FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    令和2年 おまとめ

    今年は何と言ってもコロナ騒動で明け暮れた1年でした。
    前回の記事にも書きましたが、これはもう「仮面ライダー」の世界ならショッカーのビールスによる人類全滅作戦です。

    とまあ、全体的にあまりよろしくない1年だった一方で、念願だった資格が取得できたり、放送大学に入学して単位取得をしたりと新しいことにも挑戦できました。

    そのような1年を大晦日にあたりまとめてみたい思います。




    1.温泉行

    ここ数年、ポツポツと日帰り温泉に行くことを楽しみの一つとしていました。

    今年は県内の四万温泉、伊香保温泉、奥利根温泉の3ヶ所に行くことができました。

    特にコロナ騒動が本格化する前に行った四万温泉“湯元四萬館”は、その名物“おんせんにんぎょの湯”は印象的でした。

    あゝあのころが懐かしい…。

    (1) 四万温泉

    まず温泉に入る前に…

    2020001.jpg

    “四万温泉 柏屋カフェ”で“四万温泉エール摩耶姫”と“柏屋カレー”をいただきました。

    そして今回お邪魔したのが…

    2020002.jpg

    こちら“湯元 四萬舘

    こちらがアーティスト神田さおりサンプロデュースによる“おんせんにんぎょの湯”

    2020003.jpg

    2020004.jpg

    素敵な空間でした…。
    また他のお風呂、どれも個性的で楽しめました。

    (2) 伊香保温泉

    伊香保温泉では“ホテルニュー伊香保”に行ってきました。

    こちらのメインはやはり大きな温泉。
    さすがにそこの写真は撮れないので部屋の内湯を…。

    2020005.jpg

    この湯船の傾斜は何のためなのでしょう…???。

    2020006.jpg

    お夕飯もおいしうございました。

    (3) 奥利根温泉

    奥利根と言っても職場のチョイト先なのですが、三密を避けて行ってきました。

    貸切露天はこんな感じのお風呂が整然と並んでいます。

    2020007.jpg

    2020008.jpg

    お料理もボリュームたっぷり…でした。

    2.カメ飼育

    現在の住居に引っ越して今年で10年目。

    ボクが生まれ育った実家では断続的に犬を飼っていて、ボクが自宅を作る時も犬と暮らすことをイメージして庭造りをしてきましたが、年をとるにつれて犬との生活はボクにとってかなりハードなのでは?と思うようになりました。

    ですが、なんとなくペットは飼いたいなと思い、いろいろ考えた結果、“カメを飼おう”ということに落ち着きました。

    そこで、今年の春先、業者に依頼し、庭の一角にこのようなカメの飼育スペース“亀鳴苑”を作ることとなりました。

    2020009.jpg

    工事は4月11日(土)より始まり、5月19日(火)に完成しました。

    2020010.jpg

    そして…“世界カメの日”である5月23日(土)、地元・東照宮の神職の方に御祈祷をいただき開苑することができました。

    2020011.jpg

    現在、飼育しているのはカメの中でも“クサガメ”という種類のカメ。
    ボクが子供の頃は日本固有種のうちの一つ、と言われてきましたが、近年では大陸から人為的に持ち込まれたのではないかという説が有力になっているようです。

    そしてうちにはその“クサガメ”が3匹います。

    杏と…

    2020012.jpg

    柚子と…

    2020013.jpg

    桃です。

    2020014.jpg

    名前はおなじみアニメ「ガールズ&パンツァー」の登場人物で戦車道カメさんチームの3人からとりました。

    飼育開始と在宅勤務が重なり、仕事の合間に“亀鳴苑”の様子を見ることができたのは不幸中の幸いとも言えるかもしれません。

    2020015.jpg
    “亀鳴苑”5月の様子。

    また夏場、当地はかなりの高温になることから防暑対策にも気を遣いました。

    2020016.jpg
    “亀鳴苑”7月の様子

    そして秋の初めには、開園時に植えた“モクフヨウ”がかなり大きくなり、カメさん達はその根元にいることが多くなりました。

    2020017.jpg
    “亀鳴苑”9月の様子

    そして…11月末には冬眠に入ることとなりました。

    2020018.jpg
    “亀鳴苑”11月の様子

    さらに、この我が家の飼育スペース“亀鳴苑”の開苑を受けてブログ“亀鳴苑日乗”も開設しました。

    2020019.jpg

    当初は毎日ブログの更新ができるかなぁと心配したり、更新がちょっと大変に思うこともなかったわけではありませんが、こうしてカメシーズンが終わってみると、シーズン中に記録を取っておいて良かったなぁと思います。

    こちらの“亀鳴苑”、まだ少しはスペースに余裕があるようなので、来シーズンは新しい仲間を迎えられたらとも思っています。

    いずれにしてもカメさん達に本当に癒された1年でした。

    3.尾瀬かたしな & たくみの里 行

    コロナ禍によるイベントの中止や外出の自粛により仕事でのお出かけが新鮮に感じるようになってきました。
    特に昨年4月に職場が異動となり自宅から40kmも通勤距離があるので、担当地域もかなり遠方の地域となりました。
    そんな中、観光スポットも仕事で行ってきましたので、まとめてみたいと思います。

    (1) 尾瀬かたしな(片品村)

    こちら片品村の一押しは何と言っても“花豆”。

    こちら“道の駅 尾瀬かたしな”では、一緒に行ったSさんに、この花豆ラテをごちそうになりました。
    それとアップルパイも…。

    2020020.jpg

    次にまた“道の駅 尾瀬かたしな”行った12月は大雪に加え、定休日。
    なので同、道の駅の村民カフェで食事をすることはできませんでした。

    また雪もどんどん降ってくるので片品村で昼食を食べることをあきらめて沼田市“とんかつ街道”沿いにある“とんかつ金重”サンでとんかつての定食をいただきました。

    2020021.jpg

    平日の昼でしたが、お店は大変混んでいました。
    ただちょうど前の日に左奥歯のブリッジが外れてしまいSさんの前ながらお肉が噛み切れず、ちと恥ずかしい思いをしました。

    -おまけ-

    “道の駅 尾瀬かたしな”では、募金をすることを条件に流木をいただけます。

    ボクも自宅のカメ飼育スペース“亀鳴苑”用に1本いただいてきました。

    それがこちらです。

    2020022.jpg

    池に投入したところ、早速、杏が使ってくれました。

    2020023.jpg

    (2) たくみの里(みなかみ町)

    みなかみ町にある観光施設“たくみの里”。
    こちらに仕事でご縁があって平日、伺うことになりました。

    この日は一人だったこともあり少しゆっくり回ってみました。

    2020024.jpg

    “道の駅 たくみの里”に着くと、このように大きなアマビエ様が出迎えてくれました。

    コロナがやや落ち着いた時期でもあったので、県外の中学校から修学旅行?、校外学習?に来ていました。
    修学旅行等、コロナで予定や行き先が変更になった児童・生徒もいることでしょう、気の毒に。

    2020025.jpg

    “たくみの里”は“道の駅 たくみの里”を中心とした観光地域になっており、食事、買い物、そして体験が楽しめます。

    2020026.jpg

    こちらはお面の体験工房。
    多くの中学生が体験しており、ボクはお面づくり体験はしませんでした。

    2020027.jpg

    街道筋に沿って用水が流れています。新緑の時期も素敵でしょうね。

    食事は…

    2020028.jpg

    こちらの“Otowaya カフェ”で…

    2020029.jpg

    “限定 otowaya御膳”をいただきました。

    2020030.jpg

    リンゴの産地だけあって、ドルチェもおいしかったです。

    食後にあたりを散策。

    2020031.jpg

    2020032.jpg

    きちんと仕事もして帰りました。

    4. レンズ - AI Nikkor 45mm F2.8P (シルバー)

    昨年、久しぶりに新カメラ“Nikon Df”を購入しました。

    このカメラはNikonの旧レンズが使用できることも特徴の一つで、いつかオールドレンズを購入し、撮影してみたいと思っていました。

    が、オールドレンズは世の中にあまた出回っており、交換マウントを装着することを考えると、その選択肢はかなり広がることになります。

    で、迷った挙句、実用性、操作性、デザイン性、価格、メンテナンスetcを考慮し落ち着いたのが、今回購入した“AI Nikkor 45mm F2.8P ”です。

    2020033.jpg

    新しいレンズも買ったことだし、さぁ出かけようと思った矢先、コロナの第3波?に見舞われてしまいました。

    そこで…初撮影は三密防止忘年会でのYちゃんをパチリ。

    2020034.jpg

    Yちゃんと一緒に食事はいつもハンバーグ。Yちゃんに言われて気がつきましたが

    2020035.jpg

    2020036.jpg

    実はYちゃん。Canon2台使いのカメラ女子でもあります。

    今度は、一緒に撮影に行く約束をしたけれど…コロナが~(涙)

    5.その他 - 断捨離 & 終活 (涙) -

    コロナ禍の一方で、この夏、降ってわいたような実家の引っ越し騒動。
    それ以来、コレクションの整理をしています。
    軍装品、書籍・コミックス、玩具、映画グッズetc…。
    古い書類も思い切ってシュレッダーにかけました。
    来春には整理をし終えたいと泣く泣く頑張っていますが、そもそもこのブログを始めたのもコレクションの写真を撮影して処分するため。
    コロナ禍にあって人や物との付き合い方も大きく変わろうとしています。
    それを思うとなんとなく良いきっかけだったようにも思います。

    慣れない断捨離に終活、まだジタバタし、お見苦しい点もあろうかと思いますが、あたたかく見守ってやってください。




    ということで、今年は世の中的にもさんざんな1年でしたが、来年こそ良い年になってほしいものです。

    では今年のラストの1枚は“たくみの里 豊楽館”に鎮座する幸福の牛こと“湯宿の牛”(岡田杏里先生作)

    2020037.jpg

    では皆様、1年間ありがとうございました。
    どうぞ良いお年を!




    今年はコロナ禍で“サンスポ・官能小説講座”も開催されず…。

    そんな中、心の師 睦月影郎先生の新刊をご紹介。



    新レーベルから初の睦月影郎先生作品です。



    惹句も良いですね。

    そして…Yちゃんがファンだという太宰治。



    この年末年始、ボクも再読します(影響されやすいボク)。

    そして…今年、一番でもないけれど知って驚いたのが、こちらが現行商品だということ。

    近所のお店で“MG5”や“EROICA”は売ってはいるのですが、こちらは見ませんでした。
    なので早速、購入し使用しています。



    「うーん! マンダム」
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 日記というか、雑記というか…
    ジャンル : 日記

    tag : 睦月影郎 クサガメ 尾瀬かたしな たくみの里 パンケーキレンズ 日帰り温泉

    web拍手 by FC2

    立花藤兵衛 (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    今、一つの長く苦しい戦いが終わった…。

    00_立花藤兵衛001

    ということで、今回は令和2年定期更新最終回に合わせて、「仮面ライダー最終回」と銘打たれた「仮面ライダーストロンガ-」第39話「さようなら!栄光の7人ライダー!」放映45周年を記念しまして、仮面ライダーシリーズの真の主役と言っても過言ではない“おやじさん”こと“立花藤兵衛”サンの登場です。




    「仮面ライダー」シリーズ第1作の「仮面ライダー」から第5作「仮面ライダーストロンガー」まで登場し、それぞれのライダーの良き相談役・パートナーとして巨大な悪と戦った立花藤兵衛。

    00_立花藤兵衛002

    「おい!、ライダーしっかりしろ!そんなことじゃ怪人に勝てないぞ!」

    00_立花藤兵衛003

    こんな風に歴代ライダーを叱咤激励する姿がすぐに思い起こせます。

    00_立花藤兵衛004

    今回ご紹介する“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー”シリーズの“立花藤兵衛”は今から約3年前(平成29年)に発売されました。




    00_立花藤兵衛005

    00_立花藤兵衛006

    00_立花藤兵衛007




    では各部を見ていきましょう…というコーナー。

    00_立花藤兵衛008

    メカ部分と動物部分があるデストロン初期怪人はかなり見ごたえがあるのですが、この藤兵衛さんは割とあっさりしています。

    00_立花藤兵衛009

    そうは言うもののこの生え際の白髪の感じなどとてもよくできています。

    こちらの“立花藤兵衛”を演じたのは“小林昭二”氏。
    「仮面ライダー」撮影時はナント40歳!

    00_立花藤兵衛010

    ジャケットはこんな感じ。

    00_立花藤兵衛011

    後はこのようです、渋いですね。

    00_立花藤兵衛012

    スラックスと靴(はこんな感じです。

    00_立花藤兵衛013

    そして…後姿。




    00_立花藤兵衛014

    「世界中の人々が恐ろしいビールスに感染してしまうなんて…」

    00_立花藤兵衛015

    「ショッカーの仕業としか思えん」

    00_立花藤兵衛016

    「こんな時に、あの頼もしい彼らがいてくれたら…」

    00_立花藤兵衛017

    「おーい!」

    00_立花藤兵衛018

    「歴代ライダー! 人類の危機だ、帰ってきてくれぇー!!!」

    00_立花藤兵衛019

    「おーーーーい!!!」

    00_立花藤兵衛020

    「ん!?」

    00_立花藤兵衛021

    「おお、V3じゃないか!」

    00_立花藤兵衛022

    「新型コロナウィルスのことは私も知っています」

    00_立花藤兵衛023

    「おやじさん、俺もそのワクチンを研究しているところです」

    00_立花藤兵衛024

    「さすが、ライダーマン。そいつぁ、ありがたい」

    00_立花藤兵衛025

    「俺たちは世界各地から新型コロナウイルスの感染源を辿ってやってきたんだ!」

    00_立花藤兵衛026

    「Xにアマゾンにストロンガー、やはり、みんな、この日本のことを心配してくれていたんだな」

    00_立花藤兵衛027

    「そして…俺たちもいるぞ」

    00_立花藤兵衛028

    「おお、1号ライダーに2号ライダー。会いたかったぞ」

    00_立花藤兵衛029

    「日本は、いや人類は、俺たちが守る!!!」

    00_立花藤兵衛030

    「頼んだぞ!平和と正義の7人の戦士、仮面ライダー、栄光の7人ライダーよ!!!」

    来年こそ素晴らしい1年になりますように!


    00_立花藤兵衛031

    「では諸君!良いお年を!」




    と、いうことで、“立花藤兵衛”が大活躍する「仮面ライダー」テレビスペシャルが見られるのがこちら。


    関連記事

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 仮面ライダー 立花藤兵衛 仮面ライダーV3 仮面ライダーX 仮面ライダーアマゾン 仮面ライダーストロンガー

    web拍手 by FC2

    ドクロ少佐 (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダーストロンガー)

    それは冬にしてはやけに生暖かい風の吹く夜のことでした…

    04_ドクロ少佐001

    04_ドクロ少佐002

    「45年ぶりの地上か…」

    04_ドクロ少佐003

    「俺は復活したのだ…」

    04_ドクロ少佐004




    ということで、今回はその登場から45周年になるのに新型コロナウイルスの影響(?)で、到着が遅れていた「仮面ライダーストロンガー」に登場した“デルザー軍団”の一員、“ドクロ少佐”のご紹介です。

    04_ドクロ少佐005

    04_ドクロ少佐006

    04_ドクロ少佐007

    こちらのブログで何度も書いていますが、ボクは「仮面ライダーストロンガー」が好きで、中でもこのシリーズ後半のデルザー軍団編が大好きなのです。

    特に好きなキャラクターの一人が今回ご紹介するドクロ少佐です。

    やはり理由はご覧いただいているようにボクの好きなドクロ+眼帯+軍服で構成されているからなのでしょうなぁ。




    では、そんなドクロ少佐の細部を見ていきましょう。

    ボクは眼帯も大好き、そんな眼帯がしゃれこうべにプラスされています>

    04_ドクロ少佐008

    お話の中ではゆっくり見ることのできなかった口元。

    歯の空け具合がドクロっぽいですよね。

    04_ドクロ少佐009

    横顔はこんな感じ。

    頭髪の具合がなんとも…西洋の怪人ですが、落ち武者っぽい髪型ですね。

    04_ドクロ少佐010

    後ろから見るとこんな感じ。
    ボクの現状を見るとかなり親しみの持てる後姿です。

    04_ドクロ少佐011

    こちらが衣装の軍服の上衣。
    ドクロ少佐だから肋骨服なのか…というのはこの年になって思いつきました。
    45年前のスタッフさん、さすが!!!
    ※ちなみにこちらのように飾り(ボタン)の形状が肋骨のようなので、俗にこの手の軍服を“肋骨服”と言います。

    04_ドクロ少佐012

    デルザー軍団印を示す腰のベルト。

    04_ドクロ少佐013

    肩章も凝っています。

    04_ドクロ少佐014

    袖口のアップ。
    飾りが一重なので少佐と言えなくもない…かな。

    04_ドクロ少佐015

    ズボンのサイドはこんな感じです。
    「明治27・8年服制図」によると黒の軍袴に緋色の線一本は“歩兵の佐尉官”となっているのでこちらも合ってる???

    04_ドクロ少佐016

    そしてブーツ。
    やはり軍服にブーツは決まりますね。

    04_ドクロ少佐017

    最後に…、後姿はこんな感じです。

    04_ドクロ少佐018

    そこはかとなくボクに似ているような、特に後頭部が…(涙)

    それはともかくとして…




    生暖かい風に乗って現れたドクロ少佐。
    一足先によみがえっていた“鋼鉄参謀”、“ドクターケイト”と合流し、仮面ライダーストロンガーの行方を聞き出します。

    04_ドクロ少佐019

    「ストロンガーは俺が倒す!!!」

    04_ドクロ少佐020

    「ストロンガーめ、どこにいる???」

    04_ドクロ少佐021

    「ややっ、ドクロ少佐まで蘇ったのか?」

    04_ドクロ少佐022

    「ストロンガー!今度こそ地獄へ送ってやる!」

    04_ドクロ少佐023

    「何度来ても同じことだ!」

    04_ドクロ少佐024

    「“イタリア忍者軍団DDD”の恐ろしさを知れーい!」

    04_ドクロ少佐025

    「やややっ、そんな設定まで加わったのか!」

    04_ドクロ少佐026

    「ンホホホホホッ…」

    04_ドクロ少佐027

    「油断ならない相手だ…」

    04_ドクロ少佐028

    果たして、ドクロ少佐勝つか!?

    04_ドクロ少佐029

    仮面ライダーストロンガー勝つか?!

    04_ドクロ少佐030

    戦いの行方はともかく、多少値段は高くなっても構わないから作中でも使用していた巨大鎌をアクセサリーに付けてほしかったなぁと思うドクロ少佐であった…。




    ということで、今回ご紹介したドクロ少佐はじめ鋼鉄参謀、ドクターケイトの活躍が見られるのはこちら!



    そして鋼鉄参謀同様、本放送当時は知らなかったドクロ少佐の祖先とされる“生首幽霊(最近ではデュラハン???)”についての記述が載っているのがこちらの本。


    関連記事

    テーマ : ホビー・おもちゃ
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 東映レトロソフビ 仮面ライダーストロンガー デルザー軍団 ドクロ少佐

    web拍手 by FC2

    テレビドラマ 「孤独のグルメ」 + 和食処 【リーメント:ぷちサンプルシリーズ】

    令和2年もあと20日ほどになってしまいました。

    この1年、なんと言っても武漢風邪…コロナコロナで明け暮れた感があります。

    コロナ禍中にあって、いみじくも感じたことは、今まで漫然と享受してきた“気軽に人と会うこと”、“気ままにどこかに出かけること”、“おいしいものを食べること”、“きれいな景色を見ること”等が、実は本当に尊いことだったということです。

    そのような中、ボクが秋口からほぼ毎日してきたこと。
    それはテレビドラマ「孤独のグルメ」を1日1話視聴することでした。

    すなわち、今年のボクの中のブームと言っても良いことでした。

    と、ここまできて察しのいい方ならもうお分かりかと思います、ボクのブームに無理やり付き合わせてしまう1/6フィギュアの世界版「孤独のグルメ」。

    はじまりはじまり…。




    孤独のグルメ0101

    孤独のグルメ0102

    「ふう…今年もそろそろ仕事納めか…」

    孤独のグルメ0103

    ♪プルルルルルル

    孤独のグルメ0104

    「はい、井之頭です。」

    孤独のグルメ0105

    「はい!?年内に納品?」

    孤独のグルメ0106

    「今からですとちょっと難しいかと…。え、そんなに大口で?!」

    孤独のグルメ0107
    ※さすがにタイトルちょっと変えましたが、意味ない???

    「時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たす時、束の間、彼は自分勝手になり、自由になる。
    誰にも邪魔されず、気を遣わずものを食べるという孤高の行為。
    この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒し…と言えるのである」

    孤独のグルメ0108

    ※ということで、今回はリーメントの“ぷちサンプル”シリーズの記念すべき第1弾“和食処”も紹介しちゃいます。

    孤独のグルメ0109

    「ありがとうございます。はい、その日程でしたら間に合うかと…。はい、失礼します」

    「ふぅ。終わり良ければすべて良し、だ…と」

    孤独のグルメ0110

    「と、話がまとまったら…腹が減った…」

    孤独のグルメ0111

    孤独のグルメ0112

    孤独のグルメ0113

    「このあたりはちょっと物騒だから、とりあえず街へ出てみよう」

    孤独のグルメ0114

    孤独のグルメ0115

    「『和食処』って見た目は喫茶店じゃないか…。だが俺の嗅覚がこの店だと言っている…」

    孤独のグルメ0116

    孤独のグルメ0117

    「いらっしゃいませ、こちらへどうぞ」

    孤独のグルメ0118

    「鰻に寿司。そば、とんかつ、天丼か…」 

    孤独のグルメ0119

    「オーソドックスすぎて店の全貌が掴めん」

    孤独のグルメ0120

    「す、寿司がでかい!」

    孤独のグルメ0121

    「と言って…そばは年越しにとっておきたいところだ」

    孤独のグルメ0122

    「鰻そのものより、汁の染みた飯が俺を誘う…が、それは間違った選択なんだ。ん!?よしっ」

    孤独のグルメ0123

    「あ、すいません。特上天丼ください。とれと…シークレット、じゃなくて限定の盛り茶そばってまだありますか?」

    孤独のグルメ0124

    「はい、まだありますよ」

    孤独のグルメ0125

    孤独のグルメ0126

    「はい、特上天丼」


    孤独のグルメ0127

    「いただきます」

    孤独のグルメ0128

    孤独のグルメ0129

    「白米の上に降り立った天の麩羅。一年の禍事すべてを吹き飛ばす“天上の日”だ」

    孤独のグルメ0130

    「それと…限定の盛り茶そばです」

    孤独のグルメ0131

    「いただきます」

    孤独のグルメ0132

    孤独のグルメ0133

    「緑色に輝く麺が、俺を一足早い春へと誘ってくれる」

    孤独のグルメ0134

    「すいません」

    孤独のグルメ0135

    「追加でとんかつ単品ですね」

    孤独のグルメ0136

    孤独のグルメ0137

    「はい、お待ちどおさま」

    孤独のグルメ0138

    「いただきます」

    孤独のグルメ0139

    孤独のグルメ0140

    「ゲン担ぎには何と言ってもこれだろう、コロナにも勝負にも打ち勝つ、とんかつ、トンと勝つだ!」

    孤独のグルメ0141

    孤独のグルメ0142

    「ふぅ、和食の有名どころを堪能した…」

    孤独のグルメ0143

    「ありがとうございました、良いお年を!」

    孤独のグルメ0144

    「ふぅ、今年ももう少し。明日は浅草か…」

    <つづく>?




    ということで、いかがだったでしょうか。

    「Avanti!版 孤独のグルメ」。

    もともとの漫画そしてテレビドラマの原作は久住昌之先生。

    泉晴紀先生とのコンビ名“泉昌之”でもおなじみですよね。

    時は昭和56年。
    当時のボクは地方都市に住まい、生意気にも青林堂の「ガロ」を読む中学生でした。

    雰囲気だけで読んでいた「ガロ」に掲載された作品には難解だったり、暗かったりするものが多い中、“泉昌之”名義で発表された「かっこいいスキヤキ」には大爆笑しました。

    ちなみに…同じころ蛭子能収サンの漫画も掲載されていましたが、こちらは「よくわかんない」ものとしてとらえていました。

    で、発表から約2年後、“泉昌之”初単行本発売。

    ボクはこちらの単行本を渋谷の“まんが書店”で購入しました。

    孤独のグルメ0145

    おそらく人生初のサイン本???がこちら

    孤独のグルメ0146

    そして一緒に購入した“ソノシート”

    孤独のグルメ0147

    テープに録音して何度も聴きました。

    クスミ先生はボクの人生に影響を与えた人の一人です!

    で、もう一つの主役“リーメント”の“和食処”。

    こちらも当ブログでたくさん使わせてもらっている“ぷちサンプルシリーズ”の第1弾。
    発売はもう20年近く前になるのですね。

    年をとるわけです。

    ということでコロナ禍の師走。

    昔を懐かしんでみました(あ、いつもそうか)




    ということで、いくつか作品をご紹介。







    そしてドラマのBlu-ray。



    こちらがコミックス。



    そしてフィギュア。



    欲しいけど大きさが…

    そして最後に…“和食処”



    関連記事

    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 1/6フィギュア ジオラマ 孤独のグルメ 松重豊 井之頭五郎

    web拍手 by FC2

    GJX-028 A【JXTOYS】& PLMB2017-S23 B【TBLeague】& Swallowtail Girl【ZYTOYS】

    12月3日は“奇術の日”ということで、“宇宙船ONLINE店”サンが“マジシャンガール服セット”という商品名で販売していた“ZYTOYS”の“Swallowtail Girl”を中心としてお届けします!




    Avril Lavigne0101

    Avril Lavigne0102

    Avril Lavigne0103

    Avril Lavigne0104

    Avril Lavigne0105

    Avril Lavigne0106

    Avril Lavigne0107

    Avril Lavigne108

    Avril Lavigne0109

    Avril Lavigne0110

    Avril Lavigne0111

    Avril Lavigne0112

    Avril Lavigne0113

    Avril Lavigne0114

    Avril Lavigne0115

    Avril Lavigne0116

    Avril Lavigne0117

    Avril Lavigne0118

    Avril Lavigne0119

    Avril Lavigne0120

    Avril Lavigne0121

    Avril Lavigne0122

    Avril Lavigne0123

    Avril Lavigne0124





    Avril Lavigne0125

    Avril Lavigne0126

    「フフフ…まだまだこのキングアラジン様に勝てる技量ではないわ…」




    ということでお送りした“マジシャンガール”いかがでしたか。

    そもそも“燕尾服”ってことで特に手品・奇術に特化する必要もなかったのですが、それはそれとして。

    まずこちらのヘッド。



    ちょっときつめな感じと部分的に染めてある髪の毛がおもしろくて購入したのですが、どうやら“アヴリル・ラヴィーン”嬢という外国の歌手をモデルにしているようです。
    こういうことに疎いので、まったく知りませんでした…。

    今度は歌手という設定で写真を撮影してみようかな。

    で、当の「マジックショー」のお客さんはこちらの二人(パスワードは2020)でしたね。

    最後に同「マジックショー」のポスターとそれが掲示された街並みの様子の画像を載せておきます。

    Avril Lavigne0127

    Avril Lavigne0128




    ということで、今回ご紹介した商品はこちら。









    特にこちらのトランプ、大きさ、質感、値段共におすすめです。
    関連記事

    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : 1/6フィギュア tbleague マジシャンガール 燕尾服

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ