web拍手 by FC2

    「Operation wadi ~ 涸れ川作戦」

    「金か鉄かという問いに対して、マキァベリは鉄を選んだが、われわれも彼に同意する。バターか大砲かというジレンマ、全く馬鹿げたこのジレンマの中で、われわれは選択した。大砲を。」(1937年12月3日)
    【「蘇るファシズム ムッソリーニの語録と素顔」永淵一郎 訳 1974年 経済往来社 より】

    wadi01.jpg

    1940年9月13日。ドゥーチェ、ベニト・ムッソリーニは、8万名のイタリア軍をエジプトへと進めた。




    しかし…。

    wadi02.jpg

    対するイギリス軍は3万余名に過ぎなかったが、イタリア軍をリビアへ押し戻し、瞬く間にベンガジ、トブルクを占領してしまった…。

    そこで、1941年2月12日。ドイツの智将、エルヴィン・ヨハネス・オイゲン・ロンメル将軍が、勇躍、トリポリ到着。
    ここに、北アフリカの戦いは新たな局面を迎えることなった。




    wadi03.jpg

    1942年。イタリア領 リビア。




    ドイツ軍の某拠点へと続く検問所の一つ…。

    wadi05.jpg




    「今日も暑くなりそうだな…」

    wadi04.jpg




    trot-trot

    wadi06.jpg




    「ん?」

    wadi07.jpg




    wadi08.jpg

    「よぉ。戦友、一晩歩き通したンだが、本隊とはぐれちまった。少し休ませてくれないか」




    wadi09.jpg

    「それは、大変だったな… 〝戦友〟」




    「〝戦友〟か…。…ン?」

    wadi10.jpg




    「おい、ちょっと待て!」

    wadi11.jpg




    wadi12.jpg




    wadi13.jpg

    「おい、〝戦友〟。そのロバの荷を見せてもらおうか…」




    wadi14.jpg

    「うっ…」




    wadi15.jpg

    bratatat!




    wadi16.jpg

    bratatat!




    wadi17.jpg

    「 ! 」




    wadi18.jpg

    bang! bang!




    wadi19.jpg

    「ウウッ!」




    wadi20.jpg

    ドタッ!

    ギ、ギ、ギ、ギィ




    wadi21.jpg

    「早く死体を片付けろ!」




    wadi22.jpg

    ずざざざっ!




    wadi23.jpg

    カチャッ




    wadi24.jpg

    「こちら金魚、こちら金魚。水門は開いた、繰り返す水門は開いた」




    wadi25.jpg

    偽イタリア兵「危ないところでしたね」

    コマンド部隊指揮官「うむ、トラックが来次第、先へ進むぞ」




    そして…。
    エジプト、カイロにあるイギリス軍司令部では…。

    wadi26.jpg

    「また一つ補給基地をつぶしたそうじゃないか」
    「あぁ、モンティ(英軍の司令官バーナード・モントゴメリー中将)もご機嫌さ」




    その後もこのようなイギリス軍部隊は、ドイツ軍の後方に大小規模の奇襲作戦を続け、連合軍の作戦に大いに貢献した。

    wadi27.jpg




    wadi28.jpg

    そして、1943年5月、在アフリカドイツ軍は全ての戦闘を停止した…。

    《おしまい》




    というわけで、前回の「DAK(ドイツアフリカ軍団)」の撮影の際、興が乗って、このようなフォト・ストーリーを作ってしまいました。

    実写から始まるっていうのは、ボクの好きな昔の戦争映画のパターンです。
    なお、使用している画像はフリー写真素材ソフトからのものです。自由に使えるのはいいのですが、画像が粗い…。その上、ドイツ軍の写真はほとんどなくて、その辺りも残念です…。

    お話の方は、よくある〝イギリスコマンドもの〟の作戦序盤のシーンをイメージしてます。

    またイギリス軍の軍装も、いわゆる〝なりすまし〟なので、一人は、イタリア軍に化けさせてみました。

    軍服・装備一式は、おなじみ、Twisting Toys製。

    もう一人、将校役は、アラブ風の衣装を羽織っていますが、これは、素体、衣装ともドラゴン・サイバーホビー製のモロッコ兵「MOROCCAN INFANTRY FRENCH EXPEDITIONARY CORPS」を使用しています。

    製品では、自由フランス軍同様アメリカ軍のM41ジャケットを着ていますが、それを着せずにカーキ色のセーターを着せてみました。

    ラスト近く、その将校が小型無線機で、別に待たせてあるトラック部隊に連絡を取る場面が出てきます。
    この無線機は、いわゆる〝ハンディトーキー〟と呼ばれるアメリカ軍の「SCR-536」です。

    この時分に、イギリス軍のこのような部隊が使用していたかということに関しては、全く自信がありません。

    イギリス軍の無線機の持ち合わせがなかったのと、戦争映画には良くあること、ということでご容赦ください。

    ちなみに、この無線機の通信距離は、地上約1マイル(1.5km)とのことですから、トラック部隊はそう遠いところには、いないという設定となります。

    ということで、今回のフォトストーリーも楽しんでいただけたら幸いです。

    さて、最後に。
    今回同様、連合軍のなりすまし部隊の活躍を描いた映画がこちら。

    地獄の戦場コマンドス [DVD] NLD-011地獄の戦場コマンドス [DVD] NLD-011
    (2008/07/20)
    リー・ヴァン・クリーフ、ジャック・ケリー 他

    商品詳細を見る


    この映画というと、ボクはNETテレビで放送していた土曜映画劇場を思い出します。

    小学生頃、翌日が日曜で休みなので、唯一(でもないんですが…)、見ることが許されていたテレビの映画劇場で見ました。

    ちなみに、金曜日のゴールデン映画劇場で「砂漠の鬼将軍」を放映した時は、「絶対、次の日、早く起きるから」と母に頼み込んで、見た覚えがあります。

    リー・ヴァン・クリーフのそっくりさんフィギュアが出たら、この映画をイメージして撮影してみたいです。

    そうそう、後で気がついたのですが、この映画に「ゲシュタポ卍(ナチ)第5収容所/女体セックス実験」の所長が出演しているんですよ、アメリカ兵役で…。

    この「地獄の戦場コマンドス」について、語り出すときりがないので、また後ほど。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ