web拍手 by FC2

    Waffen-SS(武装親衛隊) いろいろ

    前回のフォトストーリー「Green ghost 討伐隊」を撮影した際に、一緒に撮影した写真がありますので、アップしてみたいと思います。

    まず、武装親衛隊大隊指揮官の別バージョンから。

    wss001.jpg

    このSS少佐、よく見ると胸の1級鉄十字章の隣に、黒くて楕円形の徽章をつけています。
    これは、戦傷章黒章と言われているもので、1~2回の負傷について与えられた章です。

    ですから、ちょっと古傷が痛むのか、石造りの階段を手すりを使って登っていきます、って感じで撮ってみました。




    続いては、前回のフォトストーリーの主役、マックスSS上級曹長のヘルメットバージョン。

    wss002.jpg


    双眼鏡は、いくつか持っていて、もうどれがどのフィギュアに付いていたのかさっぱりわかりません。
    ちなみに、双眼鏡は「双眼鏡、望遠鏡」と書かれた小箱に収納されていて、こちらの望遠鏡も同じ箱に収納さています。
    そんな箱の中から、接眼部の覆いの付いているものを首からかけさせてみました。

    茶色のホルスターも、各地を転戦した歴戦の勇士っぽくて良いかなとも思い、装備させてみました。




    最後がこの人。

    wss003.jpg

    川岸で書類鞄を大事そうに抱えるSS軍曹。
    (前回も書いたのですが、襟章がおかしいのです…)

    今回は、規格帽を被らせてみました。




    さて、今回採り上げた武装親衛隊。

    今回は、その第1回目として、ボクがミリタリー少年だった頃のバイブルをご紹介してしめたいと思います。

    wss101.jpg

    ナチ武装親衛隊―ヒトラーの鉄血師団 (1972年) (第二次世界大戦ブックス〈35〉)

    奥付を見ると昭和47年7月31日 1刷とあり、その下に昭和51年12月15日 11刷とあります。
    この翌年の昭和52年が、ボクが初めて能動的に見に行った戦争映画の大作「遠すぎた橋」の公開された年になるわけです。

    もちろん、子どもの頃のことですから、頭からこの本を読み進めていったわけではなく、まずは写真を見、次におもしろそうな箇所を拾い読みしていきました。

    そして、何より、この本の写真につけられたキャプションがかっこういいのです。

    例えば、親衛隊のスモックを着た兵士とロシア人の老人が写っている写真につけられたのは、こんな感じ。

    「ロシア人の情報なんかアテになるものか:農民の指先とあらぬ方向をSS隊員はクサイとにらんだ」
    これなんて、一番のお気に入りです。

    他にも、アルデンヌの戦いの際の、クラッシュキャップを被って、くわえたばこで、シュビムワーゲンに乗る兵士の有名な写真では、こんな感じ。

    「1944年12月、マルメディの道を行くパイパー。かれはそこで米兵捕虜の大量虐殺を計画していた」

    説明も虐殺の一件も今では、違うと言うことになっていますね。

    特に写真の方は、最近では、こんな商品も出るようになりましたし。

    タミヤ 1/35 シュビムワーゲン&前線偵察チーム (スケール特別販売商品:89752)タミヤ 1/35 シュビムワーゲン&前線偵察チーム (スケール特別販売商品:89752)
    ()
    タミヤ

    商品詳細を見る


    こんなわけで、このサンケイ新聞社出版局の第二次大戦ブックスシリーズ、KKワールドフォトプレスの「WW2ドイツ軍兵器集」そして「(新旧)グラフィックアクション」シリーズが、ボクの三大資料かなぁ…。

    (古すぎですか…?)
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    Молодец!

    毎回楽しませていただいております。

    私、南もフォトストーリー製作のため少しずつ準備を進めております。

    掲載されていたソビエト軍偵察隊の迷彩スモックは数をそろえたいので、週末はアメーバ迷彩のスモック自作にいそしんでおります。

    現在隊員は5名まで増えました。

    近日中にブログの開設も考えておりますのでご指導お願いします。

    【という拍手コメントをいただきました。投稿者様の許可を得て転記いたします】

    ありがとうございます

    拍手コメントありがとうございました。

    貴軍も着々装備を調えているようですね。

    貴ブログ開設記念共同企画「トカレフM1940半自動小銃」特集を楽しみにしています。
    【ボクの方は自作じゃありませんが】

    ずっと一緒に遊んで来た仲ですので、こうして離れた今でも、ネットを介して一緒に遊びたいものですね。

    こちらこそどうぞよろしくお願いします。

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ