web拍手 by FC2

    「殴り込み! グライダー部隊」 【後編】 (1958年 イギリス映画 風)

    先週のお話

    1944年6月6日、連合軍は大挙してドイツ軍占領下のフランスノルマンディー海岸に上陸作戦を敢行した。
    そして空からはイギリス、アメリカ両軍の空挺部隊が奇襲作戦を実施、ここフランス、ノルマンディー地方にある戦略上の要衝ベヌーヴィル橋でも、ドイツ軍守備隊とイギリスグライダー部隊の戦いの火ぶたが切って落とされた。




    Pegasus26.jpg

    「!」




    Pegasus27.jpg

    「!!!」




    Pegasus28.jpg

    一人のドイツ兵が守備隊の危機を後方の友軍に伝えるべく照明弾を用意しはじめた。




    Pegasus29.jpg

    が、サンディ曹長はそれを見逃さなかった。

    takka-takka




    Pegasus30.jpg




    Pegasus31.jpg




    Pegasus32.jpg

    「よし!」
    サンディ曹長の合図に答えるハワード少佐。




    Pegasus33.jpg

    が、ドイツ軍の反撃も激しさを増してきた。

    pan! pan!



    Pegasus34.jpg

    flop!




    Pegasus35.jpg

    BABABABANG!

    Pegasus36.jpg

    BABABABANG!




    Pegasus37.jpg

    BABABABANG!




    Pegasus38.jpg




    Pegasus39.jpg

    click




    Pegasus40.jpg

    BANG!




    Pegasus41.jpg

    「Hände hoch ! 」




    Pegasus42.jpg

    「Hände hoch ! Hände hoch !」




    Pegasus43.jpg




    Pegasus44.jpg

    そして夜が明け…。




    Pegasus45.jpg




    Pegasus46.jpg




    Pegasus47.jpg

    「海岸の方はどうなったでしょうなぁ、無事、上陸できたのでしょうか」




    Pegasus48.jpg

    「さぁな…。いずれにせよ、長い一日は始まったばかりさ…」




    Pegasus50.jpg

    《おしまい》




    フォトストーリー「『殴り込み! グライダー部隊』 (1958年 イギリス映画 風)」にお付き合いいただきありがとうございました。

    この連合軍のノルマンディー上陸作戦に先駆けたベヌーヴィル橋とランヴィル橋を占拠・確保する作戦は“トンガ作戦”と呼ばれています。

    そして、この二つの橋は戦後、それぞれベヌーヴィル橋はペガサス橋、ランヴィル橋はホルサ橋と呼ばれるようになりました。

    この作戦は映画「史上最大の作戦」にも描かれたように有名な作戦の一つであり、ハズブロから1990年代に復刻された
    “G.I JOE”シリーズでもこんな限定品が発売されています。

    Pegasus51.jpg

    セット名もそのまま「 Operation Pegasus Bridge D-Day Invasion June6,1944 」 となっています。

    内容はこのように、ドイツ兵とイギリス兵の二体セット。

    Pegasus52.jpg

    2001年の米国でのイベントで限定発売された品物です。

    ボクもその当時、何とか入手することができ、今まで大事にしまってありました。

    Pegasus53.jpg

    人形そのものは、いわゆるクラッシックタイプと呼ばれるもので、昨今のフィギュアのようにリアルさこそありませんが、最初に発売された“G.I JOE”を思わせる作りとなっています。

    このドイツ兵は右頬にキズがないので敵役扱い。

    Pegasus54.jpg

    こちらのイギリス兵は右頬にキズがあるので正義の味方?“G.I JOE”ということになります。

    ちなみにこの「 Operation Pegasus Bridge D-Day Invasion June6,1944 」の前の年のイベント限定品は日本軍と米軍の“タラワの戦い”をモチーフににしたもので両軍とも“G.I JOE”の証である右頬のキズが再現されています。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    monochrome

    モノクロって凄く奥が深いです。
    撮る側は光と影のみで表現をして、場合によっては色も想像させる必要があります。
    カラーには無い表現力と言うか、力が必要です。
    色で誤魔化すのではなく、写真の本質での勝負になるので、私自身はモノクロは相当好きです。
    プリントも、学生の時は号数紙しかなかったのですが、マルチグレードペーパーが出てからは表現の幅がかなり広がったのを覚えています。

    今回の一連の作品は色々な表現が素晴らしく、とても見ごたえがありました。
    静けさや、戦闘の激しさが良く伝わって来ました。
    次の作品が楽しみです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

    ありがとうございます

    dabuwanさん

    コメントありがとうございます。

    また過分なお褒めの言葉、ありがとうございます。

    中学、高校と写真部でして、モノクロフィルムの現像や焼き付けしてました。

    もっとも暗室作業で定着液が付き、お腹のあたりが一直線に白くなってしまった学生服や、暗室の中での女の子に頼まれて、好きな男の子の写真を焼いてあげたり、そんな中でした内緒話などの方が思い出深いですが…。

    そういえば、父が「高校に合格したら家に暗室作ってやる」って言ってましたっけ。
    その後、「アメリカのおじさんのところに旅行に行って良い」って約束になり、
    結局、ボクのできが悪いので反故になっちやいましたが…。

    叔母が使っていたお茶室に水道管がひかれているので、そこを暗室に改造してくれるって事でした。今にして思うと、作ってもらわなくて正解だったかも。

    いつかまた兵隊さんをもっと出してモノクロフォトストーリーに挑戦しようと思います。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ