web拍手 by FC2

    端島-軍艦島-

    ブログ記事50号目となる今回は、スペシャル版として、「端島-軍艦島-」をご紹介します。

    さて、今年の夏の父子旅行では、長崎県へと出かけて来ました。
    特に5月から6月にかけてボクが単身赴任研修でしたので、慌ただしく日程を決めてしまいました。
    そんな中でも、ボクたち父子が特に行きたかったのが、「軍艦島」と呼ばれる端島でした。

    hashima01.jpg

    この写真からわかるように、大正時代の帝國海軍の戦艦土佐に似ていることからつけられた島の通称が「軍艦島」。
    日本の近代史を支えたこの島は、過酷な労働や生活の場であった反面、「理想郷(ユートピア)」とも呼ばれていたという不思議な魅力に満ちた島です。

    この島の地下からは優良な石炭が取れることから明治時代以降、順次、採炭・埋め立てが行われ、大東亜共栄圏建設、戦後復興、高度経済成長という国策を推し進める原動力の重要な一端をにないつつも、エネルギー需要の転換に伴い炭鉱は閉山、島は無人島となってしまいました。

    さて、CATVのテレビ局の一つにヒストリーチャンネルという局があり、そこで「人類滅亡-LIFE AFTER PEOPLE-」という米国で制作された番組を放映していました。
    その番組は、人類が地上から突然消えてしまったとしたら、人類が営々と築き上げてきた建造物や道路、そして人間を取り巻く自然環境等はどうなるかということを検証をする良質のドキュメンタリー番組で、その中の1エピソードとしてに登場したのがこの軍艦島こと長崎県の端島でした。

    閉山後、立ち入り禁止と言うことでしたが、平成21年4月より観光客の上陸が許可されるようになり、そのおかげでボク達、父子も上陸ができることとなったわけですが…。

    軍艦島へは数社の事業所が渡航サービスを行っており、ボク達はその先駆け、やまさ海運さんの「軍艦島クルーズ」(C)に申し込みました。申し込んだのはいいのですが、なんと7月の上陸率は34%。

    この島へは波や風の強い時は上陸できないのです。
    ボク達は祈るような気持ちで、この日、7月26日の朝を迎えましたが、当日はすばらしい好天。

    そして、こうして無事上陸できたというわけです。

    hashima02.jpg

    無人島になってから40年近く。
    島はこのような状態で人々を迎えてくれます。

    左奥に見えるレンガ塀が、総合事務所前の倉庫の塀です。

    hashima03.jpg

    左上に見える灯台のみが白く耀いていますが、これは平成10年に建てられた2代目の灯台。
    閉山前、24時間フル操業をしていたこの島は煌々と明るく灯台は必要なかったのだとか。

    手前のレンガの塀が前の写真と同じ総合事務所の倉庫の塀。
    上陸後すぐに、目に飛び込んでくる印象的な光景です。

    そのレンガ塀の右上あたりから、上へとつながる錆びた給水パイプは、山上のコンクリート製の貯水槽へと繋がっています。
    この貯水槽の上に、大戦中は「対空機関砲」が備えられていたと資料には書いてありました。

    給水パイプの行く先は、倉庫の隣の共同浴場。
    ここには、炭鉱から出てきた鉱夫さん達が、靴と作業着のまますぐに入浴できるようになっていたそうです。

    またレンガ塀のすぐ右にぽっかり口を開けているのが、第二抗口桟橋と思われます。

    hashima04.jpg

    見学ルートに沿って島の南を回って行き、同じ貯水槽を南側から見たところ。
    灯台の手前に見える建物が、鉱員アパート30号棟で、これは大正5年(1916年)に建てられたといいますから、建築後100年になんなんとしています。
    建築当初は4階建て、その後すぐに7階建てに増築されたそうで、間取りは6畳一間で各戸に釜戸付きだったそうです。

    手前のレンガ塀の塊に手を伸ばしたくもなりますが、この島からものを持ち出すのは厳禁。
    そういう決まりがなくても、こうしたレンガの塊、コンクリートのかけら一つ一つが、船で運ばれてきて、島での生活を支えてきたかと思えば、そんなことはできないですよね。

    hashima05.jpg

    第30号棟とは、打って変わって豪華だったと言われているのが、山の上に立つ職員住宅3号棟。
    眺めの良い高級住宅を、今では一羽のトンビが見下ろしています。

    hashima06.jpg

    更に目を島の奧(北方)にやると遠くに見えるコンクリート製の建物のが、端島小中学校の校舎です。
    そして手前の赤さびた鉄骨が体育館に使用されていた鉄骨の残骸。
    さらにその左手が、島最大の鉱員アパート65号棟と思われます。
    そしてこの65号棟の屋上、海抜26メートルの高さにあったのが、端島保育園だったそうです。

    hashima07.jpg

    手前に見える橋桁のようなものがベルトコンベアの残骸。
    操業時は、この橋桁が見えないくらい石炭が積まれていたのだとか。
    これだけ巨大なベルトコンベア、騒音はさぞかし言う感じもしますが、「その音を思い出せないのは、それは騒音ではなく、まるで島の心臓音のよう」で気にならなかったのだとか。(「軍艦島 住み方の記録」2011 軍艦島を世界遺産にする会 より)

    と、まだまだ軍艦島の様子とその魅力は語り尽くせないのですが最後に、今回、現地で、このような資料やグッズを買い求め、ブログにまとめる際に参考にさせていただきましたのでご紹介します。

    hashima08.jpg

    これをご覧になった皆様が、この島に興味を持たれ、軍艦島が世界遺産に登録されるようになるといいなぁと思っております。
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    ヒッポリト星人(BEAMS×M1号:ピンク)

    今回、ご紹介するのは、

    ヒッポリト02

    BEAMS × M1号 コラボ第2弾と銘打たれ、『TOKYO CULTUART by BEAMSのフラッグシップショップの SHOP限定品として平成21年に発売された「ウルトラマンA」に登場する地獄宇宙人ヒッポリト星人です。

    ヒッポリト01

    届いた時に興奮してすぐ袋を開けてしまったので、袋に入っている写真はありません。

    なんで、そんなに興奮したかというと…。

    ヒッポリト03

    こんな風に、同梱のウルトラマンAと遊ぶことができるからです。

    えっ、ソフビのサイズが違うだろって?

    ヒッポリト星人は自分の体を200mに見せかけることができるので、こんなシーンも可能ななのです。(ホント?)

    ソフビ怪獣の手に磁石が付いていて、ミニカーをくっつけて遊べるというギミックが、「帰ってきたウルトラマン」放映当時、「磁石付き怪獣シリーズ」として発売されていたモグネズン、シュガロン、ゴーストロンに付いていたと、倉治隆さんの「怪獣玩具」(バンダイ.1986)に載っています。

    そこで、ボクもこのヒッポリト星人で挑戦してみました。

    ヒッポリト04

    あっ、間違えて、「帰ってきたウルトラマン」のマットビハイクル、持たせちゃった。

    ※トミカはダイカストなので実際にはくっつきません。

    ヒッポリト05

    あっ、間違えて、「ウルトラマンタロウ」のラピッドパンダの原型、ホンダ・バモス、持たせちゃった。

    ※トミカはダイカストなので実際にはくっつきません。

    ということで、文中で紹介した倉治隆さんの「怪獣玩具」はこちらです。

    怪獣玩具怪獣玩具
    (1986/08)
    高瀬 ゆうじ、倉治 隆 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    web拍手 by FC2

    人喰い山椒魚 ザンジオー(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    (子どもの声で)「東映まんがまつり」
    ということで、夏休み?の3連休を利用して久々にブログをまじめに更新したいと思います。

    ザンジオー01

    さて、今回は、前回もちらっと紹介いたしましたが、2012年6月末に発売されたメディコム・トイの東映レトロソフビコレクションシリーズのザンジオーです。

    ザンジオーとは、「仮面ライダー」放映当時の劇場用映画「仮面ライダー対ショッカー」(1972年3月公開)に登場する映画オリジナルの怪人です。
    映画では人工重力装置GXの方程式を奪うためにその開発者である大道寺博士(演ずるは、人造人間キカイダーも製作している伊豆肇)を襲います、こんな感じで。

    ザンジオー02

    さらに、劇場用映画「仮面ライダー対ショッカー」に続く劇場用映画「仮面ライダー対じごく大使」(1972年7月公開、まさに40年前!)でも、再生怪人軍団を率い、ショッカー大要塞のある富士山の5合目で本郷猛を待ち伏せます、こんな感じで。

    ザンジオー03

    「本郷猛、はるばるご苦労! せっかくだが、ここが貴様の墓場だ! かかれーっ!」

    ※本当は、海蛇男、ミミズ男、エイキング、ゴースター、プラノドン、キノコモルグ、ドクモンド、ムササビードル、ザンブロンゾ、毒トカゲ男の10怪人が、ザンジオーの指揮下にいますが、所持しているソフビ人形の関係でこのようになりました。あしからず。

    このような活躍もあり、「KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー特別編vol.1 ショッカー」によると、「毎日放送が主催した『ショッカー怪人人気コンテスト』では、「いちばんすきな怪人部門の第2位、「いちばんつよい怪人」第3位に耀くことになった」とあります。

    また映画公開の年、昭和47年に発行された仮面ライダー、キカイダー、変身忍者嵐という三大ヒーローやその怪人が載っている「変身図鑑」(朝日ソノラマ)には、下の解剖図とともに「ショッカーの科学者が総力をあげて、結晶させた怪人であった。こんどこそ、世界は、我等の手に-。そう信じてつくりだされたショッカー怪人だった。いわば怪人のエリートとも言えた」とあり、別名エリート怪人と呼称されている由来について触れられています。

    ザンジオー07


    ですから…。

    ザンジオー04

    こんな風に、最近の映画にも登場して活躍しているようです、こんな感じで?

    ということで、ボクも大好きな エリート怪人・ザンジオーの紹介でした…。




    ここからちょっとネタバレ-映画「仮面ライダー対ショッカー」未見の人は読まないでくださいね-




    映画「仮面ライダー対ショッカー」では、人工重力装置GXの方程式(の書かれた資料)を巡って、脚本家・伊上勝先生お得意の「秘密の書類を取った取られた」が展開されます。そしていよいよ、その方程式の秘密は、大道寺博士の一人娘・珠美の誕生日プレゼントであるクマのぬいぐるみに…、という映画のクライマックスを再現してみました、こんな感じで。

    ザンジオー05

    ※前の写真同様、撮影用ぬいぐるみに限界があり、このようなものとなりました。あしからず。




    と言うわけで、ザンジオーの活躍が見たい方はこちら。

    仮面ライダー THE MOVIE VOL.1 [DVD]仮面ライダー THE MOVIE VOL.1 [DVD]
    (2006/03/21)
    特撮(映像)、藤岡弘 他

    商品詳細を見る





    ザンジオーに抱えられたぬいぐるみの正体「貝がらブラッコ」の活躍が見たい方はこちら。

    貝がらブラッコのサルでもわかる踊るDVD貝がらブラッコのサルでもわかる踊るDVD
    (2012/07/04)
    ダンス

    商品詳細を見る
    関連記事
    web拍手 by FC2

    いよいよ7月

    6月は週のうちまるまる月曜日から金曜日まで単身赴任生活でした。

    こちらのブログも6月に関しては1回のみの更新となってしまいました。

    そこで、今回は、ここ最近、購入したものを挙げてみます。




    まずは注文は、今年の3月末とずいぶんと前になりますが、今日届いた、一番ホットなものがこれ。

    6gatu.jpg

    右、メディコム・トイの東映レトロ怪人シリーズのザンジオー。
    中、メディコム・トイから復刻されたタイガーマスクの悪役・赤き死の仮面。
    左、同じくタイガーマスクシリーズより、ザ・ライオンマン。

    と、なっています。

    今日は時間がなくて、商品パッケージのみの撮影となりました。

    また、メディコム・トイの東映レトロシリーズと言えば、ゲルショッカーの怪人のサソリトカゲスも注文しておきました。




    続いてのご紹介はこちら。

    立川談之助師匠の最新刊「立川流騒動記」。唐沢俊一先生が企画構成をされています。

    立川流騒動記立川流騒動記
    (2012/06/29)
    立川談之助

    商品詳細を見る


    ちなみに談之助師匠は同郷でボクの学校の先輩です。




    単身赴任研修生活は良いところもありますが、やっぱり不自由な部分もあります。
    そんな心を慰めてくれたものが、こちら。

    田中圭一マガジンComicサイテー (ぶんか社コミックス)田中圭一マガジンComicサイテー (ぶんか社コミックス)
    (2007/05/30)
    田中 圭一

    商品詳細を見る


    古いコミックなのですが、ボクはあまり漫画を読まないので作者についてもあまりよく知りませんでした。

    が、今回、少し「川柳」(「ガーコン」の川柳川柳師匠ではありません)について、調べることがあり、ついでにこちらを購入しました。

    セクシィ川柳 (メディアファクトリー新書)セクシィ川柳 (メディアファクトリー新書)
    (2011/04/28)
    東 正秀

    商品詳細を見る


    この本のイラストを描いていたのが、前述の「田中圭一マガジンComicサイテー」の作者・田中圭一サンだったということなのです。

    楽しい漫画で単身赴任生活の無聊を慰めてくれました。エッチですが、明るいところが良いですね。
    特に、コミックスの表紙絵にも大きく描かれている「ハンラ・ウーマン」が大好きです。







    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ