web拍手 by FC2

    キャットウーマン 【KUMIK13-74 + G-Custom modeling catsuit】

    『五指の爪 玉の如くに 女正月』 (飯田蛇笏)

    早いもので今年も2週間が過ぎてしまいました。

    そんなわけで昨年夏のこちらの記事「ミシェル・ファイファー 【KUMIK13-74 + POPtoys evening dress suit】」で「〈ミシェル・ファイファー キャットウーマン編に続く?〉」と書いてから約4ヶ月も過ぎてしまいました。

    そんなわけで、お待たせしました(してないですかね…)“ミシェル・ファイファー版? キャットウーマン”の登場です。

    catwoman201.jpg

    マスク、キャットスーツ、ブーツ、プロテクターは、おなじみの“ G-Custom modeling”製。
    それに合わせて、今回のボディはタカラ・クールガールボディを使用しています。
    ヘッドは前回同様、“KUMIK13-74”を使用しています。




    と、崩れかけた廃ビルの窓の所に伸びてまいりましたのは、冒頭の句にもあります“五指の爪”

    catwoman202.jpg

    ハンドパーツは“キャットウーマンin COOL GIRL”のものを使用しています。
    やはり爪はこれでないと。




    キャットウーマンの登場です。

    catwoman203.jpg

    ヘッドは、“KUMIK13-74”を使用していますが、マスクで印象が変わりますよね。




    所在なさそうに夜の街を見つめます…。

    catwoman204.jpg

    首の接合部が難点でした…。
    あまり見つめないでください。




    「あの窓の明かりの一つ一つに人々のドラマがあるのよね」

    いつになく感傷的なセリーナ・カイル(※キャットウーマンの本名)であります。

    catwoman205.jpg

    ちなみに、マスクバージョンでは“KUMIK13-74”付属のウィッグは使用していません。




    冬の夜が静かに更けていきます…。

    catwoman206.jpg

    屋根は20年くらい前の“G.Iジョー”の監視ポストのもの。
    なんでもとっておくものですなぁ。




    マスクを取ってみると頬に当たるひんやりとした空気が心地よく感じられます…。

    catwoman207.jpg

    “KUMIK13-74”付属のウィッグを装着するとこんな感じです。




    「あ、あんなところに猫…」

    catwoman208.jpg

    ミシェル・ファイファーに見えますか?




    そして、朝がまたやって来ます。

    catwoman209.jpg

    おなじみ“リーメント”のぷちシリーズからいろいろ引っ張ってきました。
    何が何するものかよくわからないンですが…。




    年齢のことは考えたくないのですが、先日、誕生日を迎えまして…。
    もういい年になるンですが、三つ子の魂百までと申しますが、やはり好きなことはやめられないですねぇ。
    なので相も変わらずキャットウーマンです。

    昔っからといえば、前回の記事「前橋昭和博覧会」も懐古趣味爆発的な内容でしたが、ここで睦月影郎先生の新刊をご紹介したいと思います。



    その帯に曰く。
    「七〇年代、田舎の純な女子高生はこんなに、まぶしく美しかった!」

    そしてこの作品の主人公の名は、ナント“黒江竜児”!

    皆様もぜひお読みください。

    またこの「卒業 一九七四年」の世界に合いそうなグッズが、“リーメント”のぷちシリーズから発売予定です。



    このところサイズが小さめ(1/12?)だったので1/6に合うサイズだといいなぁ。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    フィギアにストーリー性を持たせてレビューするのも楽しいものですね☆

    このキャットスーツ・・・バイオ八ザードの忍者アリスに使いたい気分になってきます。^^


    素体はクールガールパーフェクトボディ~今のような多様化した時代へ。。

    思い出深い素体ですね。

    クールガール・・・後期はキャラクターものも多かったですが懐かしいです。

    私はガッチャマン白鳥のジュンだけはまだ大事に仕舞ってあるはずです。

    でも劣化してないかなと心配はしてます。「シリカゲル」などを入れてくる

    時代は最近のフィギアからですものね。ブリスターもスポンジ収納に比べると劣化しやすく、

    且つ衣装がビニール製になるとブリスターに引っ付いてしまったり・・・

    この日誌のキャットウーマンは状態が非常にいい感じですね。

    映画ではハル・ベリーの単独作品が大好きです。

    ストーリー仕込のレビューも面白そうだからチャレンジしてみたいんですが・・・

    お洒落なセリフとか、笑いを誘うセリフが浮かんできません^^;

    時の流れ

    PVC-ARTさん

    いつもコメントありがとうございます。

    基本的に私は「平成からこっち」が「この間」、「21世紀になってからこっち」は「ついこの間」と感じてしまうので、時代の流れに全くついて行っていない感じがしてます。

    なのでクールガール登場も、この間の話なので、ウチにあるクールガールの衣装が劣化していると、「この間、買ったばかりなのに」とぎょっとしてしまうことがあります。

    Rebootの話も出ていましたが、どうなったのでしょうねぇ。

    クールガールのRebootも気になりますが、Classic Beauty Entertainment社の新作がたまらなく待ち遠しいですね。

    で、このキャットスーツ。
    やはり劣化してしまっているのですよ。残念ながら。
    ただまだ、いくつか同じ製品のストックがあるのでしばらくは何とかなるかなと思ってます。

    また素体については、
    この手のキャットスーツ等は、クールガール素体で。
    肌の露出が多い衣装は、シームレス素体で。
    と分けていくようかなと思ってます。

    ともあれ、時の流れには、誰もかなわないってことですかねぇ…。

    さてさて、ストーリーモード?について

    この点について、私としては、自分で映画を制作しているような気分で楽しくやってます。

    シナリオライター、カメラマン、照明マン、監督、大道具さん(私の場合これはあまりないけれど)、小道具さん、そしてプロデューサーを一人でやっているようなもので、本当に楽しいです。

    ぜひぜひやってみてください。

    楽しいですよ。

    で、今年は、ブログ“光と影”のcorleさんの影響で背景にもちょっと凝ってみたいなと思っています。
    corleさんはじめ皆さんには遠く及ばないとは思いますが。

    No title

    こんにちわ~

    >シナリオライター、カメラマン、照明マン、監督、大道具さん(私の場合これはあまりないけれど)、小道具さん、そしてプロデューサーを一人でやっているようなもので、本当に楽しいです。


    まさしく!見ている私たちがそれを感じますよ。

    それと貴サイトには「梶めい子」さんのストーリーモードもあったりして懐かしかったです~!
    昔、確かにあのフィギアが販売されていた時期があるのは知ってましたが売り切れだったので現物すら見たことがありません。女囚さそりが大好きな学生時代でした^^
    夏八木勲に裏切られて・・・回想シーンを観ては 頑張れ~なんて思ったりw
    はぐれ牙は観ていなかったのですけれど、あのレアなフィギアはいいなぁ~と・・・

    ジオラマ制作なんですけど私もcorleさんの画像を見た時は映画のスクリーンショットのようにすら見えました。1/6サイズですと それなりにお部屋も確保しないと^^;
    私は写真撮りをうまくできるようになってみたいこの頃です。箱コレクターでしたから「魅せる」撮り方は意識したこともなく・・・。

    ジオラマは様々なフィギアにも流用できるといいのですが、限定される背景ですと使いまわしができず、置き場所も困ると言う点では、昔の大型乗り物をよく購入した21stを思い出します。
    1/6フィギアに見合った迫力サイズだけに・・・置き場に困って6畳そのものがオモチャ置き場化した時があります。  なんとか背景加工とストーリーモードで楽しめるようにしたい2016です。

    いいですね

    黒光りが艶めかしいスーツですね。

    鍛えられたアスリートのような引き締まったシルエットだと思います。
    よくぞこのスケールでここまで衣服を表現できたものですね。

    KUMIK、ミシェル・ファイファー・・
    このメーカーさんは手描き職人のセンスや描き方によって大きく左右され、それがまた
    このメーカーさんの味にもなっていると言う部分がありますよね。

    私も気に入ったものは何個も買ったりしますがその度、同じキャラで在りながら別人のような
    ヘッドを何個も味わいました(笑)

    KUMIKの少女時代は全員揃えましたが全部複数持ってます(笑)
    気に入ったものがブログに登場している次第です^^;

    お金と置き場

    PVC-ARTさん

    コメントありがとうございます。

    > まさしく!見ている私たちがそれを感じますよ。
    感じていただけたらうれしいです。

    梶芽衣子サン

    私も「女囚さそり」、「修羅雪姫」等の作品はもとより、梶芽衣子さん自身も大好きです。
    しばらく前には友人と一緒に同人誌を発行したことさえあります。

    そんな梶さんが1/6フィギュアになると知った時は、いつもそんなことばかり考えているので、現実と妄想の区別ができなくなってしまったのかと思ったくらいです。

    その後、平成16年、製造元のアルフレックスによる「第1回 時代劇フォトコンテスト」で梶さんフィギュアを撮影した作品で優勝を戴くなど思い出深いフィギュアでもあります。

    なので今後も本ブログで活躍してもらうことになると思います。

    ジオラマ制作

    そうですよね。corleさんの画像はフィギュアを撮影したものとは思えませんでした。
    いろいろな方の様々なフィギュアの楽しみ方は本当に参考になりますよね。

    21st社はじめとした車両

    一時、たくさん出ましたよね。
    金型の回収と言うこともあったのでしょうが…。
    確かに場所とるんですよね。

    ハマー系列のものは今は3台のみ残して後は売ってしまいました。
    ドイツ軍系ではやはりキューベルワーゲン、シュピムワーゲンとケッテンクラートは…なんて言っていると減らせませんし、連合軍も米英1台ずつは…なんて感じで。

    それはともかくとしても、PVC-ARTさんの2016年、楽しみにしています。

    これは保存用、こっちが遊び用、そしてこれが予備用だ

    ponyboyさん

    いつもコメントありがとうございます。

    衣装は“gamisanjp”の労作です。助かってます。

    KUMIK

    私はこのメーカーの品はあまり持っていないので、よく知りませんでしたが、個体差が大きいのですね。
    ここまでの製品をお手頃価格で提供してくれるのでうれしいメーカーでもあります。

    ただ誰が誰だかよくわからず、皆さんのブログでいいなと思った頃には売り切れで…というのがちと辛いです。

    私はタカラの“ニューG.Iジョー”すなわち兵隊さんの人形から1/6世界にどっぷりはまっていきました。

    なので、同じ装備の人が複数ほしかったので、ドラゴンが元気だった頃は結構複数買いをしてました。

    今は手元が…なので複数買いはほとんどしてません。

    本当はタイトルみたいに「これは保存用、こっちが遊び用、そしてこれが予備用だ」ってやってみたいのですが…。

    No title

    すごくいい感じですね~
    キャラと近景・遠景がマッチしててとてもいいです。
    ストーリーがちゃんと練られて表現されているところもすばらしいと思います。

    私の場合ストーリーというよりは単なるワンシーンですからね。


    私も今も色々悩みながら作っていたりしますが、どうにもうまくいかないんです。

    製作の技術の足りなさもそうですけど、それよりも妄想と現実のギャップが・・・

    妄想ではいいかんじなのですが、実際作ると物足りなかったり、ポージングが
    なんか違うなとなったり。

    一つ前の記事も拝見しましたが、あのジオラマ達はすばらしいですね。
    私も、似たような昭和のジオラマ展を一昨年あたりに県内でみてから、前から作ってみたかったものが再燃して作り始め、いまにいたっています。

    あの独特な雰囲気は昭和ならではのもので、いつか兆戦したいものです。
    昭和の雰囲気とライティングは今では味わえない奥深いものですね。

    妄想力

    corleさん

    コメントありがとうございます。

    また記事やコメントの中でお名前を出させていただいておりますが、どうぞよろしくお願いします。

    画像、お褒めいただきありがとうございます。
    写真教室に通っていた頃、先生から組写真や写真の見せ方についてご教示いただいたことを(忠実にとまではいかないのですが)守ってやっております。

    ストーリーの方はですね。
    フォトストーリーでやるぞって時は、一応、シナリオらしくものを作ってみるのですが、だいたいは、とってつけたようなもの、思いつきが多いですね。
    ひどい時は撮ってから考えるみたいな時もあります。

    ネットで皆さんの作品や見せ方を拝見していますが、その中でもcorleさんの作品「孤独」、「街角」を拝見した時は衝撃的でした。

    corleさんのコメントにあった「妄想と現実のギャップ」これはきっとどなたもそうなのでしょうね。
    私もそうですし。

    ただそれを支える「妄想力」は大事だと思いますし、それ考えている時が楽しいですよね。

    一つ前の記事の一連のジオラマ作品。
    本当にため息が出るくらいすばらしい作品でした。

    あの雰囲気、そしてライティング、本当にそうですよね。

    corleさんの作品も楽しみにしています。

    私もいろいろ“妄想”しているのですが、そもそも不器用だし。

    今は、どのくらいの大きさを確保するか、基本的な材料等の特性と使い方、そして入手方法なんていうところを勉強しています。

    今日は雪がひどくて職場への道がふさがれてしまっているのでお休みです。
    なのでこのような時間にコメントしてみました。

    こんにちわ☆

    ご挨拶ご遅れてしまいました。
    今年もどうぞよろしくお願いします!(〃'▽'〃)

    キャットウーマン…残念ながらキャラクターが分からないのですが、とってもカッコイイですね~
    ピチピチのキャットスーツにマスク姿がたまりません~(∩´∀`∩)

    廃ビルの窓に手をかけている所を見ると、怪盗ルパン的なイメージです(ぜんぜん違っててら、ごめんなさい(・_・;))
    背後のぼんやりした街の景色がリアルでいいですね~

    しかしこんな美しい怪盗に出会ったら、見逃してしまいそうですね。(笑)

    そしてリーメントは食べ物以外もけっこう出てたんですね~
    集めていた当事は、食べ物以外、目に入ってなかったのかしら~
    次回のリーメントは使えそうですね、大人買いしてしまいそうな予感です。o(^o^)o

    本年もよろしくお願いします

    go aheadさん

    昨年末はどうもありがとうございました。
    こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします!(〃'▽'〃)

    キャットウーマンは、アメコミ「バットマン」に登場する悪役?キャラで、アメコミはもとより、TV、ドラマ、アニメなどに登場していますが、登場作品によって多少キャラにぶれがあります。

    と言ってもおおむね、go aheadさんの推察通りのキャラです。

    昔々のTVドラマ「怪鳥人バットマン」に登場していたからなのか、この手のキャラの中ではボクのお気に入り№1です。

    画像、お褒めいただきうれしく思います。

    さてさて、リーメント。
    この頃は、今に比べて出来もいい感じがしますし、何かしゃれも効いていて良かったですよね。

    次回、発売のラインナップも見本画像だけですが、欲しいと思ってます。
    記事にも書きましたが問題は大きさなんですよねー。

    大人買い、しちゃいます?

    こんにちわ☆

    リーメントのレトロ喫茶店と抹茶づくし、1/12だとツラいなぁ~と思い、思わず問い合わせてしまいました。(^_^;)
    しかし、個々によって可愛見えるサイズか違う為、お答えできませんとの回答でした。ガックリ…
    出たとこ勝負という感じですかね~(^o^;
    近々ヨドバシカメラに行く予定なので、置いてあったら買ってしまいそうです(笑)

    大きさ、気になる…

    go aheadさん

    コメント、そしてプレゼントありがとうございました。

    また貴重な情報もありがとうございます。

    リーメントに問い合わせされたのですね。
    無難というか、当たり障りがないというか、要を得ないというか…微妙な回答でしたね。

    以前、よく上京していた頃、東京では同社商品の先行販売をしていたので、もしお買い求めになることがありましたせ、詳細を教えてください。

    最近の同シリーズ「じいちゃんばあちゃん家」、「ぼくらの理科室」、「80’sなつかしわが家」も大きさと出来が微妙でスルーしてしまいました。

    今後はサイズ混在ってことであきらめるしかないのかなぁと思っているところもあります。

    また何かわかったら教えてください。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ