web拍手 by FC2

    水師営【日露戦争】

    今年、平成27年(西暦2015年)は日露戦争の勝利から110年目となります。

    そこで折に触れて、かつて行った旅順・大連で撮影した写真を公開していきたいと思っています。

    第1回目の今回は旅順開城110周年を記念して“水師営”の様子をご紹介したいと思います。

    その前に、まずはこちら“二百三高地”から。

    水師営01

    日清戦争の勝利で、わが領土となった遼東半島。
    ところが不凍港そしてアジアへの進出を虎視眈々と狙っていた帝政ロシアは、フランスとドイツを誘って、遼東半島を日本が手中に収めることは、東洋平和に害がある、我が国に対し、いわゆる“三国干渉”を行ってきます。

    当時の日本は、ロシア、フランス、ドイツを向こうに回しての戦争はできず、やむなく、この“三国干渉”を受け入れ、遼東半島を手放します。

    ところが、ロシアはその遼東半島を租借地とし、旅順の名ををロシア語の“ダルニー”に改め、ここに東洋一と言われる一大要塞を建設します。
    さらに、その旅順港を根拠地とした太平洋艦隊(旅順艦隊)を編成し、我が国をますます圧迫してきます。

    加えて義和団事件が起こると、そのどさくさに紛れて満州にどしどし兵力を送り、他方、シベリア鉄道の複線化をはかり、満州、朝鮮そして我が国の独立をも脅かそうとしていました。

    このような経緯の中、やむなく我が国はロシアの野望を粉砕し東洋の安定を図るため、ロシアと干戈を交えるに至りました。

    大陸での作戦を続行するには“陛下の浴槽”日本海の制海権を維持し、兵員・物資を安全に大陸に輸送しなければならないのですが、ロシアは旅順艦隊と浦塩艦隊と使って日本の輸送船を襲ってきました。

    そうはさせじと帝国聯合艦隊は浦塩艦隊と旅順艦隊をたたきます。
    浦塩艦隊は蔚山沖海戦で撃滅させますが、黄海海戦で撃ち漏らした旅順艦隊の方は、この黄海海戦以降、湾内深く潜んで、艦隊決戦に応じようとしません。

    そんな中、劣勢を挽回するべくロシアはバルチック艦隊と黒海艦隊を太平洋に差し向けてきました。

    いかに帝国聯合艦隊が優れているとは言え、このような大艦隊を前に二正面作戦ができるはずもなく、陸軍がその背後から旅順艦隊を叩くことなりました…。旅順要塞を陥落させて…。

    ここで日露両軍により歴史に名高い“旅順攻城戦”が行われることになります。

    そして、その“旅順攻防戦”における最大の激戦地と言われているのが、この写真にある海抜203メートルの高地、“二百三高地”でした。




    水師営02

    「鐵血 山を覆ひ 山形改まる」
    乃木大将がこう詩に詠まれ、日露両軍の兵士の亡骸で埋まったその斜面は、今ではこうして楽に登ることができます。




    水師営03

    その“二百三高地”の頂に今も残る忠魂碑。

    大将・乃木希典将軍により“二百三高地”は爾の御霊の山、かなわち“爾霊山”と呼ばれるようになります。




    その“爾霊山”から旅順港を見下ろすと…。

    水師営04

    ここからの観測による“二十八糎砲”の射撃により、旅順艦隊は全滅し、聯合艦隊は後顧の憂いなく補給、修理を行うことができ、世界戦史にその類を見ない、“日本海海戦”の大勝利へと繋がっていくわけです。

    ※現在では旅順艦隊の全滅と二百三高地の観測地点奪取との直接の因果関係は否定されているものの現地に立って見下ろせば、彼我の優位の差は歴然で、ロシア海軍における旅順港の価値はなくなったと言っても良いでしょう。




    そして1905年1月1日16時。
    ロシア関東軍司令官、ステッセルはここに、我が乃木第3軍に和を乞い、旅順要塞を開城することとなりました。

    そして日露両将の会見の場所が、この水師営(もともとは清国の海軍、根拠地の意)です。

    水師営05

    歌人・佐佐木信綱による唱歌「水師営の会見」や修身の教科書でも広く人口に膾炙した有名な会見です。




    その唱歌「水師営の会見」の2番『庭に一本なつめの木 弾丸あとも いちぢるく』と歌われている“ナツメの木”

    水師営06

    この写真の木は、当時の木ではなく、この水師営会見場を整備するにあたり新しく植えられたものだそうです。




    やはり唱歌「水師営の会見」の2番『くずれ残れる民屋に いまぞ相見る二将軍』と歌われているその農家。
    一説には野戦包帯所だったとも言われています。

    水師営07

    この会見時、 明治大帝の聖旨により、今は敗軍の将となった敵将ステッセルとその幕僚には帯剣と勲章の着用が許されています。

    会見の中、ステッセル将軍は姿勢を正すと、乃木将軍に「この方面の戦闘でお二人のお子さんが戦死されたと伺いました」と哀悼の意を表します。

    それに対し乃木将軍は「二人のわが子はそれぞれに死所を得たと喜んでいます。これこそ武門も面目です」と力強く答えますが、心中はいかばかりだったでしょう。




    会見場は決して広い場所ではありません。

    そして歌詞にもあるように彼我の砲撃に曝され崩れ残った粗末な民家です。
    穴の空いた壁は応急処置として新聞紙で覆われていました。
    会見前にそれを見た乃木将軍は、我が軍の勝利が報じられている新聞をロシア軍に見せるのに忍びずとして白い布で覆わせたと伝えられており、その白布も再現されています。

    水師営08

    この会見に先立ち、アメリカの映画技師が、勝者である乃木将軍と敗者のステッセルの記録を撮らせて欲しいと申し出ます。

    ところが乃木将軍はこれを制し、会見終了後には敵も味方もなくなる、全員軍人として同列になったところなら1枚だけ写真を撮っても良い、と告げます。

    その写真が「会見場」と書かれた木札の上の写真です。




    奇しくも今年は先の大戦が終了して70周年となります。

    70年前の夏、我が国はソビエトロシアの条約違反とアメリカの原子爆弾と焼夷弾による非人道的行為によりポツダム宣言を受諾することとなりましたが、果たして相手の国に、この“水師営の会見”の際の 明治大帝や乃木将軍のような識見が少しでもあったでしょうか。




    水師営09

    明治大帝 御製 「よもの海 みなはらからと思ふ世に など波風のたちさわぐらむ」




    記念すべき年。一億全国民必見の名画はこちら

    明治天皇と日露大戦争 [DVD]明治天皇と日露大戦争 [DVD]
    (2000/08/25)
    嵐寛寿郎、藤田進 他

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 歴史雑学
    ジャンル : 学問・文化・芸術

    web拍手 by FC2

    大怪獣ガメラ【日東(マルサン復刻版)】

    去年は日本が世界に誇る怪獣王・ゴジラ生誕60周年と言うことで、日本映画専門チャンネルで特集が組まれる等、1年間楽しく過ごすことができました。

    さて今年は…というと、今年はやはり日本が世界に誇る大怪獣・ガメラ生誕50周年となります。が、今のところ日本映画専門チャンネルで「総力特集・ガメラ」は組まれていないので、当ブログ「ブログで『Avanti!』」で、総力特集をやっちゃおうと思ってます。

    その第一弾がこちら…。

    日東ガメラ復刻01

    平成10年に発売された日東(日東化学教材)第1期ガメラのマルサン復刻版です。 




    日東ガメラ復刻02

    タグはこんな感じになっています。

    同時期には、ガメラの怪獣“バルゴン”と日活の怪獣“ガッパ”が復刻されていました。




    日東ガメラ復刻03

    第1期は緑の体に腹部が白、甲羅の部分が紫というカラーリングとなっています。

    日東のガメラというと、ブロともの南樽太郎氏が子どもの頃から大切にしている緑の体にオレンジという第2期のカラーリングのガメラが印象に残っていますが、、こちらが第1期だったのですね。




    ボクが子どもの頃、よく行っていた場所の一つに前橋市児童文化センターという施設があります。

    最近、改修されて当時の面影はなくなってしまいましたが、ボク達が遊びに行っていた頃の施設は、展示室に手作り感たっぷりのミニチュアの町並みがガラスケースの中に飾られていて、そのガラスケースの上に1メートルくらいの発泡スチロールで作られたゴジラとガメラの置物?が並べて飾られていました。

    そうしてそれを眺めながら、戦うことのなかったゴジラとガメラに思いをはせていました。

    ゴジラとガメラについてもう一つ思い出されるのは、テレビでの放映の機会です。

    ボクの家に家庭用ビデオデッキが来るのは今から30年前、高校2年生の時でした。

    ま、いつものごとく、おばあちゃんにねだって買ってもらったわけなのですが…。

    それ以前は見たい映画があってもひたすらテレビで放映するのを待たねばなりませんでした…。

    そんな中、ゴジラシリーズに比べるとガメラシリーズの方が、ずっとテレビ放映の回数が多かったことは当時、子供だった方はそのような感想をお持ちなのではないでしょうか。

    そのようなことも“子供の味方”という設定とも相まって、ガメラに親しみを感じる大きな要素だったと思います。

    ただそうして繰り返し放映される中にも第1作の「大怪獣ガメラ」が放映される機会はほとんど無かったように記憶しています。
    やはりモノクロ作品だったからでしょうか。

    日東ガメラ復刻04

    映画「大怪獣ガメラ」では、北極の氷の中からこんな感じで登場してましたよね。




    北極から北海道、そして東京へ…ガメラの進撃は続く。

    日東ガメラ復刻05

    甲羅の部分はこんな感じです。




    ガメラの前に現れたのは!

    日東ガメラ復刻06

    そうです。ヤモマークさんのナスラです。




    果たしてガメラ勝つか!ナスラ勝つか!

    日東ガメラ復刻07




    「オラとこのカメもでっかくなるだべか…」

    日東ガメラ復刻08

    最後は映画「大怪獣ガメラ」で、空飛ぶガメラを見た左卜全サンに締めてもらいました。




    そんなわけで、ボクは今回もガメラを片手に新年の自宅で楽しく遊んで撮影していました。
    が、映画「大怪獣ガメラ」の監督、湯浅憲明監督の当時の苦労は並大抵ではなかったことでしょう。

    そんなお話が唐沢俊一先生によってまとめられているのがこちら。

    ガメラ創世記 -映画監督・湯浅憲明-ガメラ創世記 -映画監督・湯浅憲明-
    (2006/04/14)
    唐沢 俊一

    商品詳細を見る
    関連記事

    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    web拍手 by FC2

    志村 喬【生誕百十周年記念ver】

    志村喬0101

    「あけましておめでとうございます。
     旧年中は当ブログをご愛顧いただき誠にありがとうございました。
     本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
     皆様のご健康とご多幸、そして趣味の充実を心よりお祈り申し上げます。」




    と、新年のあいさつをして下さったのは、今年生誕110周年を迎える名優・志村喬サン。

    志村喬サンは当ブログは初登場ながら、時代劇は言うに及ばず、戦争映画、怪獣映画をはじめ邦画全般に大活躍された俳優さんであります。

    志村喬0102

    「ささ、そう固くならんでも…。新年を祝って、ま、一杯いこう」




    「そうか、儂の生誕110周年も祝ってくれるのか、そりゃどうもありがとう」

    志村喬0103

    「ん?これかね。
     これは、儂の故郷、兵庫県は“神戸酒心館”の“超特撰純米酒 福寿”
     新年にふさわしかろうと思うてな、わざわざ黒江くんに用意してもらったよ。」




    「ほれ、キミ、こっちにも箸を伸ばして」

    志村喬0104

    「こちらも新年らしく“明石鯛の造り”じゃよ。」




    「ん?、君も鯛好きじゃろう?
     若いんだから遠慮なんかしちゃいかん…」

    志村喬0105

    「いゃぁ、いかん。
     ついつい酒と食い物の話に夢中になってしまった。
     とまぁ、そんなわけだが、今年もこのブログに遊びに来てやってくれたまえよ」

    志村喬サン、ありがとうございました。
    そんなわけで、皆様、今年もどうぞよろしくお願いします。




    実は志村喬サンの写真を撮るのは今回で2回目。

    前回は平成16年に行われた“株式会社アルフレックス”主催の「第1回 時代劇フォトコンテスト」に向けて撮影しました。
    この作品は、賞に選ばれなかったものの同時に応募した“はぐれ牙 梶芽衣子”サンの写真で優勝をいただました。

    で、その時の写真が。
    映画「七人の侍」がモチーフとなので、敢えてモノクロフィルムで撮影してみました。

    志村喬0106
    ※今回のブログ掲載にあたり、当時撮影した写真をスキャンした後に画像加工しました。




    では、最後に志村喬サンの評伝をご紹介します。

    男ありて―志村喬の世界男ありて―志村喬の世界
    (1994/02)
    澤地 久枝

    商品詳細を見る


    現在絶版なのが残念。

    ※この本の中の“志村喬 フィルモグラフィ”の中に映画「日本のいちばん長い日」の写真として収められている参謀肩章吊った軍服姿(参謀総長・梅津美治郎大将役?)が載っています。
     本編で志村喬サンは“下村宏 情報局総裁”を演じていますので、こちらは貴重な1枚かもしれませんね。
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ