web拍手 by FC2

    大怪獣ガメラ【日東(マルサン復刻版)】

    去年は日本が世界に誇る怪獣王・ゴジラ生誕60周年と言うことで、日本映画専門チャンネルで特集が組まれる等、1年間楽しく過ごすことができました。

    さて今年は…というと、今年はやはり日本が世界に誇る大怪獣・ガメラ生誕50周年となります。が、今のところ日本映画専門チャンネルで「総力特集・ガメラ」は組まれていないので、当ブログ「ブログで『Avanti!』」で、総力特集をやっちゃおうと思ってます。

    その第一弾がこちら…。

    日東ガメラ復刻01

    平成10年に発売された日東(日東化学教材)第1期ガメラのマルサン復刻版です。 




    日東ガメラ復刻02

    タグはこんな感じになっています。

    同時期には、ガメラの怪獣“バルゴン”と日活の怪獣“ガッパ”が復刻されていました。




    日東ガメラ復刻03

    第1期は緑の体に腹部が白、甲羅の部分が紫というカラーリングとなっています。

    日東のガメラというと、ブロともの南樽太郎氏が子どもの頃から大切にしている緑の体にオレンジという第2期のカラーリングのガメラが印象に残っていますが、、こちらが第1期だったのですね。




    ボクが子どもの頃、よく行っていた場所の一つに前橋市児童文化センターという施設があります。

    最近、改修されて当時の面影はなくなってしまいましたが、ボク達が遊びに行っていた頃の施設は、展示室に手作り感たっぷりのミニチュアの町並みがガラスケースの中に飾られていて、そのガラスケースの上に1メートルくらいの発泡スチロールで作られたゴジラとガメラの置物?が並べて飾られていました。

    そうしてそれを眺めながら、戦うことのなかったゴジラとガメラに思いをはせていました。

    ゴジラとガメラについてもう一つ思い出されるのは、テレビでの放映の機会です。

    ボクの家に家庭用ビデオデッキが来るのは今から30年前、高校2年生の時でした。

    ま、いつものごとく、おばあちゃんにねだって買ってもらったわけなのですが…。

    それ以前は見たい映画があってもひたすらテレビで放映するのを待たねばなりませんでした…。

    そんな中、ゴジラシリーズに比べるとガメラシリーズの方が、ずっとテレビ放映の回数が多かったことは当時、子供だった方はそのような感想をお持ちなのではないでしょうか。

    そのようなことも“子供の味方”という設定とも相まって、ガメラに親しみを感じる大きな要素だったと思います。

    ただそうして繰り返し放映される中にも第1作の「大怪獣ガメラ」が放映される機会はほとんど無かったように記憶しています。
    やはりモノクロ作品だったからでしょうか。

    日東ガメラ復刻04

    映画「大怪獣ガメラ」では、北極の氷の中からこんな感じで登場してましたよね。




    北極から北海道、そして東京へ…ガメラの進撃は続く。

    日東ガメラ復刻05

    甲羅の部分はこんな感じです。




    ガメラの前に現れたのは!

    日東ガメラ復刻06

    そうです。ヤモマークさんのナスラです。




    果たしてガメラ勝つか!ナスラ勝つか!

    日東ガメラ復刻07




    「オラとこのカメもでっかくなるだべか…」

    日東ガメラ復刻08

    最後は映画「大怪獣ガメラ」で、空飛ぶガメラを見た左卜全サンに締めてもらいました。




    そんなわけで、ボクは今回もガメラを片手に新年の自宅で楽しく遊んで撮影していました。
    が、映画「大怪獣ガメラ」の監督、湯浅憲明監督の当時の苦労は並大抵ではなかったことでしょう。

    そんなお話が唐沢俊一先生によってまとめられているのがこちら。

    ガメラ創世記 -映画監督・湯浅憲明-ガメラ創世記 -映画監督・湯浅憲明-
    (2006/04/14)
    唐沢 俊一

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ガメラ:15年1月第二週のフィギュア関連情報(その2)

     本日三本目の更新です。一本目「 名古屋市科学館の特撮博物館情報(1/2) /01/13 」はこちら。 二本目「 同(2/2) 」にはこちらから。 前回10日更新の「 第2週の 」に続きまして、 先週末に拝見したガメラ関連の各種フィギュアについての情報を、まとめてご紹介致します。...

    コメントの投稿

    非公開コメント

    なつかしい・・・

    このガメラ、我が家にも子供の頃に買ってもらったものが残っています。
    亀好き(=ガメラ好き)少年の私は、有る日、前橋の今井ストアで叔母に好きなおもちゃを一つ買ってあげると言われ、すでに持っているガメラのソフビを選びましたが、同じものを持っている事を知っている叔母に「これはウンチが付いているから別のものにしたほうがいい」と別の人形を選ばされた記憶があります。
    何を選んだのかは覚えてませんが、「ウンチが付いているから」というストレートな説得はよく覚えています。
    そのガメラも、いまでは劣化し茶色の油が滲み出てしまっています。

    No title

    こんばんは。
    黒江さんのとこもJcomですか?

    私の世代ですとガメラには馴染みはありませんが、どこか憎めない愛嬌のある怪獣ですよね。
    ケバケバしい彩色が懐かしい(涙)
    私の世代ですと特撮はウルトラマン再放送ブームでした。
    しかし左卜全さんと言い志村喬さんと言い渋いキャラお持ちですね・・羨ましい^^

    ソフビのガメラ

    樽太郎さん

    コメントありがとうございます。

    そうでしたよね。日東のオリジナルガメラお持ちでしたよね。

    “ウンチ”のエピソード、聞いておりましたが、このガメラでしたか。
    そして叔母さんではなく、お母さんだと思い違いをしておりました。

    カメは良いですよね。
    ボクもまた飼いたいです。

    いつかオリジナルガメラもブログで紹介して下さいね。

    ガメラとともに大きくなりました

    ponyboyさん

    コメントありがとうございます。
    また相互リンクありがとうございます。

    改めまして今後ともよろしくお願いします。

    ウチもJcomですよ。
    もう15年になりますかね、ずっと映画やあちらのドキュメンタリーを見まくってます。

    上の書き込みの樽太郎さんはもう33年来のお友達です。

    ボクらの世代はやっぱり、テレビの“春休み子供映画劇場”みたいなので、ガメラ見まくってましたから…。

    モノクロの第1作「大怪獣ガメラ」と大人テイストの第2作「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」は比較的放映が少なく、第3作「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス」以後の作品がよく放映されていたように思います。

    またペットで亀を飼うというのもごくごく自然でボクも樽太郎さんも飼ってました。

    このあたりは世代世代でいろいろありますよね。

    また志村喬サン、左卜全サンは、ともに今はなきアルフレックスさんのフィギュアです。

    水野晴郎フィギュアを楽しみにしていたのですが、ボクの予約金2体分とともに倒産してしまいました…。

    アルフレックスさんには“兵隊やくざ”とか“江戸川乱歩の美女シリーズより 明智小五郎 天知茂”とかのフィギュアを作って欲しかったのですがね…。

    ご無沙汰しておりますm(__)m

    ガメラの特撮画像、最高です!躍動感・迫力が伝わります♪
    タグのイラストもいいなぁーと思いました。

    ガメラVSゴジラ→私はウルトラマンVSゴジラを想像してました(笑)

    近年、コラボっていう言葉が生まれているので、
    エイリアンとプレデターも戦っているので!?、
    別作品同士の組み合わせが増えるかもですね。
    賛否両論ありそうですけど、純粋に見てみたいです。

    コラボ

    トザキさん

    コメントありがとうございます。

    拙い写真ですが、躍動感や迫力を感じていただけたなら大変うれしいです。

    さて昔々ウチの近所の児童文化センターにあったゴジラとガメラ。

    実は仲良く並んで飾られていたんですねー。

    ウルトラマンVSゴジラをっていうイメージを再現してくれたのが
    「ウルトラマン」の第10話「謎の恐竜基地」のウルトラマンとジラースの戦いでしたねー。

    ウルトラマンに負けちゃうゴジラなので、実は子どもの頃から、あまりジラースは好きではありません…。

    それはともかくコラボレーションってのは楽しいですよね。

    ウチのブログも20世紀の怪獣ソフビ(復刻含む)VS21世紀のソフビってことで、いろいろチャレンジしてみたいと思います。

    よろしくお願いします!
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    下のリンクにある「Avanti!」というサイトのブログ版です。
    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ