web拍手 by FC2

    大河ドラマ館-ハンサムウーマン八重と会津博-

    いよいよ息子の夏休みも終わりです。

    さて、当ブログでも、数回にわたって綴って参りました今年の父子旅行。

    今年は、息子の強い希望で会津となりました。

    それはもちろん、家族で毎週見ているドラマがNHK大河ドラマ「八重の桜」の影響なのですが。

    黒江家で毎週欠かさず見ている(再放送でない)ドラマというのは、実はそう多くなくて、
    たぶん、本作品がTBSのドラマ「SPEC 〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜」以来、
    2作品目ではないかと思います。

    ちなみに、ボクがよく、mixi内で取り上げている記載している「スパイ大作戦」は、
    毎日楽しみにしている再放送作品なので、上の作品にはあてはまりません・・・。

    そんなわけで、会津若松市にある大河ドラマ「八重の桜」に関する資料を集めた“大河ドラマ館”に行って参りました。

    doramakan01.jpg

    入り口では、アームストロング砲がお出迎えしてくれます。

    すぐ隣で記念写真も撮れますが、これは見学の一番最後がいいのかも。
    うちもそうしました。




    doramakan02.jpg

    大河ドラマ館に入ると、今度は綾瀬はるかサン扮する、八重のパネルがどーんと。

    “綾瀬はるかサンが、最新式の連発銃を手に、敵をやっつける”っていうお話がまさか
    大河ドラマで見られるとは・・・。

    「俺はこういうドラマがみたかったんだよ!!!」
    って感じですよ。

    このパネルには、綾瀬はるかサンのサインが入っていますが、わかりますか?




    doramakan03.jpg

    そして、これが、撮影で綾瀬はるかサンが使用したステージガン(アップ用?)。

    こちらにも、綾瀬はるかサンのサインが入ってます。

    ちなみに、重量は5キログラムあるそうで、そう思ってみると、上の写真の綾瀬はるかサンの二の腕が今までよりたくましく見えてきますね。

    また大河ドラマ館には、スペンサー銃の射撃コーナーもあります。

    いわゆるゲームセンターなどある光線式の射撃ゲームなのですが、ここで使われているスペンサー銃は約4キログラムあります。

    ボクも息子も体験しましたが、けっこう重く、的に当てるのは難しそうでした。

    僕たちが行った日は混雑しておらず、息子は1発目外してしまったので、2発目も挑戦させてもらいました。

    ボクは、なんとか1発で命中。

    ちなみに、的を外すと八重たんから、「よーく狙って撃ちなんしょ」と言われてしまいます。

    で、見事、的に命中させると「おらと一緒に、お城サ、行くべぇ」と言ってくれます。

    ボクもスペンサー銃もって、一緒にお城に行きたい!




    doramakan04.jpg

    で、こちらがドラマで使用した撮影資料の一部。

    右が、弟・三郎の軍服を改造した八重の装束。

    右が、黒木メイササン演ずる中野竹子の装束。

    1/6フィギュアサイズの衣装を作ってもらう時の参考にしようと撮影してきました。

    前に衣装をお願いしていたサイトさんがなくなってしまいましたので、
    現在、対応してくださるショップさんを探しております・・・。
    (自分で作れれば良いのですが、不器用なので・・・)




    doramakan05.jpg

    こちらは“四斤山砲”(左)と“12ドイム臼砲”(右)。

    “四斤山砲”は口径8.65ミリ、射程距離2600メートル。

    doramakan06.jpg

    これが、その弾薬箱。

    そういえば、この砲弾が、今はなき主に日本軍の軍装品を扱う入札専門誌「襤褸」に出ていましたなぁ。

    “12ドイム臼砲”の弾薬箱はこちら。

    doramakan07.jpg

    “12ドイム臼砲”のドイムとは、オランダの単位で1糎と同じ。
    なので、今風に言うと120ミリ迫撃砲ってイメージですから、重迫撃砲ということになりますね。
    最大射程は700mだそうです。

    ちなみに、この砲弾は日露戦争でも活躍したとのこと。

    ロシアだってやっつけちゃうこの砲弾を撃ち込まれたのでは、天下の名城・鶴ヶ城も持ちませんねぇ。




    これらは、大河ドラマ館の“鶴ヶ城・北出丸セット”に展示されていたもの。

    で、そこの片隅に、ひっそりと(?)置かれていた、会津藩が降参する前の晩、
    八重が詠んだ和歌を書いた壁のセットが置かれていました。

    doramakan08.jpg


    「明日の夜は 何國の誰か ながむらん なれし御城に 残す月影」




    さて、この大河ドラマ館、いちばんのおすすめが、この“鶴ヶ城・北出丸セット”のこの部分。

    doramakan09.jpg

    壁が、いかにもクロマキー合成風の緑色ということで気がつかれた方もいらっしゃると思いますが、ここに立つと、ARという最新技術を使い、なんと戦場の映像の中に自分の姿が投影される仕組みとなっています。




    ということで、会津籠城戦に参加中の息子。

    doramakan10.jpg

    お城の崩れた壁から、新政府軍の様子をうかがっていますが、赤い帽子が目立っちゃいますねぇ。




    会津藩の戦いぶりは未来永劫、語り継がれていくと思いますが、大河ドラマ館の開館期間は、平成25年1月12日(土)~平成26年1月14日(火)となっています。

    君も会津へ急げ・・・。

    また、今回ご紹介した場所は、同館の中でも(当たり前ですが)写真撮影可のところだけです。

    ほかにもまだまだたくさんの見所があります。

    また、その限られた撮影可のコーナーの中でも、銃砲類に関する展示には、当ブログをご覧になっている皆様も目を見張るものが多いように思います。

    それは、特にNHK大河ドラマ「八重の桜」スタッフの皆様のご尽力の賜物だと思いますが、ボクは、スタッフの中でも特に“砲術指導”を担当されている“佐山二郎”氏の力によるものが多いのではと推察します。

    佐山二郎氏には、以前所属していた軍装の研究会で何度かお目にかかったことがあります。

    そんなご縁もあり、同氏の著作を紹介したいと思います。

    日本陸軍の傑作兵器駄作兵器―究極の武器徹底研究 (光人社NF文庫)日本陸軍の傑作兵器駄作兵器―究極の武器徹底研究 (光人社NF文庫)
    (2003/08)
    佐山 二郎

    商品詳細を見る


    やっぱり考証がしっかりしているドラマや映画は見ていて気持ちが良いですものね。

    で、最後に一言・・・。

    1/6 の 八重フィギュアが欲しいーっ。

    1/6サイズの 八重の衣装と装備と、綾瀬はるかヘッドが欲しい-っ。

    あっ、二言になっちゃた・・・。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    記事のカテゴリ
    読みたいカテゴリを選んでください。
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリーメニュー

    Plug-in by
    @激安・割安・おすすめ商品@

    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    時計
    アクセスカウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    プロフィール

    黒江龍雄

    Author:黒江龍雄
    1/6フィギュア、怪獣・怪人ソフビ、軍装、国内外の映画、そして最近は「ガールズ&パンツァー」に夢中になっています。

    よろしくお願いします。

    Amazon商品一覧【新着順】
    リンク
    RSSリンクの表示
    お買い物
    検索フォーム
    QRコード
    QR
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ