web拍手 by FC2

    陸上自衛隊広報センター-りっくんランド-

    年度末で仕事も一段落したことから、お休みをいただいて息子と義父母と“陸上自衛隊広報センター-りっくんランド-”へ行ってきました。

    りっくんランド01

    幸い良い天気に恵まれ、同センターへの来館者数もそれほど多くなかったので、ゆっくりと見ることができました。




    まず同センター2階の学習・研修フロアーから。

    りっくんランド02

    「陸上自衛隊のあゆみ・遺産」と名付けられた展示ゾーンでは1/6サイズ?の制服を着た人形に目を奪われてしまいました。哀しき人形者の性であります。

    こちらは“陸上自衛隊の前身”“警察予備隊”の冬制服。

    りっくんランド03

    このような形で陸上自衛隊の歴史や活動の様子がわかるようになっています。




    回廊を巡って1階へ。

    りっくんランド04

    1階展示ゾーンの中央に位置する“AH-1S 対戦車ヘリコプター”

    またこの展示ゾーン内には、同機による飛行・攻撃が体験できる“フライトシミュレーター”もあります。

    颯爽と乗り込んだ“AH-1S 対戦車ヘリコプター”が、敵戦車に向かい勇猛果敢なる空中突撃を敢行。

    「しめたぞ 敵の戦車群 待てと矢を射る 急降下 煙る火達磨 あとにして 悠々還る飛行基地」

    の歌のまま敵戦車を撃破し帰還するというまさに“平成版 空の勇士”体験。

    ボクは息子と、義父母は夫婦で皇土を侵す敵タンクをやっつけてまいりました。

    2階からの階段を降りたところに鎮座する“90式戦車(試作車)”

    りっくんランド06

    120ミリの主砲は大迫力。
    でも“ヤクートタイガー”の主砲は128ミリだから、これよりすごいのかな?とふっと思ってしまう元MM小僧のボク。
    ※MMとは“田宮模型”が発売している1/35サイズの戦車や兵隊さんのプラモデルシリーズであるミリタリーミニチュアシリーズを指します。




    1階の展示ゾーン。

    りっくんランド05

    各種装備の展示があります。

    装備体験コーナーでは鉄兜や防弾チョッキ、背嚢などを着用することができます。

    息子は12キログラムもある背嚢を背負ったり、防弾チョッキの着用に挑戦してましたが、ボクはぎっくり腰になってもイケナイのでやめときました。

    ボクももう“第二国民兵役”で引っ張られる年でもないからいいでしょう。

    同センター内では自衛隊の戦闘服?の貸し出しもしていて1時間に限り同センターの建物内で着用することが出ます。
    なので息子と義父(!)も着用してセンター内を見学。

    りっくんランド07

    そんなわけで戦闘服を着用して“コマンド適正テスト”を受ける息子。

    りっくんランド08

    こちらは各種ミニチュア。

    自衛隊のプラ模型が欲しくなりました。




    館外にある“地下戦闘指揮所”

    りっくんランド09

    何でも聯隊規模の指揮を執る場所とのことでした。

    息子は「『スパイ大作戦』にこんなの出てきたね」と言ってました。
    第2シーズンの「焼土作戦」のことだそうです。




    イベント広場

    ここに各種車両が展示されています。

    せっかくなので端から画像でご紹介。

    りっくんランド10

    まずは“我が軍”最新鋭の“10式戦車(試作1号車)”。

    怪獣バラエティ番組「ウルトラゾーン」の特撮ドラマの1作「最後の攻撃命令」では、突如飛来?した宇宙ロボット“キングジョー”迎撃作戦に参加していたのが印象的な最新鋭の戦車。

    鋭角で構成された砲塔が何とも新しい世紀の鉄獅子って感じですね。




    りっくんランド11

    続いて“74式戦車”。

    隣に並んだの弟分10式戦車に比べると小さい感じがしてしまいますがボクの少年時代では最新鋭の戦車でした。

    この74式戦車の前の61式戦車の無骨なシルエットに比べて、避弾性能の良さそうななめらかな砲塔に代表されるデザインは、北海道に押し寄せてくる赤いダンゴムシことソビエットの戦車を迎え撃ってくれるだろうという頼もしさを感じたものでした。




    りっくんランド12

    車体前面の日の丸も美しい“96式装輪装甲車(試作車)”

    道路を走るのことが可能で東日本大震災の際にも出動し救助、支援に活躍していた姿が印象的でした。




    りっくんランド13

    “89式装甲戦闘車”

    車体が大きいので20ミリ機関砲かなと思ったら、35ミリ機関砲なのですね。

    豆タンクのように使用するのかと思いきや、兵員輸送車として乗務員3名に加えて兵隊さん7名が搭乗可能とのこと。

    御嶽山の噴火の際にも出動した有用性の高い車両なのに国内に68両しかないとは、ちと残念。




    りっくんランド14

    櫻の木の下の“87式自走高射機関砲(試作車)”

    子どもの頃、田宮模型より1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ ゲパルトが発売されていたこともあり、この“87式自走高射機関砲”の写真を見たときは、「ゲパルト戦車みたい」と思ったことを憶えています。

    櫻が満開だったらきれいだったでしょうね。




    りっくんランド15

    大変珍しい“94式水際地雷敷設装置”。

    いわゆる水陸両用車で、我が国に侵攻してくる敵上陸部隊を水際で叩くための機械水雷を敷設するための車両です。

    昔も今も水陸両用車両は大きくて見栄えがいいですね。




    りっくんランド16

    今まで見てきた6両の車両と向かい合わせに展示されている車両群の最初は…。

    “高機動車に搭載された中距離多目的誘導弾発射器”

    長い名前だね、どうも。

    つまりは、対舟艇・対戦車ミサイルとその発車機器と言うことですかね。

    この手の兵器ですと“60式自走106mm無反動砲” がすぐに想起されますが、時代は変わっていくのですね。




    りっくんランド17

    ん?同じ車両が2両?と思ってしまいますが、手前の少し小ぶりなこちらが“74式自走105mmりゅう弾砲”。

    帝國陸軍の戦車を思わせる砲塔のデザインが秀逸。
    この車両のプラモデルに陸軍の三色迷彩を施したら似合いそうです。




    りっくんランド18

    先ほどの“74式自走105mmりゅう弾砲”より大きなこちらが“75式自走155mmりゅう弾砲”です。

    大東亜戦争におけるフィリピン攻略戦中でもコレヒドール要塞砲撃戦で大活躍した“十五榴”こと“九六式十五糎榴弾砲”の子孫がこちら。

    “九六式十五糎榴弾砲”は、靖国神社に奉納されているのでご覧になった方も多いのではないでしょうか?




    りっくんランド19

    車両に混じって展示されている“UH-1ヘリコプター”。

    映画「地獄の黙示録」でのキルゴア中佐の乗機や“ヒューイ ヘリコプター”として有名ですね。

    ちなみに我が群馬県でも榛東村にある“しんとうふるさと公園”に実機が展示されています。




    りっくんランド20

    ヘリコプターのミニチュア模型かな?と思ったら、“遠隔操縦観測システム(FFOS)の無人機”でした。

    戦闘における偵察、着弾観測のほか、災害、テロ、不審船対策と今後、ますます活躍の場面が広がっていく期待の機材のようです。




    ということで、春の1日、長らく行きたいと思っていた陸上自衛隊広報センター-りっくんランド”を楽しんで来ました。

    これからの櫻の時期はさらに花見も楽しめると思いますので、皆さんも出かけてみてはいかがでしょうか。

    りっくんランド21

    “軽装甲機動車(試作車・海外派遣仕様)”に見送られて同センターを後にしたボク達は黒江家のご先祖様ゆかりの小江戸・川越へ向かいました。




    りっくんランド22

    “小江戸・川越のシンボル 時の鐘”




    この実車もどこかで展示してくれないかな…。

    トミカリミテッドヴィンテージ 西部警察 レディバード 1/64スケールトミカリミテッドヴィンテージ 西部警察 レディバード 1/64スケール
    (2015/09/19)
    トミーテック

    商品詳細を見る


    タカラ製1/6サイズの大河内巌(演ずるは伊藤雄之助さん)【出撃時ver】フィギュア付きでこの値段なら買うんだけどなぁ。
    関連記事
    スポンサーサイト
    web拍手 by FC2

    TV番組「THE NAKED(Naked & Afraid)」

    ディスカバリーチャンネルで平成26年末より絶賛放映中の「THE NAKED(原題「Naked & Afraid」)」。

    NakedAfraid01.jpg

    この番組は、初めて出会った男女が、ある時は密林、ある時は砂漠、ある時は沼地、ある時は孤島で、21日間、全裸で過ごす姿を追うドキュメンタリー番組です。

    黒江家ではこの番組が大人気。
    そこで今回は多くの皆さんにこの「THE NAKED(Naked & Afraid)」のおもしろさを知っていただくべく当ブログでご紹介してみたいと思います。




    NakedAfraid02.jpg

    見ず知らずの男女が一人ずつ。
    現地で初めて出会います。しかも全裸で。




    NakedAfraid03.jpg

    もちろんテレビ番組なので番組スタッフはいますが、緊急時以外は介入しません。
    ただ数組に1人くらいは体調を崩したり、ケガをしてしまう人が出るので、けっこう番組スタッフが登場する場面があります。




    この21日間のサバイバル生活に挑戦する男女は1人一つずつサバイバルアイテムを持ち込むことが許されています。

    NakedAfraid04.jpg

    シーズン1のエピソード1から見ていますが、“蛮刀”と“ファイヤー スターター ”という組み合わせが多いようです。

    なので、今回も“蛮刀”を持たせてみました。

    色々見ていると、火のおこしやすい場所だったり、挑戦者が火をおこすのがうまい人だったりした場合は“ファイヤースターター”ではなく“鍋”が活躍します。




    他にも持ち物がないわけではなく、今回の画像でも使っていますが、ドンゴロスでできたようなずだ袋、おそろいの首飾り、ゴール地点が書かれた地図、そしてスタッフが野営地に帰った夜に使用する小型のビデオカメラを持ってます。

    NakedAfraid05.jpg

    あるエピソードではこのビデオカメラの灯りが洞窟で役に立ったなんて場面もありました。




    ただほとんどのエピソードで、この小型ビデオカメラはこんな感じで使用されています。

    NakedAfraid06.jpg

    このような画面でカメラ目線で語られるのは自分の今の気持ち。
    ほとんどがパートナーに関する愚痴ってところに、最初見た時、大いに驚きました。




    よくあるパターンとしては、初日に寝床作りが行われます。

    その後、水の確保って流れです。

    NakedAfraid08.jpg

    水って本当に貴重なのですね。




    また火の確保も必須。

    NakedAfraid07.jpg

    こんな感じで木と木とをこすり合わせれば火がつくって簡単なもんじゃないんですね。

    火がつかない、火の付け方が下手、薪の置き方が気にくわない、火の番をしない、火が消えちゃう、挙げ句の果てには火事になる…とまぁ、火にまつわる椿事は多く起こっています。




    きれいな水の確保も、寝床作りも、火おこしもいろいろ大変ですが、日数が経つにつれ、餓え、病気や外科に対する不安、野生の生物、そして意外なところでは、虫刺され、寒さ、木の棘等々に、じみーに苦しめられていきます。

    NakedAfraid09.jpg

    サバイバル挑戦期間である21日のうち、ほとんどは、こんな感じでんな風に体力を消耗しないようにして過ごしています。

    そんな中、何より大変なのは人間関係。
    極限状態なのでよけいに人間関係がもつれてしまうのでしょうね。




    最終日、挑戦者はゴールを目指します。
    ゴールはたいていは寝床からしばらく離れた所に設定されています。

    挑戦者たちは、一晩かけて山道を行ったり、オオトカゲやワニのいる川を下ったり、人食いザメの泳ぐ海を渡ったりしてゴールを目指します。

    そしてゴールでは…

    NakedAfraid10.jpg

    こんな感じでゴールへ、ヘリコプターやボート、自動車が迎えに来てくれて文明社会に戻ることができます。




    とこんな感じの番組なのです。
    いかがでしたか?
    「THE NAKED」のおもしろさが伝わったらうれしいのですが。

    今回取り上げた「THE NAKED(原題「Naked & Afraid」)」。
    ディスカバリーチャンネルで絶賛放映中です。

    さて今回、21日間のサバイバル生活に挑戦してくれた女性はこちら。

    NakedAfraid11.jpg

    “プレイトイ”の“コーカシアン フィメール ヘッド&ボディセット HB002”でした。
    関連記事
    web拍手 by FC2

    ロボット三等兵+三八式歩兵銃セット【マンガショップ】

    「うむむむ」

    ロボット三等兵01

    街の発明家、トッピ博士の研究室から、何やらうなり声が聞こえて参ります。




    ロボット三等兵02

    「何々?『ロボットや再生可能エネルギー といった分野で、世界最先端の研究、新産業が生まれる地へと再生・・・』か・・・」




    「なんとかお国のために役にたちたいものだ」

    ロボット三等兵03

    と立ち上がった“リアル版”トッピ博士。




    「苦心のすえできあがったのがこのロボットです」

    ロボット三等兵04

    「どうぞよろしく」




    「わしたちが一休みしている間に日本が大変なことになってしまったよ」

    ロボット三等兵05

    「ぼくにお任せください、何しろロボットものの嚆矢ですからね。ぼくの装備品をご紹介しましょう」




    「どうです、クローム・モリブデン鋼でできた九〇式鉄帽!」

    ロボット三等兵06

    「あきれたね、ひびが入っているよ。なんだい、これは寿書房版の「ロボット三等兵」の表紙絵に書かれていたぼくが被っている鉄帽だよ」




    「どうです、なかなかにあうでしょう」

    ロボット三等兵07

    ※活躍想像図




    「こっちは略帽ですよ。よく見るとカストロ帽みたいだね」

    ロボット三等兵08

    「鉄帽に比べて出番は少なかったけど、『少年クラブ』版の後半でよく被ってました」




    「翩翻と翻る日章旗とはうれしいね」

    ロボット三等兵09

    ※活躍想像図




    「これは防塵ゴーグルですよ」

    ロボット三等兵10

    「やはりこちらも寿書房版の「ロボット三等兵」の表紙絵に描かれているゴーグルだね。この絵では戦車帽を被って、拳銃サックを下げているのでこっちも再現して欲しかったですよ」




    「戦車だって操縦できますよ。その後、戦車壊して“一番危険な破壊班”に転属させられましたがね」

    ロボット三等兵11

    ※活躍想像図




    「おかしな鉄砲が出てきたね」

    ロボット三等兵12

    「三八式歩兵銃セットって銘打たれているのだから、もうすこし何とかならなかったのかい」




    「これら近代兵器の威力で、孫悟空もうち負かしたことがあるよ(夢の中だったけど)」

    ロボット三等兵13

    ※活躍想像図




    「そんなわけで、このブログにも登場することになると思いますが、皆さん、どうぞごひいきに」

    ロボット三等兵14




    というわけで、今回ご紹介したロボット三等兵+三八式歩兵銃セット 完成品フィギュアはこちら。

    ロボット三等兵15




    箱の後ろはこんな感じになってます。

    ロボット三等兵16

    ボクが「ロボット三等兵」に初めて出会ったのは、小学校三年生の時でした。

    その当時、講談社より「少年倶楽部文庫」が発売され「のらくろ漫画集(1)~(4)」や「冒険ダン吉」が発売され、それらを買ってもらっていました。

    やがて同社より発売されていた「講談社漫画文庫」も見つけ、そのシリーズの一つ「ロボット三等兵」を見つけたというわけです。

    その頃、ボクは学校の「漫画クラブ」に所属していおり、朝日ソノラマ版「鉄腕アトム」を読んだのもこの頃でしたが、「ロボット三等兵」の方が好きでした。

    「これだから漫画の戦争はイヤだよ」
    「おかしなのが出てきたね」
    「うれしいじゃありませんか」
    等の台詞回しもお気に入りでした。

    でも、世の中的に人気が出なかったのか、講談社漫画文庫版「ロボット三等兵」の三巻の巻末には「ロボット三等兵4につづく」と書かれていたにもかかわらず四巻は発売されませんでした。

    もっともこのことを知るのは後年で、高校生や大学生の頃、神田の漫画専門店に行くたびに講談社漫画文庫版「ロボット三等兵」の四巻を探していましたが。

    また印象的なのは、「DAICON4オープニングアニメ」の後半のモブシーン?にちらっと映ったロボット三等兵ですかね。

    これを見たときには、ロボット三等兵を出してくれた人もいたんだ、と感慨ひとしおでした。

    そんなわけで、21世紀でもまだまだ買える「ロボット三等兵」の漫画はこちら。

    貸本版 ロボット三等兵【上】 (マンガショップシリーズ 177)貸本版 ロボット三等兵【上】 (マンガショップシリーズ 177)
    (2007/07/20)
    前谷惟光

    商品詳細を見る


    また「ロボット三等兵」の作者、前谷惟光先生の作品ではこちらもおもしろいですよ。

    まんが寄席―古典落語傑作選まんが寄席―古典落語傑作選
    (2005/06)
    前谷 惟光

    商品詳細を見る


    ボクが持っているのは全2巻のもので、どうもその二冊をまとめたのが現行版のようです。

    それにしても、この“ロボット三等兵+三八式歩兵銃セット 完成品フィギュア”、全身可動したらもっと良かったのになぁ・・・。

    1/6サイズでフル稼働版の「ロボット三等兵」の発売を切に願います!!!
    関連記事
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ