web拍手 by FC2

    哀悼 そして 復興へ

    5年前のあの日あの時。

    Requiem1501.jpg

    ボクは花粉症がひどくなってしまった息子を医者に連れて行くために時間休をいただいて家にいました。

    暖かい日で、南側の和室に寝転んで息子が帰宅するのを待っていました。

    そこへ激しい揺れ。

    そして即停電。

    引っ越して3ヶ月目の家で、何が起こってのか、そして何が起ころうとしているのか、全くわかりませんでした。

    揺れが収まるのを待ち、バスで帰宅する息子を迎えに行きました。

    停電のため、信号は止まっていました。

    息子とその友達の下級生を連れ、家へ向かいました。
    途中で下級生のこの家へ寄り、お母さんにその子を引き渡しました。

    家内の帰宅は夜遅くでした。

    懐中電灯の明かりの中、スーパーで買ってきた“いなり寿司”を食べました。

    電気が通り、被災地の様子がわかったのは深夜2時でした。

    Requiem1502.jpg

    その後、計画停電、ガソリンスタンドの列、がらがらになったスーパーの棚…、私たちは今までにないことを経験し、見たことのない景色を見ました。

    Requiem1503.jpg

    あの揺れをボクが感じた時、息子をバス停まで迎えに行った時、息子と暗い家の中でそれぞれの祖父母の家と電話が繋がった時、家内からのメールが届いた時…。

    被災地の皆さんにはつらく悲しい出来事が降りかかっていたのだと思うと、人ごととは思えず、今でも胸が熱くなるようです。

    Requiem1504.jpg

    あの日、亡くなった方々には深い哀悼を捧げます。
    今も苦しむ被災地の皆様にはお見舞い申し上げるとともに一日も早い復興をお祈りします。
    そして、救命、救護、復興に尽力された警察、消防、自衛隊、地方自治体、ボランティア等に携わった皆様に感謝いたします。

    Requiem1505.jpg

    先日、購入した“コーヒーノキ”にも新芽が出てきました。

    すくすく伸びるこの“コーヒーノキ”のように、復興が進むことを改めて祈念いたします。

    心を一つに!
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ