FC2ブログ
    web拍手 by FC2

    SDH019-B 【SUPERDUCK】& S04B 【Phicen】& CM010 (A)【HiPlay】

    いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

    当ブログは、ボクが子供の頃から趣味で集めているソフトビニール製の怪獣や怪人、1/6(12inch)の人形やその後継玩具で遊びつつ撮影した画像を中心としたブログです。

    ですので、いつもインターネットを介してご覧いただいている皆さんには、ボクのウチにやってきて一緒に遊んでいるような感じで楽しんでいただけたらと思っています。

    さて、そんな当プログも、おかげさまで令和3年2月11日に開設10周年を迎えることができ、12万回を超えるアクセスをいただきました。ありがとうございました。

    こうしてやってきた当ブログですが、先日、ふと、ここはボクにとっての“電脳パノラマ島”なんだと思いつき、10周年記念は大乱歩の名作「パノラマ島綺譚」をイメージした記事で飾りたいと思い立ちました。

    ご存じの方も多いと思いますが、「パノラマ島綺譚」とは大正15年(1926年)から昭和2年(1927年)にかけて雑誌「新青年」に連載された江戸川乱歩の中編小説です。

    “角川ホラー文庫”に収められている「パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション (6)」の裏表紙にはこのようなことが書かれています。
    「売れないもの書きの廣介は、極貧生活ながら、独特の理想郷を夢想し続けていた。彼はある日、学生時代の同窓生で自分と容姿が酷似していた大富豪菰田が病死したことを知り、自分がその菰田になりそまして理想郷を作ることを思いつく。荒唐無稽な企みは、意外にも順調に進んでいったのだったが…」

    では、改めましてボクの“パノラマ島”へどうぞお越しください…。

    パノラマ島0101

    パノラマ島0102

    「『ここからもう一度、よく島の上を見てごらん。あの高く岩山の様に聳えているのは、みんなコンクリートで拵えた壁なのだよ。外から見ると、島の一部としか思われぬけれど、あの内部には、それはすばらしいものが隠されているのだ』」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0103

    パノラマ島0104

    パノラマ島0105

    「千代子の気持では十町も歩いたかと思う頃、その実数間の距離しかなかったのですが、パッと眼界が開け、そこには、彼女が思わず驚きの叫声を立てた程、世にも雄大な景色が拡がっていたのです」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0106

    パノラマ島0107

    パノラマ島0108

    パノラマ島0109

    「千代子はこれらの風景を見るに従って、彼女の夫の源三郎の心の底にこの様な恐しい趣味が隠されていたとは、どうしても考えられず、今彼女と並んで何気なく佇んでいる、夫に似た一人の男を疑う心は、益々深まって来るのでありました。併し、彼女の異様なる心理を何と解すべきでありましょう。彼女は刻一刻深まって行く恐しい疑惑と同時に、それと並行して、一方ではそのえたいの知れぬ人物に対する思慕の情も又、益々耐え難きものに思われて来るのでありました」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0110

    パノラマ島0111

    パノラマ島0112

    パノラマ島0113

    「『さあ、驢馬を捨てるのだ。そして私のあとについておいで』」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0114

    パノラマ島0115

    パノラマ島0116

    パノラマ島0117

    「『其外、美しい建築物を以て充された大市街や、猛獣毒蛇毒草の園や、噴泉や滝や流れや様々の水の遊戯を羅列した、しぶきと水煙の世界なども已に設計は出来ている。いつとはなく、それらの一つ一つの世界を夜毎の夢の様に見尽して、旅人は、最後に渦巻くオーロラと、むせ返る香気と、万花鏡の花園と、華麗な鳥類と、嬉戯する人間との夢幻の世界に這入るのだ』」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0118

    パノラマ島0119

    パノラマ島0120

    パノラマ島0121

    パノラマ島0122

    「延長にして一里はたっぷりあったと思われる、道々の花の景色、その間に千代子の味った不思議な感情、作者はそれをただ、夢とのみ、或は瑰麗なる悪夢とのみ、形容するの外はありません」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)




    思い起こせばアッという間の10年間でした。

    折も折、実家の引っ越しに伴いボクのコレクションも処分のやむなきに至りました。
    モチロン全てではありませんが…。

    パノラマ島0123

    これからも、このようにおもちゃで遊んでは撮影をし、皆様との交流を楽しんでいけたらと思っています。

    パノラマ島0124

    「少女の真上に咲いていた目立って大きな椿の花が一輪、液体がしたたる様に、ポトリと落ちて、少女のふくよかな肩先を滑り、沼の水に浮んだのです。でも、それが余りに静であったものですから、沼の水も気づかなかったのか、一筋の波紋を描くでもなく、鏡の様な水面は依然として微動さえもしませんでした」(江戸川乱歩「パノラマ島綺譚」より)

    パノラマ島0125

    「皆様、今後ともよろしくお願いします」




    ということで、今回使用した商品はこちら。







    また江戸川乱歩大先生による「パノラマ島綺譚」はこちら。



    さらに丸尾末広先生によるコミックスもまた違った趣があっておすすめです。



    そして今回使用した衣装の元ネタとなった作品はこちら。



    いやあ“パノラマ島”って本当にいいものですね。
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : フィギュア
    ジャンル : 趣味・実用

    tag : パノラマ島奇譚 パノラマ島 江戸川乱歩 1/6フィギュア

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    ブログ開設10周年おめでとうございます!

    そして、10周年を記念して超大作の予感・・・ワクワク!

    いつもながら、大道具・小道具がすごいです。
    特に、背景の石垣はいい雰囲気を醸し出してますね。
    それに、S04Bのおっぱいのこぼれそうなお姉さんにも、とっても期待が持てますw。

    これは、今後の展開が楽しみです!

    Re: No title

    sbs.mikasaさん

    コメントありがとうございます。

    おかげさまで10年目を迎えることができました。
    今後ともよろしくお願いします。

    お褒めのお言葉ありがとうございます。

    この石壁、本当は10周年用に別の背景を作ろうと思っていたのが、なかなか作る時間が取れなかったため、急遽、ミリタリーフィギュア用に以前作ったこの石壁を使用しました。

    さらにさらに、この衣装がいつもの素体に合わなかったため、こちらもやむを得ずS04B素体を使用しました。

    さて、こちらのヘッドも発売予告時から気になっていたので、購入しましたが、うまい具合に10周年記念画像に間に合ったため使用しました。

    今のところ、このお話に続きはありませんが、こちらのヘッドにはこれからも活躍してもらおうと思っています。

    お楽しみに…

    10周年、おめでとうございます!

    クレオパトラを思わせる髪型や衣装,。
    いつもながらのセクシー&ゴージャス、いいですね。
    すだれのようなの衣装から垣間見える下着にそそられます。

    実は、先日、スターウォーズ=エピソード6「ジュダイの帰還」でレイヤ姫がジャバ ザ ハットに囚われていた時の衣装に近づけられるかな?と思わせるコスがヤフオクに出ていたんです。
    どうしようかと思っている内に終了してしまい、再出品がないんです。
    その時のレイヤ姫の座り方に、何か似ていると思うのが3枚ほど有って、レイヤ姫を無性にネタにしたくなりました。

    あのー、もし良かったら、IRIS12さんとこのコンテストに投票宜しくお願いしまーす。







    10周年おめでとうございます

    パノラマ島
    2、3年前の深夜に衛星放送で見た記憶があります
    確か最後、犯人だったかヒロインだったかが
    人間花火みたいので飛んで行くやつだったかと
    何とも言えない感じで終わったと思います

    パノラマ島綺譚

    10周年おめでとうございます。

    そして、大作「パノラマ島綺譚」すごいです。小説の挿絵みたいな展開。私がやりたいことと重なりますね。(☉∀☉)


    「パノラマ島綺譚」は未読なんですが、乱歩の世界観は好きです。読んでみたいと思いました。

    それにしても、黒江さんの写真はクリアですね。解像感がすごい。私が撮るとなんとなくボヤっとします。イメージとしては悪くない時もあるんですけど。レンズの性能でしょうか。(;^ω^)

    Re: 10周年、おめでとうございます!

    niko850dr1さん

    コメントありがとうございます。

    10年にわたる記事の中でもniko850dr1さんとの共同企画は楽しいものでした。
    次回もどうぞよろしくお願いします。

    >レイヤ姫
    似ているポーズがありましたか?
    同姫を演じていたキャリー・フィッシャーはちと好みではないのですが、スレイブ・レイア姫はそそるものがありますよね。
    ボクも撮影してみたくなりました。

    Re: 10周年おめでとうございます

    山村健一さん

    コメントありがとうございます。

    ご覧になったのはブログ記事の最後に触れた「江戸川乱歩の美女シリーズ『天国と地獄の美女』」ですね。

    今から40年近く前のお正月放映で、リアルタイムでも見ていろいろな意味で興奮した作品です。

    にしても、あのラストシーン。

    お正月なのにと、今更ながらびっくりです。

    Re: パノラマ島綺譚

    はと坊主さん

    コメントありがとうございます。

    > 小説の挿絵みたいな展開。私がやりたいことと重なりますね。(☉∀☉)
    小説の内容を画像にするのは大変ですが、その分、やりがいがありますよね。
    はと坊主さんの作品、楽しみにしています。

    いちおう今回の「パノラマ島綺譚」は著作権の保護期間が過ぎているので大幅に引用させていただきました。

    同作、ぜひ読んでみてください。

    > 撮るとなんとなくボヤっとします。
    お褒めのお言葉ありがとうございます。

    なかなか思い通りに撮影するのは難しいですよね。

    一緒に頑張っていきましょう。

    今までとは雰囲気が異なりますね。

    一瞬、クレオパトラかと
    思って見入ってしまいました。

    奇麗な顔立ちの事ですね。

    いいなー

    Re: 今までとは雰囲気が異なりますね。

    ストームさん

    コメントありがとうございます。

    >雰囲気
    このところしばらくアジア系の娘が多かったためですかね。

    彼女には続けて活躍してもらうつもりであります。
    よろしくお願いします。
    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ