web拍手 by FC2

    稲妻怪人 エイキング (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    「春休み中のちびっ子諸君。今週メディコム・トイの東映レトロソフビコレクションが送り込んできたのは、稲妻を呼ぶ怪人、その名もエイキング…」(『仮面ライダー』のナレーション:中江真司さんの声で)

    エイキング01

    前回の〝蜘蛛男〟とは、異なりあまり玩具化されることのないエイキングの登場です。

    今回はショッカーベルトをしていない初代モデルが登場。
    (といっても、ベルトをしている再生怪人仕様が発売されるとも思われないのですが…)

    エイキング02

    アップにするとこんな感じ。

    なるほどー。
    エイっていうのはこんな顔をしているんだ…

    と、海なし県に住むボクは妙に納得。

    エイキング03

    で、全身はこんな感じです…
    ってカメラのフレームに入りきらない…。

    でも、この特徴的な逆三角形の身体、メディコムさん(ベアモデルさん?)よくぞモデル化してくれました。

    では、さっそく遊んじゃいます…
    って言いたいところですが、この特徴的なフォルムを忠実にソフビで再現した結果…。

    このエイキング、ほとんど可動しないのです…。

    でも、大丈夫。

    片幅広くがっしり作られているおかけで、こんな劇中のシーンが再現できました…。

    エイキング04

    「ボォーッ 夢美はもらった ボォーッ」

    エイキング05

    「ひれをひろげ稲妻を走らせ、それを自由にコントロールして、あいてを感電死させる」(「変身図鑑―3大ヒーロー世紀の対決」昭和47年 朝日ソノラマ より)って感じで撮ってみました。

    では、最後に、そんな電気を自在にあやつれるエイキングから皆様へのメッセージ。

    エイキング06

    春になっても節電を続けて、より良い日本にしていきましょう!
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    「ゆるキャラショー」と「春の街」

    春休みの1日。

    息子と写真教室に参加してきました。

    親ばか丸出しですが、今回は息子の撮った写真で記事をまとめてみたいと思います。

    その教室の今回のお題が、タイトルにもなってる「ゆるキャラショー」と「春の街」

    まず教室の先生に選んでいただいた写真を2枚ご紹介します。




    写真教室01

    これは息子が撮影した写真を先生が大きくトリミングしてくださった写真です。

    息子は3人(?)の視線(?)が一致していると言うことで選んだものです。

    左から、「ころとん」、「ぐんまちゃん(旧名:ゆうまちゃん)」、「たまたん」です。

    やっぱり、ぐんまちゃんはかわいいなぁ。




    続いて「春の街」より。

    写真教室02

    以上の2作品を出しましたが、入賞はなりませんでした…。




    続いて自薦候補作を3作品ご紹介します。

    カメラの小さいモニターで覗いていたし、選も息子に任せたので、こっちの作品の方が良かったのかなぁ、という気もしますが、まぁいいでしょう。

    写真教室03

    こちらは、ショーの進行役〝アンカンミンカン〟と絡む「ピュルルン」。

    息子曰く、アンカンミンカンの川島サンが、ピュルルンのこけし【非売品】を持って行っちゃったので、ピュルルンが返してよ~といっているような感じが出たところが良かった、とのこと。

    ちなみに、ピュルルンの後ろに見えるのは、前橋市水道局のゆるキャラ「タンク君




    写真教室04

    前橋の街も「シャッター通り」等と言われてしまっていてかつての賑わいはありません。

    かつての賑わいの象徴〝前三〟(昔、前橋市にあった百貨店)の跡に立った〝前橋テルサ〟をバックに花壇の花をぱちり、というのはボクの後付け解説。

    先生のアドバイスで撮った1枚です。

    ちなみに〝前橋テルサ〟は、〝前三〟が大好きだったボクが結婚式を挙げたところでもあります。




    写真教室05

    こちらは息子は選ばなかったものの、ボクが息子の撮った写真を見返していて良いなぁと思った写真を載せておきます。

    息子と一緒に写真が撮れて楽しい1日でした。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    キンギョザウルス(ヤモマーク)

    レトロ怪獣ソフビのメーカー・ヤモマークさんのキンギョザウルス。

    満を持しての登場です。

    キンギョザウルス0101

    ヤモマークさんでは、過去にも、キンギョをモデルとしたソフビ怪獣をリリースしており、今回、やっと手に入れることができました。

    さっそく、袋を開けてみましょう。

    キンギョザウルス0102

    正面から見るとこんな感じ…。

    この顔、アングル、ポーズ、どこかで見たと思ったら、映画「悪魔の赤ちゃん」でした。

    キンギョザウルス0103

    モデルは、キンギョの中でも〝らんちう〟なのでしょうか。

    雰囲気的には怪獣に結びつかないものの、こうしてみると、なかなかどうして堂々とした怪獣です。

    キンギョザウルス0104

    ヤモマークさんのブログによると、「石神井公園の池から現れて練馬の街を破壊する」そうですので、背景にはビルを配してみました。

    空には〝トミカ〟の〝川崎バートルKV107-Ⅱ〟が飛んでおります。

    キンギョザウルス0105

    新鮮魚貝魚七、ピンチ!

    関連記事
    web拍手 by FC2

    復興を

    あの日。

    未曾有の大災害から2年。
    被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

    Requiem1300.jpg

    さて、今回はこのようなブログからでも復興の支援ができないかと思い、
    ウチのおもちゃ箱にある1/6グッズで東北の物品を紹介してみたいと思います。




    Requiem1302.jpg

    まず、ご紹介するのは、東北のおいしいお酒。

    南部美人」と「浦霞」。
    ※お酒の名前をクリックすると酒造メーカーのサイトに繋がります。




    続いて、東北の海の幸に山の幸。

    Requiem1303.jpg




    そして、おいしいお米。

    Requiem1304.jpg




    Requiem1305.jpg

    「うーん。良い香り」




    一日も早い復興をお祈りしています!

    tj_468_60.jpg

    3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン
    関連記事
    web拍手 by FC2

    ガッツ星人(M1号:クリーム成型色)

    前回、TVドラマ「警視-K」の主人公・賀津 勝利の記事を作成する際、画像ファイルをアップロードしようとしたら、「同一ファイル名があります。上書きしても良いですか」というような表示が出ました。
    おかしいな、と思って確認したら、何と「ガッツ」は「ガッツ」でも、「ウルトラセブン」に登場した「ガッツ星人」の画像がアップロードされていたのです。

    すっかり忘れていました…(汗)。

    そんなわけで、今回は、M1号製、ガッツ星人のご紹介です。

    ガッツ星人01

    別名、分身宇宙人とも言われるガッツ星人。
    「ウルトラセブン」では、第39話「セブン暗殺計画(前篇)」と第40話「セブン暗殺計画(後編)」の前後編に登場し、手下として連れてきた豪力怪獣アロンを使ってセブンの能力を分析し、セブンを十字架に貼り付けてしまうというウルトラセブンの強敵として知られる宇宙人です。

    子どもの頃から大好きで、当時、ブルマァクから、このガッツ星人のソフビ人形が発売されていないのを、たいへん残念に思っていました。

    ガッツ星人02

    当時はDVDはおろかビデオもありませんから、子ども向けの怪獣図鑑で脳内補完をしては楽しんでいました。

    ただガッツ星人に関して、その脳内データが他の怪獣より、ブレの幅が広いのは、きっと「ウルトラファイト」の影響があったからだと思います。

    「ウルトラファイト」に登場したガッツ星人(作品中では単に「ガッツ」と呼ばれることも…)は、ちょっとくたびれていて、泥にまみれて、精彩を欠くものでした…。
    ※ウィキペディアによると全8戦1勝6敗1分だとか。

    子どもの頃のボクは、そんな「ウルトラファイト」でのガッツ星人を見て、大切にしていたものを汚されたような寂しい気持ちと同時にそんなガッツ星人がたまらなく愛おしく思えました。

    ガッツ星人03

    そんなガッツ星人が平成23年にM1号よりリリースされました。
    東日本大震災による影響もあり手元に届くまで若干時間がかかったように記憶していますが、やはり再現したいのはこのシーン。
    「ウルトラセブン」の名場面の一つ、ガッツ星人がコンビでウルトラセブンを追いつめます。

    ボクは1体のソフビを使って画像を合成していますが、実際の撮影では着ぐるみは2体制作されています。

    このガッツ星人を制作している模様は、制作者の高山良策氏によって『ある小さな記録』としてまとめられています。

    ガッツ星人04

    ガッツ星人を特徴付けているのは、この鳥類を思わせる頭部。
    好きだなぁ。

    ガッツ星人05

    勝新「ほら、『オタケサン』って言ってみな。『オタケサン』」

    ガッツ星人「ですから、私はオウムではなく『いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人』です。
    そもそも、モデルはオウムですらなく、知能の象徴フクロウなのです…」

    記事の中で触れたガッツ星人の制作の様子が収められた「ある小さな記録」が収められているDVDはこちら。

    ウルトラセブン1967 [DVD]ウルトラセブン1967 [DVD]
    (2005/10/01)
    特撮(映像)

    商品詳細を見る
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ