web拍手 by FC2

    ブリキの零戦【零戦 ZERO FIGHTER メーカー不明(丸彰?)】

    #ゴールデンウィークの思い出

    5月5日、こどもの日。
    思い出すのは30年前のこどもの日のことです。

    当時、19歳でしたから、考えようによっては“自分にとって最後のこどもの日”と言えるかもしれません。

    で、今回ご紹介するのはこちら。

    ブリキ零戦01

    ブリキでできた“零戦”です。

    この“零戦”の紹介に行く前に、しばし寄り道をお許しください…。




    30年前のこどもの日、すなわち昭和61年(1986年)5月5日。
    その日は銀座、山野楽器で、その3日前、昭和61年(1986年)5月2日に「ヴァージン・ハート」で歌手デビューした“相楽ハル子”サンのイベントが行われる日でした。

    当時、フジテレビで放映されていたのがドラマ「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」でした。
    その作品に“ビー玉のお京”こと“中村京子”役で出演していたのが“相楽ハル子”サン。

    ブリキ零戦おまけ
    ※当時、発売されていたコミック雑誌の表紙を飾る“相楽ハル子”サン

    作品、キャラクター、そしてご本人の魅力が相まって、ボクはたちまちに“相楽ハル子”サンの大ファンになり、友人と「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」の同人誌まで作っておりました。

    そんな中でのレコード(!)デビューだったので、友人FくんやAくんと、5月5日のデビューイベントに出かけていきました。

    予約特典が欲しくて予約して買ったレコードを持っていたのですが、イベント参加用のレコードを購入し、イベントに参加しました。

    歌を聴いて、握手してもらい、「応援しています!」、「はい。ありがとう」のようなやりとりをかわし、イベントは終了しました。

    そして銀座を歩いていると銀座の老舗デパート、松屋に“こどもの日イベント なつかしのおもちゃ展”のような垂れ幕がかかっているのを発見し、行ってみることとしました。




    そこで出会ったのが、このブリキでできた“零戦”でした。

    ブリキ零戦02
    箱の左端に見えているのは、銀座松屋のセロハンテープ。

    ブリキ零戦03

    全長約34cm、翼幅約40cmというなかなかの迫力。

    当時の価格で5000円でした。

    同じレコード2枚すなわち700円×2枚を購入してしまった学生時代のボクが衝動買いするのはややためらわれる価格でしたが、その大きさと出来の良さに惹かれ、その場で購入を決めました。




    前から見たところ。

    ブリキ零戦04

    後ろから見たところ。

    ブリキ零戦05

    出来は良いと言ってもそこはブリキのおもちゃ
    型式まではちょっとわかりません。ただ翼の先端が角張っていないため、三二型ではないようです。




    機首部分。

    高性能、発動機“栄”を納めるカウルの曲線が美しいですね。

    ブリキ零戦06

    細かいプリントで再現された操縦席。

    ブリキ零戦07

    垂直尾翼。

    第634海軍航空隊所属という設定なのかな…?
    手元の資料「航空ファン別冊No.42 日本陸海軍機 カラー&マーキング」他で調べましたが、同隊は零戦は配備されていなかったようです。
    なので、明確なモデルや元になった写真があったわけではなく、メーカーが遊び心で「634=ムサシ」としたのかもしれませんね。

    ブリキ零戦08

    実機と大きく異なる“主脚”

    ブリキのおもちゃであっても実機同様の“引き込み式主脚”を再現しているものもありますが、こちらの零戦は陸軍の“九七式戦闘機”や同じ海軍の“九九式艦上爆撃機”を思わせる“固定式主脚”となっています。

    STマークも付けられている昭和後期のおもちゃとしては、致し方ないところですかね。

    ブリキ零戦09

    というような美しいフォルム、緻密なプリント、ちょっとした遊び心、そして安全性を兼ね備えたブリキの零戦。

    やはり信頼の“MADE IN JAPAN”でした。

    ブリキ零戦10




    「『あの頃に戻りたい』っていう黒江さんの気持ち、わかる気がするわ…」

    ブリキ零戦11

    「ペラ回せー!」
    「ようそろ!」

    ブリキ零戦12

    この零戦を見ていると、心だけは零戦と共に平和な昭和の時代へ飛んで行けそうな気がしてきます。




    ということで、主人公がタイムリップする睦月影郎先生の近作はこちら。



    睦月影郎先生の人気作、電子書籍版でも登場。



    昭和の雰囲気にたっぷり浸りたい方にはこちら。



    最後に、やはり、零戦を、ということで、零戦が大活躍する作品がこちら。

    関連記事
    スポンサーサイト

    tag : #ゴールデンウィークの思い出 相楽ハル子 ブリキのおもちゃ Tintoy

    コメントの投稿

    非公開コメント

    おはようございます☆

    学生時代の黒江さんは相楽ハル子さんのファンだったのですね。(*^o^*)
    年がバレそうですが、私も見てましたよ。(笑)
    鉄仮面かぶったセーラー服姿の南野陽子を見た時の衝撃はなかなかのものでした。
    あの時代のドラマは、突っ込みどころ満載のものが多かった気がしますが、おもしろかったです。

    5000円の零戦は思い切りましたね!
    でも、こういったモノは一期一会で、その時買わないとですよね。(o^^o)

    まさに一期一会

    go aheadさん

    コメントありがとうございます。

    そうなんですよー。相楽ハル子さんのファンだったのです!
    ちょうど東京のアパートで一人暮らしをしていたと言うこともあり、相楽ハル子サンに限らずアイドルのイベントには良く行ってました。

    「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」も大好きでした!
    興奮してゼネラルプロダクツが発売していた1/1鉄仮面も買ってしまいました。

    お人形はバンダイより発売されていましたが、“2代目麻宮サキ”のみの販売で残念でした。

    そんなわけでドラマもその周辺の動きもおもしろかったですよねー。

    さてさて、本題の“ブリキの零戦”。
    その後、売っているところを見かけることもなかったので、ホント、一期一会だったなーと思っています。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ