web拍手 by FC2

    軟体怪人 ナメクジラ (メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー)

    (中江真司サンの素敵な声で)「我らの仮面ライダーを狙うショッカー本部がメディコム・トイに命じて新年早々に(ホントは昨年末の予定だったけど)送りこんだ今回の使者は、怪人ナメクジラー」

    ナメクジラ01

    というわけで、本当は平成27年12月下旬にウチに到着し、ナメクジラとともに年越しをするはずだったのですが、1月中旬に「仮面ライダーV3」に登場したデストロン怪人・ピッケルシャークとともに到着しました。

    今回到着した“ナメクジラ”、“ピッケルシャーク”はともに大好きな怪人なので、到着が大変待ち遠しかったのです。
    その一方で、注文時には、「この二怪人が到着する頃は、平成27年も終わっているのだなぁ」と感傷的な気持ちにもなりました。

    で、“ナメクジラ”、“ピッケルシャーク”は二体とも好きなのですが、折も折、寒波が来ているところでしたので、海の怪人である“ピッケルシャーク”は夏に回し(こんなことをいいつつ、シオマネキングもそのままになっちゃってますが)、今回は“軟体怪人 ナメクジラ”で遊んでみたいと思います。




    ショッカーのアジトで死神博士の命令を受けるナメクジラ。

    ナメクジラ02

    この“軟体怪人 ナメクジラ”は「仮面ライダー」第45話「怪人ナメクジラのガス爆発作戦」に登場したショッカーの改造人間です。
    ボクの好きなナメゴン、カネゴン、ガンダ-等、目玉の飛び出た怪獣・怪人の系譜に属する怪人です。




    お話の冒頭に語られる使命は「矢島博士(演ずるは「ウルトラマン」第16話「科特隊宇宙へ」で毛利博士を演じた池田忠夫サン。演じた両博士の風貌はほぼ同一人物と言っても過言ではない)が発明した人工頭脳を奪うこと」。

    その使命を果たすべく、明け方、毛利博士じゃないや、矢島博士の自宅に忍び寄るナメクジラ。

    ナメクジラ03




    ところが、おかしな泥棒の二人組の闖入により、泥棒に人工頭脳を奪われてしまいます。
    そうはさせじと、泥棒達に迫るナメクジラ。

    ナメクジラ04

    仮面ライダー特別版 ショッカーVol.1 (Official File Magazine)」によると、本編のロケ地は、川崎市にある“神木山等覚院”だそうです。
    さすがにそこでのロケ(?)は出来ないので、昨年12月に行った映画「寅さんシリーズ」で有名な柴又帝釈天(経栄山 題経寺)を背景として利用させていただきました。




    「その人工頭脳をこちらに渡せ。 命が惜しくないのか…」

    ナメクジラの武器は口からの噴射液(ライダーカードの記述では“どく液”)。
    その噴射液を浴びた人間は溶けてしまいます。

    ナメクジラ05

    と、いつの間にか、お話が進むと、ナメクジラの使命は「この噴射液を強化してガスタンクに穴を開けること」となっています。




    というわけで、噴射液を使って泥棒を溶かし、人工頭脳を手に入れたショッカー。
    早速、人工頭脳をナメクジラに取り付けようと試みますが…。

    人工頭脳とナメクジラの神経回路のつなげ方がわからないという、まるで新しいパソコンを買ったばかりのボクのようなことになってしまいます。

    そこで、今度は人工頭脳を開発した毛利博士じゃなくて矢島博士(しつこくてスンマセン)を、娘を使って誘い出し、人工頭脳をナメクジラに取り付けさせます。

    こんな感じで。

    ナメクジラ06

    と、お話が進んでくると、ナメクジラの使命は「この人工頭脳で噴射液を強化して、分厚いガスタンクの鉄板を焼き切ってガス爆発を起こさせること」となっています。

    ま、その場その場で、やることが微妙に変化していくってことは、現場ではよくあることですが…ね。




    無事、人工頭脳の装着に成功したナメクジラ。

    噴射液は、炎となって、コンクリート製の電信柱(?)を燃やせるまでになりました。

    こんな感じで。

    ナメクジラ07




    「あのガスタンクを破壊してやる!」

    ナメクジラ08

    後ろ姿はこんな感じです。
    緑と紫のラインがきれいで、後ろまで手を抜かない「いい仕事のものですねぇ」。




    「かかれーっ」

    ナメクジラ09

    先日、このナメクジラと同じ“メディコム・トイ 東映レトロソフビコレクション 仮面ライダー シリーズ”から、ショッカー戦闘員が発売されましたが、その戦闘員は俗に“骨戦闘員”と呼ばれるタイプ。
    この“骨戦闘員”は、今回のナメクジラを指揮している死神博士と交代で日本支部の指揮を執ることになった地獄大使とともに登場するので、今回は使用できませんでした。

    なので、戦闘員もいろいろなバージョンを発売してもらいたいものですなぁ。




    と、そこへ。
    「待てぃ!」
    と現れた“仮面ライダー2号”

    ナメクジラ10

    果たして、仮面ライダー勝つか!? ナメクジラ(噴射液強化ver)勝つか!?




    〈おまけ劇場〉

    ナメクジラ
    「ってことで、鞘香さん、私の活躍いかがでしたか?」

    ナメクジラ11

    鞘香
    「そうねー。狭いところに入り込める以外にも、もう少し、ナメクジの特徴を出せると良かったのに…」

    ナメクジラ
    「と、言いますと?」




    鞘香
    「ビールの匂いにつられちゃうとか…」

    ナメクジラ12
     〈活躍想像図〉




    ナメクジラ
    「それ、ナメクジ駆除の方法ですよ! 」

    ナメクジラ13

    鞘香
    「じゃ他に何かある? ナメクジがヘビに強いと言っても、戦う相手はバッタだし…」




    ナメクジラ
    「ちなみに私、ナメクジラの出身地は尾瀬沼の奥地(前掲書)なんですが、その尾瀬沼のある群馬県利根郡ではこんな言い伝えがあるのです…」

    ナメクジラ14

    ナメクジラ
    雨の日に頭を洗うとナメクジが巣を作る…




    鞘香
    「いやすぎる… さすが“秘境 グンマ-”」

    ナメクジラ15

    ※今は活動休止してしまった「群馬探検隊」。隊長は…そう、本郷猛!

    〈おしまい〉

    ということで、“軟体怪人 ナメクジラ”の活躍が美しい映像で見られるのは、こちら。



    そして、「〈おまけ劇場〉のナメクジの話って本当?」と思った方には、こちらがおすすめ。



    こちらの記事のヘビ言い伝えのくだりも、出典はこの辞典でした。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    毎度です。

    黒江さんのブログでは久々の東映レトロソフビネタですね。
    主役は新作のナメクジラできましたか!

    人工頭脳をナメクジラに取り付けようとしているのはタイムハウス製
    ショッカー科学者!?・・・違うかな。手がリアルすぎる(笑)

    骨戦闘員を登場させない妥協無しの本物志向!恐れ入りました。

    仮面ライダー勝つか!? ナメクジラ(噴射液強化ver)・・・・続きの激闘シーンが見たいですね。
    2号ライダーが旧バンダイソフビかな?あえて東映レトロソフビ2号でないのがイイっ!!



    軟体怪人 ナメクジラ

    ふみりんさん

    コメントありがとうございます。

    最近、あっという間に月日が過ぎてしまうので、ちょっと別のおもちゃで遊んでいるとこんなことになってしまいます。


    さてさて。

    今回、ナメクジラを改造した毛利博士じゃなくて矢島博士(ホントにしつこくてスンマセン)を演じているのは、アルフレックス社製の人形です。
    また2号ライダーは、ユニファイブの復刻版のバンダイ・仮面ライダーです。

    そんなわけで全然、「妥協無しの本物志向」ってわけじゃないのですよ。

    遅れていたメディコムのソフビシリーズ。
    どうやら明日には“コブラ男”が到着しそうです。

    今月末はカニレーザー、続いてサボテンバット、そしてアマゾンなので、純然たるショッカー怪人はちょっと先になってしまいそうですね。

    でも、それが“ユニコルノス”らしいので、それはそれで楽しみです。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ