web拍手 by FC2

    映画「遠すぎた橋」より ロイ・アーカート少将

    この9月17日は、マーケット・ガーデン作戦決行より70年になるということで、同作戦をテーマにした映画「遠すぎた橋」に登場する、ショーン・コネリー演ずるところのロイ・アーカート少将にご登場願いました。

    Roy01.jpg

    まずは同映画に敬意を表し有名なスチル写真を真似して1枚。




    この映画「遠すぎた橋」は、小学校5年生の時に伯母と映画館に見に行きました。

    制作費90億円、14大スター共演というこの映画は、公開前にはテレビでこの映画の特別番組を放送したり、模型メーカーである田宮模型も自社の製品と絡めた包み紙や下敷きを制作したりする等、世の中的にも盛り上がっていました…。
    公開前は…。

    ただ取り扱う作戦そのものが有名でないことと、どこで誰が何をしているか今ひとつわかりづらいところ(※)、何より連合軍視点でありながらも作戦そのものは失敗してしまい鑑賞後が何かすっきりしないというような点が災いし、一時は失敗作とまで言われてしまいました。

    ※テレビで放映された時は画面の隅に地図が出るなど日本の視聴者にわかりやすくするための工夫もされていました。

    ところが昨今のCGだらけの戦争映画にはない“ホンモノさ”(ってまぁあたりまえなのですが)が再評価されているようです。

    この作戦がうまくいかなかった理由は山ほどあるのでしょうが、劇中語られている理由の一つが、(武装)ジープが空輸の際に失われてしまったと言うこと。

    そんなわけでショーン・コネリーをイギリス軍SASジープに乗せてみました。

    Roy02.jpg

    このアーカート少将、空挺作戦は初めてで、その演習中に何度も飛行機酔いをしてしまったと語っています。
    ですので、ジープに乗っても右手はしっかりと取っ手を握っています。




    Roy03.jpg

    アルンヘム(当時の映画のパンフレットや原作本では“アーンエム”、Blu-rayの字幕では“アーネム”)までもう少しというところで橋にたどり着けなかったアーカート少将。

    ですので、画像の奥の方に“橋”を配してみました。

    さてこのSASの武装ジープ。
    いろいろなバリエーションがあるようですが、私が所有しているドラゴン製のものは次のようなっています。
    武器はプレン機銃1丁に、ルイス機関銃が前後に2丁ずつ。
    車体後方には燃料タンクが左右に二つ設置されています。
    さらに車体の後ろには予備弾倉、ジェリ缶等も携行できるようになっています。

    このSASジープは北アフリカ戦線で使われたものが有名ですが、このように欧州戦線でも使用されていました。




    Roy04.jpg

    ま、実際は3枚目の画像のようなわけにはいかず、映画の中でも、ジープが出てくるシーンはそう多くはありません。

    何しろイギリス軍が使用しているジープが一番目立つのがドイツ軍の迫撃砲(?)の直撃を受け乗員もろとも吹っ飛んでしまうシーンなのですから…。




    何もかもうまくいかないと嘆くアーカート少将に、ハンコック伍長が一杯の紅茶を差し出します。

    Roy05.jpg

    アーカート少将
    「この紅茶で事態が変わると思うかね」

    ハンコック伍長
    「多少は…」

    何気ないシーンですが、妙に印象に残ります。

    なので、よく仕事の合間に紅茶を飲む時に、頭の中でこの台詞をつぶやいてます。




    Roy06.jpg

    最後に今回の記事のもう一人の主役、SASジープ。

    またいつか活躍させてみたいです。




    Roy07.jpg

    鞘香ちゃん
    「その時は、私でよろしく!」

    このようなジープが活躍するのは、アメリカのTVドラマ「ラットパトロール」というイメージですが、私としては、同じくアメリカのテレビドラマ「COMBAT!」の1エピソード「ジープ特攻隊」ではないかと思っています。

    その「COMBAT!」の第85話「ジープ特攻隊」が収録されているDVD-BOXはこちら。

    コンバット! DVD-BOX 4コンバット! DVD-BOX 4
    (2011/09/02)
    ヴィック・モロー、リック・ジェイソン 他

    商品詳細を見る


    そして今回登場したSASジープはこちら…。

    1/6 WW.II イギリス陸軍 SAS 4x4 小型軍用車 ヨーロッパ戦線1/6 WW.II イギリス陸軍 SAS 4x4 小型軍用車 ヨーロッパ戦線
    ()
    ドラゴン

    商品詳細を見る


    プレ値が付いてる?
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    オーパ!

    遠すぎた橋は上映当時、私も興奮してました。田宮模型の下敷きもらった時は嬉しかったのを覚えています。

    オーパ カプサーリ!

    その心が躍らせる。

    たるたろうさん

    コメントありがとうございます。

    「史上最大の作戦」にも「バルジ大作戦」にも間に合わなかった私達世代に
    やっときた大型戦争映画って感じでしたよね。

    模型屋さんで新製品を見つけたドキドキは今でも夢に見ます。

    良い時代でした。

    関係ないけれど、今日、息子と学生時代に撮った「仮面ライダー」の写真見てました。

    ケラ男を改めて見た息子は、ショッカー怪人の中にあってまるで違和感がないと言ってました。

    それに加えて私の写真を見て「もてなそう」とも言ってましたが・・・。

    オペレーション・マーケットガーデン

    こんばんは。

    この“遠すぎた橋”は観ていないですねぇ~。
    マーケット・ガーデン作戦自体は“バンド・オブ・ブラザース”の中で出て来ました。
    事前情報では、ドイツ軍は大半が撤退し、残存兵力も老兵ばかりと言った情報だった様です。
    しかし、いざ蓋を開けたら、機甲師団もいるわ兵力も相当残っていた事と、主導のイギリス軍が舐めてかかっていた事が、作戦失敗の原因の様です。

    一時期、戦争映画等は確かにCGを多様し過ぎていましたよね。
    でも“プライベート・ライアン”辺りから、大掛かりなセットを使ったり、戦車等も造ってみたりしていますね。
    とは言っても、CGのない時代の戦争映画と比べると、撮影規模が全然ちがいますよねぇ。

    バンド・オブ・ブラザース

    dabuwanさん

    コメントありがとうございます。

    「バンド・オブ・ブラザース」の中でも描かれていましたね。

    いろいろな要素が絡み合い失敗してしまったようですが、現場の人間はつらいですよねー。
    考えさせられます…。

    それにしてもこの11月に劇場公開される映画「フューリー」には、実物のタイガーI戦車が登場するとか。

    すごい時代になったものです…。

    1/6シャーマンも欲しいんですがね…。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ