web拍手 by FC2

    記念艦 戦艦 三笠 【日露戦争】

    人類史上の一大転換点たる日露戦争の大勝利から110年目となる今年。
    当ブログでも2回にわたり日露戦争の記事を書いてきました。
    第3回目となる今回は、日露戦争大捷の象徴とも言える“戦艦 三笠”を取り上げてみたいと思います。

    三笠01

    イギリスはヴィッカース社で竣工し1900年に進水した“戦艦 三笠”。
    今では神奈川県横須賀市にある“三笠公園”でその勇姿を見、乗艦することができます。

    “戦艦 三笠”の前に建立されているのが、日本海海戦時、帝國海軍の聯合艦隊を率いていた元帥“東郷平八郎”大将の像。

    三笠02

    日本海海戦時に三笠艦上で指揮を執っていた時の様子をもとに作られています。
    手にしているのは皇太子殿下(後の 大正天皇)から拝領した“一文字吉房”。

    また同じく日本海海戦時の三笠艦上の様子を東城鉦太郎画伯が描いた「三笠艦橋の図」がこちら。

    三笠03

    ※使用している画像は“記念艦 三笠” 艦上にあるパネルを撮影したものです。

    ちなみにボクが初めて“記念艦 三笠”を訪れた9歳の時、この複製の絵を買ってもらい、しばらく自室の壁に飾っていました。

    最近は絵だけでなくこのようなフィギュア?も置かれていてなかなかの迫力です。

    三笠04

    「目標! おすとびしゃー(ロシア語やその発音に疎いわが将兵に憶えやすいように付けられたロシア戦艦オスラビアのあだ名) 4500!」ってな感じでしょうか。

    こちらは電信室。

    三笠05

    この電信室から有名な「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 聯合艦隊はタダチニ出動 コレヲ撃滅セムトス 本日 天気晴朗ナレドモ波高シ」の電文が打たれました。

    電文と言えばもう一つ。
    日本海に迫るロシア・バルチック艦隊の発見に努めた信濃丸から発信された「敵艦隊見ユ 456地点 信濃丸」が有名ですよね。

    その信濃丸の模型が艦内に展示されていました。

    三笠06

    日本海の制海権を維持し続けるにはロシア艦隊を全滅させなければなりません。

    小規模とはいえロシア・ウラジオ艦隊に暴れ回られた苦い記憶のある帝國海軍は、ロシア・バルチック艦隊の航路をすばやく見極め、波状攻撃をしかける以外になかったのです。ロシア艦隊を追撃していたのでは間に合わないことは、ロシア・旅順艦隊との黄海海戦で実証済みでした。

    なので対馬沖から東シナ海までの10隻の仮想巡洋艦を配備した哨戒網を張りロシア・バルチック艦艇を見張っていました。
    その1隻が信濃丸だったのです。

    ちなみにこの信濃丸は大東亜戦争では輸送船として活躍。かの水木しげる先生を南方に輸送した船としても知られています。

    もちろん三笠を初めとした帝國聯合艦隊艨艟の模型もあります。

    三笠07

    手前に写っているのが三笠と同じく第1戦隊に属した“戦艦 朝日”。

    おや、こちらの艦は煙突が黄色いですね。

    三笠08

    そうです。硝煙の煙や水煙の中でも、ばっちり目立って聯合艦隊の将兵も狙いやすかったというロシア艦の煙突です。

    写真に写っているのは“くにおやじすわろう”ことロシア戦艦“クニャージ・スウォーロフ”と“あきれさんた”ことロシア戦艦“インペラートル・アレクサンドル3世”です。

    そしてこちらがボクの大好きな“日本海海戦 海上ジオラマ”

    三笠09

    解説と共に帝国聯合艦隊、ロシア・バルチック艦隊が移動するという楽しい仕掛け。
    ちゃんと水柱も上がります。
    昔からあるものだけれど、いつまでもなくならないで欲しいですね。

    ちなみにボクの息子も大好きで何度も見ていました。

    ロシア海軍を迎え撃った兵装を見てみましょう。

    三笠10

    まずは、主砲の40口径30.5センチ連装砲。

    照準はピタリとロシアの方向へ向いています。

    続いて速射砲群。

    三笠11

    三笠12

    最近はケガをすると危ないってンでいろいろな展示品を動かなくしてしまうことが多いですが、「この砲はまだ生きている」(映画「日本海大海戦」で当銀長太郎サン演ずる水兵さんの台詞より)って感じで動かせるものもあります。

    このような装備で、大陸での劣勢を挽回するべく地球を約半周してやってきたロシア・バルチック艦隊を全滅させたわけですね。

    ロシア・バルチック艦隊の司令長官“ロジェストヴェンスキー中将”は旗艦“クニャージ・スウォーロフ”艦上で重傷を負い、駆逐艦“ベドーヴイ”に移乗していたものの我が駆逐艦“漣”に捕らえられてしまいました。

    副将であったロシア・第3太平洋艦隊の長官であった“ネボガトフ少将”は戦艦インペラートル・ニコライ1世にて指揮を執っていましたが、鬱陵島付近で我が艦隊に包囲され降伏しました。

    その際、ネボガトフ少将が降伏のために三笠にやって来た時に使用した門がこちら。

    三笠13

    その際、東郷司令長官は武人の礼儀として士官には帯剣を許し、ネボガトフ少将がロシア皇帝に戦況報告ができるよう尽力しています。

    それに引き替えソビエット・ロシアは、先の大戦で一方的に不可侵条約を破り、そのことを本国に伝えようとした日本の通信を遮断してしまいます。また満ソ国境を蹂躙後、民間人を含む多くの人々を虐殺し、兵士をシベリアに抑留しています。

    そのような国を相手に話し合いで領土(北方四島や樺太、満蒙の利権)が返るはずはありませんよね。

    日本晴れの空、三笠のマストには、かの“Z旗”が翻っています。

    三笠14

    “Z旗”の謂われはこちらに書かれています。

    三笠15

    大日本帝国、日本人、亜細亜人、いえすべての有色人種を救った“戦艦 三笠”

    三笠16

    いつまでも日本人の心のよすがとしたいものです。

    〈おまけ その1〉

    三笠艦上で米軍基地の方を眺めていたら、なんとこんな光景に出会いました。

    三笠17

    おなじみ“オスプレイ”でした。

    離陸時のプロペラの様子はヘリコプターのようですが、離陸から発進までのスピードが速いのなんの。

    これでは我が国の離島を窺う某国とその思想的配下にある一部の連中はいやがるはずですよね。

    ちなみに日露戦争で我が国はイギリスと同盟を結んでおり、ロシア・バルチック艦隊が対馬沖にやってくるまで、陰に陽にイギリスの支援があったことも、私たちは忘れてはいけませんよね。

    〈おまけ その2〉

    “三笠公園”に行く途中の洋品店の店先で見つけたレトロ?布地。

    三笠18

    ファイヤーマン、ミラーマン、レッドマン、ブースカ、チャメゴン、チビラくん、ガキンコ、ママゴン、ポチポチ, etc.

    買おうかどうか迷ったけれど結局買わずじまい。
    今、こうして画像を見返していると、やっぱり買えば良かったーってことになってます。
    ※後で調べたら現行品のようです。

    〈おまけ その3〉

    実は“三笠公園”に行く前、“みさきまぐろきっぷ”を使ってちょいと顔を出した三崎港。

    三笠19

    選べるまぐろ食事券”を使っていただいた“海浜割烹 柳”さんの、“みさきまぐろきっぷ”の限定メニュー“三崎おもてなし御膳”。

    おいしうございました。

    本記事でも取り上げた“日本海海戦”を題材とした映画2本をご紹介します。



    東宝俳優陣の豪華さも見所ですが、矢島正明サンの淡々としたナレーションで語られるロシア艦の最期が哀れを誘います。



    安定の三船敏郎サン演じる東郷司令長官も良いけれど、三原順子サンも良いですよ、ちょっと可哀想な役所だけど。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ