は難しいかなと思っていました。

    そんな折、たまたま出張で行った先で、たまたま時間が空きまして、たまたま別の件の下見をしとこうかと思いつきまして、たまたま東富岡駅の方へ行きましたら、たまたま猫がやってきまして、たまたま持っていたスマホで、一連の写真を撮影することができました。

    このようなことがあったからでしょうか、猫を飼った夢を見ました。

    (3) 道・街HistoryVol.4~詩のまちで朔太郎を探す~

    板垣泰之サン主催の“道・街History”。

    今回は“詩のまちで朔太郎を探す”がテーマとのことで参加させていただきました。

    3008道街History01

    街を回りつつ詩の解説をしてくださるのはやはり詩人の新井隆人サン。
    このような冊子もいただきました。

    萩原朔太郎の生家跡に行ったり、

    3008道街History02

    広瀬川・諏訪橋のたもとで詩「月夜」の朗読を聴かせていただいたりしました。

    3008道街History03

    その日の広瀬川。

    この川のすくそばで生まれ育ったボクには一番なじみのある川です…。

    3008道街History04

    この広瀬川に関する思い出は尽きません。
    例えば…。

    うちのすぐそば、広瀬川のはたに空き地があって幼稚園の頃、ボクはよくそこで遊びました。
    その空き地には廃車になったボンネット型のダンプトラックが置いてあって、当然のごとくボク達の遊び場でした。

    と、ある時、ボクがそのダンプカーの運転台と荷台の間にストンと落ちて挟まってしまったのです。

    一緒に遊んでいた友達がすぐに家へと報告に走ります。

    「広瀬川(のはたの空き地に置いてあるダンプカーの運転台と荷台の間)に落ちたよ!」

    それを聞いたボクの母親は、ボクが皮に落ちたのかとびっくりして飛んできたそうです。

    以後、ボクはその空き地で遊ぶことを禁止されました…。

    閑話休題。

    そうそう今年3月31日、諏訪橋のたもとに“岡本太郎”画伯の幻の作品“太陽の鐘”が設置されました。

    3008道街History04

    また同じく広瀬川のはた、前橋弁天通り入り口にある“レストラン ポンチ”も改修されていました。

    3008道街History06

    さらに市内の老舗ホテル・白井屋さんの跡にはモダンな宿泊施設ができるようです。

    3008道街History07

    そういや“萩原朔太郎記念館”の屋根にも猫が上がりましたね。

    3008道街History08

    変わりゆく前橋の街に朔太郎像は何を思うのでしょうか…。

    3008道街History09

    7..おまけ
    その他にも…こんなことが。

    (1) 第46回 朔太郎忌 「虹を追ふ人」
    ナント、憧れの俳優(怪優?!)の堀内正美サマとツーショットを撮っていただきました!!!

    3008道街History10

    (2) シイナイト
    月に一度開かれる大人のおしゃべりイベント、シイナイト。

    こちらに10月、12月と続けて参加させていただきました。

    (3) 「ムットーニが語る ボックス・シアター『殺人事件』」

    「殺人事件」とは萩原朔太郎の詩集「月に吠える」に収録されている詩。

    そのボックスシアターが前橋文学館にやってきました。
    そらを見るだけでもステキなのに、その製作者・ムットーニこと武藤政彦サンの講演会。

    詩の解釈から人形はじめボックスシアターの製作まで、このようなブログをやっているボクの脳髄をびんびん刺激する講演でした。

    それにしてもムットーニさん声がたいへん良いのに加え、音楽もされるとは…、イヤハヤ。
    また一人、天才を見ました。

    よし来年、ボクは詩をモチーフにした人形写真集を作るぞ!!!




    皆様、楽しい1年をありがとうごさいました。来年もまたよろしくお願いいたします。

    3009epilogue01.jpg




    参考・関連書籍等


















    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記

    tag : 睦月影郎 性ノンフィクション 萩原朔太郎 堀内正美 ムットーニ

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ