web拍手 by FC2

    クモライオン (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    (前回に引き続き辻村真人さんの声で)「暗い闇の中から死の配達人が現れる。その時がこのクモライオン様の活躍する時なのだ」

    クモライオン01

    ということで9月初めに届いた“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション”の“クモライオン”。

    実はこのクモライオン、ボクにとっては苦手な怪人で、“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション”のラインナップに登場した時も正直、うれしくはありませんでした。




    ゲルショッカーの怪人、クモライオン。

    ゲルショッカの今回の作戦“T-3號計画”は、日本の産業界、学術界における主要人物を抹殺し、その代わりにゲルショッカーのロボットを送り込んで日本を支配すること。
    その前段にあたる要人の暗殺を行うのがこのクモライオンです。

    クモライオン02

    仮面ライダーカードにもなっているクモライオンの有名な写真を真似して撮ってみました。




    それはともかく…。

    「死神のお迎えだ」

    こんな台詞とともに暗殺対象である要人の自宅に登場します。

    クモライオン03

    前にクモライオンが苦手と書きましたが、実はボクにとっての子供の頃の一番怖いショッカー怪人がこのクモライオンだったのです。

    ね、怖いでしょ?
    え、そうでもない?

    ボクが1歳になるかならないかの頃、父親がかなりリアルなライオンのぬいぐるみを買ってきてくれたことがあったそうで、それを見た当時のボクは大泣きをしてしまってぬいぐるみに近づきすらしないために返品したと母から聞いたことがあります。

    なのでそのトラウマなのか、そもそもライオンが好きではないのか…。

    ちなみにテレビ漫画「タイガーマスク」に登場するライオンマンも好きな悪役レスラーとは言えませんし、「快傑ライオン丸」も「風雲ライン丸」も見てませんでしたねぇ。




    悪の秘密結社ショッカーがやはりアフリカ奥地で暗躍していたゲルダム団と合体してゲルショッカーになったように、ゲルショッカーの怪人は2つの生物を合体させた改造人間ということになっています。

    で、こちらがクモライオンのクモの部分。

    クモライオン04




    そしてこちらがライオンの部分。

    クモライオン05

    こうしてこのライオンの部分を見てみると「スターウォーズ」に登場する“チューバッカ”にそっくり。

    あっちのパ×リじゃないのか!?ってそんなことはないですよね。
    ちなみに最初の「スターウォーズ」公開時に3㎝くらいのミニフィギュアが付いたお菓子が発売されていまして、小学校5年生のボクはコンプリートを目指したのですが、なぜかチューバッカばかりダブってコンプリートはなりませんでした。

    クモライオン見てて思い出しました。




    右手のアップ

    クモライオン06

    凝ってますよね。

    こんなに凝っているのに作品中では特に触れられずに残念。
    そんなこともあってアップで紹介してみました。




    「ライオンの体力とクモの能力を併せ持つクモライオンだ、本郷猛、貴様が暗殺リストの№3だ。いくぞ!」

    クモライオン07

    なんでもライオンの持久力はハイエナよりも劣るそうですが、ここではあえて触れないでおきましょう。




    「死ねェ ライダー!」

    クモライオン08

    クモの糸はやっぱり赤いスズランテープにすれば良かった…。
    ありもので代用させちゃダメですね。




    「ううう、苦しい」

    クモライオン09

    果たして仮面ライダー勝つか?、クモライオン勝つか!




    〈おまけ劇場〉

    クモライオン10

    プシューッ!




    クモライオン11

    「おや?鞘香さん、何をしているので?」




    クモライオン12

    「ああ、これ?殺虫剤撒いているの。セアカゴケグモが出ると困るから。ホント、いゃあね、毒グモって…」




    クモライオン13

    クモ男、クモライオン
    「がーん!」

    〈おしまい〉




    そんなわけでこわーいクモライオンのお話が収録されているのはこちら。



    第87話「ゲルショッカー死の配達人!」クモライオンに続く、ネコヤモリが登場する第88話「怪奇 血を呼ぶ黒猫の絵!」。
    こちらも怖いお話ですよ(同話の予告編のナレーションを担当している塚田正煕監督風に)

    にしても、当時の放映は11月末から12月初めのかけての放映。
    怪談シーズンでもないのに、なんでこんな怖い話が続いたんだろう…。

    ボクが恐がりだっただけか…。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    はじめまして

    こんばんわ、go aheadです。(〃'▽'〃)

    リンクを貼らせていただいてもいいでしょうか?

    この記事もおもしろいですね~
    この後、クモライオンさんは殺虫剤で仕留められてしまったのでしょうか~
    想像が広がります。

    また遊びに来させていただきますね。

    こんばんは

    このライダーの怪人シリーズはメディコムのオリジナルなのですか?それとも復刻でしょうか。

    ライダーはV3、アマゾン、ストロンガ-あたりよく観ていましたね。あの頃は石森ブームでしたからね~^^;

    ヒーローものはほとんど彼の作品でしたね。

    不思議とヒーローばかり追っかけて怪人は覚えてないのですが・・ウルトラシリーズだと怪獣もしっかり記憶しているのですねぇ・・おかしなもんです(笑)

    おまけ劇場・・最後のガーン!が可愛いですね、、言われてみればチューバッカのようです(笑

    ありがとうございます

    go aheadさま

    コメント、ブロとも、リンク、いろいろとありがとうございます。

    そちらの作品も素晴らしいですね。

    ボクは不器用でヘッドのリペイントや衣装作りなんてとてもできないのであこがれのまなざしでそちらのブログを拝見しておりました。

    クモライオン。
    毒グモではないので何とか難は避けられたと思いますが…。

    ぜひまた遊びに来てください。

    ありがとうございます

    ponyboyさま

    いつもコメントありがとうございます。

    この“東映レトロソフビシリーズ”は復刻ではなく新規のシリーズですが、コンセプトとして昭和の怪獣・ヒーローブームの頃のソフビを意識した造型となっているようですね。

    ご指摘の通り、あの頃は石森先生、大活躍でしたね。
    ただ子供だったので、世の中そういうものだと思っていた節もありますが…。

    数あるライダーシリーズの中でも、ボクは「仮面ライダー」~「仮面ライダーストロンガー」が主担当です。
    中でも「仮面ライダー」、「仮面ライダーV3」、「仮面ライダーストロンガー」がお気に入りです。

    ウルトラ怪獣、印象的な怪獣が多いですね。
    ショッカー怪人に比べて図鑑類が多かったり、専門の番組なども作られていたからかしら。

    ね、チューバッカに似ているでしょう?

    新作S.Wも楽しみですね。

    No title

    クモライオンさん!我がアジトにも到着してますよ~♪
    個人的には印象の薄いこの怪人。
    でも、こーいったレアで商品化に恵まれなかった怪人さんを
    ソフビ化してくれるメディコムさんは、我々にはまさに神様といった所でしょうか。
    ガシャポンHGはライダー怪人フルコンプ頓挫。
    東映レトロソフビは挫折せず、是非コンプリートして欲しいですね。

    前回のレンズアリさんから東映レトロソフビの記事連投できましたね。
    油断してました。。。また来ますね。

    ありがとうございます

    ふみりんさん

    いつもコメントありがとうございます。

    油断させてしまいましたか…。

    そうなんですよね。

    ゲルショッカー編になって一段落したあたりの怪人ですよね。
    この後、ショッカーライダー編から最終話に向けて一気に盛り上がる、その直前の怪人ですよね。

    商品化もされてないし、クモライオンについて熱く語る人も身近にいない感じです。

    そんな中、登場したクモライオン。
    な、なぜ…とは思いましたが、へそ曲がりなもので着いたら即撮影という流れになってしまいました。

    大好きなドクダリアンなんてちらっとしか登場していないのに。

    ふみりんさんが心配しておられた“三匹の発電怪人シードラゴン”含めて商品化して欲しいですよね。
    私的にはショッカーライダーのバージョン違いが恐怖なのですが。

    もしかしたら次は“ナメクジラ”まで飛んでしまうかもしれませんが、ぜひぜひ遊びに来てください。

    よろしくお願いします!
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    下のリンクにある「Avanti!」というサイトのブログ版です。
    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ