FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    超音波怪獣 ギャオス 【日東怪獣シリーズ(マルサン復刻版)】

    前々回、公開50周年を記念して取り上げた“大悪獣ギロン”。

    ギロン013

    本来はその“大悪獣ギロン”の前に取り上げなければいけなかった“超音波怪獣ギャオス”。

    今回はそのギャオスが初登場した大映映画「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」に、その映画の舞台となる中央自動車道建設予定地となった村の村長・金丸辰衛門を演じた名優・上田吉二郎サンの生誕115周年を記念して“超音波怪獣ギャオス”が当ブログに登場です(強引?)

    日東ギャオス復刻001

    当ブログにすでに登場している大怪獣ガメラ、冷凍怪獣バルゴン、大悪獣ギロンと同じく、日東(日東化学教材)製のギャオスを平成10年頃にマルサンが復刻した復刻版のギャオスです。




    高度成長に沸く躍進日本。

    その動脈の一つ中央自動車道建設予定地そばにある二子山はまだ眠っている。

    日東ギャオス復刻002

    そこは牧場も広がる静かな場所

    日東ギャオス復刻003

    のはずだったが…

    日東ギャオス復刻004

    柵の中の豚たちが騒ぎ出し静寂が破られた…。

    日東ギャオス復刻005

    豚舎を覆う妖しい影。

    日東ギャオス復刻006

    平和な山村を襲った怪現象に村民はざわめき立った。

    日東ギャオス復刻007

    中央自動車道建設現場にその姿を見せたのが“超音波怪獣 ギャオス”

    日東ギャオス復刻008

    超音波怪獣ギャオスは、身長65メートル、体重25トン、その翼長は172メートルで、マッハ3.で空を飛ぶ。

    日東ギャオス復刻009

    そして生き血を好み、家畜はおろか人間も襲う恐怖の怪獣なのである。

    日東ギャオス復刻010

    そんなギャオス、よほど人間の血肉の味がお気に召したのか、多くの人が住む大都会・名古屋に舞い下った。

    人を食うギャオスの習性も恐ろしいが、その羽の羽ばたきの威力もすさまじいものがあった。

    日東ギャオス復刻011

    大きなダンプカーもこの通り。

    日東ギャオス復刻012

    そんなギャオスの視線が一点へ。

    日東ギャオス復刻013

    雄たけびとともに大怪獣ガメラ、登場。

    日東ギャオス復刻014

    暫し睨み合う二大怪獣だったが…、

    日東ギャオス復刻015

    ギャオスの口から必殺の超音波メスが!

    日東ギャオス復刻016

    腕を切り裂かれたガメラ、たまらず悲鳴を上げる。

    日東ギャオス復刻017

    腕の傷にもめげず、なおもギャオスに向かっていくガメラ。

    日東ギャオス復刻018

    飛行能力を生かして空からカメラを襲おうというギャオス。

    日東ギャオス復刻019

    そんなギャオスの足に食いつこうというガメラ。

    日東ギャオス復刻020

    これには今度はギャオスがたまらず悲鳴を上げる…。

    果たして超音波怪獣ギャオス勝つか!?、大怪獣ガメラ勝つか?!




    ということでご紹介いたしました“超音波怪獣ギャオス”。

    ここでもう一度、その梱包の様子を見てみましょう。

    タグの表記はこんな感じになっています。

    日東ギャオス復刻021

    付録についていた本がこちら。

    日東ギャオス復刻022

    題して「ガメラ玩具図鑑」。

    その本のギャオスのページ。

    日東ギャオス復刻023

    今回の濃紺のギャオスもいいけれど、やはりオリジナルの茶色のギャオスもいいなぁ。

    このギャオス、持っていたンだけどなぁ。

    日東ギャオス復刻024

    で、ものはついでだ、“マルサン ソフト怪獣シリーズ”の復刻版(右)のご紹介。

    いゃあ、超音波怪獣ギャオスはいいですなぁ。




    ということで、今回ご紹介したギャオスはこちら。



    “マルサン ソフト怪獣シリーズ”、ミドルサイズのギャオスはこちら。



    やはりいいお値段ですね。

    記事中でも触れたオリジナル版 ギャオス。



    やはり茶色、オリジナルのギャオスはいいですなぁ。

    空飛ぶギャオスもいいなぁ。



    こういうのがあると「遊びがワイド」になりますねぇ。

    で、大怪獣ガメラと超音波怪獣ギャオスの戦いと蛍雪太郎(※)サンの名演が見られるのはこちら。



    ※ネットでは“蛍雪太郎”サンを“蛍雪太”と表記されているものがありますが、「蘇る名優たち 戦後映画史 大映編」、「ガメラを創った男 評伝 映画監督・湯浅憲明」、「ガメラ創世記 映画監督・湯浅憲明」の表記に拠りました。
     
    ちなみに「日本映画映画俳優全集・男優編」には“蛍雪太郎”サンの項目そのものがありませんでした(T_T)
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ソフビ怪獣 ソフビ マルサン ガメラ ギャオス 大映

    web拍手 by FC2

    〔リボジオ〕 ダイオウサソリ 【海洋堂(KAIYODO)】

    最初にその名前を見たのは小学生の頃、定期購読をしていた「ホビージャパン」誌上で見た「関西の模型屋さん」としてだったと思います。
    が、今や押しも押されもせぬ本邦屈指の模型・玩具メーカーの“海洋堂(KAIYODO) ”

    その“海洋堂(KAIYODO) ”の新シリーズ“リボジオ”シリーズの第1弾としてリリースされたのが、今回ご紹介する“ダイオウサソリ”。

    発売予告をTwitterで見た時、これは「遊びがワイドだ!」と直感し購入してみたわけです。

    で、先日、我が家に届きました。

    まずは箱から…

    EmperorScorpion001.jpg

    「全地球立体生物目録」と銘打たれているだけあって、その箱は図鑑のような雰囲気です。

    で、蓋(表紙)を開けると…

    EmperorScorpion002.jpg

    こんな感じ。

    さらに、一枚めくると

    EmperorScorpion003.jpg

    待ちに待ったダイオウサソリがこんな感じで収まってました。

    本物のダイオウサソリの体長は約20センチくらいと言うことですから、やや大きめに造型されているようです。

    EmperorScorpion004.jpg

    標本のプレートを模した標記もうれしいですね。




    では早速、取り出してみましょう。

    EmperorScorpion005.jpg

    まずは頭部のアップ!

    EmperorScorpion006.jpg

    続いてハサミのアップ!!

    EmperorScorpion007.jpg

    正確には鋏型の触肢というらしいンですが。

    で、尾っぽのアップ!!!

    EmperorScorpion008.jpg

    こちらも正確には尾節というらしいです。
    なんでもサソリには尾がなくあれはおなかの延長とのことです。

    いゃあ勉強になるなぁ。

    EmperorScorpion009.gif

    このウネウネ感がいいですね。気持ち悪くて…。

    ひっくり返すとこんな感じ。

    EmperorScorpion010.jpg

    さてさてこのダイオウサソリ、飾っておくだけでは面白くありません。

    EmperorScorpion011.jpg

    どんな風に遊んでみまょうか…。




    1.ドッキリおもちゃとして

    EmperorScorpion012.jpg

    ※撮影に使用した包み紙の製作にはこちらのサイト「『さそりの標本』の作り方」を参考にしました。




    2.“トカゲ特撮”(眠田直先生による命名)の主役として

    EmperorScorpion013.jpg
    映画「巨大サソリ、東京を襲う」より(ウソ)




    3.1/6フィギュアの敵役として

    EmperorScorpion014.jpg

    「時ははるかな古代、各国の各民族が入り乱れて争う戦乱の荒野に、怪物や古の妖術の名残が点在するハイボリア時代」

    EmperorScorpion015.jpg

    かつての師の一人の命を救うべく聖水“モリス・ラクリマ”(死神の涙)を手に入れたレッド・ソニアが一人、荒涼とした砂漠にある死の街を行く。

    EmperorScorpion016.jpg

    その時、一尾のサソリが…

    EmperorScorpion017.jpg

    レッドソニアの足音を静かに聞いていた。

    EmperorScorpion018.jpg

    EmperorScorpion019.jpg

    「ん!?」

    EmperorScorpion020.jpg

    シャアアアアアッ!

    EmperorScorpion021.jpg

    「 ! 」

    EmperorScorpion022.jpg

    EmperorScorpion023.jpg

    シュルルルル…!

    EmperorScorpion024.jpg

    コトンッ!

    EmperorScorpion025.jpg

    「くっ!」

    EmperorScorpion026.jpg

    果たしてレッドソニアはこの大サソリの餌となってしまうのか…

    EmperorScorpion027.jpg

    はたまた無事のこの危機を乗り越えて恩師の命を救うことができるのか…

    EmperorScorpion028.jpg

    <つづく?>




    どうです?

    EmperorScorpion029.jpg

    “〔リボジオ〕 ダイオウサソリ 【海洋堂(KAIYODO)】”で「遊びがワイド」だったでしょ。




    EmperorScorpion030.jpg

    レッドソニアでもまた遊びたいなぁ。




    ということで、今回の主役。



    もう一人の主役。



    脇役ですが、なくてはならないもののカタログ集?



    リボジオ、期待の第二弾!



    「恐怖!巨大アカテガニの襲来!」?

    今回のダイオウサソリのように定番以外にも、探せばまだまだある期待の新作のひとつ。



    ゴブリンだから二個買いもあり?
    関連記事

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ダイオウサソリ 海洋堂 リボジオ ヒロピン レッドソニア

    web拍手 by FC2

    大悪獣 ギロン【日東怪獣シリーズ(マルサン復刻版)】

    ガメラファンの皆様、お待たせしました!

    大映映画「ガメラ対大悪獣ギロン」の公開50周年(封切日昭和44年3月21日)を記念して、当ブログでも“大悪獣ギロン”(マルサン復刻版)の登場です!

    ギロン001

    一部では高価なソフビ怪獣としても知られるこの“日東科学”製の“大悪獣ギロン”(もちろんこの復刻版ではなくオリジナルの方)。
    このソフビ・ギロンの魅力を改めて知ったのは高校生の頃でしょうか。

    そのきっかけは意外にもミリタリー月刊誌「コンバットマガジン」(だったような)。
    モデルガンかエアガンのレポート記事で紹介されていた銃に銃剣代わりとして洒落でつけられていたのが、このギロン。

    「ああ、これは持っていなかったなー、欲しいなー」と思ったものです。

    その後、ボクは大学進学のために上京。
    下北沢の“スチャラカ商店”さん(後のオムライスさん)、“懐かし屋”さん、“二丁目三番地”さん、どのお店かは定かでありませんが、そのようなアンティーク・トイショップに行った時、このギロンを見かけたこともありましたが、棚の上の方やお店の人の後ろの方やケースの中に神々しく置かれていた気がします。

    その位置にそんなような形で鎮座していたということは…、大学生のボクにも今のボクにも買うことのできないような値段でした。

    そしてまたまた月日は流れ(と言っても実感は全くないけど)、マルサンより上のようなパッケージで復刻されました。
    当然のように即購入。

    なんてしているうちにまた20年が経ち(といっても全く実感はないのですが)、今回ご紹介する運びとなりました。




    大悪獣ギロンは身長85メートル、体重:110トン。

    生息地は…

    ギロン002

    太陽を挟んだ地球の反対側にある“惑星テラ”。

    今まさに明夫とトムを乗せた円盤が地球を離れ惑星テラへと呼び寄せられて行きます。

    ギロン003

    その惑星テラは“宇宙ギャオス”も棲む恐ろしい星。

    ギロン004

    明夫とトムを乗せた円盤を惑星テラへ呼び寄せたのがこちらの二人。
    この星に生き残っていたバーベラ(鳥のように可愛いという意味の名前)とフローベラ(花のように美しいという意味の名)です。

    そう惑星テラは、その星のあらゆる事象をコントロールしていたコンピューターの不調のために怪獣が出現し、異常気象による食糧不足が起きてしまったという滅びゆく星でもありました。

    そんな中、生き残った二人がなんとかコントロールできたのが今回の主人公である怪獣ギロン。

    ギロン005

    おや、そんなギロンですが、何かに気が付いた様子です。

    ギロン006

    惑星テラを我が物顔で飛び回っていた宇宙ギャオス。

    そんな宇宙ギャオスの超音波メスを、自身のナイフ状の頭部を巧みに使って跳ね返し、自らジャンプして宇宙ギャオスの片翼を切断するギロン。
    ※こちらの大悪獣ギロンはミニサイズのソフビを使用しています。

    ギロン007

    ギロン008

    哀れ…。
    宇宙ギャオスの最期です。

    ギロン009

    勝どきを上げる大悪獣ギロンの勇姿。

    ギロン010

    正面寄りの画像。
    この刃物感かギロンの魅力ですなぁ。

    ギロン011

    ん?! また何かに気が付いたようです。

    ギロンの視線の先には…

    ギロン012

    大怪獣ガメラ!

    子供の味方のガメラが、明夫とトムを助けにやってきたのです。

    ギロン013

    惑星テラの用心棒怪獣であるギロンは鋭い目つきでガメラを見据えます。

    ギロン014

    地球を代表する大怪獣ガメラ、大きく立ち上がってギロンに向かっていきます。

    ギロン015

    得意の大ジャンプの機会をうかがっているのか、ギロン。

    ギロン016

    そんなギロンに向かってガメラが口から火炎放射しようとした時も時。

    ギロン017

    ギロンの頭部の穴から…。
    あっ、手裏剣だ!

    ギロン018

    これにはさすがのガメラも悲鳴を上げる!

    ギロン019

    二大怪獣の死闘は続く!
    果たして大怪獣ガメラ勝つか?! 大悪獣ギロン勝つか!?

    ギロン020

    そして惑星テラに咲く妖花バーベラとフローベラの運命は!?




    ということで、マルサン復刻“ギロン3点セット”のご紹介でした。

    ギロン021

    そして今回使用したソフビの大きさを比べるとこんな感じになります。

    ギロン022






    宇宙ギャオスはこちら。



    そしてフローベラ。



    今回は同じフローベラのフィギュアもう1体にバーベラ役をしてもらったけれどバーベラも商品化して欲しかったなー。
    関連記事

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : ソフビ怪獣 マルサン 日東科学 ガメラ ギロン 大映 ソフビ 怪獣

    web拍手 by FC2

    Requiem '19

    Requiem1901.jpg
    関連記事

    テーマ : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
    ジャンル : その他

    web拍手 by FC2

    悪の道 いよいよ僕の本番だ 【WorldBox】

    3月ですね。

    今年度も今月でおしまい。
    新年度からは「いよいよ僕の本番だ」って人もいるのでしょうね。

    そんなわけで昨年末にウチに届いた“WorldBox”の“悪の道 いよいよ僕の本番だ”というフィギュアをご紹介しますってよくわかンない名前なんですがね。

    いつものようにパッケージから。

    悪の道0001

    この筒形のパッケージの下にこのような箱が入っています。

    悪の道0002

    キャラとフォントがあっていない気もしますが、まぁ、いいでしょう。

    悪の道0003

    蓋を開けるとこんな感じ。
    なンだか窮屈そうです。

    悪の道0004

    下の段には着物やゲタが入っています。
    短刀に鞘がないのが、ちと残念。




    では、箱から出してポーズをとらせてみましょう。

    悪の道0005

    悪の道0006

    悪の道0007

    悪の道0008

    悪の道0009
    ※手拭いは付属しません。

    悪の道0010

    悪の道0011

    悪の道0012

    悪の道0013

    悪の道0014
    純米大吟醸酒 おんな泣かせ は付属しません。

    悪の道0015

    悪の道0016

    悪の道0017

    悪の道0018

    悪の道0019

    悪の道0020

    悪の道0021

    悪の道0022
    ※チャカ“黒星 TT-33”は付属しません。

    悪の道0023

    悪の道0024

    悪の道0025

    ということで、今夜も更けていきます。
    この街での活躍に期待です!

    悪の道0026




    ということで今回ご紹介したのがこちら。





    関連記事

    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 1/6フィギュア 昭和レトロ ヤクザ 悪の道

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ