web拍手 by FC2

    エド・ハリス【キットバッシュver.】

    先日、CATV“イマジカBS”で、映画「ウェイバック -脱出6500km- 」というアメリカ、アラブ首長国連邦、ポーランド合作映画を見ました。

    それは、第二次大戦時、ポーランドを東から侵略したソ連にスパイ容疑で逮捕され、強制収容所に収容されてしまったポーランド人将校ヤヌシュ・ヴィスチェックは、収容所で仲間を募り極寒のシベリアを脱出しインドを目指すというのが大まかなストーリーの映画でした。

    その映画の中で、世界恐慌時にアメリカから仕事を求めてソビエト連邦を訪れたものの、外国人と言うことでやはりスパイで逮捕され、強制労働収容所に入れられている男、自称“ミスター・スミス”を演じたのが、エド・ハリスでした。

    久々に見るエド・ハリスのかっこうよさにしびれ、今回、撮影してみることとしました。

    エド・ハリスというと、映画「スターリングラード」でのエルヴィン・ケーニッヒ少佐が有名で、当ブログでも記事にしています。

    そんなわけで、まずは、ドイツ軍将校verをご覧いただきましょう。




    長い塹壕によりソ連軍と対峙しているドイツ軍。

    数キロ先にある敵の前線に異変を感じているエド・ハリス扮するドイツ軍将校。
    「敵前線において立ち上る砂煙を視認。多数の車両が移動中と思われる」
    と、司令部に報告。

    エド・ハリス01

    やはり映画「スターリングラード」の印象が強いので、東部戦線をイメージしてみました。




    報告を受けた司令部では彼を出頭させ作戦会議で報告させます。
    会議終了後、なおも粘って援軍、特に重火器の支援を直接、将軍に意見具申しますが…。

    エド・ハリス02

    煮え切らない態度に終始する将軍。
    古今東西を問わずこういう上司はいるもンです。




    虎の子“28cmロケット榴弾”が届くのが早いか、ソ連軍の“スターリンのオルガン”(リンクをクリックすると大きな音が出ます)が鳴り響くのが早いか…。

    エド・ハリス03

    東部戦線でのドイツ軍の定番、分捕り品の“PPSh-41”を持たせてみました。

    いつか“PPSh-41”装備の先輩、映画「戦争のはらわた」シュタイナー曹長の写真も撮らないと。

    つづいては、私服verです。




    ハイウェイをしばらく飛ばすと現れる廃線となった貨物引き込み線の鉄橋の下が待ち合わせ場所。

    エド・ハリス04




    「そんなことじゃないかと思ったぜ」

    その直後、手にしたコルト・パイソン/4inchタイプが火を噴き、車からサブマシンガンを持って降りてきた男たちに“357マグナム弾”か゜゛叩き込まれていく。

    エド・ハリス05

    それにしてもよく出てくる“コルト・パイソン/4inchタイプ”。
    最近は1/6フィギュアが下火でなかなか新しい拳銃が手に入らないのです…(T_T)。




    「『使われていない鉄橋の下で黒焦げの車と死体を発見』か…」
    テレビのニュースを見ながら、ビールを流し込む。ライムの香りが心地よい。

    エド・ハリス06

    こちらビールもいつもの、“コロナエキストラ”ならぬ“コロンダ・スーパー”。

    では、最後にタキシードverをご覧下さい。




    貧困にあえぐバル・ベルデ共和国の首都エスカロンにあってひときわ異彩を放つ某国大使館。

    大使主催のパーティに潜り込まんとするエド・ハリス扮する諜報員。

    エド・ハリス07

    バル・ベルデ共和国はハリウッド映画でおなじみの架空の国名。
    映画「白昼の死角」では“ エルバドル共和国”というやはり架空の国が出てきます。
    どちらも中南米あたりの国をイメージしているようですが。




    「やぁゴンザレスさん、お久しぶり、まぁ、おかけになりませんか」
    相手が「どこかでお目にかかりましたか?」と、いぶかしそうな顔をするも、
    「“フェレイラのヴィンテージ・ポート”は、いかがです?」の一言で接触に成功。

    エド・ハリス08

    “フェレイラ・ヴィンテージ・ポート”なんて書いてますが、ワインは好きですが詳しくないボク。
    刑事コロンボ 『別れのワイン』」からいただいちゃいました。




    「最後の一杯がフェレイラのヴィンテージ・ポートとは幸せな奴だ…」

    エド・ハリス09

    手にしているのは、おなじみの“PPK”ではなく、サイレンサーが付くタイプの“PPK”。

    諜報員と言ったら“PPK”ですよね。




    そんなわけで、エド・ハリスと楽しく遊んだ1日が終わろうとしています。

    エド・ハリス10

    「えー なになに? こっちのコンディショナーは“毛根を刺激し髪に活力を与えます”? こちらは“抜け毛を防ぎ髪のボリュームをアップします”? はてさて、どっちを使えば良いものやら…」

    とうことで無理矢理、ボクと悩みを同じうしてみました。

    そんなわけでボクが見た映画「ウェイバック -脱出6500km- 」はこちら。



    実録ものではなく、実録風映画のようですね、やっぱり。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    渋い俳優さん

    エド・ハリス、渋い俳優さんですね。

    私が彼を初めて見たのはC・イーストウッド主演の「目撃」でした。刑事役で目立ちすぎない演技ながら好印象でした。
    その後「ザ・ロック」、「スターリングラード」と観ましたがザ・ロックでのショーン・コネリーとの対峙の場面も良かったですね。

    「スターリング・・」は良い題材なのに若者向けに振ったのかコケましたね・・ジュード・ロウと若手女優とのロマンスなんて要らなかった。

    ともあれ架空のスナイパー将校は魅力的なキャラでした、さすがです。
    けっこう芸歴は長い人ですね。今後も映画を引き締める名脇役として活躍を期待しています。

    渋いですよねー

    ponyboyさん

    いつもありがとうございます。

    エド・ハリス、芸歴長いですよね。

    以前、チャールズ・ブロンソンの映画「ボーダーライン」(1980)を見ていたら、若い頃のエド・ハリスが出ていてびっくりしました。

    前に見た時はあまり印象にない役でしだか。

    ここ最近の活躍もあり、現行の同作品のDVDのパッケージには、エド・ハリスが大きく出ています。

    「スターリングラード」(最近の)は、おっしゃるとおり架空戦記で架空人物なのですが、魅力的な人物に昇華させてましたよね。

    とまれ、最近の邦画では、あまりこの手の俳優さんがいないので残念ですが、あちらの映画でもがんばって欲しいと思います。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ