web拍手 by FC2

    三船敏郎 (新選組 局長 近藤勇ver.)

    ここ最近読んだ本から、ああ、あのときの話はこういうことだったのか、と知らされることがありました。

    その一冊が、「ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)]で、もう1冊が「サムライ 評伝 三船敏郎」でした。

    特に「サムライ 評伝 三船敏郎」の方は昨年末に「文藝春秋」誌で読んで単行本をを楽しみにしていましたが、はたして年明けに入手し一気に読んでしまいました。

    そうか、アレはこういうことだったのか…、
    あのときは、こんな風だったんだ…、と思いながら。

    読み終えて、やはり“三船敏郎”は不世出のスターだったと再確認しました。

    mifune0209.jpg

    そんな興奮した気持ちの命ずるがままに、今回は三船敏郎サンを撮影してみました。




    mifune0202.jpg

    今回、撮影に用いたのはアルフレックスの時代劇シリーズの“新撰組局長 近藤勇 三船敏郎”です。

    発売は今から11年前の平成15年。

    フィギュアのモチーフはもちろん三船敏郎映画出演100本記念作品新選組」(昭和44年)




    mifune0203.jpg

    続いては、会津・鶴ヶ城の前に立つ近藤勇です。

    映画「新選組」撮影の時の三船敏郎サンは御年49歳。
    史実では近藤勇は33歳で横死しているので違和感があるとする方もいらっしゃるようです。

    ですので、思い切ってフィクションの世界に遊んでみました。

    会津戦争に参陣した近藤勇!

    ちなみに、時代劇では、それ相応のスター(映画によっては主人公の向こうをはる敵役)が演ずる近藤勇ですから、私には違和感がないどころか、剛毅木訥な感じがむしろはまり役のように思いました。

    (ちなみに三船敏郎サンは映画「赤毛」では官軍?も演じていますが)




    mifune0204.jpg

    一転、撮影の様子を見守る三船敏郎サン。

    台本の台詞はすべて覚えて、だれよりも早く撮影現場に入る。

    そんな豪放磊落と言ったイメージとは、少し異なる俳優・三船敏郎の横顔も、この「サムライ 評伝 三船敏郎」には書かれています。




    さらに、映画「新選組」の当時の宣材には、有名な武田薬品のアリナミンAの広告も載っていてうれしくなります。

    で、ボクの方はテレビコマーシャルに挑戦してみました。

    mifune0205.jpg

    「飲んでますか?」

    この一連のテレビコマーシャル、リアルタイムで見た記憶はないのですが、当時の画像(1:50ごろ)を見ると、後年、よく言われたり、真似されていたりするイメージよりもソフトな感じで「飲んでますか?」と言っているように思います。

    ところで、この映像。
    セーラー姿でちょっと危ない魅力の三船サンやセスナ機の操縦中に振り返る本当に危ない三船サン、クレー射撃用の銃を一瞬、こちらに向けるちょっと危ないかな?って感じの三船サンが出てきて楽しいですね。




    mifune0206.jpg

    気になる(ならない?)お薬は、といえば、こちら。

    リーメントの“ぷちサンプル”シリーズの“ぷちドラッグストア”より。

    その名も“大竹薬品株式会社”の“プチピタミンP”




    サムライ 評伝 三船敏郎サムライ 評伝 三船敏郎
    (2014/01/09)
    松田 美智子

    商品詳細を見る


    この本の刊行をきっかけにますます三船敏郎サンの再評価が進んで欲しいと思います。

    ボクの方もこんな感じでどんどん活躍してもらおうと思っていますので。

    mifune0208.jpg
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    CLARINET (ARMY ATTRACTIVE) 【ORIGINAL EFFECT】

    今年のおもちゃの初荷はこれでした…。

    “ORIGINAL EFFECT”製の“ARMY ATTRACTIVE”シリーズの第6弾“CLARINET”。

    CLARINET0101.jpg

    「ウ、ハハハハハハ。なんともいいねぇ」
    と、植木等サン。

    ちょっと大きめの箱にはセクシーなイラスト。

    この“ARMY ATTRACTIVE”シリーズは、マンガということらしいのですが、詳細はよくわかりません…。




    箱を開けると…。

    「う、ううん…」

    CLARINET0103.jpg

    と、悩ましい声を出しながら、こんな風に出てきます…(ウソ)

    CLARINET0102.jpg

    そして、立ち上がります(ウソ)

    「ここは、どこなのでしょう?」




    CLARINET0104.jpg

    「こんな時は、まず落ち着いて、まず持ち物を…」
    と、「ウルトラQ」の第7話「SOS富士山」に登場する金井大サン扮するおまわりさんみたいなことを言って持ち物を確認しています。

    「まず… Mini bible。あら、ちゃんと中身が印刷されている!
     それと、これは間接パーツ?
     私の写真が8枚載っているA4サイズのチラシと…
     裏にアメコミ調のマンガが描いてある箱絵イラストのポスターか…」
     
     ※トランクは付いていません。




    CLARINET0105.jpg

    「あまり役に立ちそうなものはないわねぇ…。
     ともかく、このあたりを一回りしてみましょう…」




    CLARINET0106.jpg

    CLARINETは廊下へと進んでいきます。

    CLARINET0107.jpg

    勝新
    「ん? 新入りか?」




    CLARINET0108.jpg

    「ここは、どこかしら?」

    CLARINET0109.jpg

    ゲッベルス大臣
    「よいしょッと…。
     ふむ、なかなか…」




    CLARINET0110.jpg

    「なんだか怖いわ…」

    と、そこへ

    CLARINET0111.jpg

    ビートルマン(一応、正義の味方)
    「おーい、きみ」

    どうやら、CLARINETは無事、黒江家のお人形達の仲間入りができたようです。




    と、そんな具合で?、新メンバーが加わりました。

    女性素体も今はいろいろ発売されています。

    それはそれでいいのですが、男性素体ほど服に互換性がないのが玉に瑕です…。

    ですのであまり増やさないようにしていて、この“ORIGINAL EFFECT”製の“ARMY ATTRACTIVE”シリーズも気にはなっていたのですが、スルーしてきました。

    が、昨年の秋頃、予約されていたこのCLARINETを見て、つい「注文する」ボタンをポチッとしてしてしまいました。

    何しろ、前から尼さんに弱いもので…。

    CLARINET0112.jpg

    いつかちゃんと撮影してみたいものです。

    で、修道女ものといえば、やはりこちら。

    聖獣学園 [DVD]聖獣学園 [DVD]
    (2003/10/21)
    多岐川裕美、山内えみこ 他

    商品詳細を見る


    今年はこの映画「聖獣学園」公開40周年なのです。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    モスクワ1941【モスクワ防衛戦】

    去年の夏くらいから、息子がずっと「Minecraft」なるゲームがしたいとずっと言ってました。

    で、ずっとYouTubeの実況動画を見てました。
    そのうち、飽きるだろうと思ってほおっておいたのですが、Minecraft熱が冷めないようなので、昨年末、息子の誕生祝いという形で、「Minecraft」と、それがプレイできる“Xbox360”というゲーム機を買ってあげました。

    わかってはいたことですが、リビングの大きなテレビを取られてしまったのです…。

    ゲーム機を買ったのだから、ボクもひとつゲームソフトを買おうということで、前から気になっていいた“Call of Duty”シリーズの一作で第2次世界大戦を舞台にした「コール オブ デューティ2」を購入しました。

    で、年明け、早速プレイしてみました。

    映像や音声が素晴らしくまるで映画の中にいるようです。

    が、臨場感ありすぎで、いろいろなことをしなくてはならず、ボタンがたくさんあるので、ボクはあまり上手にできません…。

    そこで、今回はお人形でその世界を再現してみることにしました。

    あくまでイメージですが…。

    ゲーム初期は、なんと主人公がロシア兵です。

    戦いの舞台は、ドイツ軍のモスクワ攻略戦、タイフーン作戦が頓挫しかかった頃…。

    41r0101.jpg

    この1941年はいつになく冬の訪れが早く、そのためドイツ軍は苦戦を強いられることとなりました。

    一方、スパイゾルゲの報告により、帝國に北進の意思なしと知った赤軍は満ソ国境から兵員をどしどしドイツ軍との戦いに送り込みました…。

    そんなところからゲームはスタートします。




    41r0102.jpg

    主人公の名前は“ヴァシリ・イワノビッチ・コスロフ”。

    なので、もう一人の“ヴァシリ”、すなわち、2001年の映画「スターリングラード」の主人公のモデルになった“ヴァシリ・グリゴーリエヴィチ・ザイツェフ”に出演してもらいました。




    41r0103.jpg

    このゲームの冒頭、練習モードみたいなのがあって、政治局員に怒鳴られながら、各種の訓練をします。

    また武器も最初の写真のように“モシン・ナガンM1891/30”を使ったり、こちらの写真のように“PPSh-41”を使用することもできます。

    また仲間が残した武器や落ちているドイツ軍の武器をXボタンを使って拾って使用することもできます。




    41r0104.jpg

    “仲間の形見のPPSh-41を持って突撃”の図。




    41r0105.jpg

    半ば廃墟と化したビルからビルへと移り市街戦を展開するのですが、ダンジョンものゲームの苦手なボクは、「あれ、ここ前に来た?」、「な、ん、で、前に進めな…、あっ、Aボタンでジャンプか…」なんてやっているので、よくドイツ兵に殺されてしまいます。

    結論、最近のゲームは、すごくリアルだけど、すごくむずかしい…。




    41r0106.jpg

    「さて、皆さん、こちらをご覧ください。これがなんだかおわかりになりますか?」




    41r0107.jpg

    牧史郎(SRI所属)

    「これは昭和52年(1977年)10月にエポック社から発売された家庭用テレビゲーム機“システム10”です。

    “システム10”は、その名の通り、ピンポン、ワンマンゲーム、テニス(シングルス)、テニス(ダブルス)、ボレーテニス、ハンディキャップテニス、サッカー、ハンディキャップサッカー、フリーライフル、そしてクレー射撃という10種類のゲームが家庭のテレビで楽しめるという当時しては画期的なゲーム機なのです。

    これを黒江くんは11歳の誕生日プレゼントとして、父親から買ってもっているのです」




    41r0108.jpg

    ジュード・ロウ

    「さすが日本だ…。と、これは…」




    41r0109.jpg

    「おお、このモーゼル大型自動拳銃なんて木製ストックまでついていてすごくリアルですね」




    牧史郎(SRI所属)

    「そう、拳銃はね…。でも画面はこんな感じ…」

    41r0110.jpg

    「この白い的を撃つんだよ…」


    ジュード・ロウ

    「なるほど…。これでガスパヂーン黒江が、かのゲームがへったくそな理由がわかった気がします…」




    で、今回、ボクがなりたくもない連合軍兵士になって苦戦しているゲームがこちら…。

    Call of Duty2Call of Duty2
    (2006/06/15)
    Xbox 360

    商品詳細を見る


    DVDがついていたので、外国版のを買ってしまいました・・・。

    ちなみに、今日はボクの誕生日でした。

    「システム10を買ってくれた天国のお父さん、ありがとうございました。今は息子とゲームを楽しんでいます」
    関連記事
    web拍手 by FC2

    第10回キャンディ・キャンディ・コレクション展&少女漫画懸想  のお知らせ

    第10回キャンディ・キャンディ・コレクション展&少女漫画懸想 共同展のお知らせ

    KM10-1.jpg

    「開催にあたって


    名作漫画「キャンディ・キャンディ」の復活を願って開催を続けてまいりました
    コレクション展も、今回で10回目を迎えます。

    著作権問題で、 読者は作品を読めなくなったという事に、 一人の読者として
    何とも納得が行かない。 何とか復活して欲しい。その為の英知を集める事が
    できたら… そういう想いを込めて展示会を開催しています。

    その為の声の発信としてのコレクション展です。 その歩は、 少しづつですが
    歩数を増やしてきました。 今迄に 約3千人に観覧して戴きました。 新聞や
    テレビ、ラジオでも紹介して戴き、多くの人々にこの活動を知って戴けました。
    将来は、常設の展示場として「キャンディ・キャンディ博物館」の設立を目指し
    ています。 しかしまだまだ、先が見える状況ではありません。それでも、声を
    発し続けて行こうとおもっています。

    何時の日か、 必ずや社会を動かす大きな声になるのだと信じています。

    作品を読んでみたい、 また、お茶を飲みながら、 お菓子を食べながら、 語り
    会い、 ひと時を過ごしていただける、そんな展示会です。

    展示会の開催にあたり、 女性漫画家4名様のお力もお借りする事が出来、
    共同展示として「少女漫画懸想展」も開催して戴ただけることになりました。

    10回記念開催にふさわしい展示会となります。 コレクション達も皆様とお話
    がしたいようです。御来場を心よりお待しております。

    キャンディ・キャンディ保存会」

    KM10-2.jpg

    開催日 2014年2月11日(火曜日・祝日)~17日(月曜日)
    時 間 13時~21時 (17日最終日は19時迄)
    会 場 元麻布ギャラリー 03-3796-5567
        東京都港区元麻布3-12-3地下1階
        大江戸線・南北線「麻布十番」駅下車徒歩7分
        暗闇坂 オーストリア大使館向かい

    KM10-3.jpg




    主催のキャンディ・ミルキィさんとは、もう20年近くのお付き合いになろうかと思います。

    まさに情熱の人…。

    そして今回は、とやまみーや先生をはじめとした方々の「少女漫画懸想」展もあり、会の成功を願ってやみません。

    関連記事
    web拍手 by FC2

    「幻翼の零戦」

    新春の黒江家。

    懐かしのメロディが聞こえて参ります。

    reisen01.jpg

    「♪ 見よ あの空に~ 遠く光るもの~ 」

    その歌声の主は…

    reisen02.jpg

    「はじめまして、鞘香といいます」

    「え、どうしてその歌を歌っていたのか? ですって?」

    reisen03.jpg

    「実は…、このお正月休みに、この本を読んでいたのです」

    幻翼の零戦 (コスミック文庫)幻翼の零戦 (コスミック文庫)
    (2013/12/06)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「現代にあの帝国海軍の名機、零戦(レイセン)が蘇るなんて素敵でしょう」

    「実はこの本も約7年ぶりに蘇ったの」

    「前の版はこちら…、読み比べるのも良いかも」

    奇蹟の幻翼―200X年、零戦出撃! (歴史群像新書)奇蹟の幻翼―200X年、零戦出撃! (歴史群像新書)
    (2006/09)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「で、さらに、この本の前の版がこちら」

    reisen12.jpg
    復讐―殺人ゲーム (ワニ・ノベルス)

    「プラモデルの箱絵でおなじみの高荷義之先生の表紙絵も素敵ですね」

    「えっ、もっと読みたい、ですって」

    「では続けてどうぞ…」

    reisen13.jpg
    超戦車イカヅチ前進せよ!! (ケイブンシャノベルスVシリーズ)

    「そして、上の『超戦車イカヅチ前進せよ!! 』の新装版がこちら」

    鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)
    (2005/06)
    奈良谷 隆

    商品詳細を見る


    「そして、ええと…」

    reisen05.jpg

    鞘香ちゃん、なにやら、見慣れぬ機械を操作しております…。

    「ええと、歴史群像新書シリーズの2冊、「奇蹟の幻翼 200x年零戦出撃! (歴史群像新書)」、「鋼鉄の雷鳴 (歴史群像新書)」はKindle版になっております」

    reisen06.jpg

    「と、いうことで、まだまだ寒い日、暖かいおうちで、奈良谷隆先生作品を楽しんでみてくださいね」




    〈おまけトリビア〉

    今回、1枚目の写真に使用した“ツバメ玩具製作所のツバメグライダー”風の“組み立て飛行機”。

    これは株式会社ユージンのカプセルトイ“あの日の駄菓子屋さんのおもちゃ”の一つ“組み立て飛行機”。

    よく見ると尾翼に「61-120」の機体番号が見えますね。

    reisen09.jpg

    実はこの機体、零戦だとすると、どうも米国の“Planes of Fame Air Museum”にある、世界で唯一、当時の栄二一型エンジンが搭載されていて飛行可能な機体をモデルにしているようなのです。

    たまたまこのおもちゃをデザインした人が参考にした画像がこの61-120を尾翼につけた機体の画像だったのか、
    はたまた飛行可能な尾翼番号61-120機と知っていてこの番号としたのか、
    もしかして全くの偶然なのか…。

    たぶん永遠の謎です…。

    ちなみに、黄色の帯の「く」の字を逆にしたような標識は指揮官機の標識を模したものと思われます。

    参考文献:「航空ファン別冊No.42 日本陸海軍機 カラー&マーキング
    関連記事
    web拍手 by FC2

    「連続テレビ映画 月光仮面」より 月光仮面【午年ver】

    月光仮面01

    「あけましておめでとうございます。
     新しい年が皆様にとって、そして日本にとって
     本当に良い年になりますよう
     お祈り申し上げます
     そして、今年も当ブログをよろしくお願いいたします。
     月に代わって、イヤ失礼しました
     管理人に代わってお願い申し上げます」




    午年に因んで月光仮面のおじさんに馬に乗っていただきました。

    月光仮面なら“今日も走らすオートバイ”(「月光仮面はだれでしょう」より)でおなじみ、白いオートバイでしょと思われるかもしれませんが、実は馬にも乗っています。

    それは「第2部 バラダイ王国の秘宝編」。
    サタンの爪一味を追って旧バラダイ王国に飛んだ月光仮面が白馬に乗って颯爽と登場するシーンがあるのです。

    そんなところから、新年早々、当ブログにおいても馬に乗ってもらいました。

    月光仮面02

    使用したのはマーミットより発売された「月光仮面」。

    原作者の川内康範先生によると、「月光仮面」というキャラクターを創造するにあたり、その材を「月光菩薩」から取ったということで、こうしてみると、その出自にふさわしく美しい姿だなって感じます。




    そんなわけで、川内康範先生は「生涯助ッ人」、月光仮面は「生涯ヒーロー」。

    当ブログで鮮やかに蘇る(?)「月光仮面」の世界をお楽しみください。

    月光仮面03

    「前回の続き
     我が国の特定秘密を嗅ぎ回る国際諜報団のしっぽを掴まんと奔走する月光仮面…」




    月光仮面04

    「アッ、月光のおじさん…」

    同じく国際諜報団を追っていた警視庁の笹本絵里刑事が声をかけた。




    月光仮面05

    「これは、笹本くん…」




    月光仮面06

    「月光仮面さん、特定秘密保護法も成立したことですし、
     ここは、私たち警察にお任せください」




    月光仮面07

    「笹本くん…

     もとより警察には期待している。
     しかし法律があるからといって我が国の平和と安全、そして国権の維持が無条件に保証されるわけではない。
     これから先、国際諜報団の暗躍はますます広がるだろうし、
     敵性国家との宣伝戦、心理戦、経済戦も激しくなるだろう…。

     本当の平和が来る日まで、私は闇夜を照らす月でありつづけたい」




    月光仮面08

    「憎むな、殺すな、真贋 糺すべし」




    不滅の輝き月光仮面。

    この月光仮面は“レトロヒーロー”というくくりで扱われることも多いのですが、
    本編そのものや関連作品を見直してみると、やはり我が国のヒーロー像の原型の一つだけあって
    その魅力は、私たちを惹きつけてやまないものがあります。

    新しい年も月光仮面の心、それは原作者の川内康範先生の心でもあろうかと思いますが、
    を胸に生きていきたいと思う黒江龍雄でした。

    そんな「月光仮面」の舞台裏の一生懸命さを描いたのがこちら。

    「月光仮面」を創った男たち (平凡社新書)「月光仮面」を創った男たち (平凡社新書)
    (2008/09)
    樋口 尚文

    商品詳細を見る


    ほら、またあの主題歌が聞こえてきます。
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ