web拍手 by FC2

    ヨシフ・スターリン【DID】

    前の記事で「先日、注文しておいたDIDや3Rのミリタリーフィギュア4体分の着払いが一気に来まして…」と書きましたが、そのうちの1体、DID製の“ヨシフ・スターリン”(joseph jughashvili stalin)について、彼の命日である本日、3月5日の記事として取り上げてみたいと思います。

    stalin201.jpg

    このフィギュアを製作したDIDはソビエト軍の兵隊フィギュアも製作していますが、ロシア連邦の大統領“ウラジーミル・プーチン”もフィギュア化しています。本商品もそんな流れの中に位置するのでしょうか?

    はたまた、かつて発売された“ウィンストン・チャーチル”フィギュアの流れを汲んでいるのでしょうか。

    スターリンのフィギュアなんて、どういう人が買うのだろう?と思いつつ、“大のスターリン嫌い”のボクが購入していたりします。




    さて、中身は、こんな感じです。

    stalin202.jpg

    以前、ご紹介した“kings-toys”の“ヨシフ・スターリン”は、制帽、国防色の軍服上下に長靴という出で立ちで、白い上着に紺色のズボン、短靴、書籍(「共産党宣言」もしくは「資本論」?)、パイプそしてイスが付属しているという結構充実の内容でした。

    それに比べて今回の“DID”の“ヨシフ・スターリン”は、上の画像のように、制帽、紺色の軍服上下、短靴、制服と同色の外套、そしてパイプがセットになっています。




    「敵は憎めど人形憎まず」。

    さっそく箱から出してみましょう。

    stalin212.jpg

    とまぁ、全身像はそんな感じです。




    stalin204.jpg

    外套を脱ぐとこんな感じ。




    1945年、最高会議幹部会決定によりソ連邦大元帥となり、モスクワで閲兵をするスターリン。

    stalin205.jpg

    かつてスターリンの母エカテリーナは息子スターリンに「お前はどんな人になったの」と問うた。
    スターリンは「お母さん、俺はツァーリみたいな仕事をしてるんだよ」と答えた。
    母エカテリーナは、「おまえには司祭になってもらいたかったのにねえ」と言った。
    という実話が残っているそうです。

    そんなジョークのような逸話に続いて、かの国で有名な“アネグドート”(古代ギリシア語で「公開されていないおもしろい話のこと」松澤一直,「頭でわからないなら尻で理解しろ! (ベスト新書)」,2008年,KKベストセラーズ,ISBN978-4-584-12177-1)で、この“赤いツァーリ”ことスターリンを紹介していきたいと思います。




    「偉大なる指導者スターリンを讃える肖像写真」

    stalin206.jpg

    一人の紳士が東ベルリンの美術展にやってきて、政治家たちの肖像写真をしばらく眺めていた。
    「おきまりになりましたか?」と売子。
    「そうだなスターリンの肖像百枚と、ウルプリヒトピークとクロテヴォールのをそれぞれ五十枚ずつ包んでくれないか」
    「で、どこの工場か委員会に請求書を送ればよろしいでしょうか?」
    「いや、ここで払うよ」と客。「あさって、西ベルリンの私の狩小屋で射撃コンクールをやるんでね」

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。




    「葉巻を嗜むスターリン」

    stalin207.jpg

    ポツダム会談。スターリンとトルーマンとチャーチルがサロンでくつろいでいた。

    チャーチルが金のシガレットケースを取り出して、二人の元首に煙草をすすめた。トルーマンとスターリンは煙草をとり、シガレットケースを誉める。トルーマンがケースに彫りこまれた献辞を読んだ。
    「わが老ウィニー(ウィンストン・チャーチルの愛称)に。ロータリークラブ」

    こんどはトルーマンが自分のシガレットケースを取り出す。同じく純金製。献辞はこうだ。
    「わが敬愛するハリー(ハリー・トルーマンのこと)に。民主党」

    そこでスターリンも自分のシガレットケースを披露する。どっしりとした金にダイヤモンドが嵌めこまれ、美しい書体で献辞が彫りこんである。
    「わが敬愛するヴィンディッシュグレーツ伯爵に。ウィーン・ジョッキークラブ」

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。




    「自国はおろか東側の衛星諸国にも命令を下すスターリン」

    stalin208.jpg

    裸の尻でハリネズミの上に座ることができるだろうか?

    できる。その場合、三つの状況が考えられる。

    第一に、尻がきみのものでない場合。
    第二に、ハリネズミが体を剃っている場合。
    第三に、スターリンが命令する場合。

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。




    「ウォトカも嗜むスターリン」

    stalin209.jpg

    あの世でスターリンはニコライ二世に会った。最後のツァーは元帥に、一九一八年以来のロシアの変化を聞きたがった。
    「なあ、ヨシフ・ヴィサリオノヴィッチ。ロシアは相変わらず強国か?」
    「もちろんだ。あんたの時代より大きくなったほどだよ」
    「軍隊は強力か?」
    「昔より、ずっと強くて武勲赫々たるものさ」とスターリン。
    「秘密警察は?まだあるのか?」
    「ああ、MWDはあんたのオフラナ(ロシア帝国内務省警察部警備局)より、ずっと有能だ」
    「政治犯は、やはりシベリアへ送っているのか?」
    「うん。あんたの時代より多いぞ」
    「では、コサックは安寧秩序を維持しているのか」
    「数え切れないほどの連隊があるよ」
    「ロシア人は相変わらずウォトカを飲んでいるか?」
    「相変わらずね」
    「それで、アルコール分は、やはり四十パーセントか?」
    「いいや、もっと強い。四十二パーセントだ」
    「なあジュガシヴィリ。たった二パーセントのために、あれほどの革命をやる値打ちがあったのだろうか?」

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。




    「読書をするスターリン」

    stalin210.jpg

    一九三七年、ロシアの偉大な詩人アレクサンデル・プーシキンの死後百周年を記念して、ソ連政府はプーシキン記念像のコンクールを公布した。さまざまなアイデアが殺到した。
    厳格な選考の結果、次の三つの作品が佳作となった。
    「コーカサスの頂に立ち、はるか彼方を眺めるプーシキン」
    「決闘の敵手の弾丸を胸に受け、まさ倒れんとするプーシキン」
    「ミューズの手から月桂冠を戴くプーシキン」
    だが、一等賞を獲得したのは次のようなタイトルの作品だった。
    「プーシキンを読むスターリン」

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。




    ということで、最後に今回、引用させていただいた本をご紹介。

    stalin211.jpg
    スターリン・ジョーク (1983年)




    「『スターリン・ジョーク』と言えば…」

    stalin213.jpg

    「同志スターリンが自分にかんするジョークを集めているって本当?」
    「うん、だけど、まずそいつをしゃべるやつからだ」

    平井吉夫,「スターリン・ジョーク」,河出書房新社,1983 より。

    いゃあ、共産主義って本当に怖いですね。





    「♪友よいっしよに 防共の固い砦を 築くのだ」 (戦時歌謡「大陸行進曲」より)

    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    こんちはw

    ミリタリーフィグは歴代の悪役でも一定数売れるみたいですよw
    うちにフセインやラディンにカストロまでいますww
    チェもいたかな?
    そして・・・定期的にフィギュアのクオリティが一定レベルあがると発売されるヒットラーも・・・

    現在でも極右のトランプが人気なこともあり
    やっぱり彼らを求める人はいるんだろうな~なんて思いました。

    歴史の偉人フィグ

    ジェノさん

    フィギュア製作も商売ですから、ある程度の見込みがあって発売するのでしょうね。

    古くはシーザー(の方がなじみがいいなぁ)、ナポレオン…。

    本朝を顧みれば、信長公や信玄公、豊太閤、先日はけっこうなお値段の家康公も発売の告知がありました。

    20世紀の人物ではジェノさんご指摘の面々も。
    そうそうカダフィ大佐もそっくりサン?ヘッドが発売されていましたね。

    お隣の国では毛沢東、周恩来が発売されてました。

    第三帝国の人々は総統をはじめ数名が発売されていますね。
    このあたりは将軍フィグと重なるところもありますが…。

    個人的にはドイツ労働戦線全国指導者、ロベルト・ライ博士のフィグがおそらく告知のみで発売されなかったことが残念です。
    3Rで発売してくれないかしら。できたら素敵なご夫人とセットで。

    米国の政治家と言えばアニメ「ザ・シンプソンズ」のエピソードの中で“ゴア副大統領人形”ってのが出てきておかしかったです。

    こんばんは

    私事でおさわがせしております^^;

    スターリン行かれましたかー

    ワタシもドイツ軍贔屓なのでスタちゃんは嫌いですが(笑)
    よく似ていますよね、、

    ウチには総統とヒムラー居ます。ゲーリングは欲しいところです。
    もうすぐハイドリヒが来そうですね?

    いつかは総統と作戦会議

    Ponyboyさん

    いつもコメントをありがとうございます。

    スターリン、いっちゃいました。

    スターリンは、以前紹介したkings-toysのものをはじめ数種類出ていますが、さすがのDID、出来がいいですよね。
    ま、あくまでもスターリンの写真と比べての話でして、そもそも、その写真も修正だったり、影武者だったりと…。

    あ、誰か来たようです…。

    失礼、気のせいでした。

    総統とヒムラー長官をお持ちなのですね。
    3R製のものでしょうか。

    3Rからハイドリヒの発売が告知されましたよね。

    ヒムラー、ハイドリヒ、レーム、ボルマン、ルッツエカルテンブルンナー、ヘスはIn The Past Toysのものを購入してしまったので、ヒムラーとハイドリヒはそのままで、3Rのものは買いませんでした。

    ただゲーリングとゲッベルスは買い直す羽目に…(T_T)

    いつか“なんちゃって総統本営”の様子も撮影してみたいと思います。

    No title

    こんばんわ

    DIDは独自なペイントですけれどチャーチルにせよ、スターリンにせよ歴史上の人物ラインナップが良いですね。蝋人形のようにリアルです。雰囲気がHOTTOYSと異なりすぐにDID製品ってわかりますものね。(コピーヘッドが出回らない)

    私は映画の軍人をコレクションしていますが作り込みがいいですね。
    お値段も適正で納得して購入してます。
    DIDもいつの間にか安定したTOYメーカーになったなぁと感心します。

    私の購入している無版権メーカーは暫くすると消息不明メーカーになってますw

    シュタイナー曹長やパットン将軍…

    PVC-ARTさん

    いつもコメントありがとうございます。

    DID、歴史上の人物シリーズの他に、映画のキャラシリーズがありましたね。

    それと、そっくりさんシリーズ。

    > 無版権メーカーは暫くすると消息不明メーカーになって

    その傾向はありますよね。
    このシリーズ続くといいなぁと思っていても続きが…。

    あちらの商売って本当にどうなっているのかわからない部分がありますよね。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    下のリンクにある「Avanti!」というサイトのブログ版です。
    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ