web拍手 by FC2

    ファイヤードラゴン(パイロット・エース)

    前回に引き続いての、<レイ・ハリーハウゼン追悼企画>第2弾。

    今回は、前回のサイクロプス共々映画「シンドバッド7回目の冒険」に登場する怪物〝ファイヤードラゴン〟です。

    Firedragon01.jpg

    オーソドックスな、いかにもドラゴンといった感じのこの〝ファイヤードラゴン〟。

    映画に登場する魔法使い・ソクラの飼っているドラゴンです。

    なので、首輪をしています。

    このソクラ、日本語吹き替え版だと、大塚周夫先生が演じているところからして、どんなキャラだかおわかりになると思います。

    Firedragon06.jpg

    こちらが逆から見たところ。

    高速移動をしている…ところには見えないですね…(>_<)

    アップにすると、こんな感じ…。

    Firedragon03.jpg

    撮影する角度や照明の当たり具合によって表情が変わっている感じがしませんか?

    そして、これなどは…。

    Firedragon04.jpg

    〝何かを見つけて動き出した〟なんて感じに見えませんか?

    〝何か〟と言っても、こんな感じなんですが…。

    Firedragon05.jpg

    〝ファイヤードラゴンVSサイクロプス〟の戦いを再現してみました。

    レイ・ハリーハウゼン先生、見てくださってますか…。

    「わーい、ガーンガーン」と子どもの頃のボクなら、しちゃうところですが、
    今のボクは、塗装のハゲが怖いのでこうして画像の中で遊んでます…。

    でも、こんなことしていると興奮して止まらなくなっちゃうのは相変わらずなのですが…。

    レイ・ハリーハウゼン大全レイ・ハリーハウゼン大全
    (2009/02/26)
    レイ・ハリーハウゼン、トニー・ダルトン 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    サイクロプス(パイロット・エース ビーグル版)

    <レイ・ハリーハウゼン追悼企画>

    平成25年5月7日、多くの特撮映画を手がけたレイ・ハリーハウゼンさんが亡くなりました。

    今回は、氏を偲んで、氏の映画に登場する有名な怪物の一つ〝サイクロプス〟を取り上げたいと思います。

    Cyclops01.jpg

    レイ・ハリーハウゼンの映画で最初に見たのは、「土曜映画劇場」で放映された「恐竜100万年」ではなかったかな…と思います。

    そこに登場する人形アニメの恐竜たちが、日本の怪獣映画の怪獣の動きとは違った、そう、「かくかくした動き」で、とても新鮮だったのを覚えています。

    以後、テレビの映画劇場で、「シンドバッド七回目の冒険」、「アルゴ探検隊の大冒険」、「恐竜グワンジ」、「シンドバッド黄金の航海」、「シンドバッド虎の目大冒険」などを見、その中で「かくかく動く」大小様々の怪物、怪獣に見とれていました。。

    昭和52年冬。
    「月刊OUT増刊 ランデヴー 第1号(創刊号)」が刊行されました。

    科学忍者隊ガッチャマンが表紙の創刊号の特集は、「夢と冒険の航海 シンドバッドワールド」でした。

    当時、小学生のボクはこの雑誌を、お出かけ先の前橋市、片原饅頭のお隣の「アルプス書館」発見。
    一緒に出かけていた、今は亡き伯母に買ってもらいました。

    この特集を読んで、外国の「かくかく」怪獣映画は、ハリイハウゼン(当時の記述による)という人が作っていたのだと知りました。

    さて、この〝サイクロプス〟。

    映画では、「シンドバッド7回目の冒険」に登場します。

    Cyclops02.jpg

    日本の怪獣ほど大きくなくて、シンドバッド達の投げる槍を画像のように掴んだり、船乗りを串刺し(?)にして食べようとしたり、魔方のランプを持っていたり、その外見からは想像できないくらい知的な怪物として描かれているのが、子ども時代のボクにはとても新鮮でした。

    さらに…。

    この映画がきっかけではないと思うのですが…。

    ボクは、子どもの頃、大きな怪獣や怪物が、住んでいた実家の道路に面した寝室をのぞき込んで、ボクを掴んで窓から引き出す…という悪夢(妄想)に苛まれていました。

    こんな具合に…

    Cyclops03.jpg

    真っ赤な夜。
    なぜか怪物達が来る時は、夜が真っ赤なのです…。

    こんな風に〝サイクロプス〟の単眼がじっとにらんで、寝室のボクを探す。

    ボクは必死になって、怪物からの死角にあたる窓の下の壁に張り付くように身を隠す。

    でも、この大きな眼からは逃れられず…。

    次の瞬間、一つ目が引っ込んだと思ったら、今度は大きな手が出てきて、
    とうとうボクは、怪物の手に掴まれて真っ赤な夜へ吸い込まれていく…。

    さて。

    レイ・ハリーハウゼンの作り出した魅力的な怪物達。

    子どもの頃は、ひたすらテレビで放映するのを待つしかありませんでした。

    最近では、平成21年のお正月にはCATVで3日連続で、シンドバッドシリーズ3作を放送して、息子と一緒に試聴することができました。

    今では、こうしてBlu-rayやDVDが発売されています。

    シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]シンドバッド 7回目の航海 [Blu-ray]
    (2011/10/05)
    カーウィン・マシューズ、キャスリン・グラント 他

    商品詳細を見る


    シンドバッド 黄金の航海 [DVD]シンドバッド 黄金の航海 [DVD]
    (2009/12/23)
    ジョン・フィリップ・ロー、キャロライン・マンロー 他

    商品詳細を見る


    シンドバッド 虎の目大冒険 [DVD]シンドバッド 虎の目大冒険 [DVD]
    (2009/12/23)
    タリン・パワー、パトリック・ウェイン 他

    商品詳細を見る


    つくづくいい時代になったと思います。

    なんて、ブログの記事を書いていると…。

    窓からの視線を感じます…。

    あっ

    Cyclops04.jpg

    一つ目小僧「おいらも単眼。お忘れなく」
    関連記事
    web拍手 by FC2

    ウルトラシリーズより ウルトラウーマンマリー【ウルトラの母】

    このところ季節ネタが続いていますが、今回、母の日に満を持して(?)、お届けするのは、〝ウルトラの母〟こと、ウルトラウーマンマリーです。

    ウルトラの母01

    まずはアップから。

    頭部のお下げ髪状のものは、〝銀十字勲章〟という勲章。
    ちなみに、赤くて小さな角は〝マザーレッド〟。アンテナのような役目をしています。

    ウルトラの母02

    続いて、マリーの技の一つ〝マザー光線〟。

    これは怪獣退治の必殺技ではなく、治療のための光線です。

    ウルトラの母03

    マント姿のマリー。
    このマントの製品名は〝PBM! ブラザーズマント〟。

    本来の〝ウルトラの母〟としてのマントは別形状のものなのですが、〝ウルトラウーマンマリーとしてのマント〟ということで見逃してください。

    けっこう決まっているでしょ…。




    では、ここで恒例(?)の〝おまけ劇場〟

    ウルトラの母04

    (浦野光さんの声で)
    「地球は狙われている。今、宇宙を漂う幾千の星から、恐るべき侵略の魔の手が…」




    ウルトラの母05

    数日前より地球では、宇宙からの不可思議な電波を捕らえていた。




    ウルトラの母06

    警戒を続けていたウルトラウーマンマリーの前に現れたものとは…。




    ウルトラの母07

    「ダッダー、ダッダー」

    そう、三面怪獣ダダ。




    ウルトラの母08

    「ダッダー、ダッダー」

    不気味な声を上げてせまってくるダダ。

    だが、ウルトラウーマンマリーもまけてはいない。

    ウルトラスラップをお見舞いだ!




    ウルトラの母09

    そんな時、宇宙からの怪電波により新宇宙線研究所に置かれたモニターが反応…。

    ダダ上司 「ダダ8817号。何をしている。早くウルトラウーマンマリーを標本として送るのだ」




    ウルトラの母10

    ダダ8817号 「ダメだ。ウルトラウーマンマリーは強い。特に〝ウルトラスラップ〟は強烈だ」




    ウルトラの母11

    ダダ上司 「繰り返す。早くウルトラウーマンマリーを標本として送るのだ…。至急送るのだ…。急げ!」




    ウルトラの母12

    追いつめられると、顔が変わってしまうダダ8817号であった…。

    【おしまい】




    今回の〝ウルトラウーマンマリー〟、〝三面怪獣ダダ〟どちらも、次の商品を使っています。

    Real Action Heroes ウルトラの母Real Action Heroes ウルトラの母
    (2010/04/30)
    Windows

    商品詳細を見る


    REAL ACTION HEROES ダダREAL ACTION HEROES ダダ
    (2004/09/10)
    メディコム・トイ

    商品詳細を見る


    今度はダダを主人公に写真を撮ってみようかな…。

    と、いいつつ、今回、ダダの写真の方が多かったりしてますが…。

    関連記事
    web拍手 by FC2

    「写真物語 公害怪獣 スモガ 大暴れの巻」

    <こどもの日を記念して>

    スモガs01




    それは、ある西風の強い夜のことでした。

    スモガs02

    夢美サンが、部屋でお気に入りの特撮テレビ番組「とびだせ!フィッシュマン」を見ています。




    スモガs03

    フィッシュマン
     「キングワルダー1世! 貴重なクニマスから手を離せ!!」


    すると…。




    スモガs04

    アナウンサー
     「『とびだせ!フィッシュマン』2時間スペシャルの途中ですが、ここで臨時ニュースをお伝えします。このところの強い西風の影響による大陸からの粒子状物質いわゆるPM2.5の大気中濃度の上昇に伴い、その行動が活発化していた公害怪獣スモガが、今夜19時35分頃、東京湾より上陸しました。現地より自衛隊の映像も交えて中継でお伝えします。」




    スモガs05

    レポーター
     「現場です。私の持っている簡易測定器でも粒子状物質いわゆるPM2.5の濃度はかなり高く表示されていて、呼吸も苦しい状態です。先ほど上陸した公害怪獣スモガは、ゆっくりとした歩みで内陸部へと進んでいます。近所で、もんじゃ焼き店を経営する男性は『いつまでこんなことが続くのか。大気には国境がなく早く手を打ってくれないと商売にも影響する』と困惑気味に語っていました。現在、こちらでは陸上自衛隊が展開を終え、迎撃命令を待っているところです。以上、現場でした。」




    スモガs06

    これは大変。

    夢美サンも、かねて用意の防毒面を装着し、万が一の事態に備えました。




    スモガs07

    公害怪獣スモガ…。

    かつては日本で暴れ回った怪獣で、このところその行動は落ち着きをみせていたのですが、大陸の環境悪化に伴いまた活動が活発になってきました。




    スモガs08

    「発射準備良シ」
    「目標!前方の怪獣、距離2000」

    自衛隊ロケット車(HQ 15V型)から2発のロケットミサイルがスモガめがけて飛んでいきます。






    スモガs09

    キシャーッ。

    ミサイルを難なく跳ね返したスモガは何かを見つけると不気味な叫び声を上げ進行速度を増していきました。

    スモガが向かった先は… そう〝おばけ煙突〟です。

    菱形のそれぞれの頂点にあたる位置に立てられた煙突が、見る場所によって、2~4本とおばけのように変化することから名付けられた〝おばけ煙突〟。

    ああっ、その1本が…。

    続いてもう1本。

    スモガのハサミは、〝おばけ煙突〟を容赦なく輪切りにしていきます。




    スモガs10

    キシャ、キシャ、キシャーーーッ!

    すべての煙突をたたき切ったスモガは、天に向かって大きな声で叫びました。




    スモガs11

    煙突からの煙は完全に止まりました…。

    勝ち誇ったように叫んだスモガは、西風に背中を押されるように、ゆっくりと海の方へ進んでいきます。

    行く手には巨大コンビナート施設。

    もう誰もスモガを止められません…。

    ≪おしまい≫




    〈おまけ図録-てってい解剖 これがスモガだ-〉

    スモガs12

    1.スモガ脳

    環境ホルモンの影響で肥大化した脳。
    他の公害怪獣より俊敏に動ける。

    2.スモガ眼

    1キロメートル先の針も見つけられる。

    3.スモガ口

    煙突から輩出される悪いガスを吸うためこのような形に進化した。
    噛む力はワニガメの100万倍だ。

    ≪おしまい≫

    ※この当ブログ内のスモガの設定、ストーリーはすべて黒江龍雄が勝手に妄想したもので、同製品の原作者さま、制作者さま、販売者さまのお考えや企画その他とは、一切関係ありません。ごめんなさい。




    メディコムの1/6計画より届いたターゲットアース製の〝公害怪獣スモガ」〟。
    その名称やかつてプラモデルの箱絵から「スモッグ」に縁のある怪獣であるということがわかります。

    そして、同社の公害怪獣シリーズの〝公害怪獣ギャオー〟につづく第2弾となっています。

    当初は第3弾である〝公害怪獣ヘドロ〟が到着したら、順次、ブログで紹介しようと思っていたのです。

    ところが、ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、先に紹介した〝黄金狼男〟とともに我が家に到着するや、もと怪獣少年の血が騒ぎ、袋を開けて遊んでしまいました。

    テレビ番組や映画に登場する怪獣も良いですが、オリジナルの怪獣もこのように、いろいろとお話を作って遊ぶことができるから楽しいですよね。

    ボクのこんなところは、こどもの頃と全く変わっておりません。

    ただ違うのは、今はデジカメがあり、PCがあり、ネットがあるので、こうして、こんな風に遊んだよ、ということをネット上に記憶しておけるので、それに見返す楽しみが加わったということでしょうか。

    昭和の時代に少年時代を送ったボクですから、当時の公害についてはある程度は見聞きしています。

    あの当時ことを思い出す時、オイルショック、超能力、パニック映画、ノストラダムスの予言、心霊写真などと一緒に、この公害のことも思い出されます。

    ただ今もその当時の公害に苦しむ方がいらっしゃることを考慮し、今回、特定の地名を挙げることはしませんでした。

    21世紀になった今。他国からのPM2.5に代表される汚染物質が我が国を襲おうとしています。

    人々の漠然とした恐怖や不安を顕在化して見せたのが妖怪や怪獣であるとするならば、まさにこのスモガにも今日的な意義があるのではないでしょうか。

    そんなわけで多少興奮気味に遊んでしまったスモガ。

    こどもの日にちなんで当時の少年向け雑誌特集記事風にフォトストーリーにしてみました。

    ゲストとして当ブログでおなじみの夢美ちゃんにも出て貰いました。

    テレビはリーメントのぷちサンプルシリーズ〝バクヤスデンキ〟より。
    これは発売から日が経っていますので、ちょっと古いタイプのテレビになっちゃったかも知れません。

    同じ写真にことなる画像を貼り付けてますが、この作業も楽しいものでした。

    特撮テレビ番組「とびだせ!フィッシュマン」のタイトルは東京12チャンネル(もうテレビ東京だったかな)で放映していた「とびだせ!つり仲間」のパクリ。

    また文中、スモガが壊したとする〝おばけ煙突〟。
    よくできているでしょう?ってボクが作ったものではないのですよ。

    なんだかわかりますか、実はこれを立てたものなのです。

    これが使えるってひらめいた時は、きっと〝おもちゃの神様〟が降りてきてくださった瞬間だと確信しています。

    オリジナル怪獣はこんな風にお話がいろいろふくらむから楽しいですね。

    そして、こんな本も発売されました。

    怪獣文藝 (幽ブックス)怪獣文藝 (幽ブックス)
    (2013/03/15)
    赤坂 憲雄、天野 行雄 他

    商品詳細を見る


    世はまさにオリジナル怪獣ブームなのか!!!

    ということで、時代の最先端をいく黒江龍雄でした。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    鮮血怪人 黄金狼男(メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    (宮口二郎サンの渋い声で)「ジュニア・ショッカーならびにジュニア・ショッカーになりそびれた大人の諸君。お待たせした。いよいよ私、黄金狼男の登場だ」

    黄金狼男01

    ゴールデンウィークに引っかけたわけではないのでしょうが、メディコムトイ東映レトロシリーズの黄金狼男が、平成25年のゴールデンウィーク後半4連休初日にイカデビルと共に届きました。

    黄金狼男02

    この黄金狼男は、ショッカーの大幹部の一人、ゾル大佐が変身した姿です。

    まずは、狼男らしく霧の中から登場…。

    でも、ライダーカード〈69 鮮血怪人狼男〉の説明によると「出身地 蒙古のこうや」となんですよね。

    続いて赤戦闘員を従えた大幹部らしいショット。

    黄金狼男03

    同じくライダーカード〈154 ショッカーの指令はこういう順序で〉には、首領-ゾル大佐-怪人-赤戦闘員-黒戦闘員と書かれています。
    ちなみにこのカート、写真の方は第32話の特写、ゾル大佐とドクダリアン、戦闘員の写真が使われてるかっこういいものです。

    ライダーカードはともかくとして、少し前の資料本には、「(実験用)狼男」の説明に「ゾル大佐が変身した姿」なんて書かれていて、ゾル大佐好きのボクは残念な思いをしました。

    そこで、今回、メディコムから「黄金狼男」が、この東映レトロシリーズのラインナップにあがった時は、たいへんうれしく思いました。

    いわゆるショッカー四大幹部、すなわちゾル大佐、死神博士、地獄大使、ブラック将軍の中で、ボクが一番好きなのがゾル大佐なんです。

    あまりに好きなので、学生時代に友達と撮影した自主制作映画「仮面ライダー」では、ボク自身がゾル大佐を演じたくらいです。

    いつも楽しんで遊んで撮影している当ブログですが、今回は、いつも以上にニコニコしながらやっております。

    黄金狼男04

    さて、こちらがその黄金狼男の顔のアップとなります。

    左の目に傷があるのは、変身前のゾル大佐が隻眼であるためで、おなじみ朝日ソノラマの「変身図鑑―3大ヒーロー世紀の対決」によると、右目は〈レーダーアイ〉「夜でもみえる」と書かれています。

    そういえば確かに、ゾル大佐が黄金狼男となるお話「仮面ライダー」第39話における「狼作戦」も夜でした…。

    また耳は〈超聴覚器〉、鼻は〈超臭覚器〉と目に関する記述もそうなんですが、ふくらませようのない記述となっているのが残念です…。

    ただ顔の中でもひときわ目立つこの大きな牙だけはちゃんと〈ストロング・トゥース〉「どんなものでもかみくだく また人間をオオカミ男にするビールスを注射する」という記述があります。

    そうです。この「ビールス」こそ恐怖の「ウルフビールス」で、これをまき散らすことで人間を狼男に変えてしまい、人間を労せずして支配するというものが、ゾル大佐自ら指揮する「狼作戦」なのです。

    お話の中での作戦は、仮面ライダーによって妨害され、この狼男も実験用ということで1体しか登場しませんでしたが、実際はこの画像のようになるはずだったのです…。

    黄金狼男05

    こんな映像、本編で見たかったなぁ…。

    ※写真手前の(実験用)狼男はユニファイブによる復刻版です。




    今回、撮影していて残念だったのがこちらの1枚。

    黄金狼男を撮影した有名な写真の一つに、〝黄金狼男が仮面ライダー2号の首を絞めている〟という1枚があります。

    それを再現しようしたのですが…。

    黄金狼男06

    どう見ても、黄金狼男とライダーが抱き合っているようにしか見えない写真になってしまいました…。

    その手のお話が好きな方にこの1枚を捧げます…。

    最後に今回、ライダーカードの記述でお世話になった書籍をご紹介します。

    仮面ライダーカード(日本文芸社)

    LET'S Go! ライダーカード」(東映作品研究会)

    どちらも労作すばらしい資料です。
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    下のリンクにある「Avanti!」というサイトのブログ版です。
    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ