web拍手 by FC2

    人間ロボット 【マルサン】

    昭和の日ですね。

    昨秋始めた“Facebook”でも昭和関係のグループに参加し、毎日が昭和のようなボクですが、せっかくの昭和の日ですので、昭和感あふれる怪獣?“人間ロボット”(復刻版)をご紹介したいと思います。

    人間ロボット0101

    こちらの“人間ロボット”は昭和45年頃、当時のマルサンから発売されていた所謂“マルサン オリジナル怪獣”と呼ばれる怪獣ソフビ人形シリーズの一体です。

    私が所有しているのは今から20年前に発売された復刻版で、この当時、立て続けに、この“マルサン オリジナル怪獣”がリリースされ、うれしくて買えるだけ購入した覚えがあります。

    まだ当時はインターネットが一般的でなく、どこでどのようにして情報を得ていたのかよくは覚えていないのですが…。

    人間ロボット0102

    当時の“マルサン オリジナル怪獣”には「怪獣新聞」なる新聞の体裁をとったカタログが封入されていて、この復刻版にももれなく封入されているのですが、初期版?には、この“人間ロボット”のことは触れられておらず、謎の多い“マルサン オリジナル怪獣”の中でも、この“人間ロボット”はミステリアスな怪獣?とされています。

    人間ロボット0103

    マルサン六代目代表の神永英司氏のブログ“神永英司のマルサン ワイド・ウルトラスーパー”の中の「人間ロボット」の記事の中でも、謎が多い旨、記されています。

    人間ロボット0104

    ただ、どうやら、怪獣と戦う人間側のロボット兵器であることは確かなようなのです。

    そんな思い持って改めて、この“人間ロボット”見てみると…。

    人間ロボット0105

    いっそう頼もしく、怪獣をやっけくれそうに思えてくるじゃあありませんか!

    こんな風に!!

    人間ロボット0106

    街を破壊する“怪獣 ベラ”。

    人間ロボット0107

    陸上自衛隊の新鋭戦車である61式戦車も“怪獣 ベラ”には歯が立たない!

    人間ロボット0108

    と、そこへ、ボクらの守護神“人間ロボット”登場。

    人間ロボット0109

    「北鮮のミサイル! じゃなかった怪獣ベラ! この人間ロボットが相手だ!!」

    人間ロボット0110

    人間ロボット0111

    果たして“怪獣 ベラ”勝つか!?、“人間ロボット”勝つか?!

    人間ロボット0112

    そして、負けるな!自衛隊!!

    しかしまぁ、こんな事態になるとは思いませんでしたなぁ。

    昭和の日本は世界五大国の一つだったのに…。

    それはともかくとして。

    人間ロボット0113

    「黒江さん、このロボット、ずっと待っているんだよねー」

    と、サリナ・ヴァレンティナ嬢。

    そうなんですよー。早く届かないかなー。

    ということで、今回使用した“人間ロボット”はこちら。



    そして廃墟じゃなくて“解体中の建物”は、こちら。



    そして別バージョン



    では、皆さま、素敵な昭和の日を!

    特別プレゼント

    人間ロボット0114

    黒江龍雄 謹製 “人間ロボット”iPhone7用壁紙
    スポンサーサイト

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : マルサン マルサンオリジナル怪獣 人間ロボット レトロソフビ

    web拍手 by FC2

    トラウマ妖怪立体化計画 ばく 【メディコム・トイ 復刊ドットコム】

    春ですねー。

    春眠暁を覚えずといいますが、ボクの方は平日は夜0時40分に就寝、朝5時40分起床という5時間睡眠の毎日です。

    もっと寝ていたいのですが、なかなか長く寝ていられなくて…。

    と、そんな眠いのに寝られない中、今回は“徳間書店TOKUDAS”、“復刊ドットコム”、“メディコム・トイ”の三か所から発売された“トラウマ妖怪立体化計画 ばく ”のご紹介です。

    そもそもこの商品はこちらの書籍の復刻を機に発売されたものになります。





    昔々、ボクたちの心を熱くした立風書房の“ジャガーバックス”シリーズが、現在、次月と“復刊ドットコム”さんから復刻されており、待望の(といって元の本も所有していますが)上の2冊が復刻された折に、この2冊の図鑑に紹介された妖怪たちの中からソフビ化して欲しい妖怪はどれかというアンケートが行われました。

    ちなみにどの妖怪でもいい、というわけではなく次の妖怪たちがエントリーされていました。
    まずは「日本妖怪図鑑」からは、“おんもら鬼”、“さがり”、“ ねこまた”、“ ばく”、“わいら”、“座敷わらし”の6体。
    続いて「世界妖怪図鑑」から“ガネーシア”、“地底魔王ブイイ”、“妖獣スキュレー”の3体。

    そうしたアンケートで選ばれのが、この“ばく”になります。

    ばく01

    では、袋を開けてみまょう。

    ばく02

    ばく03

    ばく04

    ばく05

    ばく06

    ばく07

    ボクの大好きな劇画というかバイブル「子連れ狼」には、時の将軍の寝所の襖絵に、この“ばく”が描かれている、と紹介される場面があるように、妖怪“ばく”は人の夢を食べると言われています…。




    さてこちらは当ブログの人気者、“サリナ・ヴァレンティナ嬢”の寝室であります。

    ばく08

    もう夜も遅いのに何をしているのでしょう…

    ばく09

    あ、ボクも今はまっている“ガールズ&パンツァー戦車道大作戦!”だ。

    そして…。
    ゲーム内で所持している弾丸が尽きたサリナ・ヴァレンティナ嬢は

    ばく10

    深夜、眠りにつきましたが…。

    ばく11

    「うーん…。ゲームばかりしていて録画しておいた映画が見られずHDの容量がいっぱいになっちゃって、放映予定の映画が録画できない…」

    ばく12

    「うーん…。ついついネット通販を買い好すぎてお金がなくなっちゃう」

    ばく13

    「うーん…。年度末年度初めと飲み会が続いて、体重が…」

    と、その時!

    ばく14

    「サリナちゃんの悪い夢を食べてあげます」

    ばく16

    「うーん、いい目覚め。良く寝られたわぁ」

    ばく17

    「これもこの妖怪“ばく”のおかげね」(個人の感想です)

    ばく18

    <おしまい?>

    ばく19

    「って言うか、この悪夢って私のじゃなくて、みんな、黒江サンの悪夢じゃないの!?」

    ばく20

    実はそうなのです…。
    「臨月天光! 臨月天光! 臨月天光!」※悪夢見た時のおまじないだとか




    ということで、続々刊行中の“ジャガーバックス”シリーズの復刻版はこちら。








    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 妖怪 ジャガーバックス 復刊ドットコム ばく ソフビ

    web拍手 by FC2

    地底ロボット ユートム 【バンダイB-CLUB ブルマァク復刻シリーズ】

    先日、購入した“THE CAVE 洞窟 ほら穴 【IHNS TOYS】”。

    本来は12インチアクションフィギュア向けの商品なのですが、本ブログのモットーは“遊びがワイド”!

    なので、このようなジオラマセットにもってこいのこのおもちゃで遊んでみたいと思います。

    ユートム01

    それは、“バンダイB-CLUB ブルマァク復刻シリーズ”の一つとして発売された“地底ロボット ユートム”。

    子供の頃、ボクが生まれ育った前橋の街(当地では市繁華街にある商店街地域を街と呼びます)にあったおもちゃ屋さんに今は亡き父に連れて行ってもらった時のこと、店頭には当時大人気のソフビ怪獣が山と積まれていました。

    その山の中にあった“宇宙ロボット キングジョー”と“地底ロボット ユートム”。
    ボクは片手にキングジョー、もう片方の手にユートムを握りしばらく見つめていました。

    “宇宙ロボット キングジョー”と“地底ロボット ユートム”…。

    いつも買ってもらえる怪獣、怪人、悪者レスラーは1回につき1体。
    ボクはずーーーーーーーっと悩んでいました。

    そして選んだのは、ウルトラセブンを2話にわたって苦しめた“宇宙ロボット キングジョー”!

    それはそれで良かったのですが、選ばなかった“地底ロボット ユートム”はその後、ずっと気になっていました。

    当時は結局入手できなかったユートムでしたが、その後、復刻版で入手することができました。

    また結局、この体験はボクのトラウマ!?となり、息子が“群馬県立自然史博物館”で古生代カンブリア紀の生き物のぬいぐるみ3種をどうしても一つに選びきれなかった時、3つすべてを買ってあげました…(それはそれで問題だけど…)




    閑話休題

    ということで、早速、「ウルトラセブン」第17話「地底GO!GO!GO!」に登場した場面からスタートしてみましょう!

    ユートム02

    ユートム03

    こちらが“地底ロボット ユートム”です。

    ユートム04

    このメカニカルな頭部がイカニモ、ロボットという感じで良いですよねー。

    炭鉱に閉じ込められたウルトラセブンが人間体の容姿のモデルにした“薩摩次郎青年”を救出に向かった“ウルトラ警備隊”の前に登場した“地底ロボット ユートム”。

    ユートム05

    こんな感じで左手の鉄球を使ってその辺の岩石をふっ飛ばして見せていました。

    右手に装備された光線銃からは、こんな感じで光線が発射されます。

    ユートム06

    と、言っても大した威力があるわけではなく…。

    これを見ると、もしかしたら、これら武器は攻撃用というより地底掘削用かもしれませんなぁ。

    そもそも炭鉱の落盤も故意に行った事件性のあるものではなくく、地底都市建設中の事故だったのかもしれません。

    となると、あの地底都市はウルトラ警備隊が想定していた「他の星の侵略者の侵略前線基地」ではなかったのかも…。

    だとしたら、爆破してしまったのはいいことだったのだろうか…

    ま、それはともかく「謎の地底都市は完全に粉砕する。我々の勝利だ!地底も我々のものだ!」ということで話を進めましょう!

    ユートム07

    この胸のマーク。

    番組中に見られるのは3種類。
    モロボシダンを監禁していたユートムの胸についていたのがこのマーク。

    他に鍵穴を横にしたようなマークのものと逓信省のマーク(郵便番号の記号)の2種がわかっています。

    登場したユートムは5体、マークは3種ですから、おそらくこのマークは個々のユートムの階級、所属、任務等を示していると思われます。




    ユートム08

    茨城県日立市?(「ウルトラセブン第17話「地底GO!GO!GO!」のロケ地)にある炭鉱で落盤事故発生!

    事故が頻発していること、事故の原因がわからないこと、そして落盤発生時に怪光を見た炭鉱夫がいたことからウルトラ警備隊のマグマライザー(がフルハシ隊員抜きで)出動!

    ユートム09
    ※息子のコレクションである“ガシャポンHGシリーズ ウルトラマン マグマライザー”を使用しました。

    ところが、マグマライザーの岩石破壊光線をしても破壊できない岩盤に突き当たり、隊員たちは下車。

    ユートム10

    そして、そこで見たものとは…

    ユートム11

    ユートム12

    ユートム13

    ユートム14

    ユートム15

    ユートム16

    ユートム17

    「こちらアンヌ、謎のロボットを破壊しました。さらに地底都市の奥へと進みます!」

    ユートム18

    「また地上人か…」

    “地底ロボット ユートム”って、「ウルトラマン」第22話「地上破壊工作」においてテレスドンを操っていた地底人と何か関係のあるロボットだったら楽しいなぁ。

    ちなみに「ウルトラセブン第17話「地底GO!GO!GO!」の作品中でユートムを破壊するのは、アマギ隊員、ソガ隊員そしてウルトラセブンの3者なので、本記事中ではアンヌ隊員に活躍してもらいました。




    ということで、今回使用した“地底ロボット ユートム”の色違いがこちら。



    また今回使用した“地底ロボット ユートム”のマーク&色違いがこちら。



    さらに、“地底ロボット ユートム”の大活躍が見られるのがこちら。



    ボクもウルトラセブンも今年は生誕50周年!!!

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ウルトラセブン ユートム ソフビ怪獣 ブルマァク

    web拍手 by FC2

    仮面ライダー1号 桜島Ver. (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    今から45年前、昭和47年1月1日(土)の夜。
    当時、あと2週間足らずで5歳になんなんとするボクは家族とこのような画面を見ていました(おそらく…)。

    その画面とは…

    桜島1号01

    ここへナレーター中江真司サンの美声でこのようなナレーションが入ります。

    「諸君は、この青年を記憶しているだろうか?」

    桜島1号02

    「そう、かつて仮面ライダー第1号としてショッカーと戦った本郷猛だ」

    桜島1号03

    「彼は仮面ライダー第2号である一文字隼人に日本の守りを任せてショッカーのヨーロッパでの破壊活動と戦っていたのである」




    ということで、旧1号ライダー旧2号ライダーに引き続き、本ブログではご紹介していなかった“仮面ライダー1号 桜島Ver. (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)”を登場45周年に合わせてご紹介したいと思います。

    桜島1号04

    「仮面ライダー」の主役であった藤岡弘、サンは、「仮面ライダー」第9話「恐怖コブラ男」の撮影中、コブラ男の乗る車をバイクで追跡するという場面の撮影中に転倒、左大腿部複雑骨折とeう大けがをしてしまい、番組に継続して出演することが難しくなってしまいました。

    思いがけない主役の負傷による番組降板、そしてもう一人の仮面ライダー、一文字ライダーの登場…。
    初期シーズン゜とは異なった雰囲気の中、構築されていく“仮面ライダーの世界”。
    そしてそれを受けての空前の大人気。

    そのような中、傷も癒えかかった藤岡弘、サンが、お正月スペシャルともいうべき昭和47年1月1日に放映された「仮面ライダー」第40話「死斗! 怪人スノーマン対二人のライダー」と続く第41話「マグマ怪人ゴースター 桜島大決戦」で番組に一時復帰(※)することとなったわけです。

    このお話の舞台が鹿児島県桜島であったことから、後年、「仮面ライダー」第40話「死斗! 怪人スノーマン対二人のライダー」、第41話「マグマ怪人ゴースター 桜島大決戦」、第49話「人喰い怪人イソギンチャック」、第51話「石怪人ユニコルノス対ダブルライダーキック」、そして映画「仮面ライダー対ショッカー」に登場する“旧1号ライダー”でも、第53話「怪人和ジャガーマン 決死のオートバイ戦」以降に登場する“新1号ライダー”でもない“1号ライダー”が、初登場した場所にちなんで“仮面ライダー1号 桜島Ver.”、“桜島1号”、“桜島ライダー”などと呼ばれるようになりました。

    ※正式復帰は昭和47年4月1日に放映された「仮面ライダー」第53話「怪人ジャガーマン 決死のオートバイ戦」となります。

    ではその鹿児島県桜島での活躍の様子を見ていきましょう。




    桜島1号05

    ♪海涛天を衝く所 燃えて火を吐く櫻島

    桜島1号06

    再び故国の大地に立つ“仮面ライダー第1号”、本郷猛。

    桜島1号07

    ヨーロッパで活躍中の仮面ライダー第1号。

    本郷猛はヨーロッパでショッカーと戦ううちに、ショッカースイス支部長である死神博士が日本支部長として赴任し、さらには九州における一大作戦を敢行するという情報を聞きつけ、ヨーロッパでの協力者エミ、ミカとともに日本に戻ってきたのです。

    そして桜島で…

    桜島1号08

    「ん?! お前はスノーマン! やはりこの日本に…」

    桜島1号09

    「生きていたのか、本郷猛! だが何度戦っても、貴様に俺は倒せんッ」

    桜島1号10

    「さぁ返してもらおうか、我々ショッカーの『日本制服計画書』を!」

    桜島1号11

    「断るッ!」

    そう言うものの、仮面ライダー第1号はスイスでこの“怪人雪男 スノーマン”と戦っていたが倒すことができないでいたのです。

    と、そこへ。

    桜島1号12

    「本郷! 俺も戦うぞ!」

    「おう! 一文字」

    桜島1号13

    「揃いおったな、仮面ライダーども」

    桜島1号14

    「とうっ!」

    桜島1号15

    「ライダーキーック!」
    ※「仮面ライダー」第40話ではまだ「ダブルライダーキック」と呼称していませんでした。

    桜島1号16

    ドーン!

    「光る! 回る! 変身ベルト」のCM並の速さで爆死してしまたスノーマン…。

    桜島1号17

    「一文字!」
    「本郷!」

    新春の九州で、二人はいつまでもこの日本を守り抜くことを固く誓うのでした…

    ちなみに「仮面ライダー」第40話「死斗! 怪人スノーマン対二人のライダー」と続第41話「マグマ怪人ゴースター 桜島大決戦」に出演した時、藤岡弘、サンのけがをした足にはまだ金属パイプと固定用のボルトが入っていて傷口を抑えた絆創膏と包帯は、撮影後、血がにじんでいたそうです。




    そんな“仮面ライダー1号 桜島Ver. ”、前述のとおり映画「仮面ライダー対ショッカー」にも出演しているということもあり、ボクたちが30年ほど前に撮影しようとした映画「仮面ライダー対ゾル大佐」にも登場することとなっていました。

    仮面ライダー第1号、蜘蛛男サソリ男、そしてショッカーの新怪人を用意したボクたちは、それを映画にこそできなかったもののフォトストーリーとしてまとめました。

    その時の“仮面ライダー1号 桜島Ver. ”をご紹介します。

    桜島1号18

    演じているのは、先年、早世してしまったFくん。
    彼は当時、アルバイトでデパートのヒーローショーにも出演したほどのアクション巧者でした。

    桜島1号19

    ライダーマスクは市販のものをボクが塗装しました。

    胸のコンバーターラングは幼稚園等で使用する手作り座布団用のウレタンを使用しました。
    当時はこの手のもの一つ一つの入手が困難でしたなぁ。

    赤いスカーフは、ボクの祖母かFくんの母上が、ボクたちが新宿のオカダヤで購入した生地をほつれないようにかがってくたもの。

    ライダーグローブは本家同様、バイク用の手袋。Fくんか購入し塗装しました。

    桜島1号20

    「出たな!ショッカーの新怪人」

    撮影は3月の利根川。
    楽しかったなー。

    桜島1号21

    ショッカー白ロシア支部から来た新怪人“ケラ男”。
    南樽太郎氏がデザインし、一人で製作しました。
    ショッカーの期待の怪人ということで黄金のショッカーベルトをしめています。

    ※怪人ケラ男については、後日、南樽太郎氏のブログ“おやじの工作室”で詳しく紹介されることとなっています。お楽しみに!

    桜島1号22

    そして決めポーズ。
    その時は夢中で何も感じなかったけれどこうしてみると、この高さ…怖いですね。

    これは洪水を防ぐための堰※で高さ5メートルくらい、写真ではわかりませんが厚さ?は20センチほどのところに立っています。
    ※公園の一角にあり、立ち入り禁止地域ではありません。

    桜島1号23

    こちらがエンディング。
    みんな若いなぁ(顔つきが幼くてかわいい感じすらします)。

    え、ボクはどうしたのかって?

    ボクはもちろんゾル大佐役で出演してます。

    桜島1号24

    「覚えていろ、仮面ライダー!」

    探したけれど記念撮影以外で“仮面ライダー1号 桜島Ver.”とボクが一緒に写っているのはこの1枚でした(T_T)。




    ということで、今回の記事を書くにあたり次の資料を参考にしました。









    そして“仮面ライダー1号 桜島Ver.”の活躍が見られるのがこちら。





    そして、メディコム・トイの“東映レトロソフビコレクション”シリーズから3月下旬に、今回ご紹介した“仮面ライダー1号 桜島Ver.”と死闘を繰り広げた“マグマ怪人 ゴースター”が発売されることが決定しています。

    となると“仮面ライダー1号 桜島Ver.”と戦ったショッカーの改造人間で“東映レトロソフビコレクション”シリーズ未発売なのは“怪鳥人 ギルガラス”だけということになります。
    メディコム・トイさん、ぜひ早期の発売をよろしくお願いします。

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダー 東映レトロソフビ ショッカー 本郷猛

    web拍手 by FC2

    宇宙にわとり ザンギラー (オレンジ) 【ヤモマーク】

    当ブログをご覧の皆様。

    あけましておめでとうございます。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    ザンギラー橙00

    と、いうわけで初日の出とともに登場したのは、ヤモマークさん製作の“宇宙にわとり ザンギラー (オレンジ)”。

    酉年の一番最初の記事はこれにしようと思ってずっと温めてました…。

    なので新春早々、フォトストーリー「写真物語 宇宙にわとり ザンギラー 大襲来の巻」」なのです。
    ※表記がひらがなだったり、カタカナだったりするところも、いろいろな意味でおおらかだった当時風にしてみました。

    では、始まり始まり~




    ザンギラー橙01

    ザンギラー橙02

    のどかな新春の地鶏の養鶏場。

    ザンギラー橙03

    「おみゃあたち、にわとりは暮れも正月もなく、よく働いてくれてありがてぇこった…ん?」

    ザンギラー橙04

    「んがあああっ、火の玉だ!」

    ザンギラー橙05

    どーん!

    ザンギラー橙06

    カラカラカラカラー

    ザンギラー橙07

    ズズーン!
    巨大な地鳴りと共に現れたのは“宇宙にわとり ザンギラー”でした!

    ザンギラー橙08

    コケーッ!

    ザンギラー橙09

    「あんりまぁ!」

    ザンギラー橙10

    大きな羽が羽ばたくと、飛び上がりこそしないものの大きなサイロも小枝のように折れてしまったではありませんか!

    ザンギラー橙11

    遠くに何かを認めたザンギラー。

    ザンギラー橙12

    ザンギラー橙13

    驚くにわとりや左老人を尻目にゆっくりと歩き出しました。

    ザンギラー橙14

    行く手には多くの人が住む市街地が!

    ザンギラー橙15

    この危機に陸上自衛隊がもすかさず“防衛出動”します。

    ザンギラー橙16

    市街地にも“87式偵察警戒車”が展開し迎撃態勢をとります。

    ザンギラー橙17

    「目標、近づきます!」
    87式偵察警戒車の前部偵察員の報告の声にも力が入ります。
    と、その時…

    ザンギラー橙18

    ザンギラーが体の向きを変えました。

    ザンギラー橙19

    「何!? ナスラ※が!!」
    ※正確には“二代目ナスラ”。

    ザンギラー橙20

    伊福部昭先生に作曲していただきたかったナスラのテーマにのってナスラの登場です!

    ザンギラー橙21

    ここに相まみえるヤモマークの二大怪獣!!

    ザンギラー橙22

    果たしてナスラ勝つか!?

    ザンギラー橙23

    ザンギラー勝つか!?

    ザンギラー橙24

    「とまぁ、お話の方は相変わらずの展開だが、我々、自衛隊もがんばるから、君たちもがんばってくれ!」

    〈おしまい〉




    ということで、今回、使用したヤモマークさんの“宇宙にわとり ザンギラー (オレンジ)”はこちら。

    ザンギラー橙25

    そして、記事の中にも登場した左卜全サンの「んがあああっ、火の玉だ!」の台詞が聞けるのがこちら。



    では本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ソフビ怪獣 怪獣 ヤモマーク フォトストーリー

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ