web拍手 by FC2

    ロボダッチ(販売:オンダ 製造:フタバ)

    平成27年4月29日、払暁の黒江家。

    ロボダッチ01

    「今日は待ちに待った昭和の日だっち!」

    「黒江家の昭和コーナーから出動だっち!」

    「昭和のおもちゃと言ったらボク達だっち!」




    「このブログをごらんの皆様には、説明の必要もないだろうけど、『人間だったら友達だけど、ロボットだからロボダッチ』でおなじみのロボダッチなのだっち!」

    ロボダッチ02




    ロボダッチメモ

    ロボダッチ03

    ロボX(ロボテン) ロボダッチV-2 “チョイズル ロボ”




    「外国製の平成おもちゃなんてやっつけて、オレさまが、ロボダッチのいや、黒江家の全おもちゃの王様になるだっち!」

    ロボダッチ04




    ロボダッチメモ

    ロボダッチ05

    ロボZ(ロボゼット) ロボダッチV-3 “いたづら ロボ”




    「キミが黒江家の全おもちゃの王様かどうかはともかくとして、やっぱりボク達ロボダッチのリーダーは“タマゴロー”じゃないかな?」

    ロボダッチ06




    ロボダッチメモ

    ロボダッチ07

    ロボQ(ロボキュー) ロボダッチV-1 “どんぐり ロボ / チョイノロ ロボ”




    「おーい、みんな-、ボクはここだっち!」

    ロボダッチ08




    ロボダッチメモ

    ロボダッチ09

    タマゴロー




    黒江家のロボダッチソフビの秘密

    今回ご紹介した“ロボダッチ”のソフビ、“ロボQ”、“ロボX”、“ロボZ”は今から30年くらい前に、お店のデッドストック品を購入したものです。
    もちろん袋入りの新品で、いわゆるミント品って状態でした。

    ロボダッチと言えば、今井のプラモデル。

    これらは、そのロボダッチ全盛期に発売されたソフビだと思いますが、売れ残ってしまったようです。

    これを購入した当時、ボクはロボダッチのプラモデルはすべて処分してしまっていたので、この3体のソフビを見つけた時は感激しました。

    でも、その3体だけではやはり納得いかない、やはり“ロボダッチシリーズ”の主役とも言えるタマゴローがないと…。
    ボクは、そのお店の中を一生懸命に探しましたが、、とうとうタマゴローは見つかりませんでした。

    さらにその数年後、学生の頃からよく行っていた東京・下北沢のアンティークトイショップで見つけたのが、このタマゴローのソフビです。
    販売価格は、前のロボダッチ3体を全部足してそれを十倍したくらいのお値段。

    その頃はインターネットなんてまだなくて、古いおもちゃや古書との出会いはまさに一期一会の時代。

    そんなこともあって、ボクは、やっと手に入れたこのタマゴローの袋を開けるのがなんだかもったいなくなってしまいました。

    なので、このタマゴローはその時のままの姿で30年。
    いや、製造から考えると40年ちかくこのまま姿でいたということになります。
    そして、これからもずっと…?




    ヘッダーと宣材(カード)

    せっかくなので、ヘッダーと袋の中に入っていた宣材(カード)をご紹介します。

    ヘッダー(表)

    ロボダッチ10
    【黒江龍雄所蔵】

    ヘッダー(裏)

    ロボダッチ11
    【黒江龍雄所蔵】

    宣材(カード)

    ロボダッチ12
    【開封済みの3体に入っていたもので、タマゴローと同じもの:黒江龍雄所蔵】




    小沢さとる先生の言葉

    「キミたちに愛されたロボダッチは本当に幸せなロボットだったと思う。(略)今ボクは生まれ変わった新たなロボダッチに挑んでいる」【「ロボダッチ」1巻より】

    ロボダッチ13

    ロボX
    「うれしいなぁ、復活なの!?」

    ロボZ
    「へっへっへ 21世紀の最新金型技術で蘇るオレさまってわけだ!」

    ロボQ
    「復刻でも良いよ、そうすればタマゴローとも遊べるし」

    タマゴロー
    「関係者の皆さん、ぜひぜひよろしくお願いします!!!」

    一緒に街(※)に買い物に行くがうれしくて、祖母に歌って聴かせた“ロボダッチのCMソング”
    (※街に行く=市街中心地の繁華街に行くこと)

    近所の駄菓子屋“うすい商店”で、初めて買った“4点パックのロボダッチ”。

    よく遊びに行った前橋児童文化センターの売店で買った“カーダッチ”たち。

    お誕生祝いに買ってもらった“ ロボダッチサーキット”。

    ロボZの乗る戦車その名も“タイガーZがもっと大きいのかと思った“Z基地

    前橋初市祭りで、特別にもらったお小遣いで買った“ロボQのプラモデル”

    母親が自動車の教習所に通っていた頃、一人、家で留守番しながら作った“カーダッチ ファンタムキャラバン”

    祖母が懇意にしていたおもちゃ問屋の佐藤商店で買った“ラクダロボ”と“つりロボ”。この2体をいち早く手に入れたボクは友達からうらやましがられたものです。

    だんだんとプラモデルも精巧になっていき、作りがいのあった“メカロボ4セット”や“ガマロボ”

    みんな昭和の楽しい思い出です。

    ああ、あの頃に帰りたい。




    本記事を執筆するにあたり主に次の2冊を参考にさせていただきました。

    ロボダッチ 1巻 (マンガショップシリーズ 478)ロボダッチ 1巻 (マンガショップシリーズ 478)
    (2015/01/21)
    小沢さとる

    商品詳細を見る


    ロボダッチ 2巻 (マンガショップシリーズ 479)ロボダッチ 2巻 (マンガショップシリーズ 479)
    (2015/01/21)
    小沢さとる

    商品詳細を見る


    どちらも「100てんランドコミックス」に掲載された漫画「ロボダッチ」が主ですが、小沢さとる先生による書き下ろし漫画や「ロボダッチ博物館」と銘打たれた写真資料がうれしい本です。

    何より先に一部引用させていただいた小沢さとる先生からの“ボク達にあてた”メッセージが感涙ものです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    懐かしいですね

    ロボダッチ懐かしいですね!

    ¥300で4点パックでしたよね。
    私もガマロボ作りましたよ・・関節部にゴムパーツ組込んだのが記憶に残ってます。

    イマイのオリジナルキャラでしたよね。あの当時はプラモデル全盛期でしたから多種多様な
    キットがいっぱいありました。

    ¥500~¥1000くらいでそこそこなものが買えましたからお小遣いもらうと何を買おうか、いろいろ悩んだものです。当時はプラモ作りが上手い奴は尊敬されましたから必死で研究したものです。

    いい時代でしたね!

    良い時代だっただっち

    ponyboyさん

    コメントありがとうございます。
    またお返事遅くなってゴメンナサイ。

    ロボダッチ4点パックは土曜日、学校が終わってから買いに行き、その週末十分に楽しめましたね。

    ガマロボにゴムパーツを仕込むとは、カスタムですね。
    すごいなぁ。

    テレビ主導でないキャラ展開は、当時の玩具業界のパワーを感じます。

    ホント良い時代でした。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ