web拍手 by FC2

    第9回「キャンディ・キャンディ・コレクション展 のお知らせ

    第9回「キャンディ・キャンディ・コレクション展

    1909613441_105.jpg

    会場 渋谷Liaison(リェゾン)。渋谷区宇田川町10-1パークビル4F。
        東急ハンズ先。ローソン斜め向かい。

    1909613441_135.jpg

    1909613441_125.jpg

    日時 8月20日~25日。昼の部・午後13時~18時。夜の部・18時~24時。
    (会場ヤフー検索「渋谷リエゾンカフェ」)

    今回のコレクション展のイメージ。

    ○スペース的に大量の展示はできないので、ジャンル代表で展示する。
    ○食事。キャンディとアルバートが食べた朝食の再現メニュー。
    ○書籍をじっくり読める。
    ○検定会は常時行い「認定証」の即時発行を行います。無料。相談、カンニング可です。
    ○すごろく大会では、景品を用意します。(対したものではありません)
    ○歌う会。音響設備あり。アニメソング全般歌いまくり出来ます。
    ○朗読会。自身の在る者無い者自由参加。台本を用意。単独、掛け合い出ます。
    ○紙芝居。保存会オリジナル。「縮話版」「お母さんは誰」「著作権の話」などを上演。
    ○仮装大会。衣装を用意して有りますが、着れない時はご容赦を。
    ○宣伝デモ。仮装して渋谷の街を行進。開店前や面子が揃った時などに行います。
    ○無料ソファー特等席。座るのは、運次第。早いもの勝ち。90cmキャンディを抱いてください。
    ○夜は、お酒も飲めます。(お酒飲む人歓迎。飲まれる人及び浴びる人退出ねがいます。)
    ○作品復活を願う寄せ書き。
    ○テーブルには、キャンディ・キャンディの敷物。食器は出来る限り食器コレクションを使います。




    コレクションで展覧会が開けるなんてすばらしいですよね。

    しかも、上に書かれているようにただの展覧会にとどまらない参加型のイベントなっているようです。

    キャンディ・ミルキィさん、盛会をお祈りしています。
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    大河ドラマ館-ハンサムウーマン八重と会津博-

    いよいよ息子の夏休みも終わりです。

    さて、当ブログでも、数回にわたって綴って参りました今年の父子旅行。

    今年は、息子の強い希望で会津となりました。

    それはもちろん、家族で毎週見ているドラマがNHK大河ドラマ「八重の桜」の影響なのですが。

    黒江家で毎週欠かさず見ている(再放送でない)ドラマというのは、実はそう多くなくて、
    たぶん、本作品がTBSのドラマ「SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」以来、
    2作品目ではないかと思います。

    ちなみに、ボクがよく、mixi内で取り上げている記載している「スパイ大作戦」は、
    毎日楽しみにしている再放送作品なので、上の作品にはあてはまりません・・・。

    そんなわけで、会津若松市にある大河ドラマ「八重の桜」に関する資料を集めた“大河ドラマ館”に行って参りました。

    doramakan01.jpg

    入り口では、アームストロング砲がお出迎えしてくれます。

    すぐ隣で記念写真も撮れますが、これは見学の一番最後がいいのかも。
    うちもそうしました。




    doramakan02.jpg

    大河ドラマ館に入ると、今度は綾瀬はるかサン扮する、八重のパネルがどーんと。

    “綾瀬はるかサンが、最新式の連発銃を手に、敵をやっつける”っていうお話がまさか
    大河ドラマで見られるとは・・・。

    「俺はこういうドラマがみたかったんだよ!!!」
    って感じですよ。

    このパネルには、綾瀬はるかサンのサインが入っていますが、わかりますか?




    doramakan03.jpg

    そして、これが、撮影で綾瀬はるかサンが使用したステージガン(アップ用?)。

    こちらにも、綾瀬はるかサンのサインが入ってます。

    ちなみに、重量は5キログラムあるそうで、そう思ってみると、上の写真の綾瀬はるかサンの二の腕が今までよりたくましく見えてきますね。

    また大河ドラマ館には、スペンサー銃の射撃コーナーもあります。

    いわゆるゲームセンターなどある光線式の射撃ゲームなのですが、ここで使われているスペンサー銃は約4キログラムあります。

    ボクも息子も体験しましたが、けっこう重く、的に当てるのは難しそうでした。

    僕たちが行った日は混雑しておらず、息子は1発目外してしまったので、2発目も挑戦させてもらいました。

    ボクは、なんとか1発で命中。

    ちなみに、的を外すと八重たんから、「よーく狙って撃ちなんしょ」と言われてしまいます。

    で、見事、的に命中させると「おらと一緒に、お城サ、行くべぇ」と言ってくれます。

    ボクもスペンサー銃もって、一緒にお城に行きたい!




    doramakan04.jpg

    で、こちらがドラマで使用した撮影資料の一部。

    右が、弟・三郎の軍服を改造した八重の装束。

    右が、黒木メイササン演ずる中野竹子の装束。

    1/6フィギュアサイズの衣装を作ってもらう時の参考にしようと撮影してきました。

    前に衣装をお願いしていたサイトさんがなくなってしまいましたので、
    現在、対応してくださるショップさんを探しております・・・。
    (自分で作れれば良いのですが、不器用なので・・・)




    doramakan05.jpg

    こちらは“四斤山砲”(左)と“12ドイム臼砲”(右)。

    “四斤山砲”は口径8.65ミリ、射程距離2600メートル。

    doramakan06.jpg

    これが、その弾薬箱。

    そういえば、この砲弾が、今はなき主に日本軍の軍装品を扱う入札専門誌「襤褸」に出ていましたなぁ。

    “12ドイム臼砲”の弾薬箱はこちら。

    doramakan07.jpg

    “12ドイム臼砲”のドイムとは、オランダの単位で1糎と同じ。
    なので、今風に言うと120ミリ迫撃砲ってイメージですから、重迫撃砲ということになりますね。
    最大射程は700mだそうです。

    ちなみに、この砲弾は日露戦争でも活躍したとのこと。

    ロシアだってやっつけちゃうこの砲弾を撃ち込まれたのでは、天下の名城・鶴ヶ城も持ちませんねぇ。




    これらは、大河ドラマ館の“鶴ヶ城・北出丸セット”に展示されていたもの。

    で、そこの片隅に、ひっそりと(?)置かれていた、会津藩が降参する前の晩、
    八重が詠んだ和歌を書いた壁のセットが置かれていました。

    doramakan08.jpg


    「明日の夜は 何國の誰か ながむらん なれし御城に 残す月影」




    さて、この大河ドラマ館、いちばんのおすすめが、この“鶴ヶ城・北出丸セット”のこの部分。

    doramakan09.jpg

    壁が、いかにもクロマキー合成風の緑色ということで気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、ここに立つと、ARという最新技術を使い、なんと戦場の映像の中に自分の姿が投影される仕組みとなっています。




    ということで、会津籠城戦に参加中の息子。

    doramakan10.jpg

    お城の崩れた壁から、新政府軍の様子をうかがっていますが、赤い帽子が目立っちゃいますねぇ。




    会津藩の戦いぶりは未来永劫、語り継がれていくと思いますが、大河ドラマ館の開館期間は、平成25年1月12日(土)~平成26年1月14日(火)となっています。

    君も会津へ急げ・・・。

    また、今回ご紹介した場所は、同館の中でも(当たり前ですが)写真撮影可のところだけです。

    ほかにもまだまだたくさんの見所があります。

    また、その限られた撮影可のコーナーの中でも、銃砲類に関する展示には、当ブログをご覧になっている皆様も目を見張るものが多いように思います。

    それは、特にNHK大河ドラマ「八重の桜」スタッフの皆様のご尽力の賜物だと思いますが、ボクは、スタッフの中でも特に“砲術指導”を担当されている“佐山二郎”氏の力によるものが多いのではと推察します。

    佐山二郎氏には、以前所属していた軍装の研究会で何度かお目にかかったことがあります。

    そんなご縁もあり、同氏の著作を紹介したいと思います。

    日本陸軍の傑作兵器駄作兵器―究極の武器徹底研究 (光人社NF文庫)日本陸軍の傑作兵器駄作兵器―究極の武器徹底研究 (光人社NF文庫)
    (2003/08)
    佐山 二郎

    商品詳細を見る


    やっぱり考証がしっかりしているドラマや映画は見ていて気持ちが良いですものね。

    で、最後に一言・・・。

    1/6 の 八重フィギュアが欲しいーっ。

    1/6サイズの 八重の衣装と装備と、綾瀬はるかヘッドが欲しい-っ。

    あっ、二言になっちゃた・・・。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    幕末ロック はぐれ牙【アルフレックス 時代劇侍シリーズ 戦国ロックはぐれ牙 冴・梶芽衣子】

    今年の夏の父子旅行は、大河ドラマ「八重の桜」前半の舞台、会津若松でした。

    新政府軍との間で籠城戦が行われた鶴ヶ城、白虎隊の悲劇でおなじみの飯盛山、
    会津武家屋敷、御薬園等と行った観光名所回ってきました。

    行く先々のお土産屋さんで、「八重たん ぬいぐるみ」を見るたびに、ああ1/6サイズの山本(川崎?)八重フィギュアが発売されていたらなぁ。

    なんて考えてました・・・。
    「八重たん」は、八重たんでかわいいのですが・・・ね。

    時代劇フィギュアと言えばアルフレックスさん。

    あの倒産していなかったら、きっと「アルフレックス 時代劇侍シリーズ 八重の桜 八重・綾瀬はるか」なんていうフィギュアを作ってくれたのでしょうね。

    よしんばそうなっていたとしても、綾瀬はるかサンの肖像権がネックになるのでしょうね・・・。

    そのようなことを思うにつけ、今回、撮影した「時代劇侍シリーズ 戦国ロックはぐれ牙 冴・梶芽衣子」は、よくぞ出してくれましたッてフィギュアです。

    発売は映画「キル・ビル」の公開と同じ平成15年10月。

    今からもう10年前になるのですね。
    でも、10年前のできごとなんて、ボクにとっては昨日できごとのようなもンですがね。

    ということで、黒江龍雄の妄想時代劇「幕末ロック はぐれ牙」第13話「哀しみの城に虚妄を撃て」のはじまりはじまり。

    と、言っても、フォトストーリーではなく、あくまでイメージですが・・・・

    kiba-a01.jpg

    治乱興亡百年の戦国時代
     命をかけた雇われ仕事を請け負う者を牙と呼んだ
     なかでも仲間を持たない孤独な牙を
     はぐれ牙といった・・・
     
     爾来、三百有余年、
     ここに、徳川幕府の威光衰え
     天下、麻のごとく乱れんとす
     そんな時、時代がはぐれ牙を呼んだ・・・





    kiba-a02.jpg

    時代も幕末の頃になりますと、いつまでも、鞭と横笛刀(小刀)だけというわけにもいきません。

    そこで今回、冴には“コルト M1851 ネイビー”という当時の最新式の拳銃を持たせてみました。

    最近の研究では、この“コルト M1851”を水戸藩でコピーした銃が、桜田門外の変で、時の大老、井伊直弼を撃ったとされています。

    そんな史実からも、梶芽衣子サンが使うのにふさわしいらしい“恨み”のこもった拳銃といえるでしょう。




    kiba-a03.jpg

    「今、城を出たら礼金を取りっぱぐれちまうからねぇ」

    ひょんなことから籠城戦に巻き込まれていく冴。

    「砲撃がやんだら、やってくるよ・・・」




    kiba-a04.jpg

    籠城戦には老若男女、問わずに参加・・・。

    あれッ? この人は・・・。




    やがて、刀折れ矢尽き、明治元年9月22日、鶴ヶ城、開城・・・。

    kiba-a05.jpg

    「斗いは、まだ終わっちゃいないよ」




    kiba-a06.jpg

    「わしゃ、もう戦さはこりごりじゃ」




    女をやめたい女をやめたい
    (2009/06/24)
    梶芽衣子

    商品詳細を見る


    てなわけで、梶芽衣子さん、25年ぶりの新曲。

    といっても、発売は4年前ですが・・・。

    そして、おなじみのこちら。

    修羅の花修羅の花
    (2003/12/17)
    梶芽衣子

    商品詳細を見る
    関連記事
    web拍手 by FC2

    官能小説・性ノンフィクションの書き方講座【H25年度版】

    サンケイスポーツによる「官能小説・性ノンフィクションの書き方講座」。

    ボクも毎年、参加しています、と胸を張って、言いたいところなのですが、
    行けない年もあり、皆勤賞ならぬ精勤賞くらいでがんばっております。

    今年の講師は、うかみ綾乃先生と、我らが睦月影郎先生でした。

    うかみ綾乃先生の新刊は、「聖娼の島 (廣済堂文庫)」。

    会場でちらっと表紙を拝見したのですが、ここでは表紙画像が紹介できなくて残念。
    どんな内容なのかとても楽しみです。

    睦月影郎先生の新刊はこちら。

    情欲夜曲 (徳間文庫)情欲夜曲 (徳間文庫)
    (2013/08/02)
    睦月影郎

    商品詳細を見る


    文芸評論家の永田守弘先生のお話もありました。

    永田先生の労作がこちら。

    官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)官能小説用語表現辞典 (ちくま文庫)
    (2006/10)
    永田 守弘

    商品詳細を見る


    同書は『官能小説バイブルともいわれている』とのことで、ボクもこれと前に発売されたマガジンハウス版と両方持ってます。

    また最近では、こちらも出されています。

    オノマトペは面白い ---官能小説の擬声語・擬態語辞典 (河出i文庫)オノマトペは面白い ---官能小説の擬声語・擬態語辞典 (河出i文庫)
    (2012/12/05)
    永田 守弘

    商品詳細を見る


    そして同講座、昨年の講師である蒼井凜花先生の2冊目の単行本も発売されています。

    愛欲の翼 (二見文庫)愛欲の翼 (二見文庫)
    (2013/06/26)
    蒼井 凜花

    商品詳細を見る


    蒼井凜花先生のCAものは本物です・・・。

    そして最後に、この講座に行けなかった人のために・・・。

    睦月先生による「秘 文章教室」はこちら。

    欲情の文法 (星海社新書)欲情の文法 (星海社新書)
    (2012/01/26)
    睦月 影郎

    商品詳細を見る


    やっぱり夏休みと言えば、本ですよね。

    暑いのが嫌いで、マリンスポーツにも、高校野球にも縁のない黒江龍雄でした・・・。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    87式偵察警戒車【UCC 「PANZER」監修 最強の陸自コレクション】

     6月の終わり頃?、息子と近所のコンビニに行って会計をする時に、レジのところに、迷彩色の小さな戦車がおいてあるのを見つけました。

     何だろうと思ってよく見ると、これでした・・・。

    87siki01.jpg

     これは、UCC上島珈琲の缶コーヒー“UCC THE DEEP BLACK無糖”に付いてくる(付いてきた)“「PANZER」監修 最強の陸自コレクション”というおまけなのです。

     自衛隊車両については、平成15年6月に発売された“ワールドタンクミュージアムSeries 04”のものが結構集まっていました。
     が、今回の“最強の陸自コレクション”には、そこにラインナップされていなかった“87式偵察警戒車”が、ありましたので、購入することにしました。

     最初にこれを見たお店では、“87式偵察警戒車”がおまけについている缶コーヒーが売り切れておりましたので、翌朝、出勤途上でコンピニに寄り、無事ゲットすることができました。
     戦闘車両は、同じものが何両かあると、何かと便利ですので、2つゲットしてしまいました・・・。
     
     そのお店のそばの人で、“87式偵察警戒車”が買えなかった人がいましたら、ゴメンナサイ。

     で、縮尺は明確にされていないようですが、ネットで検索したところ1/120ではないかということでした。

     ということで、なんとか1/144スケールや1/150スケールのプラモデル類、鉄道模型のNゲージとも、かろうじて組み合わせることができそうです。

    87siki02.jpg

     こんな感じで。

     装甲車と言えば、やっぱり“橋”ですよね。

     また、最近では、戦車に乗るのは、かわいい女の子ってことになっているそうなので、こちらも、こんなイメージショットを撮ってみました。

    87siki03.jpg

     そして、美人自衛官と言えば、なんと言っても、高坂ヨリさんですよね。
     雑誌「コンバットマガジン」にも彼女のコーナーがあったくらいの人気者でした。
     今は、どうしているかな、と思って調べたら、最近ではモデルさんの仕事をされているそうです。
     相変わらずきれい・・・。

     
    がんばれ女性自衛官―We love WAC!WAVE!WAF! (イカロスMOOK)がんばれ女性自衛官―We love WAC!WAVE!WAF! (イカロスMOOK)
    (2000/03)
    菊池 雅之

    商品詳細を見る
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ