web拍手 by FC2

    「Green ghost 討伐隊」

    1944年。白ロシアの短い夏。

    grunerghost01

    深い森も緑に覆われる頃。




    grunerghost02

    勢いづくソ連軍は、一千キロにわたる戦線に約190万の兵を配置、次なる攻勢バグラチオン作戦を発動するべく、ドイツ軍防御線の奥深くにしきりに偵察部隊を送り込み、その動静を探っていた…。




    grunerghost03

    ソ連軍偵察部隊は、いつしか「Gruner geist」<緑の幽霊>と呼ばれるようになり、精強を持って鳴るドイツ武装親衛隊も一目置かざるを得ない脅威となっていた…。




    grunerghost04.jpg

    <当該地区における全ての国防軍並びに武装親衛隊の各級指揮官に告ぐ。ソビエト軍偵察部隊、所謂、緑の幽霊部隊の捕獲に全力を傾注すべし。以上>




    grunerghost05.jpg

    少佐
    「どうした?」
    通信兵
    「師団司令部からです、例の<緑の幽霊>についてです」




    grunerghost06.jpg

    少佐
    「これは…うむむ。よし、マックスを呼べ」




    grunerghost07.jpg

    少佐
    「ここと、ここ。さらに、このあたりで多く被害が出ている」
    マックス
    「この一帯は、あまりに深い森なので、今まで警戒の対象外でしたが、こうなってくると、この森が怪しいですね」
    少佐
    「『鹿の通れるところ、そこはロシア兵も通れる』…か。よし、君に任せる」




    grunerghost08.jpg

    マックス
    「以上が今回の任務の概要である。では、第1分隊より出発!」




    grunerghost09.jpg

    こうして、<緑の幽霊>と呼ばれるソ連軍偵察部隊を追って、討伐隊が編成され、白ロシアの深い森の奥へ奧へと探索の手が伸びることとなった。




    grunerghost10.jpg

    マックス
    「この奥の沼地も探すんだ。徹底的にな」




    grunerghost11.jpg

    マックスとその部下は、さらに森の奧へ…。




    grunerghost12.jpg

    マックス
    「ん?」




    grunerghost13.jpg

    マックス
    (妙な朽ち木だな…もしかして)




    grunerghost14.jpg




    grunerghost15.jpg

    takka-takka




    grunerghost16.jpg

    機関銃手
    「よし、こちらも」
    takka-takka




    grunerghost17.jpg

    朽ち木に隠れていたロシア兵の抵抗はごくわずかなものだった。
    すかさず討伐隊の兵士が駆け寄り、ロシア兵が握りしめていた短機関銃を奪いとる。




    grunerghost18.jpg

    機関銃手
    「こっちです。仕留めました」




    grunerghost19.jpg

    マックス
    「よし、ここはひとまず引き上げだ」

    ≪おしまい?≫




    grunerghost20.jpg




    というお話。いかがだったでしょうか。

    元ネタはずばり。こちら。

    東部戦線1944 [DVD]東部戦線1944 [DVD]
    (2008/03/24)
    イゴリ・ペトレンコ、アレクセイ・パーニン 他

    商品詳細を見る


    2002年のロシア映画「東部戦線1944」です。

    ロシアの映画は、軍装や改造車両にも力を入れていて興味深いのですが、描く視点はやはりロシア側ですから、私のような枢軸側の人間が見ると、どうにもしっくりこない描写が多いように感じます。

    そこで、今回は、映画「東部戦線1944」の世界をこっち側から描いてみました、という感じでフォトストーリーを作ってみました。

    気に入らない描写はありますが、一時のソビエト製のプロパガンダ映画に比べると、映画としては格段におもしろくはなっているように思います。

    では、今回のフォトストーリーの撮影裏話をいくつか。

    一にも二にも苦労したのは衣装でした。

    まず武装親衛隊の夏季バージョンのスモックですが、ウチの衣装庫を探したら、まるっきり同じ迷彩パターンのものは2着しかありませんでした。
    ですので、登場する兵隊さんも二人です。
    秋季バージョンのスモックは同じ柄が結構あるのですけれど…ね。

    また、使用した迷彩スモックと同じ布のヘルメット覆いの付いたヘルメットも2つしかなく、しかも、大きさ的にドラゴンの初期ヘッドにしかかぶせられないので、使える役者さんが限られてしまいました。
    (以前にも登場した兵隊さんが、また出演していますでしょ)

    対するソ連軍側ですが、このようなフィギュア
    ドラゴン 1/6 ソビエト赤軍 偵察兵 軍曹 ヴァディム・アントノヴィッチ・ポポフ w/偵察犬 バグラチオン作戦 ベラルーシ 1994年ドラゴン 1/6 ソビエト赤軍 偵察兵 軍曹 ヴァディム・アントノヴィッチ・ポポフ w/偵察犬 バグラチオン作戦 ベラルーシ 1994年
    (2006/12/25)
    プラッツ

    商品詳細を見る

    も発売されているのですが、さすがに同じもの7体はそろえられなくて、残念ながら表現に限界が生じてしまいました。

    このあたり、今後は、友人でロシア軍フィギュア好きの南樽太郎氏に協力を仰ぎたいと思っています。

    次に武器について。

    映画の中でドイツ軍の兵士がモーゼルKar98k小銃に着剣している場面が出てきます。
    ですので、今回はそれも再現してみました。

    また映画の中で使用される機関銃がMG34だったので、やっぱり同じものを持たせてあります。
    これもmy武器庫を調べたら、MG42機関銃は十数丁あったのに、すぐに使えるMG34はこれ1丁でした。

    次に主役のマックスくん。
    階級は、高級小隊指揮官(SS上級曹長)であります。
    上着は製品そのままのを着せてあります。
    小粋なマフラーは21ST社のもの。
    確か、サイドカーに乗っていた兵士がしていたものだと思います。
    胸につけている徽章は、1級鉄十字章と歩兵突撃章です。

    実際、映画でもなかなか2枚目の兵士が、このような規格帽を被って登場します。

    司令部にいるのは、おなじみの少佐(正確には、武装親衛隊大隊指揮官)。

    もう1人の通信係の兵隊。
    こちらの上衣も、ドラゴン製品のままなのですが、肩章から判断するとSS軍曹。
    左の襟章にどうして何も付いていないのかわからないです…。
    一応、司令部付きの下士官ってことでご理解ください。

    最後に3枚目の写真ですが、捕虜にしたドイツ軍将校を殺害し、その図嚢(マップケース)から地図などの書類を奪った後って感じに見えてましょうか?

    この図嚢の持ち主の写真や私信は、価値なしと判断して捨ててしまったという設定なのですが…。

    さて、話を再び映画「東部戦線1944」に戻します。

    この映画の中では、この3枚目の写真のように、ソ連軍が捕虜にしたドイツ兵をどんどん殺してしまいます。

    当時、ソビエトはジュネーヴ条約を批准しておらず、またドイツ軍の方も似たようなものとはいえ、映画ですから、そのあたりは、ぼかしたほうがいいのではないかな?ってこっちが気を遣っちゃうくらいどんどん殺します。

    しかも当然のように。

    そんなこともありかなと、思わせるのは、やはり指導者がこんな人だから???

    grunerghost21.jpg

    スターリン
    「バグラチオン作戦を成功させて一休み、後は見殺しにしたポーランド国内軍が自滅するのを待つばかり。早いところ本場のドイツビールが飲みたいものだ」
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ